目次へ戻る

アバルト 500|内装外装や中古価格、フィアット500との違いも説明

アバルト 500|内装外装や中古価格、フィアット500との違いも説明

イタリアの自動車メーカーアバルトの「アバルト500」のスペックや燃費、中古価格をまとめていきます。 またフィアット500との違いも解説していきます。


アバルト500とは

世代を問わず幅広い層に人気があり、街中でもよく見かけるアバルト500。見た目はフィアット500を少しカスタムしたという印象ですが、実際蓋を開けてみると全く別物のマシーンになっています。

有名アニメでも登場し、フィアット500については知名度がありますが、このモデルのOEM供給という訳ではありません。

アバルト500はチューニングモデル

アバルト500とはフィアット500をベースにつくられたスポーティにチューンされたモデルです。アバルトとは1949年にイタリアのトリノに設立された自動車メーカーです。主にフィアット車で競技に参加、自動車部品の販売、改造車の販売などを手掛けていましたが、1971年にフィアットに買収されました。そして、2007年にフィアット500のモデル名としてアバルトの名を関するモデルが登場しました。

フィアット500の歴史としては、現行モデルで3代目と初代モデル(1936年~1955念)1936年に登場した事を考えると、モデルチェンジの周期がかなり長いモデルになっています。二代目フィアット500にあたるNUOVA500が1957~1977年に販売され、人気車種となりイタリアだけに留まらずヨーロッパ、世界的にもヒットしました。現在でもレストアして現役で走行できる車輛も数多く存在し、イタリアではNUOVEを保護する目的として考えられている自動車税の免税、車検期間の延長、自動車通行規制区域内の乗り入れ許可などの法案が検討されています。

アバルトの歴史は、アバルトの設立者であるカールアバルトは「アバルト& C.」を設立後、順調に業績を伸ばし活躍も世界規模となりました。そしてアバルト750GT、アバルト500などレースで輝かしい記録を残すと共に、アバルトの名を世界に広めました。レースでは結果をだしていましたが、資金力不足の為にフィアットとの合併を決断して現在に至ります。

2017年 アバルト500は595へ

アバルトの名を冠したモデルとしてアバルト500が販売されましたが、2017年のマイナーチェンジですべてのグレードがアバルト595に統一されました。

変更したのは名称だけではなく、約5psの馬力アップやシートをカーボンシェルタイプに変更、アルカンターラステアリングホイールを採用するなどフィアット500との差別化も図られています。

アバルト500のスペック・燃費

アバルト500の基本性能・スペック
【原動機】1368cc/直列4気筒DOHCターボ(135ps)
【使用燃料】ハイオク
【燃費】14.09km/L(JC08)
【変速機】5MT
【駆動方式】FF
【全長×全幅×全高】3.66m×1.63×1.52
【ホイールベース】2.3m
【車輛重量】1110kg
【乗車定員】4名

アバルト500とフィアット500を比較

アバルト500はフィアット500をベースにつくられた車輛という事は分かりましたが、フィアット500とアバルト500の具体的な違いが気になるところですよね。

では、スペック・外観・内装・機能面でフィアット500との違いをご紹介しましょう。

フィアット500とは

フィアット500をスポーティなモデルへとチューンされたのがアバルト500ですが、スペックで見た場合はフィアット500との大きな差はありません。大きな違いを挙げればエンジンがフィアット500とは別のエンジンを搭載している事でしょう。

スペック的には差ほど違いはありませんが、エンジンが別物という違いは大きいでしょう。アバルト500のエンジンは高回転域で真価を発揮できるチューニングの他にも、面白い仕掛けがあります。それは「SPORTSスイッチ」です。

外観を比較

フィアット500

フィアット500

アバルト595

アバルト595

スッキリとして全体の丸みを帯びたカワイイ外観を損なわないフィアット500に対し、アバルト500のフロントバンパーはエアインテークが採用され攻撃的でワイルドな印象のものに変更されています。そして、リアバンパーにはディフューザー一体型リアバンパーを採用、サイドスカート、リアスポイラーも装着され、外観はどの角度から見てもフィアット500との違いが一目で分かるようになっています。

他にもオプションになりますが、レコードモンツァマフラーが設定されているなどの違いがあります。アバルトが合併するまでにパーツ販売の要となっていたのがエキゾーストシステムですので、アバルトフリークなら是非とも装着したいオプションです。

内装を比較

フィアット500

フィアット500

アバルト595

アバルト595

内装の違いは、フロントドアを開けるとすぐに違いが分かります。フロントシートにはヘッドレスト一体型のスポーツシートが搭載されています。適度にバケット形状になっており、乗り降りもしやすいものになっているのがポイントでしょう。フロントシート同様に後部座席も同様のデザインに変更されており、シックにまとまりのあるインテリアデザインとなっています。

インパネ部分も黒を基調としたものに変更されていますが、単調にならないように適所にアクセントを入れたポップな仕上がりとなっています。そして、ステアリングホイールにはおなじみのアバルトのサソリエンブレムに変更されています。

機能面

フィアット500とアバルト500の見た目の違いは分かりましたが、機能面での違いはどのようになっているのでしょうか。フィアット500に搭載しているヒルホールドシステム(マニュアル車も含む)、ESPなどの機能はアバルト500にも搭載されています。また、TTC(トラクションコントロール)やブースト計など走りを求める上で必要な装備も搭載されています。

それだけではなく、何よりも注目したい機能が「スポーツスイッチ」です。この手のスポーツモードに切り替える遊び心あるスイッチ自体は珍しいものではありません。アバルト500のスポーツスイッチは全く別物と言ってもいいでしょう。アバルト500のスポーツスイッチは、エコモードを解除するといったニュアンスのものではなく、しっかりと本気モードに切り替わります。

アバルト500の中古価格

●アバルト500の新車価格
269~302万円(販売期間2009年4月18日~2017年2月)

●アバルト500の中古価格
45万円~338万円

まとめ

デザイン性、運転する楽しさの双方を兼ね備えたアバルト500について、解説してきましたがいかがでしたでしょうか。可愛い見た目に似つかわしくない本格的なスポーティな走りをコンセプトにした車は、数ある車でもかなり希少な存在と言える魅力的な車ではないでしょうか。

オプションのレコードモンツァを取り付けて、エキゾーストノートを楽しみながらドライブしたいものです。

関連するキーワード


アバルト 車種情報 500

関連する投稿


チンクエチェントの歴史と歴代モデル|中古価格から評価などの総まとめ

チンクエチェントの歴史と歴代モデル|中古価格から評価などの総まとめ

由緒あるイタリアの名車「チンクエチェント」の歴史や特徴、スペックと全てをご紹介します。中古での購入をお考えの方には参考になると思います。


アバルト 124スパイダー|2019年モデルの情報から燃費、中古価格を紹介

アバルト 124スパイダー|2019年モデルの情報から燃費、中古価格を紹介

マツダとの技術協力によって、生み出されたアバルトの「124スパイダー」の性能から燃費、中古価格などをまとめてみました。


フィアット500 新車・中古車価格、スペック、燃費、ユーザー評価一覧

フィアット500 新車・中古車価格、スペック、燃費、ユーザー評価一覧

フィアット500とは、イタリアのフィアットが手掛ける可愛らしい車です。丸みを帯びた独特なデザインは昔も今も多くの人に愛されています。本記事ではそんなフィアット500の新車・中古車価格、スペック、燃費、ユーザー評価などをまとめています。フィアット500が気になっている方はぜひ一度読んでみてください。


フィアット500新型にEV設定!?500XにはHVも!?

フィアット500新型にEV設定!?500XにはHVも!?

FCA(フィアット・クライスラー・オートモービルズ)は6月1日、2022年までの5か年の中期経営計画を発表し、フィアットブランドの新車計画を明らかにしました。それによると、フィアットの人気車・500にEVが設定されるとのこと。また他にも気になる最新情報をお届けいたします!


松居一代の愛車か!?可愛くてコンパクトなイタリア車フィアット500!

松居一代の愛車か!?可愛くてコンパクトなイタリア車フィアット500!

松居一代さんがご自身の公式ブログにて、愛車、として紹介していたフィアット500。貴方はフィアットについて知っていますか?フィアットはイタリア生まれの車です。今回はそんなフィアット500についてまとめてみました。


最新の投稿


【2019年保存版】現行レクサス車種一覧 価格・特徴【早わかり】

【2019年保存版】現行レクサス車種一覧 価格・特徴【早わかり】

レクサス、と聞くと高級車だし自分には関係のない車。と決めつけている人はいませんか。それはもったいない!レクサスはもちろん高級車ですが、価格からボディタイプまで様々です!一口にレクサス、と言ってもいろんなモデルがあるんです。本記事では、現行レクサスを一覧にし、特徴や価格、中古車価格などをまとめてみました。【7月更新】


【レクサス30周年】レクサス新型の電動モデルが開発中!?最新情報

【レクサス30周年】レクサス新型の電動モデルが開発中!?最新情報

気になる情報が入ってきました。レクサスが2020年をめどに自律走行技術を搭載した新型スポーツ、もしくはラグジュアリーモデルを開発している可能性があるとのこと。最新情報をまとめています。


【2019年8月9日発売】ホンダのN-WGN新型!価格・スペック・改良点は?

【2019年8月9日発売】ホンダのN-WGN新型!価格・スペック・改良点は?

ホンダの大人気軽ハイトワゴン、N-WGN(エヌワゴン)N-WGNカスタム、がフルモデルチェンジして発売されます。発売日8月9日。価格はN-WGNが127万4400円から163万1880円、N-WGNカスタムが151万2000円から179万3880円。本記事ではN-WGN新型の最新情報をまとめています。


日産のスカイライン新型 最新情報まとめ 価格・スペック・変更点ほか

日産のスカイライン新型 最新情報まとめ 価格・スペック・変更点ほか

7月16日に新型スカイラインが発表されました。今回はこのビッグマイナーチェンジがなされた新型スカイラインについて、エンジンスペックやその他の各種スペック、グレードラインアップならびに価格、そして話題を担っている先進安全技術について紹介します。


マツダ デミオ改めマツダ2改良新型 発売は9月 価格は約154万円

マツダ デミオ改めマツダ2改良新型 発売は9月 価格は約154万円

マツダのデミオ改良新型が9月に登場します。デミオは名前を世界統一名に変更し、デミオ改め「マツダ2」となります。新車価格は154万4400円から。気になる最新情報をまとめています。