目次へ戻る

【ジュネーブモーターショー2019】進化形!ウラカン・エボ・スパイダー登場

【ジュネーブモーターショー2019】進化形!ウラカン・エボ・スパイダー登場

ランボルギーニは2月26日、スイスで3月に開催されるジュネーブモーターショー2019において、『ウラカン・エボ・スパイダー』(Lamborghini Huracan EVO Spyder)を初公開すると発表しました。 ウラカン・エボ・スパイダーは、ランボルギーニ『ウラカン・スパイダー』の初の大幅改良モデル。大幅改良を機に、進化形であることを意味する「エボ」の名前が冠されています。


【ジュネーブモーターショー2019】進化形!ウラカン・エボ・スパイダー登場

ランボルギーニは2月26日、スイスで3月に開催されるジュネーブモーターショー2019において、『ウラカン・エボ・スパイダー』(Lamborghini Huracan EVO Spyder)を初公開すると発表しました。

同車は、ランボルギーニ『ウラカン・スパイダー』の初の大幅改良モデル。大幅改良を機に、進化形であることを意味する「エボ」の名前が冠されています。

ランボルギーニ ウラカン・エボ・スパイダー エクステリア

ランボルギーニ・ウラカン・エボ・スパイダー

ウラカンエボ スパイダーのデザインは、ウラカンスパイダー本来のフォルムを変えることなく、エアロダイナミクス性能を向上させるデザインになりました。

Y型スタイルのフロントバンパー、名車『カウンタック』にインスパイアされたフードのカッティングデザイン、『ムルシエラゴ』を彷彿とさせるサイドスカートのエアインテーク、ランボルギーニ高性能モデルに由来するリア中央に配されたハイポジションエグゾーストなどが特徴です。

20インチのホイールは新デザイン。ピレリ製の「Pゼロ」タイヤを組み合わせます。

ランボルギーニ・ウラカン・エボ・スパイダー

ランボルギーニ・ウラカン・エボ・スパイダー

ランボルギーニ・ウラカン・エボ・スパイダー

ランボルギーニ・ウラカン・エボ・スパイダー

ランボルギーニ・ウラカン・エボ・スパイダー

ランボルギーニ・ウラカン・エボ・スパイダー

ランボルギーニ ウラカン・エボ・スパイダー インテリア

ウラカン・エボ・スパイダー インテリア画像

ウラカン・エボ・スパイダー インテリア画像

室内は、コックピットのセンタートンネルに8.4インチの静電式マルチタッチスクリーンシステムが新たに装備されました。

従来のボタン類をデジタル化し、指でタッチするだけで、全てのドライビングダイナミクスの制御とエンターテインメント機能の操作が可能になっています。

さらに、リアルタイムの交通情報の受信やドライブモードに合わせた室内灯の設定も可能になりました。

2台のビデオカメラを備えた新テレメトリーが運転技術の向上に貢献しています。

内装の仕上げには高品質の素材が採用されており、アルカンターラのほか、ランボルギーニが開発した特許取得済みのカーボンファイバー素材「カーボンスキン」が設定されました。

ランボルギーニ ウラカン・エボ・スパイダー エアロダイナミクスを向上

エアロダイナミクスに関しては、フロントリップスポイラーがアンダーボディへの空気の流れを促進し、新デザインのディフレクターも採用。

これにより、ダウンフォースを増しました。

さらに、新デザインのリアスポイラーが空力性能を引き上げる。ルーフは、電動油圧式の軽量ソフトトップ。ボタン操作により、17秒で開閉可能に。

走行中でも50km/h以下なら、開閉することが可能です。

ランボルギーニ ウラカン・エボ・スパイダー 0~100km/h加速3.1秒、最高速325km/h

ミッドシップには、改良版の直噴5.2リットルV型10気筒ガソリン自然吸気エンジンを搭載。

最大出力は610hpから640hp/8000rpmへと、30hp強化されています。

最大トルクも57.1kgmから61.2kgm/6500rpmへ、4.1kgmの強化を果たしました。

駆動方式はフルタイム4WD。ウラカンエボスパイダーは、0~100km/h加速3.1秒、最高速325km/hの性能を備えています。

関連する投稿


【東京モーターショー2019】開催概要・出展車など最新情報まとめ

【東京モーターショー2019】開催概要・出展車など最新情報まとめ

東京モーターショー2019が東京ビッグサイトにて開催されます。本記事では、トヨタやホンダといった出展車予想情報に始まり、新型車・アクセス情報・駐車場・開催日程・チケット価格などについてまとめています。ほぼ毎日更新していきます!【10月16日更新】


【ロサンゼルスモーターショー2019】トヨタのRAV4新型にPHVモデル登場

【ロサンゼルスモーターショー2019】トヨタのRAV4新型にPHVモデル登場

トヨタ自動車の米国部門は、新型『RAV4』のプラグインハイブリッド(PHV)を11月、米国で開催されるロサンゼルスモーターショー2019(Los Angeles Motor Show)で初公開すると発表しました。人気の高いSUV・RAV4のPHVモデルとあって今から期待が高まりますね。本記事では最新情報をまとめています。


【2020年保存版】2020年世界の主要モーターショー スケジュールまとめ

【2020年保存版】2020年世界の主要モーターショー スケジュールまとめ

世界の名だたるモーターショー。本記事では2020年に開催決定&開催が予定されている世界のモーターショー情報をまとめています。ジュネーブモーターショー、フランクフルトモーターショー、デトロイトモーターショー、ロンドンモーターショー他。公式サイトへのリンクも貼っています。随時更新予定です。


【東京オートサロン2020】開催日程 出展社情報ほか随時更新!

【東京オートサロン2020】開催日程 出展社情報ほか随時更新!

カスタム車のビックイベントと言えば?そう東京オートサロンですね。東京オートサロン2020が1月10日~12日に、幕張メッセにて開催されます。本記事では期待が高まる東京オートサロン2020の最新情報をまとめています。情報が入り次第、随時更新いたします。


【東京モーターショー2019】スバルのコンセプトは「人生をより良くできるクルマはきっとある」

【東京モーターショー2019】スバルのコンセプトは「人生をより良くできるクルマはきっとある」

いよいよ第46回東京モーターショー2019が迫ってきました。相次ぐ海外メーカーの不参加というネガティブな事態という中でも、国産メーカーが元気な姿を見せてくれるはずです。まずは早々と展示概要を発表したスバルブースをご紹介します。


最新の投稿


都道府県別道の駅まとめ┃埼玉県

都道府県別道の駅まとめ┃埼玉県

埼玉県は北関東への中継地点としての役割を担っています。最近は住みたい街ランキングで上位に入ったり、映画などでも一躍人気を博していますが、観光地への移動時の休憩地点として利用者も多く、その分道の駅も数多くあります。今回は、そんな埼玉県のおすすめスポットをご紹介します。


【解説】千葉銀行のマイカーローン┃金利や審査、申し込み方法等まとめ

【解説】千葉銀行のマイカーローン┃金利や審査、申し込み方法等まとめ

千葉、東京、埼玉、茨城のみならず、神奈川県(一部地域を除く)までのエリアをカバーする千葉銀行では、新車・中古車・下取り車のローン残債、借換えもご相談にのります。エリア内の方で、車の購入をお考えの方は、千葉銀行のマイカーローンがどのようなものなのか気になるところでしょう。この記事では金利や審査、申込み方法等を解説します。


トヨタ エスティマの燃費、口コミ・評価から中古車情報一覧|新型の噂も

トヨタ エスティマの燃費、口コミ・評価から中古車情報一覧|新型の噂も

1990年から発売されているトヨタのミニバン「エスティマ」の歴代モデルの燃費や中古価格などをまとめてみました。「エスティマ」に乗り換えをお考えの方は、是非参考にしてください。(※情報は2019年4月現在のもの)


全てがスーパーサイズ! トヨタのピックアップ タンドラの魅力とは

全てがスーパーサイズ! トヨタのピックアップ タンドラの魅力とは

USトヨタが北米市場で販売しているフルサイズピックアップトラック『トヨタ タンドラ』(以降、タンドラ)の魅力に迫ります。(※情報は2019年4月現在のもの)


トヨタのミニバン ノアの歴史!維持費やカスタム法を徹底解説

トヨタのミニバン ノアの歴史!維持費やカスタム法を徹底解説

トヨタのノアは、ヴォクシーやエスクァイアと並んでトヨタの主力ミニバンです。しかしながら、その細かな違いが分からずに、選択肢に悩んでいる人も多いと思います。そもそも同クラスの車種を選ぶ基準は難しいところですよね。ノアの魅力は、「家族が楽しめる車」に仕上がっている点だと言えます。よりファミリーカーとしての資質が強いのが特徴です。今回は、ノアの魅力とともに、ヴォクシーやエスクァイアとの違いについても細かく解説していきます。(※情報は2019年4月現在のもの)