目次へ戻る

トヨタ プレミオの新車・中古車価格 スペック 燃費 評価は?

トヨタ プレミオの新車・中古車価格 スペック 燃費 評価は?

トヨタのプレミオとはトヨタが販売しているセダンです。落ち着いた乗り心地と内外装が魅力です。本記事ではそんなトヨタのセダン・プレミオについてご紹介します。


プレミオの概要・特徴紹介

プレミオ

プレミオ

プレミオはトヨタが製造販売しているミドルクラスセダンですが、コロナの後継車であり、2001年に登場したT240型からプレミオという名前で販売されています。

取り回しの良い5ナンバーにこだわり、落ち着いた乗り心地と車格以上の豪華な内外装、エンジンはニーズに合わせて1.5L、1.8L、2.0Lの3種類が用意されています。

クラウンを小さくしたような内外装は中高年以上の世代には高評価となっています。

プレミオの基本スペック・燃費

プレミオ2.0Gの基本スペック・燃費
駆動方式 FF
ボディサイズ(全長×全幅×全高)4,595mm×1,695mm×1475mm
室内寸法(長さ×幅×高さ)2055mm×1,450mm×1205mm
車両重量 1,270kg
最大乗車定員 5名
燃費 JC08モード 15.6km/L
最小回転半径 5.3m
総排気量 1,986cc
最高出力 112KW[152PS]/6,100 r.p.m
最大トルク 193N・m[19.7kgf・m]/3,800 r.p.m
燃料タンク容量 60L
新車価格 2,423,127円

プレミオ2.0Gはコンパクトなボディに2,000ccエンジンを搭載しているので、余裕のある力強い走りが可能です。

プレミオの実燃費

プレミオ2.0Gの実燃費は、12km/L前後となっています。
カタログの数字は15.6km/Lなので、約2割低くなっています。
ただし、街中ではなく、高速道路や長距離を走行するときは、余裕のあるエンジン排気量によりアクセル開度が少なく、実燃費はかなり向上し、カタログ数字の15.6km/Lを上回ることも少なくありません。
なお1.8Xは2.0Gに比べて若干燃費がアップしますが、運転の仕方によってはそれほど変わりません。
1.5Fはカタログ上19.2km/Lとなっていますが、実燃費は13~16km/L前後です。
車両重要に対してエンジンがややパワー不足となるため、アクセルを深く踏み込むような運転をしていれば燃費は大きく悪化します。

プレミオの新車・中古車

プレミオの新車価格は1,908,655円から2,686,255円までとなっています。
排気量が大きくなるにつれ価格は高くなりますが、予算に合わせてグレードが選びやすくなっています。

プレミオ グレード別新車価格

エンジン排気量と価格アップは比例します。
標準装備での違いはほとんどありません。
なおナビゲーションはオプションとなります。

1.5F 1,908,655円
1.8X 2,241,491円
1.8X“Lパッケージ 2,259,163円
1.8X“EXパッケージ 2,306,291円
2.0G 2,423,127円
2.0G“EXパッケージ 2,686,255円

プレミオの中古車価格

ユーザーが長く乗る傾向があるプレミオの中古車は、あまり市場に多く出回っていません。
価格にはバラ付きがあり、平均価格は112.8万円です。

2017年式 1.5FLパッケージ 走行距離約2.5万km 約170万円
2016年式 2.0GEXパッケージ 走行距離約3万km 約185万円
2016年式 2.0G 走行距離約5万km 約145万円
2014年式 1.5F 走行距離約2万km 約100万円

プレミオのデザイン

プレミオのデザインは落ち着きがあり、クラウンをそのまま小さくしたような雰囲気があります。
マイナーチェンジを繰り返しながら、スタイルの小変更が重ねられてきています。

エクステリア

現行モデルのエクステリアは、コンパクトサイズを感じさせないどっしりとした雰囲気があります。
高級感のある大きなラジエターグリルとシャープなヘッドライトがつながったデザインが採用されています。
マイナーチェンジ前の大きなヘッドライトと比較するとかなり印象が変わりました。
リアのデザインはフロントマスクに比べると非常にシンプルで、オーソドックスなものとなっています。
トランクの部分が一段高く盛り上がっており、どっしりとした雰囲気があります。

インテリア

プレミオのインテリアは、クラウンに勝るとも劣らない木目調パベルを多用した豪華のものです。
質感が高く、オーナーの期待を裏切りません。
スポーティなデザインとは真逆と、落ち着いたセダンらしい雰囲気で、販売層の中高年には受けが良いでしょう。
シートの表皮も高品質なものが使われておる、気持ちの良いドライブを約束してくれます。

プレミオの口コミ・評価

お手頃な価格とまじめに作られたセダンとして、プレミオの評価は高いです。

決してスポーティだったり、個性的だったりというわけではありませんが、多くの日本人が車に求めている要素を高い次元で実現しています。
ただ基本設計が少し古い末期モデルとなっています。

ジャーナリストによる試乗評価

「外観デザインはフロント回りを一新しことで大きな変更感があり、内装にも手を加えたほか、先進緊急ブレーキを含むトヨタセーフティセンスCを採用するなど、安全装備も充実化している。」

「ある種の路面でロードノイズがかなり低く感じられたりと、クラス相応にはなっている。
やや操舵力が重めのステアリングにも安心感がある。」

まとめ

トヨタプレミオはちょうど良いサイズで、お手頃な価格、それでいながら安っぽくなく高級感もあって、高い満足を与えてくれる車です。
走行性能は決してスポーティなものではありませんが、ゆったりと落ち着いて運転するには最適なセッティングが施されています。

ただ現行モデルが登場してからかなり月日が経過し、基本設計が少し古めかしいという点もありますので、購入の際には自分の目で確かめた方が良さそうです。

関連する投稿


クラウンアスリートハイブリッドの魅力とは┃歴史やスペック、燃費等まとめ

クラウンアスリートハイブリッドの魅力とは┃歴史やスペック、燃費等まとめ

クラウンアスリートのハイブリッドモデル「クラウンアスリートハイブリッド」 の燃費をガソリン車とハイブリッド車の比較でお伝えします。高級車の代表格である同車のステータス性や乗り心地、採用されている装備を考えると比較的お手頃とも言える価格や、スペック、魅力も併せて紹介していきます。


トヨタのRAV4もいいけどハリアーの方が良いと思う3つの理由

トヨタのRAV4もいいけどハリアーの方が良いと思う3つの理由

トヨタの新型RAV4は、2019年4月に発売されて以来大ヒットといえる販売で、トヨタのC-HRやホンダのヴェゼルを押さえて一躍国産SUVトップに躍り出ました。そんな中、健闘しているのが2013年に発売された現行ハリアーです。いまだに国産SUVの販売台数では上位につけ、多くのユーザーを引き付けています。では、新型RAV4ではなくハリアーを選ぶ理由は何なのでしょうか?それには3つの理由があるのです。


【2019年】人気!おすすめしたい現行SUV12選

【2019年】人気!おすすめしたい現行SUV12選

日本でも世界でも人気のSUV!今回は今人気・オススメしたいSUVを12種類紹介します。新車の購入を検討している方や、現行車のSUVを中古で購入したいと考えている方にオススメの内容です。燃費、価格、特徴をまとめたほか、合わせてSUVを選ぶ時のポイントもいくつか紹介します。


トヨタの人気SUV ハリアー!価格 燃費 内装 グレード 完全網羅!!

トヨタの人気SUV ハリアー!価格 燃費 内装 グレード 完全網羅!!

トヨタから発売されているSUV、ハリアーは、絶大な人気を誇ります。 ハリアーが気になっている人のために、価格、燃費、他のSUVと比較した結果、グレード、内装、中古車情報についてまとめました。ハリアーが気になる方、必見です!!


【スクープ】トヨタのヤリス(ヴィッツ)新型 東京モーターショー2019で披露?

【スクープ】トヨタのヤリス(ヴィッツ)新型 東京モーターショー2019で披露?

トヨタのハッチバック、ヤリス(日本名:ヴィッツ)の新型プロトタイプがドイツのニュルベルリンクに登場しました。


最新の投稿


アストンマーティン ヴァルキリー最新プロトタイプ発表

アストンマーティン ヴァルキリー最新プロトタイプ発表

アストンマーティンは、開発中の新型ハイパーカー『ヴァルキリー』(Aston Martin Valkyrie)の最新プロトタイプ車を、英国で発表しました。


解放感はピカイチ! オープンタイプのメルセデス・ベンツSLKって?

解放感はピカイチ! オープンタイプのメルセデス・ベンツSLKって?

メルセデス・ベンツSLKは、1996年の初代より2016年の三代目まで生産がなされました。メルセデス・ベンツの2シーターのライトウェイトスポーツカーの位置づけで生産され、発売初年度は生産が追い付かないという人気を誇りました。R170・R171・R172の変遷も見てみましょう。


スカイライン ハイブリッドで優雅に走ろう┃概要やグレード別スペック燃費など一覧

スカイライン ハイブリッドで優雅に走ろう┃概要やグレード別スペック燃費など一覧

スカイライン ハイブリッドは静かなモーター走行とダイナミックに走るV6エンジンが特徴のハイブリッドカーです。その優れた走行性能は走り出した時から感じることができるでしょう。それではスカイライン ハイブリッドについて見ていきます。


クラウンアスリートハイブリッドの魅力とは┃歴史やスペック、燃費等まとめ

クラウンアスリートハイブリッドの魅力とは┃歴史やスペック、燃費等まとめ

クラウンアスリートのハイブリッドモデル「クラウンアスリートハイブリッド」 の燃費をガソリン車とハイブリッド車の比較でお伝えします。高級車の代表格である同車のステータス性や乗り心地、採用されている装備を考えると比較的お手頃とも言える価格や、スペック、魅力も併せて紹介していきます。


三菱の人気車種 デリカ D:5 を再考!現行モデルのスペックや特別仕様車の紹介も

三菱の人気車種 デリカ D:5 を再考!現行モデルのスペックや特別仕様車の紹介も

恐竜の骨格を思わせるリブボーンフレームの採用による最高の衝突安全性能を誇り、高い居住性とSUV的走破性も併せ持つ、三菱が誇るオールラウンダーミニバンがデリカD:5です。発売から10年以上を経てなお三菱をけん引し続ける人気車種の実像に迫ります。