目次へ戻る

トヨタのセダン アリオン|中古車価格、燃費や口コミ・評価を紹介

トヨタのセダン アリオン|中古車価格、燃費や口コミ・評価を紹介

トヨタのセダン「アリオン」の歴代モデルを性能や燃費、中古価格ごとにまとめてみました。 今後、購入を検討されている方は是非参考にしてください。


トヨタのアリオンとは

トヨタ「アリオン」の系譜を辿ると「カリーナ」へたどり着きます。
「カリーナ」はカローラとコロナの中間モデル、またセリカの兄弟車という位置付けで、1970年にデビューしたスポーツモデルの4ドアセダンです。
デビューから2001年まで6回のモデルチェンジの後、その血脈を「アリオン」が受け継ぎました。

「アリオン」は同時期に産まれた姉妹車の「プレミオ」と共に5ナンバーの小型セダンとして様々なシーンで重宝されています。
全幅1695mmというコンパクトさながら最大2リッターのエンジンを搭載した独立トランク付きの4ドアセダンです。

このような造りは国産車としては「アリオン」「プレミオ」が最後なのではないかという話もあり、非常に貴重な存在となっています。
内外装ともにクラシカルで上質なデザインはビジネスシーンにも相応しい高級感を備えており法人からの需要が高い事も特徴的です。しかしながら、最近はSUVの人気に押され、セダンの人気は下火な傾向にあり、「アリオン」「プレミオ」もモデル廃止が噂されています。

アリオンはプレミオと姉妹車

アリオンと姉妹車であるプレミオ。
「アリオン」は「カリーナ」の後継者として、「プレミオ」は「コロナ」の後継者として同時期に誕生しました。
両車ともに5ナンバーセダン、ともに1.5Lもしくは1.8Lのエンジン、さらにはビッグマイナーチェンジの後は外観もとても近しい存在となりました。

しかしながら、両車のコンセプトには明確な違いがあります。
プレミオは高級感を重視した、50代以上の高年齢層ユーザーの嗜好に合わせた落ち着いたデザイン。

一方、アリオンはスポーティな方向性でデザインされています。エアロパーツやTRD Sportivoローダウンスプリングなども用意され、プレミオよりも若い層をメインターゲットに据えています。

アリオン初代モデル 2001年12月~

2001〜2007年に亘って販売されていた初代(T240)。
5ナンバーサイズの小型ボディでありながら、上質で広く快適な室内空間、多目的に活用できる使い勝手の良さから、新世代の4ドアセダンとして高い人気を誇りました。
1ヶ月の販売目標3500台に対して、実販売台数約9000台という数字からも、当時の人気を見て取れるでしょう。

エクステリアは世代を超えて愛される上質でスタイリッシュ、かつ洗練されたモダンなデザイン。
エアロ形状のフロントバンパーを備え、フロントグリルと大型のヘッドランプがスポーティな佇まいを演出しています。

インテリアでは木目調センタークラスター、漆黒調加飾が施されたインストルメントパネルなどスポーティなコックピットデザインを採用しています。
質感の高い快適なシートや、余裕のある居住スペース、シートバックをやや傾斜させたリヤシートなど、どの座席でも快適に過ごせるデザインが特徴的です。

パワートレインは、走行性能と省燃費性能を両立する2.0L直列4気筒直噴エンジン+Super CVT、扱いやすさが特徴的なVVT-i付1.8L直列4気筒エンジン+4速AT、快適な走行感と低燃費性能を実現するVVT-i付1.5L直列4気筒エンジン+4速ATが用意されました。

2004年にマイナーチェンジが施され、15インチアルミホイールの変更や、フロントグリル、ヘッドランプ、リヤコンビネーションランプ、フロントバンパーのデザインが変更され、よりスポーティなデザインへと更新されます。
パワートレインでは、2.0L直列4気筒直噴エンジンが追加され、よりパワフルで低燃費な走行が選択肢に増えました。

アリオン二代目モデル 2007年6月~

2007年のモデルチェンジにて2代目(T260)へ。
5ナンバーのコンパクトボディを継承しつつ、パッケージングを変更することで室内スペースを拡張。居住性が向上しました。

エクステリアにおいては、より上質なものを取り入れスポーティかつラグジュアリーな佇まいが洗練されました。
インテリア面においても、シルバー加飾や木目調加飾を取り入れ、質感の高いセンターコンソールやセンタークラスラー、開放感のあるインストルメントパネルなど、質感の向上だけでなくドライビングにおける機能面も大きく向上されたデザインとなっております。
パワートレインでは、VVT-i付1.5L直列4気筒エンジン、Dual VVT-i付1.8L直列4気筒エンジン、2.0 L直列4気筒エンジンの3モデルが設定され、ドライバーのニーズに合わせた走行を支援します。

この2代目(T260系)は、現行のモデルに至るまでマイナーチェンジを実施しております。
マイナーチェンジにおいては、フロントグリルをメッシュタイプに、インストルメンタルパネルとリヤコンビネーションランプのデザイン変更、より多くの情報を表示するTFTモニターの採用などが行われ、内外装デザイン共により洗練され、機能性も大きく向上しています。

トヨタ アリオンの燃費

「アリオン」の初代、二代目の排気量と燃費は、それぞれ下記のようになっております。

【初代(T240)】
排気量 : 1,998cc
燃費 : 15.2km/L

【二代目(T260)】
排気量 : 1,986cc
燃費 : 15.6km/L

トヨタ アリオンの口コミや評価

e燃費より「アリオン」の口コミを一部ご紹介します。

内装はウッド調で高級感が有りステアリングSW等は使いやすく重宝している。また、高速時クルーズコントロールが有る為、アクセルヘダルから解放され疲れません
加速感もスポーツカーとは行かないが軽ターボより早い。中々の優れ者です。

トヨタ アリオンの現在の中古価格

「アリオン」の新車価格は、最もハイスペックなモデルの「A20“G-Plus パッケージ”モデル」が265万円。
最もお手頃価格の「A15モデル」が190万円となっております。
中古で購入する場合は、やはり幅が広く30万〜220万円の相場にて出回っております。

まとめ

「ALL in ONE(すべてをひとつに)」という言葉から命名された「アリオン」。
「すべてのジャンルのクルマの良さをこのクルマ1台に集約する」という思いが込められています。
SUVやミニバンブームが長く続く中、小型セダンの需要は下火になりつつあるのが現状です。

「アリオン」においても生産終了が囁かれ、国産の小型セダンはいずれ姿を消してしまう日が来るかもしれません。
だからこそ、大切に乗り継ぎ、伝え続けたい1台です。

関連する投稿


【復活】トヨタのグランビアの名前が復活!17年ぶり

【復活】トヨタのグランビアの名前が復活!17年ぶり

トヨタは5月21日、新型『グランビア』(Toyota Granvia)をオーストラリアで発表しました。このグランビアという名前が復活するのは実に17年ぶり。期待が高まりますね。【6月12日更新】


【2019年4月10日 日本発売】トヨタ RAV4新型 最新情報まとめ

【2019年4月10日 日本発売】トヨタ RAV4新型 最新情報まとめ

2019年4月10日より発売されたトヨタのSUV、RAV4(ラヴフォー)。このRAV4新型に関する最新情報をまとめてご紹介します。日本での発売日はいつ?デザインはどうなる?価格はいくらくらい?エンジンは?RAV4新型の情報を渇望している貴方にこの記事を贈ります!


【新車で買える】マニュアル車(MT車)一覧!

【新車で買える】マニュアル車(MT車)一覧!

オートマ車(AT車)が増えた中でも、やはりマニュアル車(MT車)に乗りたい!という人が車好きの中には多いのではないでしょうか。本記事では、2018年3月現在、新車で買えるマニュアル車(MT車)をまとめています。【8月7日更新】


【最新版】2019年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

【最新版】2019年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

毎年多くの車種が発表される自動車業界。2019年はどのような新型車・フルモデルチェンジ車に出会えるでしょうか。トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、光岡。名だたる国産車メーカーの新型車・新車最新情報、予測を網羅!2019年はどんな新型車が出る?そんな時は本記事を!【3月27日更新】


車中泊もできる!トヨタ グランドハイエース┃特徴等を解説!

車中泊もできる!トヨタ グランドハイエース┃特徴等を解説!

グランドハイエースを購入しようかどうか迷っているけど詳細が良く分からずお悩みではないですか? 実は、グランドハイエースは大人数を乗せる事を検討している家族連れや旅行好きの人にはぴったりの車なんです! この記事では、グランドハイエースがそもそもどんな車なのか、維持費や購入方法なども含めて詳しく解説しています。


最新の投稿


2019年7月発売!ダイハツ新型タント 人気の軽トールワゴンタント新型の最新情報

2019年7月発売!ダイハツ新型タント 人気の軽トールワゴンタント新型の最新情報

「タント」はダイハツの大人気軽トールワゴンです。そんなタントがフルモデルチェンジして2019年7月ごろ登場します。発売は?価格は?新旧で何が変わるの?他タント新型の最新情報をまとめています。また、新型タントの最新画像も多数掲載!購入検討している方、予約検討している方はぜひ本記事をどうぞ!【6月17日更新】


フェラーリ初のPHV SF90ストラダーレ 最新情報 スペック  最新画像ほか

フェラーリ初のPHV SF90ストラダーレ 最新情報 スペック 最新画像ほか

フェラーリ初のPHVカーが登場します。その名もずばり『SF90 ストラダーレ』です。本記事ではフェラーリ SF90 ストラダーレの、最新情報、明らかになっているスペック情報のほか、価格や最新のエクステリア画像、そして気になる車名の由来についてもまとめています。フェラーリがお好きな方はぜひこの記事を読んでみてくださいね。


【2019年夏初公開】テスラ初!電動ピックアップトラックのデザインを初公開

【2019年夏初公開】テスラ初!電動ピックアップトラックのデザインを初公開

テスラといえば、イーロン・マスクCEO率いる自動車会社であり、電気自動車の製造・販売をしています。今までにもSUVやセダン、ロードスターと様々なEVカーを作ってきたテスラ。そんな中、ついにテスラが電動ピックアップトラックに着手します!デザインの初公開は2019年夏を予定しています。


【7年ぶりの復活か】三菱の軽クロカン!パジェロミニ新型 はSUVになる?

【7年ぶりの復活か】三菱の軽クロカン!パジェロミニ新型 はSUVになる?

気になるニュースが飛び込んできました。なんと三菱の軽クロカンパジェロミニが復活するかもしれないとのこと。三菱を代表する車のひとつ、パジェロの国内生産終了が決まって、悲しんでいる人も多い中、これは嬉しいニュースですね。本記事では三菱の軽クロカン・パジェロミニ復活の最新情報はもちろんのこと、パジェロミニとはどういう車であったのか、について触れています。


上野動物園周辺のおすすめ駐車場15選!安いところは?予約はできるの?

上野動物園周辺のおすすめ駐車場15選!安いところは?予約はできるの?

都内で有名な動物園である上野動物園は土日は家族や恋人同士で混雑することも多いです。そんな時困る一つが駐車場が満車の場合です。 今回はそんな上野動物園周辺の駐車場事情をご紹介していきます。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング