目次へ戻る

日産のミッドサイズSUV デュアリスの中古車価格、スペック、燃費、評価一覧

日産のミッドサイズSUV デュアリスの中古車価格、スペック、燃費、評価一覧

デュアリスとは、日産のミドルサイズのSUVです。日本では販売終了してしまいましたが、各国では名前を変えて発売されています。「キャシュカイ(QASHQAI)」もしくは「ローグ スポーツ(ROGUE SPORT)」など、一度は車名を聞いたことがあるのではないでしょうか。これが元デュアリスなんです。本記事では改めて日産のSUV、デュアリスについてまとめています。


日産のミッドサイズSUV デュアリスの中古車価格、スペック、燃費、評価一覧

日産のデュアリスの概要・特徴紹介

デュアリスとは日産自動車が製造販売しているミドルサイズのクロスオーバーSUVです。

日本国内では2007年から2014年まで販売が行われていました。

この車は元々、日産の欧州戦略車種として位置付けで開発が行われ、欧州市場をメインにした販売戦略が展開されています。

プラットフォームはSUVのエクストレイルと共有しているものの、4WD車が中心のエクストレイルに対して、デュアリスはFF車の販売が主力でした。

赤くてかっこいいエクストレイル

日産 エクストレイル

日本では販売終了!しかし二代目は名前を変えて各国で販売中

青くてかっこいい 日産のキャシュカイ

日産のキャシュカイ

赤いフォルムが輝く 日産のローグスポーツ

ローグスポーツ の2020年モデル(シカゴモーターショー2019)

日本での販売が終了後もフルモデルチェンジが行われ、二代目デュアリスは、欧州をはじめとした主要各国で「キャシュカイ」や「ローグ スポーツ」の名で引き続き販売が行われています。

また、このキャシュカイを長年日産GT-Rのチューニングを手がけてきた英Severn Valley Motorsportがチューンし、最大出力を2000hpまで引き上げたモデルで、SUV世界最速となる382.7km/hをマークしたことでも知られています。

当初は、全ての車体は英国日産自動車のサンダーランド工場で集中生産され各市場に輸出する形でしたが、後に日本向け車両に関しては日本の日産自動車九州で生産が行われました。

自動車検査証での車名を見ると、英国産のものは「ニッサンUK」、日本生産のものは「ニッサン」という記載になっています。

中古車を狙っている人はチェックしてみるのも良いかも知れません。

日産 デュアリス(2013年モデル)の基本スペック・燃費

日産 デュアリス 20G(2013年モデル)の基本スペックは以下のようになります。

・駆動方式 FF
・ボディサイズ(全長×全幅×全高) 4315×1780×1615mm
・室内寸法(長さ×幅×高さ) 1845×1470×1225mm
・車両重量 1440kg
・最大乗車定員 5名
・燃費 13.0km/リットル
・最小回転半径 5.3m
・総排気量 1997cc
・最高出力 137ps(101kW)/5200rpm
・最大トルク 20.4kg・m(200N・m)/4400rpm
・燃料タンク容量 65リットル
・新車価格 2,370,900円

※スペックについては複数の中古車情報サイトを参照

デュアリスの実燃費

実際に乗っているユーザーがどの程度の実燃費で走っているのかをネットで調べてみました。

カーナリズムの兄弟サイト、e燃費ユーザーから報告されている平均値によると、レギュラーの場合は10.6km/L程度、ハイオクの場合は少し伸びて11.6km/L程度になっているようです。(2019年4月現在)

日産 デュアリスの新車・中古車価格

海外仕様のモデルは引き続き生産されていますが、日本国内の場合ですと、中古車市場のデュアリスが狙い目です。

デュアリス グレード別新車価格

2010年に発売されていたモデルには、以下のようなグレードがありました。

20S 2,097,900円
20G 2,307,900円
クロスライダー 2,544,150円
20Gアーバンブラックレザー 2,556,750円

デュアリスの中古車価格

中古車市場におけるグレード別のデュアリスの価格を調べてみました。
中古車情報サイト各社によれば、価格帯は以下の通りのようです。

20S 24.8~131万円
20S FOUR 26.8~119.8万円
20G 29.8~148万円
20G FOUR 29~168万円
クロスライダー 34.9~159.8万円

※2019年4月現在

日産 デュアリスのデザイン

デュアリスのデザインは日産の欧州デザインセンターでデザインされ、欧州市場を意識したものになっています。

ハッチバックとSUVの中間に位置する都会的なクロスオーバーSUVデザインを採用し、良い意味で日本車離れしたスリークで、躍動感あふれるスタイリングが魅力です。

また欧州市場で浸透しているガラスルーフを標準で採用しているグレードもあります。

エクステリア

オレンジ色のデュアリス

日産 デュアリス

全体の質感は、金属の塊をイメージする素材感を活かしながら、曲線美を巧みに融合したデザインで繊細さと同時に、スポーティさをも兼ね備えています。
車体は、前後のオーバーハングを切り詰める形に仕上げられ、加えて大径ホイールを装備した安定感のあるスタイリングになっています。

インテリア

デュアリスのインテリア画像

日産 デュアリス

デュアリスのインテリアは、ブラック基調を基本とし、アクセントとしてエアコン吹き出し口やメーターリングなどにシルバー装飾が使い、車内空間を引き締まった形でまとめ上げています。
またドライバーの操作性を重視した運転席シートと、開放的な助手席シートが対比する形になっており、スポーティなコックピットを演出しています。

日産 デュアリスの口コミ・評価

ジャーナリストによる試乗評価

乗り心地は、サスペンションが締まっているのに突き上げ感がなく、特別シートの座面にクッション性を多めにしていないにもかかわらず、おなかに響くような不快感がない。

サスペンションははっきりいって硬め。ロールも少ないほうだ。だから、ステアリングを切り始めた初期の応答もスポーティだ。エンジンは2リッターながらCVTとのバランスがよく取れているので、とてもスムースな加速感だ。

だが、決してパワーがあるほうではない。導入当初は英国で製作される逆輸入バージョンだったが、これからは九州工場で製造される。納期は早くなるだろうが、品質がどうなるか注目だ。

ユーザーの口コミ

実燃費に厳しいSUV車なので、正直期待はしてなかったのですが、普通に運転してて実燃費が10km/L以上あり、なかなか良いです。ここではJ10しか表記がないのですが、マイカーはマイナー後のJK10なので、メーカー値は15km/L。いまのところ街乗りだけですが、平均約11km/Lとメーカー値の70%以上はクリアしてます。渋滞の無い郊外や高速使って旅行やドライブに行けば更に伸びるでしょう。

まとめ

日本市場では、このデュアリスのラインはエクストレイルに吸収統合される形になり、その販売を終了してしまいましたが、欧州をはじめ世界的に見ても高く評価されている車種です。

キビキビとしつつも安定した走行性能で、快適な乗り心地なのも魅力だと言えるでしょう。
中古市場を見ると、日本での販売が終了してしまった影響か、比較的お手頃な値段で流通しているようです。

日本市場に根付かなかったという点を考慮に入れても、欧州車のテイストがあるクロスオーバーSUVが欲しいと考えた場合には、良い選択肢になるでしょう。

日産のSUVがもっと知りたいという方はこちら

関連するキーワード


日産 車種情報 デュアリス

関連する投稿


スカイライン ハイブリッドで優雅に走ろう┃概要やグレード別スペック燃費など一覧

スカイライン ハイブリッドで優雅に走ろう┃概要やグレード別スペック燃費など一覧

スカイライン ハイブリッドは静かなモーター走行とダイナミックに走るV6エンジンが特徴のハイブリッドカーです。その優れた走行性能は走り出した時から感じることができるでしょう。それではスカイライン ハイブリッドについて見ていきます。


【7月16日発表】日産 スカイライン 新型 最新情報 発売日 価格

【7月16日発表】日産 スカイライン 新型 最新情報 発売日 価格

7月16日、日本国内でも発表された日産『スカイライン』改良新型は、プロパイロット2.0を搭載した3.5リットルV6ハイブリッドエンジン(VQ35HR)そして、3.0リットルV6ツインターボエンジン(VR30DDTT)を搭載した2モデルがベースとなるということで注目を集めています。価格、発売日など最新情報をまとめています。


日産のクロスオーバーSUVジューク新型 発売は9月3日

日産のクロスオーバーSUVジューク新型 発売は9月3日

日産のクロスオーバーSUV、ジューク新型が9月3日にデビューすることが決まりました。まだ全容は公開されてはいませんが、ジューク新型のヘッドライト画像が2枚公開されています。本記事ではジューク新型の最新情報についてご紹介いたします。


2019夏!軽トールワゴン買うならどれ? デイズ VS ムーヴ VS ワゴンR そして新型N-WGN

2019夏!軽トールワゴン買うならどれ? デイズ VS ムーヴ VS ワゴンR そして新型N-WGN

軽自動車のジャンルでは、現在ではN-BOXを始めとするより背が高くてスライドドアを装備するハイトワゴンがブームとなっています。しかし、日産が新型デイズを発表したこと、またホンダがこの夏に発売する新型N-WGNの情報を公開したことで、今、にわかにトールワゴンに注目が集まっています。そこで、今回は新型デイズを中心に、日産、ダイハツ、スズキの軽トールワゴンの「良いとこ」をご紹介します。新型N-WGNの情報もありますよ!


日産の高級セダン シーマの燃費、基本スペック一覧|中古価格の相場は?

日産の高級セダン シーマの燃費、基本スペック一覧|中古価格の相場は?

発売後30周年を迎えた日産の最高級セダン「シーマ」は発売時から「シーマ現象」という言葉が生まれるほどに愛された車で、現在まで最高級セダンとして不動の地位を築いています。シーマがこれほど愛される理由とは何なのでしょうか。今回は気になる高級車シーマについてご紹介していきます。購入を検討している方はぜひ参考にしてください。


最新の投稿


アストンマーティン ヴァルキリー最新プロトタイプ発表

アストンマーティン ヴァルキリー最新プロトタイプ発表

アストンマーティンは、開発中の新型ハイパーカー『ヴァルキリー』(Aston Martin Valkyrie)の最新プロトタイプ車を、英国で発表しました。


解放感はピカイチ! オープンタイプのメルセデス・ベンツSLKって?

解放感はピカイチ! オープンタイプのメルセデス・ベンツSLKって?

メルセデス・ベンツSLKは、1996年の初代より2016年の三代目まで生産がなされました。メルセデス・ベンツの2シーターのライトウェイトスポーツカーの位置づけで生産され、発売初年度は生産が追い付かないという人気を誇りました。R170・R171・R172の変遷も見てみましょう。


スカイライン ハイブリッドで優雅に走ろう┃概要やグレード別スペック燃費など一覧

スカイライン ハイブリッドで優雅に走ろう┃概要やグレード別スペック燃費など一覧

スカイライン ハイブリッドは静かなモーター走行とダイナミックに走るV6エンジンが特徴のハイブリッドカーです。その優れた走行性能は走り出した時から感じることができるでしょう。それではスカイライン ハイブリッドについて見ていきます。


クラウンアスリートハイブリッドの魅力とは┃歴史やスペック、燃費等まとめ

クラウンアスリートハイブリッドの魅力とは┃歴史やスペック、燃費等まとめ

クラウンアスリートのハイブリッドモデル「クラウンアスリートハイブリッド」 の燃費をガソリン車とハイブリッド車の比較でお伝えします。高級車の代表格である同車のステータス性や乗り心地、採用されている装備を考えると比較的お手頃とも言える価格や、スペック、魅力も併せて紹介していきます。


三菱の人気車種 デリカ D:5 を再考!現行モデルのスペックや特別仕様車の紹介も

三菱の人気車種 デリカ D:5 を再考!現行モデルのスペックや特別仕様車の紹介も

恐竜の骨格を思わせるリブボーンフレームの採用による最高の衝突安全性能を誇り、高い居住性とSUV的走破性も併せ持つ、三菱が誇るオールラウンダーミニバンがデリカD:5です。発売から10年以上を経てなお三菱をけん引し続ける人気車種の実像に迫ります。