目次へ戻る

トヨタのセダン アリオン|中古車価格、燃費や口コミ・評価を紹介

トヨタのセダン アリオン|中古車価格、燃費や口コミ・評価を紹介

トヨタのセダン「アリオン」の歴代モデルを性能や燃費、中古価格ごとにまとめてみました。 今後、購入を検討されている方は是非参考にしてください。


トヨタのアリオンとは

トヨタ「アリオン」の系譜を辿ると「カリーナ」へたどり着きます。
「カリーナ」はカローラとコロナの中間モデル、またセリカの兄弟車という位置付けで、1970年にデビューしたスポーツモデルの4ドアセダンです。
デビューから2001年まで6回のモデルチェンジの後、その血脈を「アリオン」が受け継ぎました。

「アリオン」は同時期に産まれた姉妹車の「プレミオ」と共に5ナンバーの小型セダンとして様々なシーンで重宝されています。
全幅1695mmというコンパクトさながら最大2リッターのエンジンを搭載した独立トランク付きの4ドアセダンです。

このような造りは国産車としては「アリオン」「プレミオ」が最後なのではないかという話もあり、非常に貴重な存在となっています。
内外装ともにクラシカルで上質なデザインはビジネスシーンにも相応しい高級感を備えており法人からの需要が高い事も特徴的です。しかしながら、最近はSUVの人気に押され、セダンの人気は下火な傾向にあり、「アリオン」「プレミオ」もモデル廃止が噂されています。

アリオンはプレミオと姉妹車

アリオンと姉妹車であるプレミオ。
「アリオン」は「カリーナ」の後継者として、「プレミオ」は「コロナ」の後継者として同時期に誕生しました。
両車ともに5ナンバーセダン、ともに1.5Lもしくは1.8Lのエンジン、さらにはビッグマイナーチェンジの後は外観もとても近しい存在となりました。

しかしながら、両車のコンセプトには明確な違いがあります。
プレミオは高級感を重視した、50代以上の高年齢層ユーザーの嗜好に合わせた落ち着いたデザイン。

一方、アリオンはスポーティな方向性でデザインされています。エアロパーツやTRD Sportivoローダウンスプリングなども用意され、プレミオよりも若い層をメインターゲットに据えています。

アリオン初代モデル 2001年12月~

2001〜2007年に亘って販売されていた初代(T240)。
5ナンバーサイズの小型ボディでありながら、上質で広く快適な室内空間、多目的に活用できる使い勝手の良さから、新世代の4ドアセダンとして高い人気を誇りました。
1ヶ月の販売目標3500台に対して、実販売台数約9000台という数字からも、当時の人気を見て取れるでしょう。

エクステリアは世代を超えて愛される上質でスタイリッシュ、かつ洗練されたモダンなデザイン。
エアロ形状のフロントバンパーを備え、フロントグリルと大型のヘッドランプがスポーティな佇まいを演出しています。

インテリアでは木目調センタークラスター、漆黒調加飾が施されたインストルメントパネルなどスポーティなコックピットデザインを採用しています。
質感の高い快適なシートや、余裕のある居住スペース、シートバックをやや傾斜させたリヤシートなど、どの座席でも快適に過ごせるデザインが特徴的です。

パワートレインは、走行性能と省燃費性能を両立する2.0L直列4気筒直噴エンジン+Super CVT、扱いやすさが特徴的なVVT-i付1.8L直列4気筒エンジン+4速AT、快適な走行感と低燃費性能を実現するVVT-i付1.5L直列4気筒エンジン+4速ATが用意されました。

2004年にマイナーチェンジが施され、15インチアルミホイールの変更や、フロントグリル、ヘッドランプ、リヤコンビネーションランプ、フロントバンパーのデザインが変更され、よりスポーティなデザインへと更新されます。
パワートレインでは、2.0L直列4気筒直噴エンジンが追加され、よりパワフルで低燃費な走行が選択肢に増えました。

アリオン二代目モデル 2007年6月~

2007年のモデルチェンジにて2代目(T260)へ。
5ナンバーのコンパクトボディを継承しつつ、パッケージングを変更することで室内スペースを拡張。居住性が向上しました。

エクステリアにおいては、より上質なものを取り入れスポーティかつラグジュアリーな佇まいが洗練されました。
インテリア面においても、シルバー加飾や木目調加飾を取り入れ、質感の高いセンターコンソールやセンタークラスラー、開放感のあるインストルメントパネルなど、質感の向上だけでなくドライビングにおける機能面も大きく向上されたデザインとなっております。
パワートレインでは、VVT-i付1.5L直列4気筒エンジン、Dual VVT-i付1.8L直列4気筒エンジン、2.0 L直列4気筒エンジンの3モデルが設定され、ドライバーのニーズに合わせた走行を支援します。

この2代目(T260系)は、現行のモデルに至るまでマイナーチェンジを実施しております。
マイナーチェンジにおいては、フロントグリルをメッシュタイプに、インストルメンタルパネルとリヤコンビネーションランプのデザイン変更、より多くの情報を表示するTFTモニターの採用などが行われ、内外装デザイン共により洗練され、機能性も大きく向上しています。

トヨタ アリオンの燃費

「アリオン」の初代、二代目の排気量と燃費は、それぞれ下記のようになっております。

【初代(T240)】
排気量 : 1,998cc
燃費 : 15.2km/L

【二代目(T260)】
排気量 : 1,986cc
燃費 : 15.6km/L

トヨタ アリオンの口コミや評価

e燃費より「アリオン」の口コミを一部ご紹介します。

内装はウッド調で高級感が有りステアリングSW等は使いやすく重宝している。また、高速時クルーズコントロールが有る為、アクセルヘダルから解放され疲れません
加速感もスポーツカーとは行かないが軽ターボより早い。中々の優れ者です。

トヨタ アリオンの現在の中古価格

「アリオン」の新車価格は、最もハイスペックなモデルの「A20“G-Plus パッケージ”モデル」が265万円。
最もお手頃価格の「A15モデル」が190万円となっております。
中古で購入する場合は、やはり幅が広く30万〜220万円の相場にて出回っております。

まとめ

「ALL in ONE(すべてをひとつに)」という言葉から命名された「アリオン」。
「すべてのジャンルのクルマの良さをこのクルマ1台に集約する」という思いが込められています。
SUVやミニバンブームが長く続く中、小型セダンの需要は下火になりつつあるのが現状です。

「アリオン」においても生産終了が囁かれ、国産の小型セダンはいずれ姿を消してしまう日が来るかもしれません。
だからこそ、大切に乗り継ぎ、伝え続けたい1台です。

関連する投稿


東京モーターショー2017総振返り!メーカー別 注目車種と来場者数は?

東京モーターショー2017総振返り!メーカー別 注目車種と来場者数は?

【11/17情報更新】2017年10月28日~11月5日の10日間で開催された東京モーターショー2017。本記事では東京モーターショーのトレンド、見どころ(出展社、出展車両)、来場者数等の振返りをまとめて掲載しています。東京ビッグサイトに足を運んだ方も、残念ながら行けなかった方も是非ご覧下さい。


【東京モーターショー2019】10月24日開幕!開催・出展車情報など最新情報まとめ

【東京モーターショー2019】10月24日開幕!開催・出展車情報など最新情報まとめ

10月24日より開催される東京モーターショー2019。10月24日から11月4日までの12日間、東京ビッグサイトにて開催されます。本記事ではどこよりも早く、どこよりもわかりやすいをモットーに東京モーターショー2019の最新情報をまとめています。新型車・出展車・ワールドプレミア情報・アクセス情報・駐車場情報・開催日程情報・チケット情報、前回の東京モーターショー2017の振り返りも。毎日更新中です。【8月21日更新】


【最新版】新車で買える!MT車(マニュアル車)まとめ

【最新版】新車で買える!MT車(マニュアル車)まとめ

MT車に乗りたい、今現在どのようなMT(マニュアル)車が販売されているのかを知りたい、という方のために今回は2019年8月現在購入できる国産MT(Hパターン)車をまとめました。MT車が欲しいあなたにおすすめです。※ほとんどの車種を網羅していますが、一部商用車などは省いています。


トヨタのミニバン 新型ヴォクシー┃スペックや特徴、走行性能や燃費など

トヨタのミニバン 新型ヴォクシー┃スペックや特徴、走行性能や燃費など

トヨタのミニバン「ヴォクシー」は、ネッツ店の専売車種です。販売されて19年経過する中で、根強い人気を獲得することができたヴォクシーは、男女問わず評判のいい車です。「ファミリカー」や「カスタムカー」としてユーザーによって全く違う雰囲気を出すことができ、今後も注目され続けそうです。今回の記事では、新型ヴォクシーの歴史や特徴、中古車価格などについて紹介します。


トヨタ プリウスPHV モデル別中古車価格まとめ

トヨタ プリウスPHV モデル別中古車価格まとめ

トヨタのプリウスPHVをモデル別にご紹介します。中古車の価格と合わせて見ていきます。


最新の投稿


東京モーターショー2017総振返り!メーカー別 注目車種と来場者数は?

東京モーターショー2017総振返り!メーカー別 注目車種と来場者数は?

【11/17情報更新】2017年10月28日~11月5日の10日間で開催された東京モーターショー2017。本記事では東京モーターショーのトレンド、見どころ(出展社、出展車両)、来場者数等の振返りをまとめて掲載しています。東京ビッグサイトに足を運んだ方も、残念ながら行けなかった方も是非ご覧下さい。


フォルクスワーゲン ゴルフⅦ総まとめ!マイチェン後の7.5も┃スペック、燃費・中古価格

フォルクスワーゲン ゴルフⅦ総まとめ!マイチェン後の7.5も┃スペック、燃費・中古価格

「フォルクスワーゲン・ゴルフVII」とは、ゴルフの7代目にあたります。ゴルフの歴史からマイチェンのゴルフ7.5の特徴、性能や燃費、中古車価格などをまとめてみました。ゴルフⅦに乗ってみたい方は参考にしてみてはいかがでしょうか。


200万円以下で購入できる!中古のジャガー5選

200万円以下で購入できる!中古のジャガー5選

ジャガーは錦織圭がアンバサダーを務めている輸入車です。ジャガーはイギリスの高級車メーカーであり、現在はランドローバーと同様にインドのタタ・モーターズ傘下となっています。自動車メーカーの中で、歴史が古いメーカーの1つでもあります。今回は、ジャガーの歴史や中古車についてまとめています。


200万円以下で購入できる!MINIの中古車 4選

200万円以下で購入できる!MINIの中古車 4選

今も変わらず「ミニ」は大人気の車です。これからミニの購入を考えて気になっている方も多くいる事でしょう。今回は、車の購入がはじめてという方でも分かりやすくミニ選びができるよう、ミニとはどのような車なのか解説し、200万円以下で買えるミニの中古車を4選紹介します。


【北米専用】マツダCX-9ってどんな車?日本で発売されるの?

【北米専用】マツダCX-9ってどんな車?日本で発売されるの?

日本国内で発売されていない国産メーカーの車種の中には、非常に魅力的なモデルは多数存在します。その中でもマツダの北米専用車種である「CX-9」は大変興味深い車種といえます。このネーミングだけでも、3列シートSUVとして話題を集めた「CX-8」より大型のクロスオーバーSUVであることが想像できます。では、なぜ北米専用車種なのか?そして日本国内に導入される可能性はあるのか?そもそもどんな車種なのかを解説します。