目次へ戻る

【2019年最新】トヨタから販売されている車種一覧|売上人気ランキングも

【2019年最新】トヨタから販売されている車種一覧|売上人気ランキングも

トヨタから販売されている車種をランキングを含めてご紹介いたします。トヨタの車のおすすめ車種を特徴や価格、燃費等を交えてご紹介していきます。


トヨタ車の歴史

トヨタの創業は1933年で同社で初の量産乗用車であるAA型乗用車と、G1型の改良型であるGA型トラックを発表しました。

それから長い時間をかけ、トヨタグループ全体の2017年の世界販売台数は約1038万台で3位、トヨタブランド単独では約847万台で世界第1位となっています。また日本の企業城下町で、市名に企業名が採られた稀な事例でもあります。

トヨタのディーラーは4つあり、「カローラ店」「ネッツ店」「トヨタ店」「トヨペット店」で、ディーラーごとに販売されている車種が違うのも、トヨタならではの特徴だと言えます。

【2018年】トヨタ車売上人気ランキング

1位アクア
2位プリウスα
3位C-HR
4位パッソ
5位アルファード
6位ハリアー
7位ヴォクシー
8位シエンタ
9位ルーミー
10位ヴェルファイア

トヨタ コンパクトカーの車種一覧

アクア

2011年に発売されたアクアは、トヨタにとっては2003年に行われたプリウス初のモデルチェンジ以来、8年ぶりとなる「5ナンバーサイズ」のコンパクト乗用ハイブリッドカーの復活となりました。またアクアは他のトヨタ製ハイブリッド専用車種と同様に、全てのトヨタ車取扱い店舗で販売されています。

特徴はW30型プリウスと同じく基本仕様の「S」、上級仕様の「G」、ビジネス&廉価仕様の「L」の3グレードが基本となっていて、2017年6月のマイナーチェンジで「X-URBAN」から改名した「Crossover」を含む4グレードが設定されています。

アクアの持つ魅力は、燃費(34,4km/L)の良さやカラーの豊富さ以外にも様々あります。例えば欧州車のような品の良さがあり、低価格なことを感じさせないほど洗練されています。

また、車体重量は約1トンと軽量化が進められているのですが、それにもかかわらず135馬力ものエンジンを備えているため加速力も申し分ありません。

また車両価格は中古車ではおおよそ80万円台からありますし、新車ではLクラスで169万円台となっています。

ヴィッツ

1990年に発売したヴィッツは、ギリシャ人デザイナーによる革新的なデザインや室内空間の広さ、また衝突安全性能環境性能の高さで従来のセダンのファンたちをも魅了し、国内外で爆発的なヒットを記録しました。

これがきっかけで5ドアコンパクトカーブームを引き起こし、他社もフィットやマーチ(3代目 K12型)などの対抗車種を投入することになり、世界のコンパクトカー市場に大きな影響を与えました。

現在は三代目になり、専用ボディカラーや内装色を設定し、メッキ加飾を施して華やかさを表現した「Jewela」を新設するとともに、これまでのグレードはベーシックグレードの「F」、本革巻ステアリング&シフトノブや快適温熱シートなどを標準装備し、高い質感と快適性を追求した上級グレードの「U」、専用デザインのエクステリアや専用スポーツシート、7速スポーツシーケンシャルシフトマチック&パドルシフトまたは5速マニュアルが選べるスポーツグレード「RS」の全4グレードに整理されました。

ヴィッツはライバル車により車内スペースの充実を求めてミニバン的スタイルを採用するものがある中、初代以来の丸みを持ったハッチバックボディを維持している点が魅力でもあります。燃費は17.2~34.4km/Lで、価格は中古車で約60万円台から200万円台と幅が広く、新車では130万円台から230万円台となっています。

カローラスポーツ

近年のモジュール化の波に加え、世界的にスポーティデザインへ流行の兆しが見られることから、トヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャー (TNGA) 採用に伴いカローラの統合を見据えて開発されたのがカローラスポーツです。

燃焼改善や摩擦低減、回転フィーリングの向上、実燃費などの諸性能をアップさせているのが特徴です。

また発進時には『SPORT』モード以外でも、アイドリングからエンジン回転数を上げてアシストしてくれるのでエンスト知らずという点も魅力です。燃費は15,2km/Lから30,0km/Lで車両価格は中古価格で約190万円台から230万円台、新車は210万円台から260円台になっています。

ポルテ/スペイド

ポルテの販売店はトヨタ店とトヨペット店で、スペイドはカローラ店とネッツ店です。ポルテは愛嬌のある丸みを帯びたシンプルな外観で、スペイドはユニークなデザインコンセプトを持つ車高の高い4ドアハイトワゴンとなっています。

ポルテはトヨタ自動車のトールワゴンで、生産は初代はダイハツ工業京都工場、二代目はトヨタ自動車東日本東富士工場が行っていて、大開口ワイヤレス電動スライドドアや低床フロアが特徴です。そして先進安全機能である「Toyota Safety Sense C」衝突回避支援パッケージを搭載したモデルも魅力の一つです。燃費は16,0km/Lから22,2km/Lで価格は中古車で50万円台からありますし、新車は182万円から214万円です。

スペイドは2011年に販売終了した二代目ラウムの後継車種で、2012年7月23日にフルモデルチェンジした二代目ポルテと同時に発売された新型車でもあり、ポルテとは姉妹車の関係になります。また乗降性に優れた段差のない低床フロアと多彩にアレンジが可能なシートと相まって、使い勝手の良い点が特徴でもあり魅力です。

燃費は22,2km/Lで価格は中古車で約80万円台から180万円、新車の場合は190万前後となっています。

ルーミー/タンク

ルーミーの販売店はトヨタ店とカローラ店で、タンクはトヨペット店とネッツ店です。ルーミーは堂々とした外観が特徴で、タンクもサイズはすっきりとコンパクトなのに堂々として迫力満点の車です。

ルーミーは本車種は機能子会社であるダイハツ工業が製造・販売する「トール」をベースに、OEM供給されているモデルで、衝突回避支援ブレーキ機能が歩行者検知に対応、オートハイビームの追加などを行い「スマートアシストIII」に強化すると同時に、「スマートアシストIII」搭載車にはコーナーセンサー(フロント・リア共に4個、接近お知らせ付)が標準装備され、大きな特徴となっています。またタンクはタンクは、LivingとDrivingを掛け合わせた「1LD-CAR」がコンセプトで、居住性が優れているという特徴があります。

ルーミーの燃費は21,8km/Lで価格は中古車で79万円台から200万円台、新車は79万円台から230万円台で、タンクの燃費は21,4km/Lで価格は中古車で約80万円台から200万円台、新車で146万円から200万前後となっています。

パッソ

パッソは初代と二代目はダイハツと共同開発され、企画とマーケティングはトヨタが担当して設計と開発や生産はダイハツが行ったもので、約6年ぶりのモデルチェンジとなる三代目は「街乗りスマートコンパクト」をコンセプトに開発されました。

二代目まで設定されていた1.3L車が廃止となり、1.0L車のみの設定となったのが特徴です。パッソの燃費は19,0km/Lから28,0km/Lで価格は中古車で約50万円から180万円前後、新車では110万円台から170万円台となっています。

トヨタ ミニバンの車種一覧

アルファード/ヴェルファイア

アルファードの販売店はトヨペット店で、ヴェルファイアはネッツトヨタ店になります。アルファードは大型LLクラスのミニバン型高級乗用車なので、外観も豪華な作りになっているのが魅力でもあります。またヴェルファイアはフロントデザインに金属を削りだしたような、縦幅の広いメッキバーのフロントグリルに二段ヘッドランプを鋭くかみ合わせ、ラッセル車のようなクールな特徴があります。

アルファードは内外装の高級感や、車内空間の広さと居住性の確保、高出力エンジンの搭載など、トヨタのミニバンにおいては最上級に位置しているのが特徴です。アルファードの燃費は18,4km/L、価格は中古車で20万円台から900万円台で、新車では337万円台から737万円台となっています。ヴェルファイアの燃費は8,6km/Lで価格は中古車で63万円から798万円、新車が337万円から737万円となっています。

ノア/ヴォクシー/エスクァイア

ノアの販売店はカローラ店で、ヴォクシーはネッツ店、エスクァイアはトヨタ店・トヨペット店になります。ノアは迫力のあるフロントフェイスと低重心のワイドボディをさらに強調し存在感を感じる外観になっています。ヴォクシーはドレスアップ的要素の強い印象を持っていますし、エスクァイアは上質感と上級感、高級感を持たせることを目的に開発された外観になっています。 

ノアの特徴は車外からでも室内の広さがわかる力強いハコとしていて、アンダーグリルと一体化した大型フロントグリルとヘッドランプの組み合わせにより、ワイド感とフロントマスクの厚みを持たせ、ミニバンの王道を行っていることで、ヴォクシーは迫力のあるフロントフェイスと低重心のワイドボディを専用フロントフェンダーパーツで強調させて圧倒的な存在感を表現しています。

エスクァイアは内装ではエアコンコントロールパネルにピアノブラック塗装を、インパネ助手席側の大型オープントレイとドアトリム上部に金属調加飾とステッチを、メーターは金属調加飾の三眼リングと立体的な文字目盛を採用しているのが特徴です。

価格は中古車でノアが約1万円から358万円、新車では250万円から325万円、ヴォクシーは中古車で約1万円から391万円、新車で250万円から325万円、エスクァイアは中古車が約129万円から540万円、新車が266万円から326万円となっています。

また燃費はノアが12.4~23.8km/L 、ヴォクシーが12.4~23.8km/L 、エスクァイアが14.8~23.8km/Lです。

エスティマ

エスティマの販売店はトヨタ店とカローラ店で扱っています。1990年に発売されたエスティマは、「天才タマゴ」というキャッチコピーを用い、印象的な丸みを帯びた外観を強調するプロモーションを行ったことで知られています。

またエスティマハイブリッドは、2001年6月に登場したトヨタ自動車ではプリウスに次いで二番目、ミニバンでは初となる市販のハイブリッドカーでです。重量がおよそ1.85トン、排気量2.4リットルのガソリンエンジンを搭載する車両ながら10・15モードで18.0km/L(マイナーチェンジ後は18.6km/L)の低燃費を達成しているのが特徴です。エスティマの価格は中古車で約2万円から400万円、新車が327万円から391万円になっています。

シエンタ

シエンタの販売店はカローラ店で、車の特徴としては2015年のフルモデルチェンジでグレード構成をハイブリッド車・ガソリン車・「車いす仕様車(タイプI)"助手席側セカンドシート付"」いずれも「X」と「G」を設定したこと。また、ガソリン車のみ最廉価版として「X“Vパッケージ”」を設定したことです。シエンタの価格は中古車で約2万円から267万円、新車が177万円から231万円となっています。

ハイエースワゴン

ハイエースワゴンはトヨペット店で販売されていて、特徴は価格はやや高めですが、100万km以上の過走行に耐えられる設計や、エンジンパワー、積載量など貨物車としての性能が高く、宅配業を始め多くの企業に小型貨物車・社用車として広く用いられ、運転手を含めた10人乗りの特徴を活かし、送迎バスなどにも利用されている点です。

ハイエースワゴンの燃費は7.14km/L、価格は中古車で約25万円から650万円、新車が281万円から391万円になっています。

トヨタ セダンの車種一覧

プリウス、プリウスPHV、アリオン、カムリ、カローラアクシオ、クラウン、センチュリー、プレミオ、マークX、MIRAI

プリウス/プリウスPHV

プリウスとプリウスPHVはトヨタ店が取り扱っています。現在のプリウスはトヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャー を採用した第1号であり、乗り心地や走行性能に関しては先代と比にならないレベルになっている言われています。またTNGAの採用により、車高が先代プリウスより20mm下がり1470mmとなったのも特徴の一つです。外観はフロントデザインのヘッドライトが多角形のものからストレートタイプへと変更され、シンプルな印象を受けるようになりました。

プリウスPHVは,フロントグリルは透明アクリル樹脂を採用した大型タイプを、ヘッドランプは先行車のテールランプや対向車のヘッドランプで車両を認識し、照射範囲を左右16個のLEDで細やかに制御するアダプティブハイビームシステムを備えた4灯式LEDタイプをそれぞれ採用しているので、先代のものと大きく変わりました。

プリウスは環境に良いというブランドイメージを築いていて、プリウスPHVでさらにエコのイメージが強くなったのが特徴です。プリウスの燃費は27~40.8km/L、価格は中古車で約5万円から540万円、新車が241万円から347万円で、プリウスPHVは燃費が30.8~61km/L、価格は中古車が約72万円から488万円、新車が326万円から422万円になっています。

MIRAI

MIRAIはトヨタ店とトヨペット店で販売されている、量産車として世界初のセダン型燃料電池自動車です。外観は緩やかで美しく、マフラーがないのが特徴です。またトヨタフューエルセルシステム、トヨタFCスタック・高圧水素タンクなどで構成する燃料電池技術とハイブリッド技術を融合したものが導入されています。水素充填は約3分で走行距離は約650kmです。

MIRAIの価格は中古車で約275万円から339万円、新車が727万円となっています。 

アリオン/プレミオ

アリオンはトヨタ店、プレミオはトヨペット店で販売しています。アリオンのボディはプレミオと共通ですが、プレミオより若々しくスポーティな外観となっています。プレミオは落ち着いた印象を受けると思います。

アリオンは2,700mmのロングホイールベースによる、クラストップレベルの室内の広さを売りにしていて、セダンでありながらダブルフォールディングやリクライニングといった機構を備えたリヤシートが特徴です。またプレミオは、コロナの系統色をより明確に表現しているのが特徴です。

車両価格ですがアリオンは中古車が約20万円から228万円、新車が189万円から267万円で、プレミオは中古車が約23万円から265万円、新車が190万円から271万円となっています。燃費は両車とも14.8~19.2km/Lです。

マークX

マークXはトヨペット店で取り扱われていて、高級感のあるスポーツカーの雰囲気を漂わせています。エンジンは初代で新たに搭載されたGR系のV型6気筒を引き継いでいますが、3Lエンジン(3GR-FSE型・256ps/32.0kgm)がレクサスIS350と同型となる3.5Lの「2GR-FSE型」(318ps/38.7kgm)へと換装され、大幅なパワー&トルクアップが図られて動力性能をより向上させた点が特徴です。

燃費は10~11.8km/L、価格は中古車で約9万円から600万円、新車は265万円から442万円となっています。

カムリ

関連するキーワード


トヨタ 車種情報

関連する投稿


根強い人気があるトヨタの高級セダン クラウン┃中古価格やスペック等 一覧

根強い人気があるトヨタの高級セダン クラウン┃中古価格やスペック等 一覧

クラウンの歴史は古く、60年以上の歴史を持つトヨタの人気車種です。トヨタのクラウンは時を超えて常に、時代とともに挑戦し続けています。初めて発売が開始された1955年から現行のモデル全ての特徴や車のスペックに中古車価格などを分かりやすくまとめました。これからトヨタの「クラウン」を検討している方は、是非参考にしてみてください。


トヨタ ヴィッツ┃中古価格やスペック等 一覧

トヨタ ヴィッツ┃中古価格やスペック等 一覧

トヨタの人気コンパクトカー「ヴィッツ」の歴史や歴代モデルの紹介。性能から、燃費や中古価格などをまとめていきます。もう1台増やしたいとお考えの方は是非参考にしてください。


トヨタの高級セダン クラウンマジェスタ┃中古価格やスペック等

トヨタの高級セダン クラウンマジェスタ┃中古価格やスペック等

一度は乗ってみたいと思う、トヨタブランドの高級セダンの「クラウン・マジェスタ」を歴史から、特徴や燃費、実際の評価などをご紹介します。これから購入を考えている方は是非参考人してみてください。


トヨタのラクティスはコンパクトトールワゴン!中古価格から評価、スペックほか

トヨタのラクティスはコンパクトトールワゴン!中古価格から評価、スペックほか

コンパクトトールワゴンの原点となった「ラクティス」は、2006年から発売された車です。運転がしやすく、扱いやすく更に室内は十分な広さが確保されておりアウトドアなど様々な場面で活躍することができます。今回の記事では、トヨタ「ラクティス」の歴史や燃費に走行性能から、当時の新車価格と中古車価格などを詳しくまとめて解説していきます。


トヨタのSUV FJクルーザー|中古価格から評価、スペック等 一覧

トヨタのSUV FJクルーザー|中古価格から評価、スペック等 一覧

オフロードをガンガン走りたい方にオススメの「トヨタ・FJクルーザー」の概要や歴史、それに燃費や中古価格などをまとめてみました。興味のある方は是非ご覧ください。


最新の投稿


日産 オッティ(OTTI)とはどんな車?┃維持費や購入法を徹底解説

日産 オッティ(OTTI)とはどんな車?┃維持費や購入法を徹底解説

オッティを購入しようかどうか迷っているけど詳細が良く分からず悩んでいるという人はいませんか?実は、日産のイメージが強いオッティですが、三菱自動車工業からのOEMで出来ていた車なんです。この記事では、オッティがそもそもどんな車なのか、維持費や購入方法なども含めて詳しく解説しています。是非、記事の内容をご覧いただきオッティを購入する前に参考にしてください!


【違反走行をしないために】知っておくべき道路の路肩に関する規制

【違反走行をしないために】知っておくべき道路の路肩に関する規制

車を運転する人も自転車に乗る人も。みなさんの身近にある道路のすぐ傍にある路肩。実は知らないと警察に捕まってしまうかもしれない規制があることをご存知でしょうか。本記事では改めて、知らないと損するかもしれない、路肩に関連した規制と豆知識についてご紹介しています。


根強い人気があるトヨタの高級セダン クラウン┃中古価格やスペック等 一覧

根強い人気があるトヨタの高級セダン クラウン┃中古価格やスペック等 一覧

クラウンの歴史は古く、60年以上の歴史を持つトヨタの人気車種です。トヨタのクラウンは時を超えて常に、時代とともに挑戦し続けています。初めて発売が開始された1955年から現行のモデル全ての特徴や車のスペックに中古車価格などを分かりやすくまとめました。これからトヨタの「クラウン」を検討している方は、是非参考にしてみてください。


北海道の新千歳空港周辺の駐車場情報21選!料金は?予約はできるの?

北海道の新千歳空港周辺の駐車場情報21選!料金は?予約はできるの?

北海道の新千歳空港。観光客が多く訪れるイメージですが、北海道から外に出る人にとっても大事な場所です。特に車移動が多い北海道では駐車場に車を置いて飛行機を利用する人も多いはず。いざというときのために料金が安い、予約ができる、新千歳空港の近隣の駐車場を把握しておきましょう。


アウディ S1とはどんな車?┃維持費や中古の購入方法を解説

アウディ S1とはどんな車?┃維持費や中古の購入方法を解説

「せっかく車を買うならアウディ S1に乗ってみたい」 「アウディって高いイメージがあるけど実際にその費用に見合うだけの満足感を得られるの?」このようにアウディ S1を購入しようかどうか迷っているけど詳細が良く分からずお悩みではないですか?この記事では、アウディ S1がそもそもどんな車なのか、維持費や購入方法なども含めて詳しく解説しています。是非、記事の内容をご覧いただきアウディ S1を購入する前に参考にしてください!