目次へ戻る

ホンダのハイブリッドカーインサイト新型 グレード別価格 中古価格 燃費 試乗評価は

ホンダのハイブリッドカーインサイト新型 グレード別価格 中古価格 燃費 試乗評価は

インサイトは、ホンダが生産・販売するハイブリッド専用車です。2018年の6月に3代目インサイトが発売されました。初代モデルはクーペ。2代目はハッチバックとして登場してきたインサイトですが、3代目はミドルセダンになっています。後部座席も広く、天井の空間も保たれているインサイト。本記事ではそんなインサイトの 価格 中古価格 燃費 試乗評価 グレード 車名の意味についてもまとめています。


ホンダのハイブリッドカーインサイト新型

ホンダのハイブリッドカー!インサイトとは

インサイトは、ホンダが生産・販売するハイブリッド専用車です。2018年の6月に3代目インサイトが発売されました。

初代モデルは、1999年に登場、しかし2006年に生産・販売を終了しました。その後2009年に復活。しかし2代目も2014年に生産・販売を終了しています。

そして、2018年6月に4年9か月ぶりとなる復活を遂げました。ハッチバックスタイルから一転、4ドアセダンに変更されています。

INSIGHTとは、英語で「洞察力」「眼識」という意味。「ハイブリッドカーの本格的な普及を洞察するクルマ」という意味を込め名付けられているとのこと。

ホンダのハイブリッドカーインサイト新型 本当に燃費はいいの?

インサイト、気になる燃費ですがカタログ燃費は
JC08燃費で34.2km/L。
WLTC燃費では28.4km/Lとなっています。

インサイトは、発進時や街中での走行時には、モーターのみで走行するEVドライブモード。
加速時や坂道などでパワーが必要な時は、エンジンで発電した電気でモーターを駆動するハイブリッドドライブモード。
そして、高速道路などでのクルージング時は、エンジンだけの力で走るエンジンドライブモード。

といったこれら3つのモードを、シーンにあわせて知能的に使い分けるハイブリッドシステムを採用しています。そのため優れた燃費性能はもちろん、なめらかな走りも両立しているんですね。

また、実際のオーナーさんの口コミも見てみましょう。

インサイトの燃費に関する口コミ

HVシステムが旧型なのにとにかく燃費が
良すぎです‼2000円給油で福島から神奈川まで
余裕で行けました!
しかも何より自分は見た目重視なので
車高が低くてスポーティな見た目が
好きです!これからも長く乗りたい!
今のところ最高燃費は31km/Lです!
カタログ燃費ピッタリです!

余裕で乗る価値有り!中古で買いましたが、正直期待値より燃費は悪かったです。足回りも外品装着の車両だったので、乗り心地も結構硬め。内装も正直チープ。ただコストパフォーマンスは最高に感じています。中古で程度の良い車両があれば、オススメ車両です!

コスパはいい、買いの車、燃費がいい。といった声が見られました。

ホンダのハイブリッドカーインサイト新型 試乗評価・感想は?

デザインは好みが分かれる?

スタイルがじじくさい。顔まわりは垢抜けを目指した形跡が感じられるけれど、がんばりすぎてちょっとイタい。私ごときにえらそうに言われても困るだろうが、ホンダの鬼門はデザインだと思う。新型車を試乗するときは、いつもわっくわくになるものだが、このクルマは食指が動かないというかなんというか。フェロモンゼロなのである。

しかし、乗ってみると印象は一変する。

あらあ、いいじゃない!

新型インサイトは正直に言って『アコード』の存在を脅かすほどデザイン性とその佇まいに上質な雰囲気が漂う。私が今回の試乗会に向かう途中で他の方が試乗中のインサイトとすれ違ったとき「カッコいいホンダ車がいるな」と目を奪われ、もちろんすぐにそれが新型インサイトだとわかったのだが、それくらいデザインの魅力が増した存在感を感じたのだ。

走りがすばらしい

走りがとんでもなく素直でスムーズ。ハイブリッドだと調整がむずかしいブレーキも、止まる寸前まですーっと速度が一定に落ちて違和感がない。ハンドルはちょっと重めだけれど、逆に安定感があって心地いい。パワーの出方もいいし、気持ちよく走れるのである。

走行中にリクエストが一つあるとすれば、時速40kmほどで定速走行しているときに、ハンドルにごくごくこまかーなハイブリッドシステムの振動が伝わってくることだ。この速度域で走ることの多い、繊細な女性のみなさんが気にならなければいいのだけれど。

新型インサイトは走りの質を求めるべく、燃費の分を少し乗り心地や走り味に使い、走りのリニア感出すためにエンジン回転数をおさえているという。おかげでアクセルを踏んだ感覚とエンジンの回転の感覚に違和感なく、トルクのある一般的なガソリン車をドライブしている感覚に近い。

インテリイメージのホンダを思い出す

新型インサイトは欧州プレミアムセダンに近いクオリティをクルマ全体で感じられると言っても言い過ぎではない。エレガントでダイナミック。なんだか80~90年代のインテリイメージのあるホンダとも印象が重なる。おわかりになる方々(世代)にだけに伝わる表現をお許しください(苦笑)。

インサイトは割安!

乗り心地は、時速40km以下では若干コツコツするが、速度が少し高まれば快適になる。同サイズのセダンの中では優れた部類に入る。

カーブを曲がる時は、乗り心地を重視した足まわりによってボディを少し大きく傾かせるが、後輪の接地性を高めて挙動の変化も穏やかに進むから不安を感じない。スポーティとはいえないが、走りが全般的に滑らかで快適に運転できる。

高価格だが、シビックの1.5リットルターボに比べると、装備の違いを補正すれば実質26万円前後で高機能なスポーツハイブリッドi-MMDが搭載される。ステップワゴンでは47万円前後に換算されるからインサイトは割安だ。

ホンダのハイブリッドカーインサイト新型 エクステリア(外装)&インテリア(内装)画像

ホンダ インサイト 新型

ホンダ インサイト 新型

ホンダ インサイト 新型

ホンダ インサイト 新型

ホンダ インサイト 新型

ホンダ インサイト 新型

ホンダ インサイト 新型

ホンダ インサイト 新型

ホンダ インサイト 新型

ホンダ インサイト 新型

ホンダ インサイト 新型

ホンダ インサイト 新型

ホンダのハイブリッドカーインサイト新型 グレード別価格

インサイトEXブラックスタイル

ホンダ インサイト 新型

EX

■EX・BLACK STYLE (FF)3,628,800円
質感高い黒で全身をコーディネートした、
最上級モデル。

■EX (FF)3,499,200円
多彩な装備でスタイルも快適性も磨いた、
上級モデル。

■LX (FF)3,261,600円
快適性能も安全性能も充実した、
スタンダードモデル。

ホンダのハイブリッドカーインサイト新型 中古価格


インサイト新型の中古価格の相場はどれくらいでしょうか。

調べてみたところ、約330万円~390万円ほどのようです。

まだ新しい車種なのでそこまで値下がりしているということはないですが、新車で購入するよりもお得に購入することができるかもしれません。

気になる方はぜひ一度調べてみてくださいね。

最後に

本記事では、ホンダのハイブリッドカー、インサイトについてまとめました。

燃費のいい車、またハイブリッドカーをもっと知りたいという方は下記記事も合わせてご覧ください。

関連する投稿


【2019年】人気!おすすめしたい現行SUV12選

【2019年】人気!おすすめしたい現行SUV12選

日本でも世界でも人気のSUV!今回は今人気・オススメしたいSUVを12種類紹介します。新車の購入を検討している方や、現行車のSUVを中古で購入したいと考えている方にオススメの内容です。燃費、価格、特徴をまとめたほか、合わせてSUVを選ぶ時のポイントもいくつか紹介します。


ホンダ・トゥデイの概要や歴史・歴代モデル|燃費や中古価格から評価ほか

ホンダ・トゥデイの概要や歴史・歴代モデル|燃費や中古価格から評価ほか

セカンドカーとして知名度が高い「ホンダ・トゥデイ」の歴史や燃費・中古価格などをまとめてみました。便利な軽四があるといいなとお考えの方はぜひ参考にしてください。


ホンダ アコードワゴンの中古価格|燃費情報、口コミ・評価も紹介

ホンダ アコードワゴンの中古価格|燃費情報、口コミ・評価も紹介

ホンダのアコードシリーズの一つ「アコードワゴン」。ワゴンタイプの車としても人気があります。その「アコードワゴン」の歴史や中古価格・そして気になる燃費なども含めてご紹介します。「アコードワゴン」に関心があり乗り換えを検討されている方は是非参考にしてください。


ホンダの軽バン!N-VAN(エヌバン)実際に乗ってみたらどう?口コミ・評価・中古価格ほか

ホンダの軽バン!N-VAN(エヌバン)実際に乗ってみたらどう?口コミ・評価・中古価格ほか

ホンダのNシリーズに属する軽バン。それがN-VAN(エヌバン)です。ホンダの軽商用車で、2018年の夏より発売されました。機能性重視のN-VANに加え、レジャーユースを考慮したN-VAN +STYLEの2種のモデルがあります。N-VANって実際乗ってみてどうなの?価格は?中古だと…?購入を迷っている方向けに、本記事では改めてN-VANについてまとめています。


ホンダのN-WGN7月に全面改良!改良でどう進化する?

ホンダのN-WGN7月に全面改良!改良でどう進化する?

ホンダのNシリーズ、N-WGNが7月に全面改良されることとなりました。本記事ではN-WGNがどう進化するのか、気になる最新情報をまとめています。そして改めてN-WGNについてもまとめています。


最新の投稿


アストンマーティン ヴァルキリー最新プロトタイプ発表

アストンマーティン ヴァルキリー最新プロトタイプ発表

アストンマーティンは、開発中の新型ハイパーカー『ヴァルキリー』(Aston Martin Valkyrie)の最新プロトタイプ車を、英国で発表しました。


解放感はピカイチ! オープンタイプのメルセデス・ベンツSLKって?

解放感はピカイチ! オープンタイプのメルセデス・ベンツSLKって?

メルセデス・ベンツSLKは、1996年の初代より2016年の三代目まで生産がなされました。メルセデス・ベンツの2シーターのライトウェイトスポーツカーの位置づけで生産され、発売初年度は生産が追い付かないという人気を誇りました。R170・R171・R172の変遷も見てみましょう。


スカイライン ハイブリッドで優雅に走ろう┃概要やグレード別スペック燃費など一覧

スカイライン ハイブリッドで優雅に走ろう┃概要やグレード別スペック燃費など一覧

スカイライン ハイブリッドは静かなモーター走行とダイナミックに走るV6エンジンが特徴のハイブリッドカーです。その優れた走行性能は走り出した時から感じることができるでしょう。それではスカイライン ハイブリッドについて見ていきます。


クラウンアスリートハイブリッドの魅力とは┃歴史やスペック、燃費等まとめ

クラウンアスリートハイブリッドの魅力とは┃歴史やスペック、燃費等まとめ

クラウンアスリートのハイブリッドモデル「クラウンアスリートハイブリッド」 の燃費をガソリン車とハイブリッド車の比較でお伝えします。高級車の代表格である同車のステータス性や乗り心地、採用されている装備を考えると比較的お手頃とも言える価格や、スペック、魅力も併せて紹介していきます。


三菱の人気車種 デリカ D:5 を再考!現行モデルのスペックや特別仕様車の紹介も

三菱の人気車種 デリカ D:5 を再考!現行モデルのスペックや特別仕様車の紹介も

恐竜の骨格を思わせるリブボーンフレームの採用による最高の衝突安全性能を誇り、高い居住性とSUV的走破性も併せ持つ、三菱が誇るオールラウンダーミニバンがデリカD:5です。発売から10年以上を経てなお三菱をけん引し続ける人気車種の実像に迫ります。