目次へ戻る

日産のミッドサイズSUV デュアリスの中古車価格、スペック、燃費、評価一覧

日産のミッドサイズSUV デュアリスの中古車価格、スペック、燃費、評価一覧

デュアリスとは、日産のミドルサイズのSUVです。日本では販売終了してしまいましたが、各国では名前を変えて発売されています。「キャシュカイ(QASHQAI)」もしくは「ローグ スポーツ(ROGUE SPORT)」など、一度は車名を聞いたことがあるのではないでしょうか。これが元デュアリスなんです。本記事では改めて日産のSUV、デュアリスについてまとめています。


日産のミッドサイズSUV デュアリスの中古車価格、スペック、燃費、評価一覧

日産のデュアリスの概要・特徴紹介

デュアリスとは日産自動車が製造販売しているミドルサイズのクロスオーバーSUVです。

日本国内では2007年から2014年まで販売が行われていました。

この車は元々、日産の欧州戦略車種として位置付けで開発が行われ、欧州市場をメインにした販売戦略が展開されています。

プラットフォームはSUVのエクストレイルと共有しているものの、4WD車が中心のエクストレイルに対して、デュアリスはFF車の販売が主力でした。

赤くてかっこいいエクストレイル

日産 エクストレイル

日本では販売終了!しかし二代目は名前を変えて各国で販売中

青くてかっこいい 日産のキャシュカイ

日産のキャシュカイ

赤いフォルムが輝く 日産のローグスポーツ

ローグスポーツ の2020年モデル(シカゴモーターショー2019)

日本での販売が終了後もフルモデルチェンジが行われ、二代目デュアリスは、欧州をはじめとした主要各国で「キャシュカイ」や「ローグ スポーツ」の名で引き続き販売が行われています。

また、このキャシュカイを長年日産GT-Rのチューニングを手がけてきた英Severn Valley Motorsportがチューンし、最大出力を2000hpまで引き上げたモデルで、SUV世界最速となる382.7km/hをマークしたことでも知られています。

当初は、全ての車体は英国日産自動車のサンダーランド工場で集中生産され各市場に輸出する形でしたが、後に日本向け車両に関しては日本の日産自動車九州で生産が行われました。

自動車検査証での車名を見ると、英国産のものは「ニッサンUK」、日本生産のものは「ニッサン」という記載になっています。

中古車を狙っている人はチェックしてみるのも良いかも知れません。

日産 デュアリス(2013年モデル)の基本スペック・燃費

日産 デュアリス 20G(2013年モデル)の基本スペックは以下のようになります。

・駆動方式 FF
・ボディサイズ(全長×全幅×全高) 4315×1780×1615mm
・室内寸法(長さ×幅×高さ) 1845×1470×1225mm
・車両重量 1440kg
・最大乗車定員 5名
・燃費 13.0km/リットル
・最小回転半径 5.3m
・総排気量 1997cc
・最高出力 137ps(101kW)/5200rpm
・最大トルク 20.4kg・m(200N・m)/4400rpm
・燃料タンク容量 65リットル
・新車価格 2,370,900円

※スペックについては複数の中古車情報サイトを参照

デュアリスの実燃費

実際に乗っているユーザーがどの程度の実燃費で走っているのかをネットで調べてみました。

カーナリズムの兄弟サイト、e燃費ユーザーから報告されている平均値によると、レギュラーの場合は10.6km/L程度、ハイオクの場合は少し伸びて11.6km/L程度になっているようです。(2019年4月現在)

日産 デュアリスの新車・中古車価格

海外仕様のモデルは引き続き生産されていますが、日本国内の場合ですと、中古車市場のデュアリスが狙い目です。

デュアリス グレード別新車価格

2010年に発売されていたモデルには、以下のようなグレードがありました。

20S 2,097,900円
20G 2,307,900円
クロスライダー 2,544,150円
20Gアーバンブラックレザー 2,556,750円

デュアリスの中古車価格

中古車市場におけるグレード別のデュアリスの価格を調べてみました。
中古車情報サイト各社によれば、価格帯は以下の通りのようです。

20S 24.8~131万円
20S FOUR 26.8~119.8万円
20G 29.8~148万円
20G FOUR 29~168万円
クロスライダー 34.9~159.8万円

※2019年4月現在

日産 デュアリスのデザイン

デュアリスのデザインは日産の欧州デザインセンターでデザインされ、欧州市場を意識したものになっています。

ハッチバックとSUVの中間に位置する都会的なクロスオーバーSUVデザインを採用し、良い意味で日本車離れしたスリークで、躍動感あふれるスタイリングが魅力です。

また欧州市場で浸透しているガラスルーフを標準で採用しているグレードもあります。

エクステリア

オレンジ色のデュアリス

日産 デュアリス

全体の質感は、金属の塊をイメージする素材感を活かしながら、曲線美を巧みに融合したデザインで繊細さと同時に、スポーティさをも兼ね備えています。
車体は、前後のオーバーハングを切り詰める形に仕上げられ、加えて大径ホイールを装備した安定感のあるスタイリングになっています。

インテリア

デュアリスのインテリア画像

日産 デュアリス

デュアリスのインテリアは、ブラック基調を基本とし、アクセントとしてエアコン吹き出し口やメーターリングなどにシルバー装飾が使い、車内空間を引き締まった形でまとめ上げています。
またドライバーの操作性を重視した運転席シートと、開放的な助手席シートが対比する形になっており、スポーティなコックピットを演出しています。

日産 デュアリスの口コミ・評価

ジャーナリストによる試乗評価

乗り心地は、サスペンションが締まっているのに突き上げ感がなく、特別シートの座面にクッション性を多めにしていないにもかかわらず、おなかに響くような不快感がない。

サスペンションははっきりいって硬め。ロールも少ないほうだ。だから、ステアリングを切り始めた初期の応答もスポーティだ。エンジンは2リッターながらCVTとのバランスがよく取れているので、とてもスムースな加速感だ。

だが、決してパワーがあるほうではない。導入当初は英国で製作される逆輸入バージョンだったが、これからは九州工場で製造される。納期は早くなるだろうが、品質がどうなるか注目だ。

ユーザーの口コミ

実燃費に厳しいSUV車なので、正直期待はしてなかったのですが、普通に運転してて実燃費が10km/L以上あり、なかなか良いです。ここではJ10しか表記がないのですが、マイカーはマイナー後のJK10なので、メーカー値は15km/L。いまのところ街乗りだけですが、平均約11km/Lとメーカー値の70%以上はクリアしてます。渋滞の無い郊外や高速使って旅行やドライブに行けば更に伸びるでしょう。

まとめ

日本市場では、このデュアリスのラインはエクストレイルに吸収統合される形になり、その販売を終了してしまいましたが、欧州をはじめ世界的に見ても高く評価されている車種です。

キビキビとしつつも安定した走行性能で、快適な乗り心地なのも魅力だと言えるでしょう。
中古市場を見ると、日本での販売が終了してしまった影響か、比較的お手頃な値段で流通しているようです。

日本市場に根付かなかったという点を考慮に入れても、欧州車のテイストがあるクロスオーバーSUVが欲しいと考えた場合には、良い選択肢になるでしょう。

日産のSUVがもっと知りたいという方はこちら

関連するキーワード


日産 車種情報 デュアリス

関連する投稿


【最新版】2020年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

【最新版】2020年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

2020年はどのような新型車・フルモデルチェンジ車に出会えるの?本記事では2020年に発売が予測される国産車をピックアップ!トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、光岡。名だたる国産車メーカーの新型車・新車最新情報、予測を網羅!2020年はどんな新型車が出る?そんな時は本記事を!【10月16日更新】


日産のミニバン セレナ 中古車価格まとめ

日産のミニバン セレナ 中古車価格まとめ

日産 セレナは、5ナンバークラスのミニバンとしてゆるぎのない人気があります。また、日産のファミリーカーを代表するクルマでもあります。ここでは2005年から販売された3代目モデルから現行モデルまでのセレナの中古車情報を紹介しています。(※情報は2019年9月現在のものです)


日産のコンパクトカー キューブ 中古車価格まとめ

日産のコンパクトカー キューブ 中古車価格まとめ

日産キューブは、1998年に登場した日産のコンパクトカーです。トールワゴンのブームに乗って人気になりました。本記事ではそんなキューブの魅力と中古車情報をまとめています。(※情報は2019年9月現在のものです)


日産のサニー 中古情報・価格まとめ

日産のサニー 中古情報・価格まとめ

日産 サニーは、トヨタ・カローラのライバルとして長い間人気を保っていました。大衆のセダンとして魅力的でした。発売当時は、新車では買えないという人も多いかもしれませんね。本記事ではそんな方向けに、中古車情報をまとめています。(※情報は2019年9月現在のもの)


【2019年下半期】新型車・フルモデルチェンジ・発売日予想情報まとめ

【2019年下半期】新型車・フルモデルチェンジ・発売日予想情報まとめ

2019年下半期。7月~12月にかけて、新型車・新車ラッシュ・フルモデルチェンジが控えています。本記事では2019年下半期に行われると予測される新型デビュー・モデルチェンジを、月ごとにまとめています。国産車・外車(輸入車)はもちろん、価格や注目ポイントも網羅。10月には来る東京モーターショーも控えている2019年下半期の新型車情報を見ていきます!


最新の投稿


都道府県別道の駅まとめ┃埼玉県

都道府県別道の駅まとめ┃埼玉県

埼玉県は北関東への中継地点としての役割を担っています。最近は住みたい街ランキングで上位に入ったり、映画などでも一躍人気を博していますが、観光地への移動時の休憩地点として利用者も多く、その分道の駅も数多くあります。今回は、そんな埼玉県のおすすめスポットをご紹介します。


【解説】千葉銀行のマイカーローン┃金利や審査、申し込み方法等まとめ

【解説】千葉銀行のマイカーローン┃金利や審査、申し込み方法等まとめ

千葉、東京、埼玉、茨城のみならず、神奈川県(一部地域を除く)までのエリアをカバーする千葉銀行では、新車・中古車・下取り車のローン残債、借換えもご相談にのります。エリア内の方で、車の購入をお考えの方は、千葉銀行のマイカーローンがどのようなものなのか気になるところでしょう。この記事では金利や審査、申込み方法等を解説します。


トヨタ エスティマの燃費、口コミ・評価から中古車情報一覧|新型の噂も

トヨタ エスティマの燃費、口コミ・評価から中古車情報一覧|新型の噂も

1990年から発売されているトヨタのミニバン「エスティマ」の歴代モデルの燃費や中古価格などをまとめてみました。「エスティマ」に乗り換えをお考えの方は、是非参考にしてください。(※情報は2019年4月現在のもの)


全てがスーパーサイズ! トヨタのピックアップ タンドラの魅力とは

全てがスーパーサイズ! トヨタのピックアップ タンドラの魅力とは

USトヨタが北米市場で販売しているフルサイズピックアップトラック『トヨタ タンドラ』(以降、タンドラ)の魅力に迫ります。(※情報は2019年4月現在のもの)


トヨタのミニバン ノアの歴史!維持費やカスタム法を徹底解説

トヨタのミニバン ノアの歴史!維持費やカスタム法を徹底解説

トヨタのノアは、ヴォクシーやエスクァイアと並んでトヨタの主力ミニバンです。しかしながら、その細かな違いが分からずに、選択肢に悩んでいる人も多いと思います。そもそも同クラスの車種を選ぶ基準は難しいところですよね。ノアの魅力は、「家族が楽しめる車」に仕上がっている点だと言えます。よりファミリーカーとしての資質が強いのが特徴です。今回は、ノアの魅力とともに、ヴォクシーやエスクァイアとの違いについても細かく解説していきます。(※情報は2019年4月現在のもの)