目次へ戻る

トヨタ ヴァンガードの中古車価格、スペック、燃費、評価などの一覧

トヨタ ヴァンガードの中古車価格、スペック、燃費、評価などの一覧

トヨタのヴァンガードをみなさんはご存知でしょうか。本記事ではヴァンガードの中古車価格、スペック、燃費、評価などについてまとめています。


トヨタ ヴァンガードの概要・特徴紹介

トヨタ ヴァンガード

トヨタ ヴァンガード

トヨタ ヴァンガードは、2007年から2013年までトヨタ自動車が製造販売していたクロスオーバーSUVです。

元々北米で販売されている7人乗りのRAV4のロングホイールベース車を日本向けに展開したモデルです。
しかし、単純にRAV4ロングを持ってきたというわけではなく、日本市場を意識し「アクティブ&ラグジュアリー」「高級クロスオーバーSUV」といったコンセプトで、RAV4よりもランクアップした形です。

装備や機能性、そして品質を高め高級感を訴求した形で、市場展開がなされていました。
マーケティングでは上質なSUVとして、RAV4のユーザー層よりもターゲット年齢を高めに設定しており、それに合わせて内外装なども上質感のあるものを採用しています。

駆動方式は当初4WDのみでしたが、後に2.4Lエンジンの車種にのみFFが追加されました。
また日本向けのRAV4には無かった、3列7人乗りやV6 3.5Lエンジンを選択することも出来ました。

トヨタ ヴァンガードの基本スペック・燃費

トヨタ ヴァンガード240S(2008年モデル)の基本スペックは以下のようになっています。

駆動方式 FF
ボディサイズ(全長×全幅×全高)4570×1815×1690mm
室内寸法(長さ×幅×高さ)2445×1495×1240mm
車両重量 1560kg
最大乗車定員 7名
燃費 13.0km/リットル
最小回転半径 5.3m
総排気量 2362cc
最高出力 170ps(125kW)/6000rpm
最大トルク 22.8kg・m(224N・m)/4000rpm
燃料タンク容量 60リットル
新車価格 2,483,250円

トヨタ ヴァンガードの実燃費

インターネットに投稿されているユーザーからの情報を見てみると、実燃費の平均値はレギュラー、ハイオクともに9.2km/L前後に収まっている様です。
液化石油ガスの場合は8.3km/L前後となっています。

特にSUVは乗り方、使い方で燃費に大きな違いが出ることもありますが、平均で見ると、この時代のSUVとしては、それほど悪くはない燃費だと言えるでしょう。

また2010年のモデルから、オルタネーターの制御が改良されて、燃費が向上しています。
実燃費を気にされる方は、このマイナーチェンジを意識するのも良いでしょう。

トヨタ ヴァンガードの当時の新車・中古車価格

その造りや質感、走行性の良さから、中古市場でもヴァンガードは人気があります。

トヨタ ヴァンガードのグレード別価格

発売当時の、主なグレードの新車価格は以下のようになっていました。

3.5 350S Gパッケージ 4WD AT 340.7万円
3.5 350S Gパッケージ 4WD AT 346.1万円
3.5 350S 4WD AT 315.8万円

トヨタ ヴァンガードの中古車価格

代表的なパッケージを元に、おおまかな中古車価格を調べて見ました。

240S Sパッケージ (5人乗り) 80~170万円
240S Sパッケージ (7人乗り) 70~200万円
240S 4WD (5人乗り) 50~190万円

発売期間が6年程度と比較的短く、型式で言えばA33W型というタイプしかありませんので、中古車としては比較的選びやすい車種だと言えるでしょう。

トヨタ ヴァンガードのデザイン

ヴァンガードのデザインは、SUVでありながらも高級感があるデザインで、街乗りを意識した形でまとめられています。

全体的には保守的なスタイルとも言えますが、上質感があり人気がありました。

エクステリア

元になったRAV4とは異なり、ヴァンガードはセダンの様なフロントマスクを採用しています。
このフロントのデザインは評価が高く、後に欧州で投入されたRAV4は、逆にこのヴァンガードのフロントマスクが採用されていたりしています。

側面から見ると全体的にどっしりと構えで、力強さの中にもシャープさを感じるシルエットになっています。
特徴的なのがリアフェンダーから流れる形のフォルムで、安定感と同時にアクティブさも見て取れます。

インテリア

細部にこだわったインテリアは、充実した装備も魅力ですが、インストメンタルパネルなどを含めて上品な質感でまとめられている点には注目です。
都会的な先進性を感じつつも、体的に横への広がりを強調する造形で、スポーティーさの中にも開放的のある快適な室内空間を作り出しています。
また室内は7人乗車の3列シート車と5人乗車の2列シート車が用意されており、自分の用途に合わせてモデルを選ぶ形です。

トヨタ ヴァンガードの口コミ・評価

自動車情報サイトのレスポンスではジャーナリストによる試乗評価やユーザーによる口コミなどの情報を見つけることは出来なかったのですが、その街乗りを意識した造りと、セダン感覚と質感の高さを評価する声があるようです。

まとめ

ヴァンガードは発売期間こそ比較的短かったのですが、トヨタのSUVラインナップの中でも、18か月連続で月間最多登録台数を記録したりと、当時市場で人気があり、評価も高い車種でした。
中古車市場の価格も比較的安定して推移しているようです。

中古車を探す際には、古い車ですので燃費や維持費の面も考慮しなくてはなりませんが、その走行性能や室内の造りの良さなどを十分に評価できる車種だと言えるでしょう。

関連する投稿


トヨタ プリウスPHV モデル別中古車価格まとめ

トヨタ プリウスPHV モデル別中古車価格まとめ

トヨタのプリウスPHVをモデル別にご紹介します。中古車の価格と合わせて見ていきます。


30万以下で購入できる!トヨタ軽自動車の中古車 5選

30万以下で購入できる!トヨタ軽自動車の中古車 5選

トヨタは80年以上もの長い歴史を持つ自動車メーカーです。今回はそのトヨタの歴史について中古車情報と一緒に見ていきましょう。


トヨタ セダンのハイブリッド車 SAI 中古車価格まとめ

トヨタ セダンのハイブリッド車 SAI 中古車価格まとめ

トヨタ SAIといえば、プリウスに次いで2車種目のハイブリッド専用の車です。現在は生産を終了していますが、高級車としての乗り心地や静寂性、ボディ剛性は高く今でも人気がある車といえます。今回は、トヨタ SAIの中古価格をまとめましたので一緒に見ていきましょう。


トヨタ ヴィッツ 中古車価格まとめ

トヨタ ヴィッツ 中古車価格まとめ

トヨタ ヴィッツといえば、日本を代表するコンパクトカーの1つです。小型車市場においては、日本だけではなく世界的に大きな影響を与えた車がヴィッツなのです。今回は、トヨタ ヴィッツの特徴や、中古価格をまとめましたので一緒に見て行きましょう。


【最新版】2019年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

【最新版】2019年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

毎年多くの車種が発表される自動車業界。2019年はどのような新型車・フルモデルチェンジ車に出会えるでしょうか。トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、光岡。名だたる国産車メーカーの新型車・新車最新情報、予測を網羅!2019年はどんな新型車が出る?そんな時は本記事を!【8月更新】


最新の投稿


200万円以下で購入できる!ランドローバーの中古車 4選

200万円以下で購入できる!ランドローバーの中古車 4選

ランドローバーとは、英国の自動車メーカー・ブランドで、現在はインドのタタ・モーターズの傘下になっています。ランドローバーは高級車で、新車ではなかなか手が出しづらいと思われる方も多いかもしれませんが、中古車であれば200万円以下で購入することが出来るモデルもあります。本記事ではランドローバーの中古車を4選紹介します。


岡山県北部地区の道の駅一覧|粟倉温泉をたずねて

岡山県北部地区の道の駅一覧|粟倉温泉をたずねて

岡山県も残すは中国山脈側を残すのみとなりました。前回は瀬戸内海側(南部)を紹介してまいりましたが、今回は北部側の道の駅を紹介しましょう。


トヨタ プリウスPHV モデル別中古車価格まとめ

トヨタ プリウスPHV モデル別中古車価格まとめ

トヨタのプリウスPHVをモデル別にご紹介します。中古車の価格と合わせて見ていきます。


ヨガやダンスも出来る「道の駅 いちかわ」の見どころを解説!

ヨガやダンスも出来る「道の駅 いちかわ」の見どころを解説!

都心にほど近い千葉県の道の駅である「道の駅 いちかわ」。 スタイリッシュな建物の中には、ショップ、レストラン、カフェだけでなく、ラウンジ、カルチャースペース、スタジオ等の様々な施設がそろっています。今回は、そんな道の駅 いちかわの見どころを紹介していきます。


デコトラ制作の老舗 アートフレンド|歴史やその特徴に迫ります!

デコトラ制作の老舗 アートフレンド|歴史やその特徴に迫ります!

アートトラック、カスタム、デコトラの制作を手掛けて20年以上の歴史を誇るアートフレンド。事業全体では自動車産業以外にも幅広く活躍する企業へと発展したアートフレンドグループの概要をご紹介します。