目次へ戻る

アウトドアで大活躍!オススメ便利グッズ

アウトドアで大活躍!オススメ便利グッズ

車に乗ってアウトドアに出かけようと思っている人もいるでしょう。そのようなとき、アウトドアに使える便利なグッズを持っているとさらに楽しむことができます。どのようなグッズがあるのでしょうか。


持ってたら絶対便利!!アウトドアグッズを紹介

車好きにとって、ドライブは癒しの時間ですよね。
大切な人とドライブを楽しむなら、いっそ、アウトドアに出かけてはどうでしょうか。

とはいえ、アウトドアは準備をしていかないと思うように楽しめませんよね。準備するのもなにかとめんどうです…。
今回は、アウトドアに持っていくととても便利なグッズたちを紹介します!

最適!蓄電機能付き防水ワイヤレススピーカー

スタイリッシュなデザイン「ブームボトル」

キャンプなどのアウトドアで、好きな音楽を聴きながら、というのも良いのではないでしょうか。そのような時に大活躍するのが、「ブームボトル」です。アメリカのスコーシュ製のワイヤレススピーカーであり、完全防水となっていて安心です。

さらには完全防塵でもあり、耐衝撃性も高く、アウトドアで利用するのに大変最適なスピーカーとなっています。バッテリーも内蔵されているので、蓄電池としても利用することができます。LEDの点灯やスマートフォンの充電もでき、大変便利なものです。

これ一つあればスマホ充電の不安もなく、音楽を楽しめますね。

ソーラーで起動!アウトドアに最適ウォッチ

アウトドアで必要なのがアウトドアウォッチです。時刻を確かめるのにも、時間を計測するのにも大活躍します。「ReideONESOLARALTICOMPASS」は、ソーラー電池で駆動するので、アウトドアに適しています。

さらには高度、方位、気圧、温度計などの機能も搭載されていて、いろいろな場面で利用することができるのです。ステンレスと強化樹脂素材でできているので、ハードな環境であっても耐えることができ、耐食性が強く、作りの強さには評判があり、安心して使うことができるウォッチです。

水陸OK!キャリーワゴン

画像から既に楽しそうな「キャリーワゴン」

アウトドアで物を運ぶときに活躍するのが「キャリーワゴン」です。キャリーワゴンは、テントや寝袋、バーベキューに必要な品を積んで運ぶのに大変便利です。水上でも陸上でも運搬ができるオプションでは、荷物の運搬の他に、分離してボートとして海や川で利用することができます。

そりとしても使えます

また、そりとしてゆき遊びにも使えます!さらには身体に装着でき、両手が使える状態で運搬できるものや、キャリーワゴンの上部を覆い、荷物の落下や浸水、盗難などを防ぐもの、さらにはデコレーションできるものもあり、自分だけのキャリーワゴンにすることができます。

とにかく万能です。

可愛いだけじゃない!カマボコテント

キャンプといえばテント。アウトドアブランド「ドッペルギャンガー」では「ナチュラルシリーズ」という自然にとけこむキャンプグッズが販売されています。具体的にはベージュやライトグレー、ホワイトを基調としたテントなど、シンプルかつ優しい色味のグッズが揃えられています。

中でも「カマボコテント」「プレミアムワンタッチテント」は収容人数5名の大型テント。いずれも2ルームなのでプライバシーも守られ、家族や友人とのキャンプが快適に楽しめます。

「丸洗いシーツエアマット」も一緒に揃えて置くと便利。綿100%のシーツ付きエアマットで、名称の通り丸洗いが可能です。

なんてこった!リュックにinする蓄電池

蓄電池がリュックになった!

キャンプの時にあると助かるのが蓄電池。退屈してテレビが観たい時、スマートフォンを充電したい時に欠かせません。先ほどは、スピーカ―型の蓄電池でしたが、今回もすごいです。

超硬合金製品やリチウム電池のメーカー「アロイ工業」は2016年、リュックに収納できる小型のリチウムイオンバッテリーが内蔵された蓄電池を発表しました。

「アウトドアE-BOX」という小型蓄電池はクーラーボックスのような見た目で、キャスターが付いています。電力は480Wで、家電製品を使うには十分。テレビなどを使用することが可能です。
女性でも持ち運びが可能な蓄電池なので、キャンプでの活躍が期待できます。

作業効率を高める!キックスタンド

ダッチオーブンで調理していて、フタの置き場所に困った経験はありませんか。地面にフタを置くのは不衛生ですし、テーブルも散らかっていたら置きづらいです。

アウトドアブランド「キャンプメイド」ではフタを置くためのキックスタンドが販売されています。ダッチオーブンを持って行く予定があるなら必需品。

キックスタンドでフタを開けたら、そのまま近くに置いておくだけ。テーブルが近くになくても安心です。熱く重いフタを片手で持ったまま調理するのを避けられるため、作業がしやすくなります。

火おこしが苦手でもかっこよく火をおこせる

キャンプでどうしても避けられないのが火おこし。よほど慣れている人でないとなかなか火がつかず、時間を取られてしまいがちです。

そこであると助かるのがアウトドアグッズのメーカー「ユニフレーム」の「チャコスタ」。

使い方はシンプルで、グリルの上に着火剤置いて火をつけたら、その上に炭を入れたチャコスタを置くだけです。そのまま10分ほど待てば炭おこしが可能。バーベキューの準備時間短縮におすすめです。

チャコスタは折り畳み式で、畳めば厚さはたった3cm。収納や持ち運びにも便利です。

ハンディGPS

アウトドアに揃えておきたいグッズとしておすすめなのが、ハンディGPSです。ハンディGPSを揃えるメリットは、小型で軽量な乾電池などを使って駆動するので、気軽に持ち運べる点です。もともと登山をしたりトレッキングをする際に、現在位置を確認するためのツールとして開発されたので、信頼性の高さも魅力の一つ。

機種にもよって機能は異なりますが、カーナビと同様にルート案内が可能だったり、場所をメモする機能や、自分が移動した軌跡の記録をする機能があるなど、非常に便利です。

ハンディGPSを販売しているメーカーは数社ありますが、有名なのがGarminです。アウトドアで使うのであれば、Garminは入門機としてもおすすめです。

アウトドアに灯りは必須!長時間の点灯が可能なランタンが便利

限定イヤーモデルのランタン

遠出をしたり、車中泊をしながらアウトドアを楽しむ場合は、必須になるのが照明です。車内のライトを利用しても良いのですが、長時間使っているとバッテリーが心配に。そこで頼りになるのが、十分明るくて、長時間の点灯も可能なランタンです。

アウトドア専門店の品質を誇る照明と言えば、なんといってもコールマンのランタン。ウォームカラーのLEDを搭載しているため、LED特有の眩しさを緩和しています。ぬくもりが感じられる灯りで、気持ちも落ち着いてくるという魅力も。

乾電池を使うので、何回でも交換できます。さらに、専用電源カートリッジがあれば、充電も可能になり、点灯時間の心配もなくなるので、一層安心です。

車中泊をワンランクアップ!

ホンダ 正弦波インバーター搭載発電機 EG25i

車中泊を楽しむのもアウトドアの醍醐味です。

シュラフや照明など、一通りアウトドアの装備を整えたら、もっと車中泊を快適にするグッズを投入してみましょう。

その一つが、インバーターです。車中泊であると便利なのは、やはり電気。電気があれば、携帯電話やデジカメ、照明器具などの家電製品が使えるので、アウトドアライフが向上します。

また、夏場に重宝するのが、小型冷蔵庫。小さな子供と一緒に活動する際も、アイスクリームを準備できますし、汗をかいた後の冷たい飲み物は格別です。

一台揃えておけば、アウトドアはもちろん、普段から活用できるので、利便性が高いアイテムとしてお勧めです。こうしたグッズを活用すれば、今まで以上に車中泊の楽しみが広がります。

お手軽アウトドア知ってる?

アウトドアしたい、でも面倒なことはしたくない…。でもレクリエーションを楽しみたい…。

そんなあなた、ぜひアウトドアパークに出かけてみてはいかがでしょうか?
長野県軽井沢町にあるアウトドアパークは、日常生活ではあまり味わえない冒険を体験できる「フォレストアドベンチャー」という施設があります。地形や樹木を活かす形でデザインされた施設で、周囲を囲む山々と森の中で様々なアクティビティを楽しむことができます。

子供から大人まで、自然の心地良さを味わいながらレクリエーションを満喫できるこうしたアウトドアパークは、実は日本各地に存在します。中には、近隣に温泉地があり、レクリエーションで疲れた体を癒すことができる場所もあるので、心身共にリフレッシュしたいときに最適です。

アウトドアを楽しもう!!

今ではアウトドアに簡単に行くことができるようになり、アウトドアに行く人も多く、さまざまなアイテムも発売されてきています。どんどんとアウトドアも快適に、楽に、楽しく過ごすことができるようになっているのです。

是非、アウトドアに出かける際にはいろいろな情報を仕入れ、自分にぴったりな商品をみつけ、購入してみましょう。さらにアウトドアに出かけることに心弾み、良い時間を過ごすことができるでしょう。気軽にアウトドアに出かけ、たくさんの仲間とワイワイと楽しみましょう。

関連するキーワード


アウトドア

関連する投稿


車中泊におすすめのマット 厳選10商品!人気アイテムの価格を比較

車中泊におすすめのマット 厳選10商品!人気アイテムの価格を比較

車中泊をする際に不可欠なアイテムであるマット。価格もピンキリでニトリ等のホームセンターで買えるものも多いです。今回はそんなおすすめのマットを軽自動車サイズのもの等と分けてご紹介します。


【オススメ】車中泊に持ってこい!SUV厳選3選

【オススメ】車中泊に持ってこい!SUV厳選3選

キャンピングカーとまでいかなくても、車中泊をたのしんでみたいな。そんな願望を持ったことはありませんか?本記事では車中泊もOKなSUVをまとめてご紹介いたします!


キャンプ・アウトドア用品の収納に!ルーフボックスの選び方は?

キャンプ・アウトドア用品の収納に!ルーフボックスの選び方は?

キャンプや釣り、アウトドアアクティビティを楽しむ場合、どうしても荷物が多くなってしまいがちです。車でアウトドアに出かけるのであれば、ルーフボックスは備えておくべきアイテムです。本記事ではルーフボックスを選ぶ際のポイントについて説明しています。


【車中泊のプロに聞く】車中泊 おすすめグッズ22選&おすすめ車種3選

【車中泊のプロに聞く】車中泊 おすすめグッズ22選&おすすめ車種3選

道の駅の車中泊スポットの整備や、キャンプ人気の高まりから注目されている「車中泊」。必須のアイテムを揃えればすぐにでも始められる車中泊ですが、本記事では車中泊のプロに聞いた、必須アイテムに加え、車中泊におすすめのグッズを22商品紹介するとともに、車中泊に適したおすすめの車種を3車種ご紹介します。


夏のアウトドア|水源がなく片付けに困る人は7割超!解決アイテムをご紹介

夏のアウトドア|水源がなく片付けに困る人は7割超!解決アイテムをご紹介

高圧洗浄機で有名なケルヒャーが夏のアウトドアレジャーに関するアンケート調査を発表しました。アンケート結果では、水源がなく汚れ落としに困る方が7割超とのことで片付けに悩みを持っている方が多く見受けられました。そんな悩みを解決するアイテムをケルヒャーが出しているので紹介します。


最新の投稿


日産 オッティ(OTTI)とはどんな車?┃維持費や購入法を徹底解説

日産 オッティ(OTTI)とはどんな車?┃維持費や購入法を徹底解説

オッティを購入しようかどうか迷っているけど詳細が良く分からず悩んでいるという人はいませんか?実は、日産のイメージが強いオッティですが、三菱自動車工業からのOEMで出来ていた車なんです。この記事では、オッティがそもそもどんな車なのか、維持費や購入方法なども含めて詳しく解説しています。是非、記事の内容をご覧いただきオッティを購入する前に参考にしてください!


【違反走行をしないために】知っておくべき道路の路肩に関する規制

【違反走行をしないために】知っておくべき道路の路肩に関する規制

車を運転する人も自転車に乗る人も。みなさんの身近にある道路のすぐ傍にある路肩。実は知らないと警察に捕まってしまうかもしれない規制があることをご存知でしょうか。本記事では改めて、知らないと損するかもしれない、路肩に関連した規制と豆知識についてご紹介しています。


根強い人気があるトヨタの高級セダン クラウン┃中古価格やスペック等 一覧

根強い人気があるトヨタの高級セダン クラウン┃中古価格やスペック等 一覧

クラウンの歴史は古く、60年以上の歴史を持つトヨタの人気車種です。トヨタのクラウンは時を超えて常に、時代とともに挑戦し続けています。初めて発売が開始された1955年から現行のモデル全ての特徴や車のスペックに中古車価格などを分かりやすくまとめました。これからトヨタの「クラウン」を検討している方は、是非参考にしてみてください。


北海道の新千歳空港周辺の駐車場情報21選!料金は?予約はできるの?

北海道の新千歳空港周辺の駐車場情報21選!料金は?予約はできるの?

北海道の新千歳空港。観光客が多く訪れるイメージですが、北海道から外に出る人にとっても大事な場所です。特に車移動が多い北海道では駐車場に車を置いて飛行機を利用する人も多いはず。いざというときのために料金が安い、予約ができる、新千歳空港の近隣の駐車場を把握しておきましょう。


アウディ S1とはどんな車?┃維持費や中古の購入方法を解説

アウディ S1とはどんな車?┃維持費や中古の購入方法を解説

「せっかく車を買うならアウディ S1に乗ってみたい」 「アウディって高いイメージがあるけど実際にその費用に見合うだけの満足感を得られるの?」このようにアウディ S1を購入しようかどうか迷っているけど詳細が良く分からずお悩みではないですか?この記事では、アウディ S1がそもそもどんな車なのか、維持費や購入方法なども含めて詳しく解説しています。是非、記事の内容をご覧いただきアウディ S1を購入する前に参考にしてください!