目次へ戻る

トヨタ アリストの歴史から中古価格、燃費や評価を徹底紹介

トヨタ アリストの歴史から中古価格、燃費や評価を徹底紹介

トヨタのセダン「アリスト」の燃費や中古価格からカスタム画像までまとめていきます。買い替えを考えている方はぜひ参考にしてください。


トヨタ アリストはレクサスGSの日本国内仕様車として登場

レクサスGS

レクサスGS

トヨタのアリストは1991年から日本国外では同社が展開する高級車ブランド「レクサス」の上級モデル「GS」として販売されていましたが、同時期に国内向けの仕様変更などを行い、アリストという名前で販売されました。

しかし2005年からは日本国内でもレクサスブランドの展開が開始され、2005年8月にはアリスト2代目モデルの後継車種にあたる新型GS(3代目モデル)が発売され、アリストの名称は使われなくなりました。

アリストの特徴としては、走りを追求していながらもセダンとしての高級感を見事に融合させて、早いけれどどっしり構えた重厚感のあるデザインと、インテリアの充実・Dレンジに入れてアクセルを踏み込むだけで異次元空間を体感することが出来るセダンということが挙げられます。

直列6気筒ツインターボエンジンを搭載した国産最速セダンとも呼ばれた

アリストはトヨタの高級セダンの一つであり、1980年代中盤から2000年代始めのトヨタの高級セダンにて複数採用されていた、ターボモデルがアリストにも存在しています。

また、トップモデルにはJZA80スープラに搭載された直列6気筒ツインターボエンジン「2JZ-GTE」をスープラに先駆けて搭載するなど、国産最速セダンとも呼ばれていました。

しかしその人気の反面、エンジンイモビライザーの標準装備化が遅れたため、イモビライザーが装着されていない二代目JZS16#型(前期)などは頻繁に盗難に遭うことになりました。

そのため中古車でもイモビライザー仕様は少ないのが特徴でもあります。

トヨタ アリストの歴史と歴代モデル

初代アリストが販売されたのは1991年ですが、それから6年もの間、初代モデルとしてユーザーに満足感を与えてきた車と言えます。

また同時期に発売されたクラウンマジェスタと同じボディ構造となるシャシーを採用していて、エクステリアはジャガーをベースにしたエクステリアを基にしています。 そして革張りシートや木目調パーツをふんだんに使用することによって、ただ走行性能だけではないセダンの本来の持ち味を最大限に引き出した車だと思います。

二代目アリストは1997年から2004年まで、いろいろなステージで活躍の場がたくさん用意されていました。 そして「走りのセダン」と呼ばれたそもそもの要因となったエンジン性能については、初代と比較すると格段に進歩していますが、誰もが簡単に手にすることのできない、ドライバーを選ぶ車となって二代目を襲名したことになります。

エンジンスペックだけで言うと、自然吸気を追求したNAと呼ばれるモデルと、大容量のタービンを備え付けることによって、セダンなのにターボ搭載車というちょっと矛盾した性能を作り上げました。

また居住性と走りのいずれも妥協することなく、良いとこだけを総取りしてアリストという名前がそのまま広く展開することになっていきました。

アリスト初代モデル 1991年10月~

初代アリスト

※画像はレクサスGS

初代アリストは1991年に誕生し、1997年まで販売されました。ボディサイズは、全長4,865mm全幅1,795mm全高1,405mmです。エクステリアデザインは、イタルデザインが手がけたプロトタイプモデル、ジャガーケンジントンをベースにトヨタ向けに修正が加えられたものとなっています。そのためか、どことなくジャガーの雰囲気が漂っています。

インテリアについても、トヨタ自動車の高級セダンとして開発されたこともあり、革張りシートや木目調のパーツをふんだんに使用し、ラグジュアリーな雰囲気を作り出していました。駆動方式は、FRと4WDで、3.0LがFR、4.0Lは4WDモデルに搭載されました。なかでも3.0Vに積まれた2JZ-GTE型エンジンはスープラと同じハイスペックなもので、当時国内最速セダンと呼ばれていました。

その他のスペックについて。

エンジン:1UZ-FE型
排気量:3,968cc
最高出力:191kW(260ps)/5,400rpm
最大トルク:353Nm(36.0kgm)/4,600rpm

エンジン:2JZ-GTE型
排気量:2.997cc
最高出力:206kW(280ps)/5,600rpm
最大トルク:432Nm(44.0kgm)/3,600rpm
エンジン:2JZ-GE型
排気量:2.997cc
最高出力:169kW(230ps)/6,000rpm
最大トルク:432Nm(44.0kgm)/3,600rpmとなっています。

アリスト二代目モデル 1997年8月~

2代目アリスト

二代目モデルのアリストは、1997年に発売されました。それまでのクラウンマジェスタとのシャシー共有をやめ、独自のシャシーを開発したのが特徴です。また基本的なシルエットこそ初代からの流れを組んだものでしたが、エクステリアやインテリアなどは初代とは異なるデザインとなりました。エンジンに関しましても、1UZ-FE型が廃止され、VVT-i仕様になった2JZ系のターボ(2JZ-GTE型)とNA(2JZ-GE型)だけになりました。

その他のスペックについて。
エンジン:2JZ-GTE型
排気量:2.997cc
最高出力:206kW(280ps)/5,600rpm
最大トルク:51Nm(46.0kgm)/3,600rpm
エンジン:2JZ-GE型
排気量:2.997cc
最高出力:169kW(230ps)/6,000rpm
最大トルク:304Nm(31.0kgm)/4,000rpmとなっています。

トヨタ アリストの燃費と口コミ

アリストの燃費は、初代モデルが10・15燃費:7,0km/Lから8,1km/Lで、実燃費が3,24km/Lから7,28km/Lとなっています。

また二代目モデルの方は、10・15燃費:9,4km/Lで実燃費が7,96km/となっています。

⓵ブレーキパッドは2万キロもたない。タイヤの内減りが酷い。加速が楽しい。アライメントを取ったので真っ直ぐ走ります。
②良く言えばオールラウンダー。悪く言えば中途半端。特に不満はありません。とてもバランスのいい車だと思います。燃費も悪くなかったですよ!

アリストはカスタムカーとしての評価も高かった

ドレスアップをしたVIP仕様車としての人気も高かったのですが、FRということもありドリフト仕様のカスタムも人気がありました。またトランスミッションはATのみでの販売でしたが、ドリフト仕様車のため、MTへの換装をした車両も見られました。

トヨタ アリストの中古価格

アリストの中古車価格ですが、初代アリストは発売より時間が経過しているため、登録台数はわずか10台前後。価格帯は22万〜120万円で、平均価格67.7万円となっています。

二代目モデルの登録台数は、初代に比べるとかなり豊富にあります。

価格帯は7万円〜219.8万円で、平均価格41.8万円。最高価格の車両はチューニングが施された競技車のようです。これらのモデルは、競技車両としても人気のあるアリストならではと言えるポイントです。このように登録台数の違いからか、平均価格は初代のほうが高い傾向があります。

またアリストは、カスタムされている車両が多いことも特徴です。そのためアリストの中古車を購入するのであれば、年式と走行距離だけではなく、どのようなカスタムがなされているのかもチェックしておくと良いと思います。

トヨタ アリスト 中古車車検索 | レスポンス(Response.jp)

http://response.jp/assistance/usedcar/search/TO/S006/

トヨタ アリストの中古車を買うならレスポンス中古車。レスポンス中古車は、最大20万台以上の豊富な在庫から中古車を検索できます

最後に

トヨタの高級セダン「アリスト」は、乗り心地や走りの性能がとても良いので、思わず遠出したくなります。そして中古価格は思っていたより安いので、お手ごろ価格でゲットすることができそうです。この機会に「アリスト」を買って、気ままに旅行してみませんか?

関連する投稿


【復活】トヨタのグランビアの名前が復活!17年ぶり

【復活】トヨタのグランビアの名前が復活!17年ぶり

トヨタは5月21日、新型『グランビア』(Toyota Granvia)をオーストラリアで発表しました。このグランビアという名前が復活するのは実に17年ぶり。期待が高まりますね。【6月12日更新】


【2019年4月10日 日本発売】トヨタ RAV4新型 最新情報まとめ

【2019年4月10日 日本発売】トヨタ RAV4新型 最新情報まとめ

2019年4月10日より発売されたトヨタのSUV、RAV4(ラヴフォー)。このRAV4新型に関する最新情報をまとめてご紹介します。日本での発売日はいつ?デザインはどうなる?価格はいくらくらい?エンジンは?RAV4新型の情報を渇望している貴方にこの記事を贈ります!


【新車で買える】マニュアル車(MT車)一覧!

【新車で買える】マニュアル車(MT車)一覧!

オートマ車(AT車)が増えた中でも、やはりマニュアル車(MT車)に乗りたい!という人が車好きの中には多いのではないでしょうか。本記事では、2018年3月現在、新車で買えるマニュアル車(MT車)をまとめています。【8月7日更新】


【最新版】2019年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

【最新版】2019年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

毎年多くの車種が発表される自動車業界。2019年はどのような新型車・フルモデルチェンジ車に出会えるでしょうか。トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、光岡。名だたる国産車メーカーの新型車・新車最新情報、予測を網羅!2019年はどんな新型車が出る?そんな時は本記事を!【3月27日更新】


車中泊もできる!トヨタ グランドハイエース┃特徴等を解説!

車中泊もできる!トヨタ グランドハイエース┃特徴等を解説!

グランドハイエースを購入しようかどうか迷っているけど詳細が良く分からずお悩みではないですか? 実は、グランドハイエースは大人数を乗せる事を検討している家族連れや旅行好きの人にはぴったりの車なんです! この記事では、グランドハイエースがそもそもどんな車なのか、維持費や購入方法なども含めて詳しく解説しています。


最新の投稿


【栃木県民おすすめ】栃木県で人気の道の駅 人気TOP10|温泉のある道の駅も!

【栃木県民おすすめ】栃木県で人気の道の駅 人気TOP10|温泉のある道の駅も!

栃木県には、餃子・いちご・日光東照宮など様々な名物がありますが、そうした栃木ならではの魅力とならんで道の駅も見所の一つです。それぞれの特色豊かな道の駅を訪れれば栃木県をもっと楽しめます。そこで、今回はそんな栃木県の人気がある道の駅TOP10を紹介します。思わず栃木に出かけたくなるランキング内容となりました。


【関西人厳選】関西ドライブおすすめスポット兵庫編┃デートや日帰り旅行にも

【関西人厳選】関西ドライブおすすめスポット兵庫編┃デートや日帰り旅行にも

関西でドライブに行くとなったらどこに行きますか?今回は、関西人の筆者が厳選した関西のドライブスポットを公開!定番スポットからちょっと穴場な場所までを一気に解説します。今回は兵庫編です。


【関西人厳選】関西ドライブおすすめスポット京都編┃デートや日帰り旅行にも

【関西人厳選】関西ドライブおすすめスポット京都編┃デートや日帰り旅行にも

関西でドライブに行くとなったらどこに行きますか?今回は、関西人の筆者が厳選した関西のドライブスポットを公開!定番スポットからちょっと穴場な場所までを一気に解説します。今回は京都編です。


池袋駅周辺のおすすめ駐車場 東口と北口編┃安いのは?無料もある?

池袋駅周辺のおすすめ駐車場 東口と北口編┃安いのは?無料もある?

埼玉県と東京を繋いでいる繁華街のある池袋。駅の東口も西口もにぎわっていますが、繁華街では駐車場を見つけるのも一苦労ではないでしょうか? 繁華街だけでなく、サンシャイン、labi、ジュンク堂と多くのスポットがあります。今回は池袋駅東口と北口の駐車場の最大料金や予約の有無も含めてご紹介していきます。


【パッシングの意味】後続車からの発信と対向車からの発信の場合で説明

【パッシングの意味】後続車からの発信と対向車からの発信の場合で説明

車の運転中、 対向車や後続車から「パッシング」を受けたことはありますか?特に後続車からのパッシングを受けると嫌な気分になってしまうという方もいらっしゃるかもしれません。しかし、パッシングには様々な意味が込められています。本記事では対向車からと後続車からパッシングされる場合のそれぞれの意味と正しいやり方や回数、道交法上違反にならないか否か等、パッシングに関する情報をまとめて掲載しています。