目次へ戻る

BMW 5シリーズってどんな車?スペックや走行性能、価格は?

BMW 5シリーズってどんな車?スペックや走行性能、価格は?

BMW5シリーズは、BMWの中でも中心的なモデルです。販売台数の多くを占める5シリーズの歴史や概要はどのようなものでしょうか?新しくなった5シリーズの特徴と共に、紹介していきます。よりラグジュアリー度合いが増した5シリーズの魅力を徹底解剖していきましょう。


BMW 5シリーズの概要を解説

BMW 5シリーズは、ドイツのBMW社が販売しているセダンタイプの車です。またステーションタイプのボディも設定されています。大きさではEセグメントに属しているサイズで、ライバルになるのはEクラスやアウディのA6になります。

ラグジュアリーなセダンとして人気があるシリーズで、日本でも好調な売れ行きになっている中心的モデルです。パワーユニットも複数用意されており、ガソリンエンジンだけでなくディーゼルエンジンやプラグインハイブリッドなどのラインアップもあります。

BMW 5シリーズの歴史とは?

こちらはワゴン

初代モデルは、1972年から発売がスタートしており、「ノイエクラッセ」と言われた1800と2000系の後継車種としてデビューしています。排ガス規制によって、インジェクションエンジンの520iに1975年にモデルチェンジします。6気筒エンジンを搭載する530iというモデルも追加されました。

1982年からは、2代目のモデルへと変化します。6シリーズと共通のプラットフォームを共用するモデル。2代目モデルから、高性能なM5が設定されています。

3代目、4代目とモデルチェンジを重ね、現行の7代目モデルは2017年からの発売です。新しい5シリーズの特徴となっているのは、軽量化を徹底しているということ。アルミニウムや超高張力鋼板を使用することで、先代よりも100㎏ほど軽くなっています。

車両の低重心化や前後バランスの見直しをすることで、長距離移動も楽にできるほどの快適性が徹底されています。現行モデルのM5は、初めての4輪駆動を採用したモデルです。ハイパワーな出力を4輪でしっかりと地面に伝えます。

BMW 5シリーズのインテリアは?

これまでのモデルのインテリアとは異なり、非常に使いやすい物に変化しているのが特徴です。iDriveコントローラーも、以前のジョグダイヤルで操作するものから、大型モニターを直接タッチすることができるようにもなっています。さらには空中でジェスチャーをするだけで、操作をすることも可能です。

5シリーズでもウッド素材などを多用することで、質の高さやエレガントさを表現していました。走りの良さをメインとしている車作りをしているBMWらしさが、見え隠れするインテリアが特徴的でした。

現行モデルの5シリーズでは、豪華さを適度に取り入れており、快適な空間を演出しています。例えば、照明色を調整することが可能なアンビエントライトは、エレガントな雰囲気から派手な演出まで可能にしています。

基本的なデザインは、これまでのBMWと全く変わらないのですが、質感が良いデザインです。プラスチックがむき出しという事は無く、ステッチ付きのソフトパッドか、ピアノブラックのパネルで覆われています。

メーター周りのデザインは、液晶メーターなのですが、メーターだけ物理的になっています。質感とのバランスが取れているメーターデザイン。シルバー調の加飾がされていたり、ピアノブラック調のパネルがあったりとライバル車種と比較をしても負けていないデザインです。

Eクラスと比較されるインテリア


世界でもトップレベルの販売台数を誇る5シリーズは、ボディサイズがほとんど変わらないベンツのEクラスと比較されることが多いです。内装の質感も非常に高いもので、Eシリーズと比較をしても、上回る点が多いので、魅力の多いモデルとなっています。

運転支援システムも多数搭載されている点も、Eクラスと比較がされがちです。Eクラスの方が先に市場投入した自動レーンチェンジ機能は、日本仕様では省かれている機能。しかし実際に運転をする時には、自動よりも手動でレーンチェンジをすることが多いので、Eクラスと比較をしても遜色ありません。

BMW 5シリーズのエクステリアは?

高級車に欠かせない迫力や存在感を併せ持っている5シリーズは、エレガントな雰囲気を醸し出しています。存在感をあまりにも全面に出していないにもかかわらず、静かに佇んでいる雰囲気。

ライト周りにはクリスタル調の造形があり、ヘッドライトはLEDを採用しているので、光がまぶしく輝きます。ボンネットも平面基調となっており、車全体が低く見えるデザインになっています。

7シリーズに近づいた外装

デザイン面では、7シリーズの影響を受けていることが分かります。新型のボディは、従来のモデルよりも少し大きくなっており、表面のエッジが立っているデザイン。キドニーグリルは、ヘッドライトとつながったデザインで、よりスポーティな印象を与えるものです。

ボディサイズが大きくなったので、居住空間も広がるというメリットがあります。もちろんフラッグシップモデルである7シリーズには及びませんが、ワイドなデザインになっているので、大きなボディであることを感じさせるデザインです。

フロントフェイスでは、5シリーズではキドニーグリルと切れ長のヘッドライトがワイドな印象を与えています。ヘッドライトはイカリングと呼ばれるデザインの「アダプティブLEDライト」を採用しています。

一方の7シリーズのフロントデザインは、大型のキドニーグリルとヘッドライトで迫力のあるデザイン。5シリーズと比較をすると、迫力の差が歴然です。LEDライトよりも照射距離があるレーザーライトを搭載していますし、リアのマフラーフィニッシャーにグロス塗装などこだわりがあるスタイルになっています。

まだ違いがあるとはいえ、全体的なスタイルが7シリーズに近づいていると言えるでしょう。

7シリーズ

BMW 5シリーズのエンジンスペックは?

エンジンは2リッターターボの523iと530i、さらには2リッターディーゼルターボを搭載する523d、3リッター6気筒ターボの540iがラインナップされています。好みに合わせて、パワーユニットを選択することが可能になっています。

特にディーゼルエンジンの静寂性は特徴的です。ディーゼルエンジンはうるさいものという以前のイメージを覆すほどの、静寂性に優れています。加速をする時などはエンジン音が聞こえてきますが、普段のシーンで聞こえてくるエンジン音は非常に静かで高速巡航時でも気になりません。

その秘密はmwで静寂性を追求し、対策が入念にされていることにあります。ボンネット裏に吸音マットが張り付けられていたり、開口部がシーリングされていることで、エンジン音が響かないようにされています。

エンジンの回転振動が抑えられる6気筒エンジンの場合には、エンジンがかかっているのか分からないほど静かです。もちろん運転に必要な音は外から入ってきますし、風の音なども風切り音を通して聞こえます。しかしそれが気にならない程度に抑えられているのが、BMW5シリーズの特徴です。

走りの気持ち良さと共に、高級セダンとして快適な走行を実現するパワーユニットを備えているのです。

プラグインハイブリッドモデルも登場

BMWもハイブリッドモデルを複数販売しています。環境性能が追求されるにつれて、その数は増しています。その中には、プラグインハイブリッドモデルも含まれています。

5シリーズには、セダンタイプにプラグインハイブリッドモデルが設定されているのに加えて、2019年3月のモーターショーでツーリングにも追加されるのではと予想されています。

プラグインハイブリッドモデルのパワーユニットは、2リッター4気筒エンジンに9.2kWhのバッテリーを搭載して、252psと最大トルク420Nmを発揮するシステムです。0-100km/hの加速は6.2秒となっており、大きなボディでも素晴らしい加速を実現しています。

EVでの航続距離は35kmから40kmとなっており、レベル2の充電器では3時間以内にフル充電が完了します。車両を駐車するだけで充電できるワイヤレス充電の機能もあるので、より気軽にプラグインハイブリッドを楽しむことができます。

BMW 5シリーズの価格

新型5シリーズの価格は、約617万円からとなっています。よりスポーティなMになると、761万円からになりますので、ベースとなるモデルから少し値段があがります。

また3リッター6気筒エンジンを搭載するモデルになると、車体価格1000万円を超えるので、まさに高級セダンの価格ですね。

新車で購入するとなると、少し高額なモデルになりますが、旧型の中古車になると手ごろな価格で販売されることが多いのが5シリーズです。

5シリーズは、BMWのラインナップの中で中心的な存在になっていますが、程度の良い中古車であれば負担も少なくBMWの走りの良さを味わう事ができるでしょう。

BMW 5シリーズは成熟したプレミアムセダン

新しいBMW5シリーズは、よりボディサイズが拡大していますが、軽量化も徹底していることからドライバビリティが向上していると言えるでしょう。ガソリンエンジンだけでなく、トルクフルなディーゼルエンジン、またプラグインハイブリッドに至るまで、様々なパワーユニットを選択できるのも魅力です。

インテリアとエクステリアは、これまでにない上品な仕上がりになっているので、高級さや豪華さを求める方でも満足できるでしょう。フラッグシップモデルである7シリーズにまでは届かなくても、7シリーズに近いほどの豪華さを身にまとった5シリーズはまさに世界で人気のプレミアムセダンです。

関連する投稿


【2019年最新版】人気!おすすめ現行SUV 12選

【2019年最新版】人気!おすすめ現行SUV 12選

日本でも世界でも人気のSUV!今回は今人気・オススメしたいSUVを12種類紹介します。新車の購入を検討している方や、現行車のSUVを中古で購入したいと考えている方にオススメの内容です。燃費、価格、特徴をまとめたほか、合わせてSUVを選ぶ時のポイントもいくつか紹介します。


日産の高級セダン シーマの燃費、基本スペック一覧|中古価格の相場は?

日産の高級セダン シーマの燃費、基本スペック一覧|中古価格の相場は?

発売後30周年を迎えた日産の最高級セダン「シーマ」は発売時から「シーマ現象」という言葉が生まれるほどに愛された車で、現在まで最高級セダンとして不動の地位を築いています。シーマがこれほど愛される理由とは何なのでしょうか。今回は気になる高級車シーマについてご紹介していきます。購入を検討している方はぜひ参考にしてください。


トヨタのセダン クラウンロイヤルの新車・中古車価格、スペック、燃費、評価一覧

トヨタのセダン クラウンロイヤルの新車・中古車価格、スペック、燃費、評価一覧

トヨタのセダン クラウンロイヤルは、トヨタのプレミアムなセダンタイプの人気車種です。 いわゆるロイヤルシリーズを名乗るようになったのは1991年に登場した9代目の4ドアハードトップからですが、その時からクラウンセダンとしては独自の道を歩むことになりました。 高級セダンであるクラウンの中でも長年最高級車としての風格を保ち、最もトヨタの伝統を引き継いでいる車種と言えます。


次世代のBMW「M」は600馬力の電動スポーツカーに!?最高速は300km/h

次世代のBMW「M」は600馬力の電動スポーツカーに!?最高速は300km/h

BMWグループは6月25日、ドイツ・ミュンヘンで開幕した「#NEXT GEN」で、コンセプトカーのBMW『ヴィジョンMネクスト』(BMW Vision M NEXT)を初公開しました。ヴィジョンMネクストとはいったいどのような車になるのでしょうか。


BMWのM8新型日本上陸!価格は2230万円から 最新情報まとめ

BMWのM8新型日本上陸!価格は2230万円から 最新情報まとめ

ビー・エム・ダブリュー(BMWジャパン)は、高性能モデル「Mシリーズ」のフラッグシップ新型『M8』の受注を6月25日より開始しました。 12月以降に順次納車を行うとのことです。いったいどんなスペック・仕上がりになっているのでしょうか。


最新の投稿


【レクサス30周年】レクサス新型の電動モデルが開発中!?最新情報

【レクサス30周年】レクサス新型の電動モデルが開発中!?最新情報

気になる情報が入ってきました。レクサスが2020年をめどに自律走行技術を搭載した新型スポーツ、もしくはラグジュアリーモデルを開発している可能性があるとのこと。最新情報をまとめています。


【2019年8月9日発売】ホンダのN-WGN新型!価格・スペック・改良点は?

【2019年8月9日発売】ホンダのN-WGN新型!価格・スペック・改良点は?

ホンダの大人気軽ハイトワゴン、N-WGN(エヌワゴン)N-WGNカスタム、がフルモデルチェンジして発売されます。発売日8月9日。価格はN-WGNが127万4400円から163万1880円、N-WGNカスタムが151万2000円から179万3880円。本記事ではN-WGN新型の最新情報をまとめています。


日産のスカイライン新型 最新情報まとめ 価格・スペック・変更点ほか

日産のスカイライン新型 最新情報まとめ 価格・スペック・変更点ほか

7月16日に新型スカイラインが発表されました。今回はこのビッグマイナーチェンジがなされた新型スカイラインについて、エンジンスペックやその他の各種スペック、グレードラインアップならびに価格、そして話題を担っている先進安全技術について紹介します。


マツダ デミオ改めマツダ2改良新型 発売は9月 価格は約154万円

マツダ デミオ改めマツダ2改良新型 発売は9月 価格は約154万円

マツダのデミオ改良新型が9月に登場します。デミオは名前を世界統一名に変更し、デミオ改め「マツダ2」となります。新車価格は154万4400円から。気になる最新情報をまとめています。


スズキ イグニス|中古車価格から燃費、口コミ・評価を一覧で紹介

スズキ イグニス|中古車価格から燃費、口コミ・評価を一覧で紹介

スズキの「イグニス」はクロスオーバーSUV型のコンパクトカーです。本記事では性能スペックや中古価格や評判、燃費についてまとめていきます。SUV車の購入を検討している方は是非参考にしてください。