目次へ戻る

高級スポーツカーの代表「ホンダ NSX」の歴代モデルや中古車価格のまとめ

高級スポーツカーの代表「ホンダ NSX」の歴代モデルや中古車価格のまとめ

魅力あふれる高級スポーツカー「ホンダ NSX」の歴史やスペック、新車価格や中古車価格をご紹介します。お気に入りの一台をお探しの方は是非参考にしてください。


新型も発売!「ホンダ NSX」とは?

NSXは第2期F1参戦をきっかけに「世界に通用するHondaの顔を持ちたい」という願いから開発された車で、バブル景気真っ直中の1989年に発表され、翌1990年9月14日から販売されました。

そして2006年1月末までの16年間フルモデルチェンジを行うことなく作られ、2005年12月まで販売されました。

価格は当初は1グレードのみで800万円(AT仕様は60万円高)で、当時の日本のメーカーの乗用車の中では最高額を記録しました。そして長い時間を経て新型モデルも発売され、スポーツカーファンを喜ばせています。

車名はホンダの新しいスポーツカー、「ニュー」「スポーツカー」と未知数を表す「X」を合成させたNew SportsCar Xの略で、1989年のプロトタイプ・モデル発表からしばらくは、NS-Xと、SとXの間にハイフンが入っていましたが、1990年の販売開始時にはハイフンが取れてNSXとなりました。

「ホンダ NSX」の歴史

NSXは1990年9月から販売され2006年1月末まで製造されました。

初代モデルには1990年から1997年まで販売された「I型 E-NA1型」と、1997年から2001年まで販売された「II型 GH-NA2/GH-NA1型」、そして2001年から2006年まで販売された「III型 LA-NA2/LA-NA1型」があり、2代目モデルは2016年から販売されている「NC1型」があります。

価格はいずれのタイプもかなりの高額ですが、バブル時代という背景もあり、予約が入るほどの人気がありました。

また性能の良さからパトカーにも使われているという特徴もあります。

開発に時間をかけた初代モデル

左:初代NSX 右:現行NSX

初代モデルは発売の6年半前の1984年から開発されています。それはホンダ車の得意分野である前輪駆動とは異なる、他の駆動方式を本田技術研究所が基礎研究していた際にMR駆動方式の開発に着手したことがきっかけになりました。

そして操縦安定性を専門に研究していた担当者の意向で、ハンドリングにこだわる新しいタイプのスポーツカーを目指すことになり、軽量なオールアルミボディーの採用を行うなど、当時の革新的な技術が開発・採用されることになりました。

ちなみに初代モデルのエンジンはC30A型が使われています。また通常仕様のクーペから快適装備を除外して軽量化を図った、ピュアスポーツグレードの「タイプR」が、1992年11月から3年間の期間限定で日本国内でのみ販売されました。

1990年に発売I型 E-NA1型(1990-1997年)

NSX

CES2016にて展示された初代NSX フルレストア車

大幅な軽量化を軸にして、ホンダの最先端技術を集め、動力性能と運転のしやすさを高い次元で両立させた、新世代のミッドシップスポーツカーと言えるのがE-NA1型です。

量産車として世界初のオールアルミモノコックボディをはじめとして、エンジン・シャシー・足廻り・シートの構造部材に至るまでアルミ合金を使用し、大幅な軽量化を実現しています。

搭載エンジンは3L V型6気筒DOHC VTECで、5速マニュアルと4速オートマチックが用意されています。またABSやトランクションコントロール、エアバッグシステムなどの安全装備も採用しています。

スペックについては、
ボディタイプ:2ドアクーペ
エンジン:C30A型 V6 3.0L DOHC VTEC
駆動方式:MR
最高出力:C30A型(MT):280PS
最大トルク:C30A型:30kgf・m/5,400rpm
サスペンション:ダブルウィッシュボーン
全長4,430mm全幅1,810mm全高1,170mmとなっています。

II型 GH-NA2/GH-NA1型(1997-2001年)

1997年2月に発売されたII型モデルは、オールアルミのモノコックボディにV型6気筒DOHCユニットが特徴です。エンジンは6速マニュアルミッション用280馬力3.2Lと、4AT用265馬力3Lの2種があります。またクーペボディとタルガトップのボディをラインアップしています。クーペがNSX、タルガトップがNSX-Tのグレードネームで、ともにMTとATが用意されていました。

1997年2月に発売されたII型モデルは、オールアルミのモノコックボディにV型6気筒DOHCユニットが特徴です。エンジンは6速マニュアルミッション用280馬力3.2Lと、4AT用265馬力3Lの2種があります。またクーペボディとタルガトップのボディをラインアップしています。クーペがNSX、タルガトップがNSX-Tのグレードネームで、ともにMTとATが用意されていました。

さらにクルーズコントロール、エアバッグ、パワステ、TCSなどを標準からオプション化し、スポーツ性を高めたNSX-S。Sの装備からエアコンやオーディオまでもレス化し、スポーツチューンドサスを装着したモータスポーツベースのS-Zeroも用意されました。サスペンションはアームはもちろん、ナックルに至るまでアルミ化された4輪ダブルウイッシュボーンとなっています。ちなみに全車にプリロード型のLSDが標準装備となり、特にMTモデルにはトルクリアクティブタイプが採用されました。

III型 LA-NA2/LA-NA1型(2001-2006年)

NSX-R

NSX-R

1990年の発売以来、進化を続けるNSXは、V6 DOHC VTECエンジンは6速マニュアルミッション用280馬力3.2Lと、4AT用265馬力3Lの2ユニットになっています。そしてどちらも「優-低排出ガス」認定を受け、高出力とクリーン化を実現しました。クーペボディとタルガトップの2種のオールアルミボディに、リトラクタブルヘッドライトを廃止し、特徴的な固定式4灯プロジェクタータイプやBBS共同開発の前後17インチ鍛造ホイールを採用しています。

クルーズコントロール、デュアルエアバッグ、TCSなどを標準からオプション化し、レカロ社製バケットシートやチタンシフトノブの6MTのみのスポーツ性を高めたNSXタイプSも用意されています。今回復活したピュアスポーツサーキットモデル、赤バッヂのタイプRが加わって、カーボン製のダクト付ボンネット&リアスポイラー等による空力性能、サス&シャシー専用セッティング、バッテリーの小型化やスペアタイヤの廃止、各装備内容の見直し等による軽量化の向上が極められています。

インテリアとボディカラーの組み合わせが豊富なカスタムオーダープランによりオリジナルNSXに仕上げる事も可能になっています。サスペンションはアームはもちろん、ナックルまでもアルミ化された4輪ダブルウイッシュボーンになっているのも特徴です。

レースでも大活躍の「ホンダ NSX」

NSXは元はレース仕様の車ではなかったので、1990年の発表当初はレース活動には全く使用されていませんでした。しかしエンジンの改良によりレースにも対応することができるようになり、1992年の「NSX-R」投入以後からは、それをベース車両として徐々に日本国内外でレース活動を行うようになりました。

そして1996年からは、市販車レース国内最高峰の全日本GT選手権 に参戦を開始し、2000年にはGT500クラスで、2004年にはGT300クラスで年度チャンピオンを獲得しています。

待望の2代目モデル NC1型(2016年-)

2代目モデルは、ボディデザインもなかなか攻撃的であり、近未来のスーパースポーツという印象を与えています。ホンダ独自の電動化技術により、次世代のスーパースポーツ体験を提供するために開発された「SPORT HYBRID SH‐AWD」というシステムが搭載されています。

これはエンジンと直接繋がっているダイレクトドライブモーター、9速DCTと独立した二つのモーターで前輪を駆動させるツインモーターユニットとの組み合わせで四輪を電子制御するハイブリッドシステムとなります。またより高い剛性加工を施されたアルミ材で組み合わされたスペースフレームを開発し、軽くて強いボディとなり衝突安全性も実現されています。

「ホンダNSX」の燃費ってどのくらい?

2代目モデルの燃費はJC08燃費が12,4km/Lで、ユーザーの口コミなどによる実燃費が17,79km/L前後となっています。

「ホンダ NSX」の口コミや評価・試乗記

何年経っても色褪せないスタイリング、素晴らしい。ハンドリング、加速性、ブレーキングなど走りに関わる部分も最高です。

高性能である前に、とにかく極上の快適性もモノにしたこと。新型でまず言えるのはそのことだ。とくに乗り心地は、一般公道の試乗であれば、どこかの駐車場から一般道へとクルマを進めることになるが、1本目のタイヤが路肩の段差から走行車線の路面の上にストン!と降りた瞬間から「なんて上等な乗り味のスポーツカーに手直しされたのだろう」と驚かされた。クルマのサスペンションは……それもスポーツカーであればなおさら……ダイナミック性能の追求が第一義。だが、まるで高級セダンのような“人当たりのよさ“をまず実感させてくれた点に感銘をおぼえた。もちろん走り込めばこのクルマの真価は発揮される。が、それも必ずしもサーキット全開走行でなくとも堪能できるところが魅力だ。音は人工的な演出が加えられているとのことだが、エンジンを回せば然るべき吸・排気音を協調させながら、聞かせる音が堪能できる。その音質、音量も弁えた大人の感覚に見合っている。そういえば、これだけのスーパースポーツカーながら、ドライビングポジションはいい意味で緊張を強いられない。前方、左右はもちろん、後方視界がスッキリとしており十分に確保されているのも、リラックスして走らせていられる要因のひとつだ。

新車価格や中古車価格について

NSXの新車価格は2017年2月発売モデルが2370万円で、中古価格の方は348万円から3650万円となっています。

ホンダ NSX 中古車車検索 | レスポンス(Response.jp)

http://response.jp/assistance/usedcar/search/HO/S042/

ホンダ NSXの中古車を買うならレスポンス中古車。レスポンス中古車は、最大20万台以上の豊富な在庫から中古車を検索できます

まとめ

ホンダのNSXは通常の車とは違う魅力があり、誰もが乗ってみたくなると思います。しかしかなりの高級車であるところがネックなので、どうしても欲しい方は中古車がオススメです。カッコイイNSXに乗って、遠くまでドライブしてみませんか?

関連する投稿


【新車で買える】マニュアル車(MT車)一覧!

【新車で買える】マニュアル車(MT車)一覧!

オートマ車(AT車)が増えた中でも、やはりマニュアル車(MT車)に乗りたい!という人が車好きの中には多いのではないでしょうか。本記事では、2018年3月現在、新車で買えるマニュアル車(MT車)をまとめています。【8月7日更新】


【最新版】2019年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

【最新版】2019年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

毎年多くの車種が発表される自動車業界。2019年はどのような新型車・フルモデルチェンジ車に出会えるでしょうか。トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、光岡。名だたる国産車メーカーの新型車・新車最新情報、予測を網羅!2019年はどんな新型車が出る?そんな時は本記事を!【3月27日更新】


車内空間の広さが特徴のミニバン! ホンダ オデッセイ ハイブリッド

車内空間の広さが特徴のミニバン! ホンダ オデッセイ ハイブリッド

ホンダ オデッセイ ハイブリッドは運転していて楽しく、燃費が最高に良いハイブリッド車です。乗り心地、シートの座り心地も大変良いので長時間の運転でも疲れる事はありません。また、シートを倒すと心地よい眠りに誘われます。今回はそんなホンダ オデッセイ ハイブリッドについて掲載します。


軽トラの代名詞 ホンダ アクティ┃特徴、歴代モデルや維持費等を徹底解説

軽トラの代名詞 ホンダ アクティ┃特徴、歴代モデルや維持費等を徹底解説

「作業車が欲しいんだけどアクティって実際どうなの?」 「実際に購入する前に本当にアクティで大丈夫か知りたい」 このようにアクティを購入しようかどうか迷っているけど詳細が良く分からずお悩みではないですか? 実は、これまでに3度モデルチェンジをして進化を続ける軽トラックなんです! 本記事では、アクティがそもそもどんな車なのか、維持費や購入方法なども含めて詳しく解説しています。 是非、記事の内容をご覧いただきアクティを購入する前に参考にしてください!


フィットの先代ホンダのロゴ とはどんな車?┃消えた理由、維持費や購入法を徹底解説

フィットの先代ホンダのロゴ とはどんな車?┃消えた理由、維持費や購入法を徹底解説

「軽自動車が欲しいんだけどロゴって実際どうなの?」 「ロゴって聞いたことあるけど実際に今購入は可能なの?」 このようにロゴを購入しようかどうか迷っているけど詳細が良く分からずお悩みではないですか?実は、このロゴは後の「フィット」にもつながる車なんです! この記事では、ロゴがそもそもどんな車なのか、維持費や購入方法なども含めて詳しく解説しています。ぜひご覧いただきロゴを購入する前に参考にしてください!


最新の投稿


2019年7月発売!ダイハツ新型タント 人気の軽トールワゴンタント新型の最新情報

2019年7月発売!ダイハツ新型タント 人気の軽トールワゴンタント新型の最新情報

「タント」はダイハツの大人気軽トールワゴンです。そんなタントがフルモデルチェンジして2019年7月ごろ登場します。発売は?価格は?新旧で何が変わるの?他タント新型の最新情報をまとめています。また、新型タントの最新画像も多数掲載!購入検討している方、予約検討している方はぜひ本記事をどうぞ!【6月17日更新】


フェラーリ初のPHV SF90ストラダーレ 最新情報 スペック  最新画像ほか

フェラーリ初のPHV SF90ストラダーレ 最新情報 スペック 最新画像ほか

フェラーリ初のPHVカーが登場します。その名もずばり『SF90 ストラダーレ』です。本記事ではフェラーリ SF90 ストラダーレの、最新情報、明らかになっているスペック情報のほか、価格や最新のエクステリア画像、そして気になる車名の由来についてもまとめています。フェラーリがお好きな方はぜひこの記事を読んでみてくださいね。


【2019年夏初公開】テスラ初!電動ピックアップトラックのデザインを初公開

【2019年夏初公開】テスラ初!電動ピックアップトラックのデザインを初公開

テスラといえば、イーロン・マスクCEO率いる自動車会社であり、電気自動車の製造・販売をしています。今までにもSUVやセダン、ロードスターと様々なEVカーを作ってきたテスラ。そんな中、ついにテスラが電動ピックアップトラックに着手します!デザインの初公開は2019年夏を予定しています。


【7年ぶりの復活か】三菱の軽クロカン!パジェロミニ新型 はSUVになる?

【7年ぶりの復活か】三菱の軽クロカン!パジェロミニ新型 はSUVになる?

気になるニュースが飛び込んできました。なんと三菱の軽クロカンパジェロミニが復活するかもしれないとのこと。三菱を代表する車のひとつ、パジェロの国内生産終了が決まって、悲しんでいる人も多い中、これは嬉しいニュースですね。本記事では三菱の軽クロカン・パジェロミニ復活の最新情報はもちろんのこと、パジェロミニとはどういう車であったのか、について触れています。


上野動物園周辺のおすすめ駐車場15選!安いところは?予約はできるの?

上野動物園周辺のおすすめ駐車場15選!安いところは?予約はできるの?

都内で有名な動物園である上野動物園は土日は家族や恋人同士で混雑することも多いです。そんな時困る一つが駐車場が満車の場合です。 今回はそんな上野動物園周辺の駐車場事情をご紹介していきます。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング