目次へ戻る

アウディA3セダン/スポーツバックの中古価格|新型情報や燃費、評価も

アウディA3セダン/スポーツバックの中古価格|新型情報や燃費、評価も

ドイツの自動車メーカーアウディの「A3」の歴代モデルのスペックや燃費、中古価格などをまとめていきます。「A3」に乗り換えをお考えの方は、参考にしてください。


国内では初代モデルが1997年に発表。

初代モデルはNAエンジンの3ドアハッチバックボディとFFに4速ATという仕様でしたが、1998年にはFFのターボモデル、さらに1999年には4WDであるクワトロ・5速MT仕様が加わり、NAモデルには5ドアボディが装備されました。また2000年のマイナーチェンジでは、インテリアやヘッドライトとテールライトを中心としたデザインの大幅な変更がなされました。そして2001年にはFFのターボモデルである1.8Tが導入され、1.8Tには5速ティプトロニック(マニュアルモード付AT)、ESP(横滑り防止機構)、スポーツサスペンション、16インチアルミホイール、スポーツシートが採用されています。

デビュー当時はアウディのエントリーモデルだったA3

「小さな高級車」のコンセプトで、1996年に発売されたアウディA3。デビュー当時はアウディのエントリーモデルとなっていました。後に発売されるゴルフIV(1997年-)のベースともなる関係もあり、縦置きエンジンFFというアウディ独自のスタイルではなく、一般的な横置きエンジンFFとなっているのが特徴です。ボディタイプには下記のハッチバックタイプとセダンタイプがあります。

A3スポーツバック

2004年に5ドアのスポーツバックが追加販売されました。この時のスポーツバックは3ドアモデルの全長を70mm拡大した5ドアハッチバックモデルです。ホイールベースは3ドアモデルと同じで、全長の拡大は、ラゲッジスペースの拡大のために行われました。名前が「スポーツバック」なのはこれまでのハッチバックでもワゴンでもない新感覚のスポーツユーティリティカーだからだということです。そして2012年には3代目アウディA3として、5ドアのスポーツバックのみだったが発売されました。スポーツバックの全長は4,310mm、全幅1,780mm、全高1,425mmとなっています。

A3セダンは2014年に登場

2014年1月14日にはアウディA3に4ドアセダンが追加されました。エンジンもすべてTFSIエンジンとなり、ホットモデルの「S3」も含めると1.4L〜2.0Lまで4種類となりました。なお、このモデルは日本初のWi-Fi搭載車種となっています。アウディA3セダンのボディサイズは、全長4465mm、全幅1795mmになっています。全幅はA4の1840mmに比べると狭いものの、BMW3シリーズやメルセデスベンツCクラスとは同じくらいです。つまり少しワイドですが、全長は輸入セダンの中では最小クラスで、狭い日本の道路でも快適な走りができるし、アウディの控え目な雰囲気にも合っていると言えます。

アウディA3は2017年にマイナーチェンジ

2017年に発表された新型モデルは安全性能が大幅に強化されています。車間距離と速度を一定に保つ「アダプティブクルーズコントール」をはじめ、自動ブレーキ機能を含めた「アウディプレセンス フロント」を全モデルに標準装備しただけでなく、車線維持をサポートする「アウディアクティブレーンアシスト」、車線変更時の危険を減らす「アウディサイドアシスト」、渋滞時のドライバーの負担を軽減する「トラフィックジャムアシスト」などの、先進システムもオプションとして用意しました。

操作性・機能性の面では、『TT』や『A4』などが採用する多機能ディスプレイ「バーチャルコックピット」をA3シリーズとして初めて選択できるようになり、MMIコントロールユニットも操作ロジックを全面的に刷新し、使い易さを向上させました。コネクティビティ面では、オプションのナビゲーションシステムと組み合わせ、車載モニターで特定のスマホアプリが操作できる「アウディ スマートフォンインターフェイス」が利用できるようになりました。

2019年には新型へフルモデルチェンジか?

アウディA3は2019年の夏にもフルモデルチェンジされるのでは?と話題になっています。現行のアウディA3シリーズは2012年後半にドイツで、2013年9月に日本での発売を開始したので、もしワールドプレミアされれば6年でフルモデルチェンジということになります。

しかしアウディの新型A3ですが、まだ正式発表には至っていません。ただ新型モデルであろうと思われる写真があり、それを見るとヘッドライトやテールレンズがLEDに変更されていますし、デザインもヘッドライトと同じように内側から外側にかけて大きくなっています。

またシンプルなボディラインで、窓とボディの比率が1:2になるデザインがアウディであることを物語っています。さらにリアガラスが随分寝せてあり、よりクーペらしいデザインになっています。バンパーのリフレクターは横長のデザインになっているので、新型A3スポーツバックの方が少し幅広く見えます。これらのことから新型A3シリーズでは現行より少し大型化されるようです。

パワートレインも大きく刷新され、1リットル直列3気筒エンジンを搭載するエントリーモデルを筆頭に、1.5リットル直列4気筒エンジン、48Vマイルドハイブリッドや「e-tronプラグインハイブリッド」、さらにはフルEVモデルの設定も予想されています。また高性能モデル『S3』は、2リットル直列4気筒ターボを搭載し、最高出力は310ps以上が予想されています。

アウディA3 現行モデルの燃費は

現行モデルの燃費はスポーツバックの燃費がJC08燃費が13,1km/Lから22,3km/Lで、実燃費が9,21km/Lから17,24km/Lとなっています。またセダンタイプの燃費はJC08燃費が14,4km/Lから20,0km/Lで実燃費が9,95km/Lから14,0km/Lとなっています。

アウディ A3の試乗評価・口コミ

初代A3からゴルフヴァリアントを経由しての乗り換えです。ドイツ車は真っ直ぐ走り、的確に止まるのが特徴ですが、初代同様止まり心地は最高です。ホントにスムーズに止まります。エクステリアは2代目よりはるかに格好いい。トルクも全く違和感なく、燃費も良好。ただし、アイドリングストップからのエンジンスタートは日本車と比較するとスムーズさに欠けます。

このように日本の道路でも走りやすいのが特徴なんですね、評価は上々です。

アウディ A3の中古価格

アウディA3スポーツバックの中古価格は86万円から399万円で、相場価格が187,8万円となっています。またセダンの方は中古価格が119万円から408万円で、相場価格は243万円程となっています。

アウディ A3 中古車車検索 | レスポンス(Response.jp)

http://response.jp/assistance/usedcar/search/AD/S001/

アウディ A3の中古車を買うならレスポンス中古車。レスポンス中古車は、最大20万台以上の豊富な在庫から中古車を検索できます

アウディ A3 新型の情報も随時更新!

落ち着いた雰囲気が大人の車をイメージさせるアウディA3。ドライブしているところを人に見てもらいたくなる車です。この素敵なアウディA3の新型の情報を随時お知らせしていきますのでご期待ください。

関連するキーワード


アウディ 車種情報 セダン

関連する投稿


トヨタのマークXの新車・中古車価格、スペック、燃費、ユーザー評価は

トヨタのマークXの新車・中古車価格、スペック、燃費、ユーザー評価は

マークXはトヨタ自動車がマークⅡの実質の後継車として、2004年より製造販売しているセダンです。 スタイリッシュな外観とスポーティな走りを得意としており、普通のまじめなセダンとは一線を画します。本記事ではそんなマークXについてまとめています。


トヨタ アリオン|中古車価格、燃費や口コミ・評価を紹介

トヨタ アリオン|中古車価格、燃費や口コミ・評価を紹介

トヨタのセダン「アリオン」の歴代モデルを性能や燃費、中古価格ごとにまとめてみました。 今後、購入を検討されている方は是非参考にしてください。


トヨタ プレミオの新車・中古車価格 スペック 燃費 評価は?

トヨタ プレミオの新車・中古車価格 スペック 燃費 評価は?

トヨタのプレミオとはトヨタが販売しているセダンです。落ち着いた乗り心地と内外装が魅力です。本記事ではそんなトヨタのセダン・プレミオについてご紹介します。


幻の国産車!?スズキのキザシを追え!!

幻の国産車!?スズキのキザシを追え!!

スズキが2009年に発売したセダン『キザシ』。この『キザシ』という言葉には、物事の始まりの予兆という意味と、芽が出るという二つの意味があります。今回の記事では、志高く誕生したものの短命に終わった『スズキ キザシ』の物語を追います。


ディアマンテ ~三菱自動車の面白い時代・流れゆく時と中古車情報~

ディアマンテ ~三菱自動車の面白い時代・流れゆく時と中古車情報~

三菱自動車のディアマンテをご存知でしょうか。好景気の時代に姿を現し、時代の流れとともに客層が変化した高級車です。そこで思うことは、ディアマンテをもう一度知りたいということです。流れゆく時を見つめながら、ディアマンテのカタログ情報・中古車情報を見ていくと、新たな自動車の景色が見えてきます。


最新の投稿


新潟県北部の道の駅一覧 Part1

新潟県北部の道の駅一覧 Part1

新潟県は甲信越地区における日本海側の自治体で、佐渡島を有しています。天然記念物の朱鷺(とき)や瓢湖の白鳥、冬になると越後湯沢などを中心にスキーのメッカとして有名です。新潟県内の道の駅は39か所と北陸エリアでは比較的多いほうですので、今回は新潟県北部エリアの道の駅を中心に紹介します。


電子ドアミラー?サイドミラーの進化?修理方法も詳しく紹介

電子ドアミラー?サイドミラーの進化?修理方法も詳しく紹介

車に乗るときサイドミラーは調整しますか?実は調整方法をご存知な方は意外と少ないかもしれません。 サイドミラーも年々進化をしており最近ではカメラを搭載することが可能になりました。サイドミラーの修理方法や自分で行う場合のやり方を徹底的に紹介していきます。


あなたに必要かも?!初心者や女性ドライバーに優しいコーナーセンサー

あなたに必要かも?!初心者や女性ドライバーに優しいコーナーセンサー

コーナーセンサーは狭い路地のすれ違いや駐車場での切り返しなどで障害物との距離を教えてくれる便利装備!車の運転に自信のない方には特におすすめのアイテムです。新車で購入するときにつける方が多いですが、後付けも可能です。今回はコーナーセンサーの必要性について紹介していきたいと思います。


日産のSUV エクストレイルで車中泊するやり方とおすすめ車中泊グッズまとめ

日産のSUV エクストレイルで車中泊するやり方とおすすめ車中泊グッズまとめ

好きな時に好きな場所でプライベートな時間を過ごすことができる車中泊が最近ブームです。日産エクストレイルは車中泊するのにぴったりの大人気SUV。ここでは、車中泊が大好きな方からこれからやってみたい初心者まで、エクストレイルで車中泊をやるのに役立つ情報やおすすめグッズなどをご紹介しています。


エンジンマウントは強化すべき?劣化具合もいち早くチェック

エンジンマウントは強化すべき?劣化具合もいち早くチェック

エンジンマウントは車のアキレス腱と言われています。これは強化するにもメリットと、デメリットがあります。エンジンマウントが劣化したときにかかる、工賃や交換時期が気になるとこではないでしょうか。今回は、エンジンマウントとは何かから、劣化に対しての対象方について紹介していきます。