目次へ戻る

トヨタ アルテッツァの中古車情報!燃費は?

トヨタ アルテッツァの中古車情報!燃費は?

トヨタのアルテッツァは、中型セダンとステーションワゴンタイプがあります。ツインカムエンジンに磨きをかけて、広い世代から現代の中古車市場でも根強い人気があります。外観から内装にかけて、落ち着いたデザインで統一されメーターにはクロノグラフの腕時計が注目されていました。そんなアルテッツアについて改めて見ていきます。


トヨタ アルテッツァはレクサス ISの日本国内仕様車として登場

トヨタの初代アルテッツァは、「ERレイアウトのセダン」と「スポーツセダン」が統合され開発が行われました。
レクサス店の欧州Dセレクト車のBMW/ベンツなどの対向車種の役割を扱うことになり「スポーツセダン」に「プレミアム セダン」の役割が求められていました。

日欧米の各地域の基準をクリアできる「衝突安全ボディー」が採用されたので、重量が少し重めの1,300-1,400kgになってしまいました。

アルテッツァには、6速MTが設定されたRS200と直列6気筒搭載のAS200に、更にステーションワゴンモデルの5速「ジータ AS300」がありどれを選ぶかによって全く違う走りができます。

1998年10月30日に発売が開始され日本カーオブ・ザ・イヤーを受賞しました。
そして翌年の1999年10月に「RS200」が、グッドデザイン賞を受賞しました。

2001年5月にマイナーチェンジが行われレクサスISとフロントグリルを共有化し2005年の3月に「RS200」生産中止が発表され7月には、トヨタのアルテッツァが販売終了しました。

ステーションワゴンのアルテッツァジータも登場

アルテッツァには、ステーションワゴンもあります。
乗車人数 5人乗り
寸法 全長4,505mm×全幅1,725-1,435mm×全高1,420mm
燃料タンク 60L
駆動方式 フル4WD.FR

アルテッツァのジータAS300は、後輪駆動のスポーツセダンのワゴン版で登場しました。荷物が沢山積むことができファミリー層向けに開発されていると思ってしまいますが、実際は他の種類のアルテッツァとのスタイリングの違いをアピールするために発売しました。

ジータは、他のアルテッツァと大きく違うところは2列目シートの空間にゆとりがあるのが特徴です。
ドライブ性能に乗り心地は、満足することができますが「スポーティー」差が求める事は少し難しいと言った声が多いです。

トヨタ アルテッツァの基本スペックと燃費は

初代型式 XE10型
1998年~2005年乗車人数 5人乗り
4ドア セダン / 5ドアハッチバック
全長4,400-4,505mm×全幅1,720-1,725mm×全高1,410-1,435mm
車両重量 1,300-1,540
燃費  11.0km/L

初代モデルは、トヨタのネッツ店で発売がされていました。

2L/4気筒のVVT-i付きのエンジンが搭載された「RS200」「AS200」の2種類があります。燃料が異なり「RS200」にはハイオクガソリン仕様となっており「AS200」ではレギュラーガソリン仕様になっているので知らずに購入してしまうと後で大変なことになってしまいます。

現在でも人気のあるアルテッツァは、2005年に日本でのレクサスの展開と共に販売が終了してしまいましたがコンパクトFRセダンは貴重なモデルなので、中古車の販売は途切れることがない状態を維持し続けています。

アルテッツァAS200の基本スペック・燃費

トヨタ アルテッツァAS200
2004年4月~2005年7月型式 TA-GXE10
乗車人数 5人乗り
4ドア セダン
全長4,400mm×全幅1,725mm×全高1,410mm
車両重量 1,320
燃費 JC08モード11.6km/L

アルテッツァAS200の当時の新車販売価格は、2,257,500円となっています。信頼性の高い「1G-FE」の6気筒が搭載され、振動を低減するメカニズムが採用されずともダイナミックバランスが完璧になっており振動が少なくなっています。ワイドバンドで扱いやすいエンジン特性で、住宅街や遠出でも扱いやすいアルテッツァAS200は人気があります。

4気筒モデルの「スポーティー」か6気筒モデルの「エレガント」から選ぶ事ができ、スタイリングに差別化はされていないので選びやすいです。

アルテッツァRS200の基本スペック・燃費

トヨタ アルテッツァRS200
1998年10月~2000年5月型式 GF-SXE10
乗車人数 5人乗り
4ドア セダン
全長4,400mm×全幅1,720mm×全高1,410mm
車両重量 1,360
燃費 JC08モード11.6km/L

アルテッツァのRS200は、「ホッテストバージョン」のベーシックグレードにエアグリル/フォグランプ/オーディオなどが充実し室内の質感も向上しています。

エンジン仕様は、直列4気筒DOCH(3S-GE)の5速AT/6速MTの2種類から選択可能になっています。トヨタ伝統の3S-GEが搭載され、日本人好みに開発されています。
エンジンの他に、ブレーキや補器類も強化されスポーツ性が強調されたグレードが「RS200」になっています。

MT車には、世界初のチタン合金バルブが使用されAT車では、ステアシフト機構が搭載されているのでハンドルから手を離さずにシフトポジションを選択することができます。
走りを求めるユーザーには、Zエディションを選択すれば低速トルクがあるので期待することができます。

トヨタ アルテッツァの中古車情報

アルテッツァは、中古車ですと約15万円~239万円くらいの相場です。

アルテッツァジータ(ワゴン)は、約7.8万円~159万円ほどの相場です。

アルテッツァにするかジータにするか悩んでいるという方は価格を考慮して検討してもいいかもしれないですね。

まとめ

トヨタのアルテッツァには、ボディタイプやグレードの種類が複数の設定があります。アルテッツァは、チューニングパーツも豊富な種類がありカスタムすればするほど性能を上げることができドライバーの腕次第で楽しく走行することも可能です。

中古車の価格は新車の値段と比べたら割安になっているので、購入しやすくなっているので興味がある方は、一度調べてみてはいかがでしょうか。

関連するキーワード


トヨタ 車種情報

関連する投稿


プリウスのバッテリーは2つある?電気自動車もバッテリーは上がる?

プリウスのバッテリーは2つある?電気自動車もバッテリーは上がる?

プリウスに搭載されているバッテリー、実は2つあることをご存知でしたでしょうか?この記事では他の車とは一味違うプリウスのバッテリーについて、バッテリーが2つ搭載されているその理由や寿命、従来のガソリンバッテリーとの違いについてもご紹介します。


カリーナEDの人気は衰えない!カスタムしてさらにかっこよく!

カリーナEDの人気は衰えない!カスタムしてさらにかっこよく!

車ファンの中でも人気が高いのがカリーナEDです。3代目まで発売されており今でもマニアの間では人気が落ちない人気車種です。カリーナEDのナンバーは車種で数字が違ったりと疑問が出ている車です。カスタムするほど愛着がわく車なので色々と触りたいですね。


トヨタのディーラーは4種類ある!? ~ディーラーのあれこれ~

トヨタのディーラーは4種類ある!? ~ディーラーのあれこれ~

ディーラーという言葉を聞いたことがありますか? ディーラーとは、自動車を販売している業者のことです。日本が誇るトヨタは、ディーラーが4種類もあります。今回は、トヨタのディーラーについて見ていきましょう。


トヨタのSUV・ランドクルーザープラドを中古で買おう!

トヨタのSUV・ランドクルーザープラドを中古で買おう!

トヨタを代表するSUVであり、日本の高級SUVの代名詞でもあるランドクルーザーの『プラド』を中古で買いましょう。何故中古で買うのか?中古のどこが良いのか?疑問にお答えしながら進めて参ります。


トヨタのライトエースバン・トラックの新車・中古車価格、スペック、燃費、ユーザー評価一覧

トヨタのライトエースバン・トラックの新車・中古車価格、スペック、燃費、ユーザー評価一覧

トヨタライトエースは、街中でも商用車として走行されることが多いワンボックスタイプのキャブオーバー型のバン・トラックです。本記事ではそんなライトエースバン・トラックに焦点を当てて見ていきたいと思います。


最新の投稿


新潟県北部の道の駅一覧 Part1

新潟県北部の道の駅一覧 Part1

新潟県は甲信越地区における日本海側の自治体で、佐渡島を有しています。天然記念物の朱鷺(とき)や瓢湖の白鳥、冬になると越後湯沢などを中心にスキーのメッカとして有名です。新潟県内の道の駅は39か所と北陸エリアでは比較的多いほうですので、今回は新潟県北部エリアの道の駅を中心に紹介します。


電子ドアミラー?サイドミラーの進化?修理方法も詳しく紹介

電子ドアミラー?サイドミラーの進化?修理方法も詳しく紹介

車に乗るときサイドミラーは調整しますか?実は調整方法をご存知な方は意外と少ないかもしれません。 サイドミラーも年々進化をしており最近ではカメラを搭載することが可能になりました。サイドミラーの修理方法や自分で行う場合のやり方を徹底的に紹介していきます。


あなたに必要かも?!初心者や女性ドライバーに優しいコーナーセンサー

あなたに必要かも?!初心者や女性ドライバーに優しいコーナーセンサー

コーナーセンサーは狭い路地のすれ違いや駐車場での切り返しなどで障害物との距離を教えてくれる便利装備!車の運転に自信のない方には特におすすめのアイテムです。新車で購入するときにつける方が多いですが、後付けも可能です。今回はコーナーセンサーの必要性について紹介していきたいと思います。


日産のSUV エクストレイルで車中泊するやり方とおすすめ車中泊グッズまとめ

日産のSUV エクストレイルで車中泊するやり方とおすすめ車中泊グッズまとめ

好きな時に好きな場所でプライベートな時間を過ごすことができる車中泊が最近ブームです。日産エクストレイルは車中泊するのにぴったりの大人気SUV。ここでは、車中泊が大好きな方からこれからやってみたい初心者まで、エクストレイルで車中泊をやるのに役立つ情報やおすすめグッズなどをご紹介しています。


エンジンマウントは強化すべき?劣化具合もいち早くチェック

エンジンマウントは強化すべき?劣化具合もいち早くチェック

エンジンマウントは車のアキレス腱と言われています。これは強化するにもメリットと、デメリットがあります。エンジンマウントが劣化したときにかかる、工賃や交換時期が気になるとこではないでしょうか。今回は、エンジンマウントとは何かから、劣化に対しての対象方について紹介していきます。