目次へ戻る

トヨタのカローラ ルミオンの新車・中古車価格、スペック、燃費、評価一覧

トヨタのカローラ ルミオンの新車・中古車価格、スペック、燃費、評価一覧

みなさんは、カローラルミオンをご存知でしょうか。ルミオンはカローラシリーズの小型トールワゴン型の乗用車です。2007年から2015年にかけて発売されていました。かくかくとした形がトヨタのbBを彷彿とさせ、若い世代にはカスタム車のベースとしても人気があった車です。本記事ではそんなルミオンについてご紹介します。


ルミオンの概要・特徴紹介

カローラ・ルミオンはトヨタが2007年10月から2015年12月まで製造販売していたトールワゴンタイプの小型車です。

カローラユーザーの若返りを狙って、トヨタが北米で展開していたサイオンxBをベースに日本人好みに改良されたもので、エンジンは1.5Lと1.8Lの2種類が用意され、車幅が1,700mmを超えているために、カローラシリーズの中では初めての3ナンバーとなりました。

室内は広々しており、トランクも十分な広さを確保しています。

若者に人気だったbBにも通じる箱型スタイルであり、bB同様にカスタマイズして乗るユーザーも多いです。

また、ゆったりとした乗り心地と広い室内から、ファミリーカーとしても人気があります。

ルミオンの基本スペック・燃費

 
トヨタ ルミオン 基本情報・スペック表
駆動方式FF
ボディサイズ(全長×全幅×全高)4,210mm×1,760mm×1,630mm
室内寸法(長さ×幅×高さ)1,980mm×1,500mm×1,300mm
車両重量1,280kg
最大乗車定員5名
燃費JC08モード17.8km/L
最小回転半径 5.2m
総排気量1,496cc
最高出力110ps(81kw)/6000rpm
最大トルク140n・m(14.3kg・m)/4400r.p.m
燃料タンク容量50L

ルミオン1.5Gのエンジンスペックは特にハイパワーというわけではありません。
より余裕が欲しい場合は1.8Lのほうがより良いでしょう。

また、車幅と車高さに余裕があるので、室内が広々しているのが最大の特徴です。

ルミオンの実燃費

ルミオンの1.5Lの実燃費は、街乗り主体で約11~13km/Lとなっています。
高速も入れると13~14km/L程度です。

峠などを走った場合はリッター10kmを切ってしまいます。
最新の車と比べると燃費性能ではやや劣りますが、極端に悪いというわけでもありませんね。

運転の仕方で燃費性能はかなり変わってきますので、急発進や急ブレーキを避け、ゆったりと運転することを心がけることで燃費はアップします。

1.8Lは1.5Lに比べると少し燃費性能は落ちますが、高速走行が多くなると逆に1.5Lを上回る場面もあるようです。

ルミオンの新車・中古車価格

ルミオン グレード別新車価格

1.5 X 180万円
1.5G 188.2万円
1.8S 207.8万円
1.8 S エアロツアラー 223.2万円
1.5 G On B リミテッド 209.8万円
1.8 S On B リミテッド 222.2万円

当時の新車価格としてはやや高めの印象です。
1.5Lで180万円以上となり、1.8Lでは200万円を超えます。

ルミオンの中古車価格

1.5G 2015年式 走行距離1.9万キロ 約145万円
1.8S 2014年式 走行距離3.3万キロ 約110万円
1.5X 2013年式 走行距離9.0万キロ 約65万円
1.8S 2012年式 走行距離6.9万キロ 約89万円

ルミオンの中古車はかなりばらつきがあります。

カスタマイズしている車が多く、その分高くなっているケースが見られます。
ノーマルの状態であれば、お買い得な車があるかもしれません。

ルミオンのデザイン

ルミオンのデザインは典型的な2BOXのトールワゴンです。

ただトールワゴンとは言いながらも、車幅があるのでどっしりとした重心の低さを感じます。
室内は頭上空間が高いので余裕があり、トランクも十分な広さを確保しています。

エクステリア

トヨタbBを彷彿させる2BOXの箱型のデザインは、若者を中心に一昔前は人気がありました。
地上最低高を低くとっているため、車高が高い割には安定感のあるスタイリングとなっています。

デザインの古さは否めませんが、しかし今見ると、逆に最近の車にはない新鮮さを感じる人もいるかもしれません。

また、エアロツアラーと呼ばれるエアロモデルが設定されており、ドレスアップされた外観はノーマル車に比べると遥かにかっこよくなります。

若い世代にはとりわけおすすめしたい一台と言えます。

インテリア

インテリアは全体的にワイルドで男性的な印象で、洗練されたおしゃれ感はあまりありません。

センターに配置されたスポーティな4連メーターも独特なもので、見やすさという点では難がありますが、他車にはない独特な雰囲気を演出しています。

シフトノブはインパネの中央部から飛び出すような形でついていて、これも個性的と言って良いでしょう。

シートは厚みがあってしっかりした座り心地です。
後席の足元にも余裕があります。

ルミオンの口コミ・評価

遊び心満載のルミオンは機能性に富み、カスタマイズしやすいという点でもユーザーから高く評価されています。
カスタムカーのベース車として安く中古車で購入し、後からドレスアップを楽しみたいというユーザーにも向いています。

ジャーナリストによる試乗評価

「内装デザインは、機能を3つ水平に重ねる積層構成が特徴。
上から計器類、2層目がナビ・オーディオ類、3層目には空調、シフトレバーなどの操作類がシルバーの加飾にまとまっています。」

「後席の下に傘などを収納できるスペースがあり、一部グレードを除いて座面を跳ね上げて、その部分にも物が置けるようになっている」

まとめ

カローラ・ルミオンの開発コンセプトは「Relax in Style」です。
カローラ兄弟であることの安心感と、トールワゴンという広々としたスタイルは、リラックスできる空間を提供してくれます。

1.5Lと1.8Lの2種類のエンジンを設定し、安定した走行性能を可能としています。

生産はすでに中止されているので、中古車しか手に入れることができませんが、標準タイプは比較的安く販売されています。

関連するキーワード


トヨタ 車種情報 ルミオン

関連する投稿


プリウスのバッテリーは2つある?電気自動車もバッテリーは上がる?

プリウスのバッテリーは2つある?電気自動車もバッテリーは上がる?

プリウスに搭載されているバッテリー、実は2つあることをご存知でしたでしょうか?この記事では他の車とは一味違うプリウスのバッテリーについて、バッテリーが2つ搭載されているその理由や寿命、従来のガソリンバッテリーとの違いについてもご紹介します。


カリーナEDの人気は衰えない!カスタムしてさらにかっこよく!

カリーナEDの人気は衰えない!カスタムしてさらにかっこよく!

車ファンの中でも人気が高いのがカリーナEDです。3代目まで発売されており今でもマニアの間では人気が落ちない人気車種です。カリーナEDのナンバーは車種で数字が違ったりと疑問が出ている車です。カスタムするほど愛着がわく車なので色々と触りたいですね。


トヨタのディーラーは4種類ある!? ~ディーラーのあれこれ~

トヨタのディーラーは4種類ある!? ~ディーラーのあれこれ~

ディーラーという言葉を聞いたことがありますか? ディーラーとは、自動車を販売している業者のことです。日本が誇るトヨタは、ディーラーが4種類もあります。今回は、トヨタのディーラーについて見ていきましょう。


トヨタのSUV・ランドクルーザープラドを中古で買おう!

トヨタのSUV・ランドクルーザープラドを中古で買おう!

トヨタを代表するSUVであり、日本の高級SUVの代名詞でもあるランドクルーザーの『プラド』を中古で買いましょう。何故中古で買うのか?中古のどこが良いのか?疑問にお答えしながら進めて参ります。


トヨタのライトエースバン・トラックの新車・中古車価格、スペック、燃費、ユーザー評価一覧

トヨタのライトエースバン・トラックの新車・中古車価格、スペック、燃費、ユーザー評価一覧

トヨタライトエースは、街中でも商用車として走行されることが多いワンボックスタイプのキャブオーバー型のバン・トラックです。本記事ではそんなライトエースバン・トラックに焦点を当てて見ていきたいと思います。


最新の投稿


新潟県北部の道の駅一覧 Part1

新潟県北部の道の駅一覧 Part1

新潟県は甲信越地区における日本海側の自治体で、佐渡島を有しています。天然記念物の朱鷺(とき)や瓢湖の白鳥、冬になると越後湯沢などを中心にスキーのメッカとして有名です。新潟県内の道の駅は39か所と北陸エリアでは比較的多いほうですので、今回は新潟県北部エリアの道の駅を中心に紹介します。


電子ドアミラー?サイドミラーの進化?修理方法も詳しく紹介

電子ドアミラー?サイドミラーの進化?修理方法も詳しく紹介

車に乗るときサイドミラーは調整しますか?実は調整方法をご存知な方は意外と少ないかもしれません。 サイドミラーも年々進化をしており最近ではカメラを搭載することが可能になりました。サイドミラーの修理方法や自分で行う場合のやり方を徹底的に紹介していきます。


あなたに必要かも?!初心者や女性ドライバーに優しいコーナーセンサー

あなたに必要かも?!初心者や女性ドライバーに優しいコーナーセンサー

コーナーセンサーは狭い路地のすれ違いや駐車場での切り返しなどで障害物との距離を教えてくれる便利装備!車の運転に自信のない方には特におすすめのアイテムです。新車で購入するときにつける方が多いですが、後付けも可能です。今回はコーナーセンサーの必要性について紹介していきたいと思います。


日産のSUV エクストレイルで車中泊するやり方とおすすめ車中泊グッズまとめ

日産のSUV エクストレイルで車中泊するやり方とおすすめ車中泊グッズまとめ

好きな時に好きな場所でプライベートな時間を過ごすことができる車中泊が最近ブームです。日産エクストレイルは車中泊するのにぴったりの大人気SUV。ここでは、車中泊が大好きな方からこれからやってみたい初心者まで、エクストレイルで車中泊をやるのに役立つ情報やおすすめグッズなどをご紹介しています。


エンジンマウントは強化すべき?劣化具合もいち早くチェック

エンジンマウントは強化すべき?劣化具合もいち早くチェック

エンジンマウントは車のアキレス腱と言われています。これは強化するにもメリットと、デメリットがあります。エンジンマウントが劣化したときにかかる、工賃や交換時期が気になるとこではないでしょうか。今回は、エンジンマウントとは何かから、劣化に対しての対象方について紹介していきます。