目次へ戻る

走りの楽しさを追求したBMW X3の中古価格、評価、燃費を徹底解説!

走りの楽しさを追求したBMW X3の中古価格、評価、燃費を徹底解説!

走りの楽しさを追求した「BMW X3(クロススリー)」シリーズ。 2004年に発売されてから、2011年に2代目へ。そして、2017年に3代目が発売されました。この記事では、最新の3代目を中心に「BMW X3」について機能や燃費、評価、価格などをご紹介しております。


BMW X3とは?

ドイツの自動車メーカーBMWより2004年から発売されている中型SUV 「BMW X3」。
同社より2000年から発売している「X5」のセールスが好調だったため、ワンサイズ小さいSUVとして開発されました。

BMW社としては、SUVではなく「SAV(Sports Activity Vehicle)」という造語を用いて新しいカテゴリーの自動車である」と主張しています。
2017年までに2回のモデルチェンジを行い、どのモデルもスポーティで力強いシルエットの中にラグジュアリーを感じさせる容姿が印象的です。

【初代】BMW X3 E83型

BMW X3の初代となる「E83型」。
フランクフルト・オートショーでお披露目され、日本では2004年6月に発売されました。

グレードは3.0L直列6気筒エンジン搭載の「3.0i」と2.5L直列6気筒エンジン搭載の「2.5i」。
排気量は「3.0i」が約3000cc。「2.5i」が約2500cc。
ディーゼルエンジン搭載モデルもラインナップされていましたが、日本では導入されませんでした。
(全高4565 × 全幅1855 × 全高1675mm)

【2代目】BMW X3 F25型

2代目となる「F25型」は、2011年3月に発売されました。
グレードは3.0L直列6気筒エンジンを搭載した「xDrive28i」と3.0L直列6気筒ターボエンジンを搭載した「xDrive35i」。
排気量はどちらも約3000cc。
(全長4648 × 全幅1881 × 全高1661mm)

2012年には「xDrive28i」のエンジンを2.0L直列4気筒ターボエンジン(排気量2000cc)に大幅なサイズダウンをしましたが、最高出力はほとんど変わらず軽量化と低燃費化を実現しています。
さらに、X3のエントリーグレードである「xDrive20i」も追加されました。こちらも排気量は約2000ccです。

【3代目】BMW X3 G01型

2017年10月に3代目として発売された「G01型」。
先代モデルからは、内外装デザイン・運転支援システムの搭載・走行性能の向上などが施されています。
細かい部分に関しては、この後に記述しておりますので、ぜひご参考ください。

BMW X3のスペック・燃費

2017年に発売された3代目となる「BMW X3 G01型」。
用意されたラインナップは、2.0L直列4気筒ガソリンターボエンジンを搭載した「xDrive20i」と2.0L直列4気筒ディーゼルターボエンジンを搭載した「xDrive20d」の2モデル。
両モデルとも排気量2000cc・トランスミッション8速AT・駆動方式4WDとほとんど共通しています。
燃費は「20i」が13.5km/L、「20d」が17km/Lです。

このモデルは軽量化を主眼に置いており、先代と比較すると55kgも軽くなりました。
車体重量が軽くなった分、走行性能が向上しています。
その他にMパフォーマンスモデルや3.0L直列4気筒ディーゼルターボエンジンを搭載した高性能モデルもありますが、日本では販売されませんでした。

新たな機能としては、部分自動運転を可能にした「ドライビング・アシスト・プラス」
210km/hまでの車速範囲であれば、自動操縦により常に車体を車線の中央に保つことが出来ます。
「BMWコネクテッド・ドライブ」は、ドライバーと車の連携を最大限まで高めます。

たとえば、近くのオススメのレストランを探したい時、ボタン一つであらゆるニーズに応えてくれるサービスにアクセスできます。

また、専用のスマホアプリで、いつでもBMWとシームレスに繋がれます。事前に目的地を送信したり、遠隔からドアロックや駐車場所の確認、リマインダーの設定など手のひらで様々な機能を行うことができます。
その他にもオプションで「ジェスチャーコントロール」や「インテリジェント・ヴォイス・アシスタント」を備えた最先端のオペレーティングシステムが用意されています。

BMW X3のエクステリア

このモデルにおけるエクステリアの変化は少なく、特徴的な部分で言えばキドニーグリルの拡大でしょう。
BMWの代名詞ともいえるキドニー・グリル。
このモデルでは、グリルのサイズが拡大され立体的なデザインとなりました。

ちなみに、キドニーとは英語で「腎臓」という意味です。左右に2つ並んだフロントグリルが腎臓のように見える事に由来しています。

今までのモデルで既に完成形に近いが故、エクステリアの変化はあまり見られませんが、インテリアにおいては各所に大きな変化が見られます。

BMW X3のインテリア

内装から受ける印象としては、SUVらしさと高級感。
様々な場所に配置されたスイッチ類からはSUVらしい多機能性を感じます。
スポーティさの中に、センターコンソールの木目調とセンラークラスターのクラシカルな雰囲気が、落ち着いた印象を与えます。
本革巻きのステアリング、革のシート、クローム加飾を効果的に採用し、ドイツ車らしい高級感です。

マルチファンクションディスプレイが運転席正面に組み込まれ、ナビゲーションディスプレイはフラットスクリーンの独立タイプとなりました。
これにより視認性が大きく向上しています。
ラゲッジルームは550リットル、リアシートを倒せば1600リットルまで拡張できますので、普段使いやアウトドアに行く場合でも充分な容量を確保できるでしょう。
モダンなスポーティさ、高級感、運転を支援する装備品、どれをとっても足り得る造りになっております。

BMW X3の口コミ・評価

駆け抜ける喜びを実現するためには、やみくもに筋肉を鍛えればいいのではなく、頭脳プレイでいかに感性に訴えかけるかを追及していった賜物なのだと改めて思う。

アクセルペダルをちょいっと踏んだだけで、最大トルクを発揮して車体を強力に前に押し進めるツインパワーターボのディーゼルエンジン。乗員に包まれ感を与えるがっしりボディに、しなやかなサスペンション。ひとつひとつのパーツは鍛え上げられているけれど、乗り心地全体としてそれらをまとめあげているのは、8速ATの頭脳プレイなのだと思う。

この適切なタイミングで的確なギアを選ぶ変速タイミングの賢さ、IQの高さといったら凡人うっとり。私の脳からアクセルペダルを踏む足に伝達するよりも、8ATがギアを選ぶ方が早いんじゃないかというくらい(いや、それは言い過ぎ)、あなた、エスパーなのと疑うくらい(それはもっと言い過ぎ)、でもそのくらい、そうそう、そのギアで走りたかったのよと思うほど以心伝心的にギアが切り替わり、ゆえに常に安定のトルク感で気持ちよく走れるのである。

もうひとつ、惚れ惚れするのはレーンキープアシストの「強さ」である。高速道路を走行中に車線の白線を踏み越えてしまいそうになると、ぐぐーっともとに戻してくれる。これまでのBMWは、やや遠慮気味に戻す程度だったけれど、このX3になると、思い切り戻す。ぐいぐい戻す。車体の半分くらい、となりの車線に入っていっても、気づくと元の車線にいるくらい力いっぱいなのである。そのたびに「乗員は俺が守る!」というX3の心の声が聞こえてくるようだ。

BMW X3の価格

BMW X3の各モデルの車両価格は下記に設定されています。
「xDrive20i」スタンダードモデルが657万円。
スタンダードモデルよりホイールが1インチ大きく(19インチ)、マットアルミニウム仕上げのグリルを備える「20ixLine」が702万円。

さらにホイールが1インチ大きく(20インチ)専用のスポーツシートなどを備える「20i M Sport」が705万円となっています。

ディーゼル車の「xDrive20d」も同様に3種類のグレードが用意され、スタンダードモデルの682万円から727万円、730万円の価格設定となっています。

BMW X3の中古車を購入する際の注意点と価格相場

BMW X3の中古価格は、上位モデルも含めると400万円から650万円ほど。

ただしBMW X3では一部車両にリコールが出ています。
購入時には、リコール対応をされているかという事に注意してください。

BMW X3 中古車車検索 | レスポンス(Response.jp)

http://response.jp/assistance/usedcar/search/BM/S025/0/0/0/0/0/0/0/2017/0/0/GER/0/0/0/0/0/0/0/0/0/7/20/1/

BMW X3の中古車を買うならレスポンス中古車。レスポンス中古車は、最大20万台以上の豊富な在庫から中古車を検索できます

リコール内容は下記となります。
・エンジン内ボルトの折損の恐れ
エンジン内可変バルブタイミングのユニットを固定しているボルトが経年劣化によって折損する可能性がありリコール

下記車種の一部が該当していますので購入時に整備記録にてご確認ください。
【 BMW X3 2.5si 】
車体番号:WBAPC72090WG63074~WBAPC72020WG63241
【 BMW X3 xDrive 28i 】
車体番号:WBAWX52050LK44013~WBAWX52040LK44276
車体番号:WBAWX52060L398178~WBAWX52030L398302
【 BMW X3 3.0si 】
車体番号:WBAPC92020WE72012

・燃料配管の接続不良
燃料配管の接続不良の恐れがあり燃料が漏れる可能性がありリコール

下記車種の一部が該当していますので購入時に整備記録にてご確認ください。
【 BMW X3 xDrive20i 】
車体番号:WBAWX32000LW42508
車体番号:WBAWX32090LX87630~WBAWX32070LX87898
車体番号:WBAWX320500B25001~WBAWX320000B25987
【 BMW X3 xDrive 28i 】
車体番号:WBAWX92050LL18506~WBAWX92020LL18978

2020年にピュアEVのBMW iX3も発売!

2018年の北京モーターショー2018にて初公開された「BMW iX3」。
新型iX3はX3をベースとしたBMW初のフルEV SUVとなります。
発売は2020年と発表され、2025年までには25車種の電動車両の投入を予定していると発表しました。
今後、さらなる詳しい情報の公開に市場の期待が高まります。

走ることに夢中になれるBMW X3

人目を引く強烈な存在感、エキサイティングな走行体験、ドライビング・アシスト機能の先進的な機能。
これらが提供してくれるのは、オンロード・オフロードいずれにおいても優れた走行安定性と操作性、抜群の乗り心地をもたしてくれます。
ただ目的地に運んでくれるだけではなく、運転する事の歓びを感じる事でしょう。
人生という長い道のりを共に走るパートナーにBMW X3は強くお勧めできる1台です。

関連するキーワード


BMW 車種情報 X3

関連する投稿


BMW 5シリーズ 2014年モデル|中古価格から評価に至るまで一挙掲載

BMW 5シリーズ 2014年モデル|中古価格から評価に至るまで一挙掲載

BMW 5seriesの2014年モデルについて、特徴や評価などの気になる情報をはじめ、中古車相場まで購入に向けての知りたい情報が満載です。


走りにこだわったBMW 523の魅力|価格や燃費を解説

走りにこだわったBMW 523の魅力|価格や燃費を解説

BMWのシリーズでも、世界的に人気のある5シリーズ。今回は、BMW 523のスペックや価格、燃費などについて解説していきます。


BMW 5シリーズってどんな車?スペックや走行性能、価格は?

BMW 5シリーズってどんな車?スペックや走行性能、価格は?

BMW5シリーズは、BMWの中でも中心的なモデルです。販売台数の多くを占める5シリーズの歴史や概要はどのようなものでしょうか?新しくなった5シリーズの特徴と共に、紹介していきます。よりラグジュアリー度合いが増した5シリーズの魅力を徹底解剖していきましょう。


新型BMW 3シリーズの変化まとめ!モデルチェンジで変わった点は?

新型BMW 3シリーズの変化まとめ!モデルチェンジで変わった点は?

BMW 3シリーズは、2019年に新しいモデルへとモデルチェンジをしました。これまでもBMWの中心となるモデルでしたが、さらに魅力ある車へと変化しています。3シリーズの歴史や、特徴となる点を解説します。また新型になった3シリーズのインテリアやエクステリアのポイントも紹介していきましょう。


BMW 1シリーズはFRからFFへ!フルモデルチェンジの情報は?

BMW 1シリーズはFRからFFへ!フルモデルチェンジの情報は?

BMW1シリーズは、コンパクトでありながらもBMWの走りを楽しめる魅力あるモデル。2019年にはモデルチェンジが予定されており、新型1シリーズに変化することが予想されていますが、どのように変わっていくのでしょうか?現行モデルとの比較や、新型1シリーズの特徴を解説します。


最新の投稿


日産 オッティ(OTTI)とはどんな車?┃維持費や購入法を徹底解説

日産 オッティ(OTTI)とはどんな車?┃維持費や購入法を徹底解説

オッティを購入しようかどうか迷っているけど詳細が良く分からず悩んでいるという人はいませんか?実は、日産のイメージが強いオッティですが、三菱自動車工業からのOEMで出来ていた車なんです。この記事では、オッティがそもそもどんな車なのか、維持費や購入方法なども含めて詳しく解説しています。是非、記事の内容をご覧いただきオッティを購入する前に参考にしてください!


【違反走行をしないために】知っておくべき道路の路肩に関する規制

【違反走行をしないために】知っておくべき道路の路肩に関する規制

車を運転する人も自転車に乗る人も。みなさんの身近にある道路のすぐ傍にある路肩。実は知らないと警察に捕まってしまうかもしれない規制があることをご存知でしょうか。本記事では改めて、知らないと損するかもしれない、路肩に関連した規制と豆知識についてご紹介しています。


根強い人気があるトヨタの高級セダン クラウン┃中古価格やスペック等 一覧

根強い人気があるトヨタの高級セダン クラウン┃中古価格やスペック等 一覧

クラウンの歴史は古く、60年以上の歴史を持つトヨタの人気車種です。トヨタのクラウンは時を超えて常に、時代とともに挑戦し続けています。初めて発売が開始された1955年から現行のモデル全ての特徴や車のスペックに中古車価格などを分かりやすくまとめました。これからトヨタの「クラウン」を検討している方は、是非参考にしてみてください。


北海道の新千歳空港周辺の駐車場情報21選!料金は?予約はできるの?

北海道の新千歳空港周辺の駐車場情報21選!料金は?予約はできるの?

北海道の新千歳空港。観光客が多く訪れるイメージですが、北海道から外に出る人にとっても大事な場所です。特に車移動が多い北海道では駐車場に車を置いて飛行機を利用する人も多いはず。いざというときのために料金が安い、予約ができる、新千歳空港の近隣の駐車場を把握しておきましょう。


アウディ S1とはどんな車?┃維持費や中古の購入方法を解説

アウディ S1とはどんな車?┃維持費や中古の購入方法を解説

「せっかく車を買うならアウディ S1に乗ってみたい」 「アウディって高いイメージがあるけど実際にその費用に見合うだけの満足感を得られるの?」このようにアウディ S1を購入しようかどうか迷っているけど詳細が良く分からずお悩みではないですか?この記事では、アウディ S1がそもそもどんな車なのか、維持費や購入方法なども含めて詳しく解説しています。是非、記事の内容をご覧いただきアウディ S1を購入する前に参考にしてください!