目次へ戻る

【ジュネーブモーターショー2019】ランボルギーニ アヴェンタドール ロードスター SVJ

【ジュネーブモーターショー2019】ランボルギーニ アヴェンタドール ロードスター SVJ

ランボルギーニは3月4日(日本時間3月5日)、スイスで開催したジュネーブモーターショー2019のプレビューイベントにおいて、『アヴェンタドールSVJロードスター』(Lamborghini Aventador SVJ Roadster)を初公開しました。


【ジュネーブモーターショー2019】ランボルギーニ アヴェンタドール ロードスター SVJ

ランボルギーニは3月4日(日本時間3月5日)、スイスで開催したジュネーブモーターショー2019のプレビューイベントにおいて、『アヴェンタドールSVJロードスター』(Lamborghini Aventador SVJ Roadster)を初公開しました。

SVとは……スーパーヴェローチェを意味する

車名の「SV」とは、スーペルヴェローチェ(英語でスーパーファスト)を意味し、ランボルギーニの高性能車に冠されてきた伝統のネーミングです。

アヴェンタドールSVJロードスターは、最新の『アヴェンタドール ロードスター』をベースに、さらなる高性能が追求されました。

ランボルギーニ アヴェンタドールSVJロードスター エクステリア画像

アヴェンタドールSVJロードスター

アヴェンタドールSVJロードスター

アヴェンタドールSVJロードスター

アヴェンタドールSVJロードスター

アヴェンタドールSVJロードスター

ランボルギーニ アヴェンタドールSVJロードスター インテリア画像

アヴェンタドールSVJロードスター

アヴェンタドールSVJロードスターには、カーボンファイバーなどの軽量素材を導入した。これらの素材は、ボディやリムーバブルハードトップに採用されている。ボディには、大型エアインテークを装備。ワイドなサイドスカートや軽量化が図られたエキゾーストシステムも装備する。ハードトップの製造には、RTM高圧プレス技術を導入した。ボンネット、フロントフェンダー、ドアにも軽量素材が採用されており、軽量化に貢献する。

アヴェンタドールSVJロードスター

ランボルギーニ アヴェンタドールSVJロードスター 加速・最高速は

ミッドシップに搭載される6.5リットルV型12気筒ガソリン自然吸気エンジンには、専用チューニングを実施。最大出力は770hp/8500rpmに引き上げられました。

最大トルクは73.4kgm/6750rpm。

ランボルギーニ アヴェンタドールSVJロードスター ALA2.0に進化

ランボルギーニの特許技術の「ALA」システムは、「ALA 2.0」に進化した。ALA 2.0では、強化された横加速度を考慮した再キャリブレーションが行われている。ALA 2.0は、ダイナミックな状況に応じて空力負荷を変化させて、高いダウンフォースや低い抗力を可能にする。電動モーターが、フロントリップスポイラーとエンジンボンネットに設けられたアクティブフラップを開閉することにより、フロントとリアの空気の流れを制御する。

セグメント初のアクティブシステムの「ランボルギーニ・ダイナミック・ステアリング」(LDS)と、リアステアリングシステムの「ランボルギーニ・リアホイール・ステアリング」(LRS)を組み合わせた。LDSシステムは、スピードと選択したドライビングモードに適応して、直接的なステアリングまたは、より間接的なステアリングを選択する。LRSシステムは、2個の電気機械式アクチュエーターにより、ステアリングリアアクスルを制御。このシステムにより、低速では、リアアクスルがフロントアクスルに対して反対の方向に向きを変えることでホイールベースがバーチャルに減少し、敏捷性が向上。高速では、2本の軸が平行して回転する。これにより、ホイールベースがバーチャルに上昇し、安定性を大幅に向上させるという。

ランボルギーニ アヴェンタドールSVJロードスター 足回りが強化

また、磁性流体プッシュロッド式のサスペンションを搭載しています。

道路条件やドライバーが選択したドライビングモードに応じて、スペンションの挙動を絶えず修正します。

ローリングや不要な車体の動きを補正するだけでなく、システムはLRSシステムと連動。

すべてのセットアップ条件において、車底と地面との間に発生する空気の流れを一定に保つことにより、ALA の効率とダウンフォースを最大にするよう設計されています。

走行モードは、「STRADA」、「SPORT」、「CORSA」、「EGO」の4種類。

関連する投稿


【東京モーターショー2019】10月24日開幕!開催・出展車情報など最新情報まとめ

【東京モーターショー2019】10月24日開幕!開催・出展車情報など最新情報まとめ

10月24日より開催される東京モーターショー2019。10月24日から11月4日までの12日間、東京ビッグサイトにて開催されます。本記事ではどこよりも早く、どこよりもわかりやすいをモットーに東京モーターショー2019の最新情報をまとめています。新型車・出展車・ワールドプレミア情報・アクセス情報・駐車場情報・開催日程情報・前回の東京モーターショー2017の振り返りも。毎日更新中です。【8月6日更新】


レクサス初のミニバンLM(Luxury Mover ラグジュアリー ムーバー) 最新情報

レクサス初のミニバンLM(Luxury Mover ラグジュアリー ムーバー) 最新情報

4月に行われた上海モーターショー2019にて、レクサスブランド初のミニバン、LMが初公開されましたね。レクサスのLMはトヨタの高級ミニバン、アルファードやヴェルファイアを超える!?と多くの人から高い期待が寄せられているミニバンと言えます。日本発売はあるのか?いつ発売されるのか?気になる最新情報を見ていきましょう。


【東京モーターショー2019】ホンダ NSX タイプR、東京モーターショーで公開?

【東京モーターショー2019】ホンダ NSX タイプR、東京モーターショーで公開?

ホンダのスーパースポーツ、『NSX』に「タイプR」が設定される可能性が示唆されていましたが、10月に行われる東京モーターショー2019でワールドプレミアされる可能性が高いことが新たにわかっています。最新情報をまとめています。


【2019年保存版】2019年世界の主要モーターショー スケジュールまとめ

【2019年保存版】2019年世界の主要モーターショー スケジュールまとめ

世界中で開催されている海外のモーターショー。本記事では2019年に開催決定&開催が予定されているモーターショー情報をまとめています。東京モーターショー、フランクフルトモーターショー、ジュネーブモーターショー、デトロイトモーターショー、ロンドンモーターショー他。公式サイトへのリンクも貼っています。随時更新予定です。


【東京モーターショー2019】ポルシェ、TMS2019出展に代わって独自イベント開催へ

【東京モーターショー2019】ポルシェ、TMS2019出展に代わって独自イベント開催へ

ポルシェジャパンは、東京モーターショー2019への出展に代えて、ミレニアル層を中心とした次世代に向けた独立型ブランドエキシビション「scopes Tokyo(仮)」を開催します。2019年11月から東京において、約一か月間開催する予定です。


最新の投稿


岡山県北部地区の道の駅一覧|粟倉温泉をたずねて

岡山県北部地区の道の駅一覧|粟倉温泉をたずねて

岡山県も残すは中国山脈側を残すのみとなりました。前回は瀬戸内海側(南部)を紹介してまいりましたが、今回は北部側の道の駅を紹介しましょう。


トヨタ プリウスPHV モデル別中古車価格まとめ

トヨタ プリウスPHV モデル別中古車価格まとめ

トヨタのプリウスPHVをモデル別にご紹介します。中古車の価格と合わせて見ていきます。


ヨガやダンスも出来る「道の駅 いちかわ」の見どころを解説!

ヨガやダンスも出来る「道の駅 いちかわ」の見どころを解説!

都心にほど近い千葉県の道の駅である「道の駅 いちかわ」。 スタイリッシュな建物の中には、ショップ、レストラン、カフェだけでなく、ラウンジ、カルチャースペース、スタジオ等の様々な施設がそろっています。今回は、そんな道の駅 いちかわの見どころを紹介していきます。


デコトラ制作の老舗 アートフレンド|歴史やその特徴に迫ります!

デコトラ制作の老舗 アートフレンド|歴史やその特徴に迫ります!

アートトラック、カスタム、デコトラの制作を手掛けて20年以上の歴史を誇るアートフレンド。事業全体では自動車産業以外にも幅広く活躍する企業へと発展したアートフレンドグループの概要をご紹介します。


30万以下で購入できる!トヨタ軽自動車の中古車 5選

30万以下で購入できる!トヨタ軽自動車の中古車 5選

トヨタは80年以上もの長い歴史を持つ自動車メーカーです。今回はそのトヨタの歴史について中古車情報と一緒に見ていきましょう。