目次へ戻る

トヨタ MR-S|世代毎の特徴や燃費、中古価格は?

トヨタ MR-S|世代毎の特徴や燃費、中古価格は?

トヨタが2007年まで製造・販売していたMR-Sをご存知でしょうか?2シーターのミッドシップ車のMR2の後続車として誕生しました。今回は、MR-Sの特徴や燃費、中古価格を解説していきます。


トヨタ MR-Sとは?

Option MR-S

2シーターミッドシップ車のMR2の後継車として誕生したMR-S。
MR-Sは、1999年に駆動方式にMR方式(ミッドシップエンジン・リアドライブ)を採用して登場した手動ソフトトップのオープンタイプスポーツカーで、「Midship Runabout Sportsopencar(ミッドシップ・ランアバウト・スポーツオープンカー)」の頭文字から「MR-S」と命名されました。

ミッドシップエンジン、リアドライブというMR2のレイアウトはそのままに、新たにオープンボディを獲得しました。

ショートオーバーハングでヨー慣性モーメントを小さくしたうえ、2450mmというロングホイールベースで、優れた操舵応答性と収束性を両立させ、ブレーキ、コーナリングともに、スタビリティは高めのセッティングになっていました。

MTと国産量産車初のシーケンシャルマニュアルトランスミッション (SMT) が設定され、MTは初期型が5速、マイナーチェンジ以降は6速に設定されました。

控えめなツインカムエンジンをオープンカーの後輪前よりに積み、1トンを切る軽量コンパクトな車重により、燃費も良さや軽快な走りが楽しめるモデルとして人気がありました。
さらにトヨタの豊富な車種バリエーションのなかから必要なコンポーネンツを集約させ、168万円~という安価な価格で製造販売できたのことも人気の一因といえるでしょう。

人気を博したMR-Sでしたが、2006年のスポーツカーブームの終焉により、残念ながら2007年に総生産台数7万7840台で生産終了となりました。

「MR-S」の車名の由来

2シーターミッドシップ車のMR2の後継車として誕生したMR-S。

MR-Sは、1999年に駆動方式にMR方式(ミッドシップエンジン・リアドライブ)を採用して登場した手動ソフトトップのオープンタイプスポーツカーで、「Midship Runabout Sportsopencar(ミッドシップ・ランアバウト・スポーツオープンカー)」の頭文字から「MR-S」と命名されました。

代表的な仕様

ミッドシップエンジン、リアドライブというMR2のレイアウトはそのままに、新たにオープンボディを獲得しました。
ショートオーバーハングでヨー慣性モーメントを小さくしたうえ、2450mmというロングホイールベースで、優れた操舵応答性と収束性を両立させ、ブレーキ、コーナリングともに、スタビリティは高めのセッティングになっていました。
MTと国産量産車初のシーケンシャルマニュアルトランスミッション (SMT) が設定され、MTは初期型が5速、マイナーチェンジ以降は6速に設定されました。

人気の理由

燃費の良さ

控えめなツインカムエンジンをオープンカーの後輪前よりに積み、1トンを切る軽量コンパクトな車重により、燃費も良さや軽快な走りが楽しめるモデルとして人気がありました。

価格のやすさ

さらにトヨタの豊富な車種バリエーションのなかから必要なコンポーネンツを集約させ、168万円~という安価な価格で製造販売できたのことも人気の一因といえるでしょう。

生産終了時期

人気を博したMR-Sでしたが、2006年のスポーツカーブームの終焉により、残念ながら2007年に総生産台数7万7840台で生産終了となりました。

先代モデルはMR2

MR2は、日本メーカー初の市販ミッドシップモデルとして、1984年にデビュー。1989年には2代目の販売を開始し、1999年まで販売されていた人気2ドアスポーツです。
「Midship Runabout 2seater(ミッドシップ・ランアバウト・2シーター)」の頭文字から「MR2」と命名されました。

当時は高価な印象を持たれていたミッドシップエンジンを、日本で初めて量産、手頃な価格で販売したことで人気を得ました。
MR2もMR-Sと同様に、駆動方式にMR方式を採用していて、MR2はクーペスタイルとTバールーフスタイルを採用していましたが、MR-Sは手動式ソフトトップのオープンカーになりました。

また、MR2は2.0Lエンジンを搭載し、ターボモデルも販売されましたが、MR-Sでは全てのグレードで1.8Lの自然吸気エンジンが採用されました。
マイナーチェンジを繰り返すごとに、走りに振った仕様と斬新なデザインは、今なお車好きに人気の車種たなっています。

トヨタ MR-Sの仕様

販売期間:1999年~2007年
乗車定員:2名
ボディタイプ:2ドア オープンカー

<エンジン>
エンジン:1ZZ-FE型・直列4気筒DOHC
最高出力:140~155ps/6,400rpm
最大トルク:17.4kgm/4,400rpm
燃費(10.15モード):14.0~14.8km/L
変速機:フロア5速MT ※フロア6速MT/フロア6速シーケンシャルMT
駆動方式:MR
排気量:1,800cc
使用燃料:レギュラーガソリン
車両重量:970kg ※1,010kg(フロア6速MT)/1,020kg(フロア6速シーケンシャルMT)

<サスペンション>
前:ストラット式コイルスプリング
後:ストラット式コイルスプリング

<ボディサイズ>
全長:3,885mm ※3,895mm
全幅:1,695mm
全高:1,235mm
ホイールベース:2,450mm

<内装>
内装はシンプルにオーソドックスな空間になっています。シートのカラーが選べることや内側のドアのアームレストの変わったデザインなのも魅力的です、多彩な外装色と内装色の組み合わせが選択可能。
空間のドア内貼りのアクセントやシートを赤やベージュなど好みに合わせることができました。
※はマイナーチェンジ後

前期型(初期型)後期型(最終型)ではデザインや性能が少し異なります。
前期型(初期型)は全体的に非常にシンプルなデザインで、5速マニュアルトランスミッションが採用されています。
後期型(最終型)はフロントにフォグランプが追加されていたり、リアバンパーのデザインが変わったりしています。またヘッドランプ、フォグランプが変更されています。
6速マニュアルトランスミッションが採用され、ボディ剛性がアップしています。これらの変更の結果により前期型(初期型)に比べて、車重が40㎏ほど増加しました。

スペック的には、四輪ストラットサスペンションで、140馬力と比較的非力な1.8リッター直列四気筒の1ZZ-FEエンジンとすこし寂しい内容でしたが、車重は970kgと非常に軽く軽快感はトップクラス。1200kg以上あった先代のMR2に比べても圧倒的に軽く、当時のライバル、マツダ・ロードスターよりも、60kgも軽量でした。

トヨタ MR-Sの中古価格

現在は販売されていないMR-S。手に入れるとすれば中古車になります。
中古車の場合は年式や走行距離、また個体差の違いによっても価格はさまざまでが、トヨタMR-Sの中古平均価格は平均60万円ほどです。

発売当時の新車希望小売価格が168~198万円。最終モデルが2007年発売ですので、最も新しくても12年落ちになってしまいます。それでも中古車市場で支払い総額を見ると、300万円以上の場合もあるので、やはりMR-Sは人気のあるモデルといえますね。

詳しくは以下のサイトからご確認ください!

まとめ

MR-Sは販売終了からは10年以上たっていますが、まだまだ人気のあるMR-S。この機会に是非、探してみましょう。
今回はMR-Sについてまとめましたが、実はトヨタのチーフエンジニアがインタビューで示唆したことから、「MR2」の復活現実味が帯びてきているのです。

これまで検討段階でしたが、すでにGOサインが出たという噂も!発売が実現するのであれば、ワールドプレミアは最短で2021年、遅くとも2025年までの登場が予想されます。これからも期待していけます。

関連する投稿


【カローラセダンの兄弟車】トヨタの中国部門 レビン新型を発売!

【カローラセダンの兄弟車】トヨタの中国部門 レビン新型を発売!

トヨタ自動車の中国部門は5月21日、新型『レビン』(Toyota Levin)を発売しました。このレビンは、カローラセダンの兄弟車にあたります。


【復活】トヨタのグランビアの名前が復活!17年ぶり

【復活】トヨタのグランビアの名前が復活!17年ぶり

トヨタは5月21日、新型『グランビア』(Toyota Granvia)をオーストラリアで発表しました。このグランビアという名前が復活するのは実に17年ぶり。期待が高まりますね。


根強い人気があるトヨタの高級セダン クラウン┃中古価格やスペック等 一覧

根強い人気があるトヨタの高級セダン クラウン┃中古価格やスペック等 一覧

クラウンの歴史は古く、60年以上の歴史を持つトヨタの人気車種です。トヨタのクラウンは時を超えて常に、時代とともに挑戦し続けています。初めて発売が開始された1955年から現行のモデル全ての特徴や車のスペックに中古車価格などを分かりやすくまとめました。これからトヨタの「クラウン」を検討している方は、是非参考にしてみてください。


トヨタ ヴィッツ┃中古価格やスペック等 一覧

トヨタ ヴィッツ┃中古価格やスペック等 一覧

トヨタの人気コンパクトカー「ヴィッツ」の歴史や歴代モデルの紹介。性能から、燃費や中古価格などをまとめていきます。もう1台増やしたいとお考えの方は是非参考にしてください。


トヨタの高級セダン クラウンマジェスタ┃中古価格やスペック等

トヨタの高級セダン クラウンマジェスタ┃中古価格やスペック等

一度は乗ってみたいと思う、トヨタブランドの高級セダンの「クラウン・マジェスタ」を歴史から、特徴や燃費、実際の評価などをご紹介します。これから購入を考えている方は是非参考人してみてください。


最新の投稿


アウディQ3の派生形最新クーペSUV 名称はQ4になる?

アウディQ3の派生形最新クーペSUV 名称はQ4になる?

アウディのコンパクトSUV『Q3』の派生モデルとして設定が予定されているクーペSUVの開発車両が、ニュルブルクリンクで初の高速テストを開始しました。名称はQ4になる確率が高い?最新情報をまとめています。


映画『マッドマックス』でお馴染み!!世紀末カーのインターセプターとは

映画『マッドマックス』でお馴染み!!世紀末カーのインターセプターとは

映画マッドマックスで有名になったインターセプターのベースとなる車が、【フォード ファルコンXB GTクーペ 1973(V8インターセプター)】です。40代後半から70代のカーマニアを熱狂させた車を紹介し、レプリカと中古車やミニカーのプラモデルにまで、映画の世界観と共にインターセプターを紹介しましょう。


マツダ3 5月24日国内発売!アクセラの後継車・価格やエンジン情報も

マツダ3 5月24日国内発売!アクセラの後継車・価格やエンジン情報も

期待の一台がついに国内発売されます。その名もアクセラという名称を改めた、マツダ3です。マツダ3という名称は国外で使用されていましたが、今回のフルモデルチェンジで日本でも世界統一名となるマツダ3に名称が変更されました。価格は約218万円(ハッチバック)、約247万円(セダン)です。本日5月24日よりガソリン1.5Lとディーゼルモデルが発売されます。


【復活】あのイタリア名門ブランド・デトマソが7月に新型車を初公開

【復活】あのイタリア名門ブランド・デトマソが7月に新型車を初公開

みなさんは、【復活】あの名門ブランド・デトマソが7月に新型車を初公開あの名門ブランド、デトマソをご存知でしょうか。デトマソは1959年に設立したイタリアの名門ブランドです。2004年に惜しまれながらも解散してしまいました。そのため、7月に新型車を発表するという情報はとても喜ばしいものなのではないでしょうか。本記事では改めてデトマソについて見ていきましょう。


【カローラセダンの兄弟車】トヨタの中国部門 レビン新型を発売!

【カローラセダンの兄弟車】トヨタの中国部門 レビン新型を発売!

トヨタ自動車の中国部門は5月21日、新型『レビン』(Toyota Levin)を発売しました。このレビンは、カローラセダンの兄弟車にあたります。