目次へ戻る

トヨタ シエンタの新車・中古車価格 スペック 燃費 ユーザー評価一覧

トヨタ シエンタの新車・中古車価格 スペック 燃費 ユーザー評価一覧

トヨタのシエンタは、コンパクトサイズのミニバンです。初代モデルは2003年に発売され、現行モデルは2代目になります。6人乗り・7人乗りが選べるシートが売りで、価格もお財布に優しめのシエンタ。子育て世代にももってこいの一台となっています。本記事ではそんなトヨタのミニバン、シエンタについてご紹介します。


トヨタ シエンタの概要・特徴紹介

シエンタの初代は2003年より販売開始されたミニバン車で、3列シートを備えて7人乗りを実現しています。

ミニバンブームの沸いた2000年初頭に他のメーカーと競合する形で販売されていました。
現在は2015年7月9日にフルモデルチェンジされ、2世代目となっています。

従来のミニバンは四角い箱型をしていましたが、トヨタ シエンタではその概念を取り払い、トレッキングシューズをイメージさせるデザインにしています。

トヨタ シエンタの基本スペック・燃費

駆動方式 前輪駆動 (2WD車)四輪駆動(4WD車)
ボディサイズ(全長×全幅×全高) 4,235mm(2015年7月-2018年9月)4,260mm(2018年9月-)×1,695mm×1,675mm(2WD)1,695mm(4WD)
室内寸法(長さ×幅×高さ) 253mm×1470mm×1280mm
車両重量 1,210~1,310kg
最大乗車定員 7人
燃費 10・15燃費:14.0~18.6km/L
最小回転半径 5.2~5.5m
総排気量 1.496L
最高出力 ガソリン 2WD車:80kW (109PS)/6,000rpm ガソリン 4WD車:76kW (103PS)/6,000rpm
ハイブリッド車 エンジン:54kW (74PS)/4,800rpm モーター:45kW (61PS) システム最高出力:73kW (100PS)
最大トルク ガソリン 2WD車:136N・m (13.9kgf・m)/4,400rpm ガソリン 4WD車:132N・m (13.5kgf・m)/4,400rpm エンジン:111N・m (11.3kgf・m)/3,600-4,400rpm モーター:169N・m(17.2kgf・m)
燃料タンク容量 42~45L
新車価格 1,776,600円〜2,532,600円

トヨタ シエンタは、ハイブリッド車とガソリン車に分けることができ、4WDはガソリン車のみの仕様になっています。
ミニバンタイプとして7人乗りを実現していることもあり、大家族でもゆったり乗れる室内サイズとなっています。

ミニバンの中では比較的、価格帯も手頃です。
街乗りから遠出まで幅広いシーンでも対応できるため、スムーズに乗れます。

トヨタ シエンタの実燃費

実燃費の平均値に関しては、ガソリン車で平均12.73km/Lを実現しています。
街乗りのだいたいの目安となり、高速走行であれば15.0km/Lまで延びるというケースもあり、実燃費もミニバンの中でも優秀です。

燃費を向上させる技術を導入されていることもあり、エコモードで走行すると20km/Lまで距離を伸ばすことができます。

トヨタ シエンタの新車・中古車

トヨタ シエンタの新車は、ミニバンの中でもグレードによれば200万円を切る価格になるため、比較的購入しやすい点が魅力的です。

中古車の販売価格でも、2003年より発売された人気車種ということで、初代タイプでも大きく値崩れを起こすことはほとんどないという特徴が見られます。

トヨタ シエンタ グレード別新車価格

ハイブリッド車
G Cuero  税込2,532,600円〜
G      税込2,380,320円〜
X 税込2,226,960円〜
FUNBASE G 税込2,340,360円〜
FUNBASE X 税込2,187,000円〜
ガソリン車
G Cuero 税込2,172,960円〜
G 税込2,020,680円〜
X 税込1,816,560円〜
FUNBASE G 税込1,980,720円〜
FUNBASE X 税込1,776,600円〜

ガソリン車の方が200万円を切るグレードが多い特徴が見られ、市場での人気は燃費が良いことからハイブリッド車を選択される傾向が高いです。
原則として7人乗りですが、ハイブリッド車・ガソリン車でもFUNBASEのグレードに関しては、5人乗りになります。

トヨタ シエンタの中古車価格

シエンタの中古価格の相場はどれくらいなのか、調べてみました。

シエンタ G クエロ 2018年式 195.0万円前後
シエンタ Xリミテッド 2010年式 49.8万円前後
シエンタ G 2016年式 158.0万円前後
シエンタ G 2016年式 179.9万円前後

シエンタの中古車は2018年式で年式が5年までの範囲であれば、ほとんど新車価格と値崩れをしないで販売されていることも多いです。

ただ年式が5年以上前になると、状態によっては100万円を切る場合も見られますが、だいたい2016年式150万円をベースに中古車が販売されています。

未使用車を中古車として販売されているケースも見られるため、店舗によっては問い合わせをしてみるとよいかもしれません。

トヨタ シエンタのデザイン

ミニバンの今までの常識を打ち破った「Active & Fan」をキーワードに開発されたデザインです。
機能性と動感を受けさせるスポーティなデザインを実現しており、リアスタイルにも洗練さを打ち出しています。

インテリアも上品なインパネ、アクティブに移動できるシートアレンジが魅力的になっています。

エクステリア

従来のミニバンは箱型の自動車という常識を覆すため、トレッキングシューズのイメージデザインを採用しています。

また洗練されたデザインながらもスポーティな印象を与えてくれる点も魅力的です。
線形を自在に埋め込ませ、リアスタイルの視点にもこだわりを見ることができます。

インテリア

高級志向でありながら、落ち着きを感じさせる室内空間の実現に尽力しています。

映画館のような後部座席をイメージし、ほど高く前傾させるスタイルを採用しているため、後部からのサイドビューにもこだわりを感じることができます。

3列シートのアレンジにより、自由な室内環境を構築することができる点も魅力的です。

トヨタ シエンタの口コミ・評価

現在の2世代目はフロントマスクの見た目が初代よりも変化し、しかも室内もアップグレード感がある点が見所です。
見た目のかわいらしさも継承されていることもあり、ジャーナリストやユーザーの評価も上がってきているようです。

ジャーナリストによる試乗評価

丸目ヘッドランプやオーバルなフォルムなど、“可愛い路線”の初代から一転、スポーツバッグをモチーフとした非自動車的デザインをまとった前衛的なモデルへと変貌を遂げた。また、初代にはなかったハイブリッドパワートレイン搭載グレードも新設されるなど、大幅なアップデートがなされた。月販目標は7000台だったが、デビューから1年以上、一度も販売目標を割らずに推移。それまでマーケットリーダーだったホンダ『フリード』を完全に組み伏せる強烈なスマッシュヒットとなった。

ユーザーによる口コミ

・ほどほどの燃費の良さ
今回は掛川駅(JR東海道線)を発着点として
日本ガイシアリーナ、ビックカメラ名古屋駅前、名鉄・知多奥田駅の3カ所を回りました。(ルート概略は最後をご覧ください)
結果、ODO読みで総走行418km(高速321.3km)と高速主体のルートでしたが、メータ表示の最高燃費は18.9km/L、実燃費は15.85km/Lとエアコン稼働にしては悪くない成績でした。
(ガイシアリーナ→知多奥田駅は4人、それ以外は運転手のみ乗車していました)
・切った分だけ動くハンドル性能
私にとっては重くなく軽くなくの丁度良さで、なおかつ大げさに回さなくとも動くハンドルが良かったです。

まとめ

初代からのかわいらしさを継承しながら、よりスポーティさを感じさせるデザインにしたのが2世代目のシエンタの特徴です。

グレードにより5人乗り、7人乗りと分けることができますし、運転時の安定さと走行性能良さは魅力的なミニバンと言えるでしょう。

価格面でも、ミニバン購入の選択肢の一つとして候補に挙がることが多いのは納得かもしれませんね。

関連する投稿


クラウンアスリートハイブリッドの魅力とは┃歴史やスペック、燃費等まとめ

クラウンアスリートハイブリッドの魅力とは┃歴史やスペック、燃費等まとめ

クラウンアスリートのハイブリッドモデル「クラウンアスリートハイブリッド」 の燃費をガソリン車とハイブリッド車の比較でお伝えします。高級車の代表格である同車のステータス性や乗り心地、採用されている装備を考えると比較的お手頃とも言える価格や、スペック、魅力も併せて紹介していきます。


三菱の人気車種 デリカ D:5 を再考!現行モデルのスペックや特別仕様車の紹介も

三菱の人気車種 デリカ D:5 を再考!現行モデルのスペックや特別仕様車の紹介も

恐竜の骨格を思わせるリブボーンフレームの採用による最高の衝突安全性能を誇り、高い居住性とSUV的走破性も併せ持つ、三菱が誇るオールラウンダーミニバンがデリカD:5です。発売から10年以上を経てなお三菱をけん引し続ける人気車種の実像に迫ります。


トヨタのRAV4もいいけどハリアーの方が良いと思う3つの理由

トヨタのRAV4もいいけどハリアーの方が良いと思う3つの理由

トヨタの新型RAV4は、2019年4月に発売されて以来大ヒットといえる販売で、トヨタのC-HRやホンダのヴェゼルを押さえて一躍国産SUVトップに躍り出ました。そんな中、健闘しているのが2013年に発売された現行ハリアーです。いまだに国産SUVの販売台数では上位につけ、多くのユーザーを引き付けています。では、新型RAV4ではなくハリアーを選ぶ理由は何なのでしょうか?それには3つの理由があるのです。


【2019年最新版】人気!おすすめ現行SUV 12選

【2019年最新版】人気!おすすめ現行SUV 12選

日本でも世界でも人気のSUV!今回は今人気・オススメしたいSUVを12種類紹介します。新車の購入を検討している方や、現行車のSUVを中古で購入したいと考えている方にオススメの内容です。燃費、価格、特徴をまとめたほか、合わせてSUVを選ぶ時のポイントもいくつか紹介します。


トヨタの人気SUV ハリアー!価格 燃費 内装 グレード 完全網羅!!

トヨタの人気SUV ハリアー!価格 燃費 内装 グレード 完全網羅!!

トヨタから発売されているSUV、ハリアーは、絶大な人気を誇ります。 ハリアーが気になっている人のために、価格、燃費、他のSUVと比較した結果、グレード、内装、中古車情報についてまとめました。ハリアーが気になる方、必見です!!


最新の投稿


【レクサス30周年】レクサス新型の電動モデルが開発中!?最新情報

【レクサス30周年】レクサス新型の電動モデルが開発中!?最新情報

気になる情報が入ってきました。レクサスが2020年をめどに自律走行技術を搭載した新型スポーツ、もしくはラグジュアリーモデルを開発している可能性があるとのこと。最新情報をまとめています。


【2019年8月9日発売】ホンダのN-WGN新型!価格・スペック・改良点は?

【2019年8月9日発売】ホンダのN-WGN新型!価格・スペック・改良点は?

ホンダの大人気軽ハイトワゴン、N-WGN(エヌワゴン)N-WGNカスタム、がフルモデルチェンジして発売されます。発売日8月9日。価格はN-WGNが127万4400円から163万1880円、N-WGNカスタムが151万2000円から179万3880円。本記事ではN-WGN新型の最新情報をまとめています。


日産のスカイライン新型 最新情報まとめ 価格・スペック・変更点ほか

日産のスカイライン新型 最新情報まとめ 価格・スペック・変更点ほか

7月16日に新型スカイラインが発表されました。今回はこのビッグマイナーチェンジがなされた新型スカイラインについて、エンジンスペックやその他の各種スペック、グレードラインアップならびに価格、そして話題を担っている先進安全技術について紹介します。


マツダ デミオ改めマツダ2改良新型 発売は9月 価格は約154万円

マツダ デミオ改めマツダ2改良新型 発売は9月 価格は約154万円

マツダのデミオ改良新型が9月に登場します。デミオは名前を世界統一名に変更し、デミオ改め「マツダ2」となります。新車価格は154万4400円から。気になる最新情報をまとめています。


スズキ イグニス|中古車価格から燃費、口コミ・評価を一覧で紹介

スズキ イグニス|中古車価格から燃費、口コミ・評価を一覧で紹介

スズキの「イグニス」はクロスオーバーSUV型のコンパクトカーです。本記事では性能スペックや中古価格や評判、燃費についてまとめていきます。SUV車の購入を検討している方は是非参考にしてください。