目次へ戻る

トヨタのプロボックスの新車・中古車価格、スペック、燃費、評価一覧

トヨタのプロボックスの新車・中古車価格、スペック、燃費、評価一覧

プロボックスとは、トヨタが2002年から発売しているライトバンです。過去にはステーションワゴンタイプも発売されていました。姉妹車にサクシードがあります。本記事ではそんなプロボックスの詳細な情報をまとめています。


プロボックスの概要・特徴紹介

トヨタ プロボックスハイブリッド

プロボックスは2002年からトヨタ自動車が製造販売しているライトバン型の車です。

かつてはステーションワゴンタイプのものも製造されていました。

貨物車バンをメイングレードとし、使い勝手の良さとコストを追求した車種で、商用車などの実用車はもちろん、競技用車両としても広く使われています。

姉妹車として、サクシードがあります。

初代は2002年から2014年まで製造販売されていたXP5#型/XP16#型で、その当時にはワゴンモデルもありました。

現行車種は2014年から販売開始されているXP16#V型で、燃費の向上やフロントディスクブレーキを大径化し制動力を高めたりといった改良が加えられています。

また緊急ブレーキシグナルを全車に標準装備したほか、トランスミッションは全車CVTになるなどの改良がされています。

プロボックスの基本スペック・燃費

トヨタ プロボックスGL(2016年モデル)の基本スペックは以下のようになります。

 
トヨタ プロボックス基本情報・スペック表・新車価格
駆動方式フルタイム4WD
ボディサイズ(全長×全幅×全高)4245×1690×1530mm
室内寸法(長さ×幅×高さ)1810×1420×935mm
車両重量1170kg
最大乗車定員5名
燃費JC08モード15.8km/L
最小回転半径4.9m
総排気量1496cc
最高出力103ps(76kW)/6000rpm
最大トルク13.5kg・m(132N・m)/4400rpm
燃料タンク容量50L
新車価格約182.3万円

プロボックスの実燃費

ユーザーからの実燃費の報告を調べてみると、実燃費平均はレギュラーで12km/L後半、ハイオク14km/L前後といった形になっていました。

また2018年から、全グレードのラインナップにハイブリッド車が追加されています。

また実燃費の報告は少ないようですが、カタログスペック上では大幅な改善となっています。燃費を重視する方であれば、ハイブリッド車がオススメです。

プロボックスの新車・中古車価格

元々コスト性能を意識して作られた車で、他車種と比較すると、お値打ち感が強い車種になっています。

またワゴンタイプは中古車での流通のみになっている点には注意が必要です。

プロボックス グレード別新車価格

現行車種の中から代表的なグレードを幾つか抜粋しました。

F(ハイブリッド車)1.5L+モーター 2WD 1,965,600円
F(ガソリン車)1.5L 2WD 1,695,600円
GL(ハイブリッド車)1.5L+モーター 2WD 1,927,800円
GL(ガソリン車)1.3L 2WD 1,481,760円
DXコンフォート(ハイブリッド車)1.5L+モーター 2WD 1,856,520円
DXコンフォート(ガソリン車)1.3L 2WD 1,410,480円
DX(ガソリン車)1.3L 2WD 1,373,760円
DX(ガソリン車)1.5L 4WD 1,708,560円

プロボックスの新車は、約137万円~196万円ほどで購入することができます。

プロボックスの中古車価格

中古車市場の中にあるプロボックスの価格を調べてみました。

F 29~123万円
F エクストラパッケージ (MT) 24~103万円
GL 0.8~126万円
DXコンフォートパッケージ 5.9~138万円
DXターボ 15~98万円

状態等によって、中古車価格に大きな開きがある傾向があるようです。
中心的な価格帯で見ると、初代は40万円前後~50万円前後、現行モデルは70万前後~120万程度での流通が多いようです。

プロボックスのデザイン

プロボックスはコストカットを意識した設計がなされています。
初代はカローラからの流れを汲むデザインでしたが、現行はサクシードと共通のデザインが採用されています。

エクステリア

現行車種は全体が角の取れた四角というイメージでまとめられており、欧州車をおもわせるようなフォルムに仕上がっています。

インテリア

長時間の運転や車内待機を考慮して、リクライニングとスライド機能を装備したフロントシートが採用されています。

十分なスペースを確保した後部座席は、シートバック一体可倒式リヤシートになっています。
全体としては商用車として余分な装備を無くし、使い勝手が良いシンプルな構造でまとめられています。

プロボックスの口コミ・評価

プロボックスの評価について調べてみました。

ジャーナリストによる試乗評価

ハイブリッドモデルに試乗したカーライフ・ジャーナリストの渡辺陽一郎によると

「水平基調のボディは視界が良く、視線の位置が低いから背の低い障害物も発見しやすい。
ボンネットが少し視野に入るから、車幅やボディ先端の位置も分かりやすい」という車体の特徴を紹介しながら、さらに「巡航中にアクセルペダルを踏み増した時など、モーターの駆動力が素早く立ち上がってエンジンの駆動力を支援する。
走りが全般的にスムーズで、扱いやすくなった」

とハイブリッド採用を評価しています。

ただ操作性に関しては、「現状でも走りのバランスは取れている」という評価の一方で、設計の古さを指摘し「ハンドルを回し始めた時の反応も曖昧で、車両の向きが変わりにくい。」としています。

ユーザーによる口コミ

乗り方にもよりますが、リッター20〜32キロ走ります。
乗り始めたときは驚きました。

ガソリン車より中古車相場は高価格ですが、数年乗れば浮いた燃料代で車代タダみたいなもんと割り切って足にしました。

他にこんな車は無いと思います。

ユーザーの口コミからは、その燃費の良さと乗り心地から高評価を出している方が多く見られました。
本体の価格自体は安い方ではありませんが、燃費に関してはサクシードよりもコストが良いということで、選ぶ方が多いようです。

まとめ

プロボックスはどうしても、姉妹車種であるサクシードの廉価版という位置づけから抜けきれないところがありますが、そこを承知の上でコスト重視で考えると、十分に魅力的です。

特にコストを気にしたい中古車の場合は、選択肢の一つとして考えても良いでしょう。
中古車を探す際には、多くが商用車として使用されている事を踏まえて、特に車両の状態を気にしたいところです。

新しくても酷使されているケースや、逆に古くてもあまり使われていなくて状態が良いものもあるかもしれません。

関連する投稿


プリウスのバッテリーは2つある?電気自動車もバッテリーは上がる?

プリウスのバッテリーは2つある?電気自動車もバッテリーは上がる?

プリウスに搭載されているバッテリー、実は2つあることをご存知でしたでしょうか?この記事では他の車とは一味違うプリウスのバッテリーについて、バッテリーが2つ搭載されているその理由や寿命、従来のガソリンバッテリーとの違いについてもご紹介します。


カリーナEDの人気は衰えない!カスタムしてさらにかっこよく!

カリーナEDの人気は衰えない!カスタムしてさらにかっこよく!

車ファンの中でも人気が高いのがカリーナEDです。3代目まで発売されており今でもマニアの間では人気が落ちない人気車種です。カリーナEDのナンバーは車種で数字が違ったりと疑問が出ている車です。カスタムするほど愛着がわく車なので色々と触りたいですね。


トヨタのディーラーは4種類ある!? ~ディーラーのあれこれ~

トヨタのディーラーは4種類ある!? ~ディーラーのあれこれ~

ディーラーという言葉を聞いたことがありますか? ディーラーとは、自動車を販売している業者のことです。日本が誇るトヨタは、ディーラーが4種類もあります。今回は、トヨタのディーラーについて見ていきましょう。


トヨタのSUV・ランドクルーザープラドを中古で買おう!

トヨタのSUV・ランドクルーザープラドを中古で買おう!

トヨタを代表するSUVであり、日本の高級SUVの代名詞でもあるランドクルーザーの『プラド』を中古で買いましょう。何故中古で買うのか?中古のどこが良いのか?疑問にお答えしながら進めて参ります。


トヨタのライトエースバン・トラックの新車・中古車価格、スペック、燃費、ユーザー評価一覧

トヨタのライトエースバン・トラックの新車・中古車価格、スペック、燃費、ユーザー評価一覧

トヨタライトエースは、街中でも商用車として走行されることが多いワンボックスタイプのキャブオーバー型のバン・トラックです。本記事ではそんなライトエースバン・トラックに焦点を当てて見ていきたいと思います。


最新の投稿


新潟県北部の道の駅一覧 Part1

新潟県北部の道の駅一覧 Part1

新潟県は甲信越地区における日本海側の自治体で、佐渡島を有しています。天然記念物の朱鷺(とき)や瓢湖の白鳥、冬になると越後湯沢などを中心にスキーのメッカとして有名です。新潟県内の道の駅は39か所と北陸エリアでは比較的多いほうですので、今回は新潟県北部エリアの道の駅を中心に紹介します。


電子ドアミラー?サイドミラーの進化?修理方法も詳しく紹介

電子ドアミラー?サイドミラーの進化?修理方法も詳しく紹介

車に乗るときサイドミラーは調整しますか?実は調整方法をご存知な方は意外と少ないかもしれません。 サイドミラーも年々進化をしており最近ではカメラを搭載することが可能になりました。サイドミラーの修理方法や自分で行う場合のやり方を徹底的に紹介していきます。


あなたに必要かも?!初心者や女性ドライバーに優しいコーナーセンサー

あなたに必要かも?!初心者や女性ドライバーに優しいコーナーセンサー

コーナーセンサーは狭い路地のすれ違いや駐車場での切り返しなどで障害物との距離を教えてくれる便利装備!車の運転に自信のない方には特におすすめのアイテムです。新車で購入するときにつける方が多いですが、後付けも可能です。今回はコーナーセンサーの必要性について紹介していきたいと思います。


日産のSUV エクストレイルで車中泊するやり方とおすすめ車中泊グッズまとめ

日産のSUV エクストレイルで車中泊するやり方とおすすめ車中泊グッズまとめ

好きな時に好きな場所でプライベートな時間を過ごすことができる車中泊が最近ブームです。日産エクストレイルは車中泊するのにぴったりの大人気SUV。ここでは、車中泊が大好きな方からこれからやってみたい初心者まで、エクストレイルで車中泊をやるのに役立つ情報やおすすめグッズなどをご紹介しています。


エンジンマウントは強化すべき?劣化具合もいち早くチェック

エンジンマウントは強化すべき?劣化具合もいち早くチェック

エンジンマウントは車のアキレス腱と言われています。これは強化するにもメリットと、デメリットがあります。エンジンマウントが劣化したときにかかる、工賃や交換時期が気になるとこではないでしょうか。今回は、エンジンマウントとは何かから、劣化に対しての対象方について紹介していきます。