目次へ戻る

ドイツの自動車メーカー&チューナー「アルピナ」魅力と販売車種、中古価格も紹介

ドイツの自動車メーカー&チューナー「アルピナ」魅力と販売車種、中古価格も紹介

アルピナはチューニングパーツやドレスアップパーツの生産を主な事業としている一方で、オリジナルブランドの自動車も手掛けるというパーツメーカーには止まらない活躍を見せています。今回は国内でも人気上昇中のアルピナの車の魅力や中古価格を紹介します。


アルピナとは

アルピナはドイツ連邦共和国のブーフローエに本社を置くカーパーツメーカーです。カーパーツメーカーといっても現在ではBMWと提携して、独自の自動車ブランドをリリースしています。

アルピナは創立者であるブルカルト・ボーフェンジーペン(1936年~)が1965年に設立しました。元々アルピナという名前はブルカルトの父親が経営していた事務機器用品会社の名前であったと言います。

1963年から自動車エンジニアとして働いていたブルカルトは、1964年にチューニングしたエンジンがBMWに高く評価されます。その結果、アルピナ製の自動車にBMWの購入保証が与えられました。アルピナはその後、1960年代から独自のチューニングを施した車をカーレースに出場し、強豪として名を馳せます。多くのレースで優勝したアルピナは1978年から独自ブランドの自動車も販売するようになりました。

アルピナが手がけた車の特徴として、安定性と加速性能が挙げられます。アルピナの車はチューニングを施したパワフルなエンジン性能を誇る一方で、BMW車ゆずりのどっしりした乗り味が評判を呼んでいます。工程の中に手仕事を多く取り入れたスタイルは工業製品というよりは工芸品と言うべきかもしれません。

アルピナのエンブレム

アルピナのエンブレムはそのデザイン性が高く評価されています。アルピナのエンブレムは、BMWのエンブレムのように黒地の大きな円にロゴが白く抜かれ、さらにその内側にウェーバー・キャブレターとクランクシャフト、盾が描かれています。

エンブレムに描かれている自動車部品はアルピナの得意分野を表しています。そして、盾というモチーフと白・赤・青のトリコロールカラーはいずれも伝統的なデザインであり、アルピナの古くからの伝統を尊重する在り方も連想させます。

このエンブレムは、ビビットな赤と青がクリアーなイメージを伝えると同時に、バランスよく配置された図案が調和したイメージも伝えてくれる優れたデザインです。

BMW アルピナのラインナップ一覧

アルピナは知名度がBMWの陰に隠れがちなブランドですが、これまでに多くの車を発売してきています。これまでにアルピナが発売してきた車のうち、現在入手できる主なモデルは以下の通りです。

・B10(1988年-1992年)…BMW5をベースとしたセダンまたはステーションワゴン車。
・B12(1988-1994年)…BMW7を元にしたセダンまたはステーションワゴン車。
・B3(1995年~)…BMW3をベースにしたセダンまたはステーションワゴン車。
・B4(2014年~)…BMW4をベースとしたクーペまたはカブリオレ車。
・B5(2005年~)…BMW5を元にしたセダンまたはステーションワゴン車。
・B6(1997年~)…BMW3がベースのクーペまたはカブリオレ車。
・B7(2003年~)…BMW7がベースの4.4Lエンジンセダン車。
・B8(1995年~1998年)…BMW3がベースの4Lエンジン搭載モデル。
・D3(2009年~)…BMW3をベースにしたディーゼル駆動車。
・D4(2014年~)…BMW4をベースにしたディーゼル駆動車。
・D5(2012年~)…BMW5をベースにしたディーゼル駆動車。
・XD3(2014年~2018年)…ディーゼル駆動のSUVモデル。

これらのモデルのうち、特に有名なものについて以下に詳しく紹介します。

BMW アルピナ D3 BI TURBO

「BMW アルピナ D3 BI TURBO」(2018年2月発売モデル、リムジングレード)
定員:5名
全長:4,645mm
全幅:1,810mm
全高:1,445mm
車両重量:1,660kg
最大出力:350ps(257kW)/4000rpm
最大トルク:71.4kg・m(700N・m)/1500~3000rpm
0~100 km/h 加速: 4.6秒
燃費:17km/L

BMW アルピナ D4 BI TURBO

アルピナ D4はBMW4をベースにしたクーペまたはカブリオレ(オープンカー)タイプのモデルです。アルピナ D4はD3と同じくディーゼル駆動の車で、走行性能にもそれほど違いはありません。最も大きな違いはD4がクーペタイプであることで、フォルムがよりスタイリッシュになっています。また、カブリオレタイプが用意されている点もD4の特色で、走る楽しみをモデル全体で追及していると言えるでしょう。

アルピナ D4の燃費は17km/L、中古車価格は約718万円ほどです。中古車価格帯もD3とそれほど変わらないため、走る楽しみを追求したい時はアルピナ D4がおすすめです。

「BMW アルピナ D4 BI TURBO」(2018年2月発売モデル、クーペタイプ)
定員:5名
全長:4,640mm
全幅:1,825 mm
全高:1,370 mm
車両重量:1,680kg
最大出力:350ps(257kW)/4000rpm
最大トルク:71.4kg・m(700N・m)/1500~3000rpm
0~100 km/h 加速: 4.6秒
燃費:17km/L

BMW アルピナ B3 S BI TURBO

アルピナ B3はBMW3をベースにしたセダンまたはステーションワゴン車です。D3との違いはガソリンエンジンを搭載している点で、こちらの方が最大出力も上です。D3も十分パワフルな走行性能を楽しめるモデルでしたが、B3のパワーはさらにその上を行っています。クラシックなセダンタイプに強力なスピード感というギャップがたまらないモデルで、病みつきになったユーザーが後を絶ちません。

アルピナ B3の燃費は11.4km/L、中古車価格は157.9万円~798万円です。アルピナの車の中では最もスタンダードで万人向けの車と言えるでしょう。

「BMW アルピナ B3 S BI TURBO」(2018年2月発売モデル、リムジングレード)
定員:5名
全長:4,645mm
全幅:1,810mm
全高:1,445mm
車両重量:1,650kg
最大出力:440ps(324kW)/5500~6250rpm
最大トルク:67.3kg・m(660N・m)/3000~4500rpm
0~100 km/h 加速: 4.3秒
燃費:11.4km/L

BMW アルピナ B4 S BI TURBO

アルピナ B4はBMW4をベースとしたクーペまたはカブリオレタイプのモデルです。D4との主な違いはガソリンエンジンを搭載していることで、B4の方がよりトルクフルなモデルに仕上がっています。レスポンスの良い硬質な乗り心地はそのままで、パワーが向上しているためD4よりも軽快に走れるでしょう。

アルピナ B4の燃費は12.5km/L、中古車価格は648~928万円です。値段も手頃な中古車が多く出回っているため、スポーティな外国車に乗りたい人にはぜひ検討してもらいたい一台です。

「BMW アルピナ B4 S BI TURBO」(2018年2月発売モデル、クーペタイプ)
定員:4名
全長:4,640mm
全幅:1,825 mm
全高:1,370 mm
車両重量:1,670kg
最大出力:440ps(324kW)/5500~6250rpm
最大トルク:67.3kg・m(660N・m)/3000~4500rpm
0~100 km/h 加速:4.2 ~ 4.3秒
燃費:12.5km/L

BMW アルピナ B4 S BI TURBO EDITION 99

アルピナ B4 EDITION 99はアルピナB4のバリエーションの一つであり、世界で限定99台しか作られなかったという限定モデルです。アルピナ B4との違いは、エンジンがわずかに軽量化されマフラーなどが専用のパーツに取り替えられた結果、走り味の軽さが増していることです。加えて、専用ホイールや天然革仕立てのシートなどエクステリアやインテリアもグレードアップされています。
アルピナ B4 EDITION 99の燃費は11km/L、新車価格は1369万円~で中古車価格は不明です。世界で99台しかないためなかなか見かける機会はないかもしれませんが、もし手に入れられる当てができたなら、購入して損はありません。

「BMW アルピナ B4 S BI TURBO EDITION 99」(クーペタイプ)
定員:4名
全長:4,640mm
全幅:1,825 mm
全高:1,370 mm
車両重量:1,670kg
最大出力:452ps(332kW)/5500~6250rpm
最大トルク:680N・m/3000~4500rpm
0~100 km/h 加速:4.2秒
燃費:11km/L

BMW アルピナ XD3

XD3はアルピナが手がけるディーゼル駆動のSUVで、BMW3をベースとして作られています。D3と同じくパワーにあふれる走り味はSUVとなっても健在で、SUVとしては破格の加速性能と身軽さを見せます。内装の高級感も他のモデルと同じく非常に高いため、ついつい遠くに出かけたくなってしまうでしょう。フルタイム4WDなので、オフロード路面も難なく踏み越えます。

アルピナ XD3の燃費は15.9km/L、中古車価格は679.8万円~878万円です。鈍重なSUVに嫌気がさしている方はXD3を試してみてください。

「BMW アルピナ XD3」(2015年1月発売モデル)
定員:5名
全長:4,650mm
全幅:1,900 mm
全高:1,690 mm
車両重量:1,950kg
最大出力:350ps(257kW)/4000rpm
最大トルク:71.4kg・m(700N・m)/1500~3000rpm
0~100 km/h 加速:4.9秒
燃費:15.9km/L

BMW アルピナ D5 S

アルピナ D5はBMW5をベースとして作られたセダンまたはステーションワゴン車です。BMW5は5人乗りに適するよう設計されたモデルであったためBMW3よりも車体が大きく、D5も同じ特徴を持っています。高級感あふれるパワフルな走行性能は他のアルピナ製の車と変わらないため、スピードの出せるファミリーカーが欲しい方に最適の一台です。

アルピナ の燃費は18.8km/L、中古車価格は578万円~598万円です。中古車なら値段も経済的で、家庭向けとなっています。

「BMW アルピナ D5 S」(2018年2月発売モデル)
定員:5名
全長:4,960mm
全幅:1,870 mm
全高:1,485 mm
車両重量:1,940kg
最大出力:326ps(240kW)/4000~4600rpm
最大トルク:71.4kg・m(700N・m)/1750~2500rpm
0~100 km/h 加速:4.9秒
燃費:18.8km/L

BMW アルピナ B5 BI TURBO

アルピナ B5は、前述のD5とはガソリン駆動モデルという点で異なっています。同じくBMW5をベースとしていることから多人数乗れる点に定評があります。アルピナのガソリン車の例にもれず出力はディーゼル車よりも大幅にアップしているため、遠出にも便利です。「日本の道路事情を考えるとD5で十分」というユーザーの声もあるようですが、加速性能に惹かれてB5を買うユーザーも多いです。B5はD5とはまた違ったドライブフィーリングの良さを伝えてくれるでしょう。

アルピナ の燃費は10.5km/L、中古車価格は298万円~448万円です。今回紹介したアルピナの車の中では本モデルが最も安い中古車価格となっており、大変お得です。

「BMW アルピナ B5 BI TURBO」(20182月発売モデル)
定員:5名
全長:4,960mm
全幅:1,870 mm
全高:1,485 mm
車両重量:1,990kg
最大出力:608ps(447kW)/5750~6250rpm
最大トルク:81.6kg・m(800N・m)/3000~5000rpm
0~100 km/h 加速:3.5 ~ 3.7秒
燃費:8.2km/L

BMW アルピナ B7 BI TURBO

アルピナ B7はBMW7をベースとしたセダン車です。BMW7はBMW5などよりも大型の車であるため、アルピナ B7も大柄な車体が特徴的な車となっています。アルピナ製の車につきものの良好な加速性能と絶好のドライブフィーリングはそのままに、車内空間にゆとりを持たせている点に特色があります。主に長距離ドライブ時に高い居住性が役立ってくれるでしょう。BMW7ゆずりの高級感も粋なモデルです。

アルピナ B7の燃費は7.9km/L、中古車価格は278万円~828万円です。高級感あふれるセダンが欲しい方はぜひ購入して、自身のステータスの一つにしてみてください。

「BMW アルピナ B7 BI TURBO」(20182月発売モデル)
定員:5名
全長:5,250mm
全幅:1,900mm
全高:1,505mm
車両重量:2,130kg
最大出力:608ps(447kW)/5750~6250rpm
最大トルク:81.6kg・m(800N・m)/3000~5000rpm
0~100 km/h 加速:4.2秒
燃費:7.9km/L

まとめ

アルピナの手がけた車は知名度がBMW車の陰に隠れがちで、アピールポイントが弱く見えるかもしれません。しかし、その実は強力な個性を持った優良車ばかりです。上品かつパワフルな車に乗りたくなった時はアルピナはいかがでしょうか。日本車には無いスマートかつスピーディな乗り味がきっとあなたを楽しませます。

関連するキーワード


アルピナ

最新の投稿


新潟県北部の道の駅一覧 Part1

新潟県北部の道の駅一覧 Part1

新潟県は甲信越地区における日本海側の自治体で、佐渡島を有しています。天然記念物の朱鷺(とき)や瓢湖の白鳥、冬になると越後湯沢などを中心にスキーのメッカとして有名です。新潟県内の道の駅は39か所と北陸エリアでは比較的多いほうですので、今回は新潟県北部エリアの道の駅を中心に紹介します。


電子ドアミラー?サイドミラーの進化?修理方法も詳しく紹介

電子ドアミラー?サイドミラーの進化?修理方法も詳しく紹介

車に乗るときサイドミラーは調整しますか?実は調整方法をご存知な方は意外と少ないかもしれません。 サイドミラーも年々進化をしており最近ではカメラを搭載することが可能になりました。サイドミラーの修理方法や自分で行う場合のやり方を徹底的に紹介していきます。


あなたに必要かも?!初心者や女性ドライバーに優しいコーナーセンサー

あなたに必要かも?!初心者や女性ドライバーに優しいコーナーセンサー

コーナーセンサーは狭い路地のすれ違いや駐車場での切り返しなどで障害物との距離を教えてくれる便利装備!車の運転に自信のない方には特におすすめのアイテムです。新車で購入するときにつける方が多いですが、後付けも可能です。今回はコーナーセンサーの必要性について紹介していきたいと思います。


日産のSUV エクストレイルで車中泊するやり方とおすすめ車中泊グッズまとめ

日産のSUV エクストレイルで車中泊するやり方とおすすめ車中泊グッズまとめ

好きな時に好きな場所でプライベートな時間を過ごすことができる車中泊が最近ブームです。日産エクストレイルは車中泊するのにぴったりの大人気SUV。ここでは、車中泊が大好きな方からこれからやってみたい初心者まで、エクストレイルで車中泊をやるのに役立つ情報やおすすめグッズなどをご紹介しています。


エンジンマウントは強化すべき?劣化具合もいち早くチェック

エンジンマウントは強化すべき?劣化具合もいち早くチェック

エンジンマウントは車のアキレス腱と言われています。これは強化するにもメリットと、デメリットがあります。エンジンマウントが劣化したときにかかる、工賃や交換時期が気になるとこではないでしょうか。今回は、エンジンマウントとは何かから、劣化に対しての対象方について紹介していきます。