目次へ戻る

トヨタ アリオン|中古車価格、燃費や口コミ・評価を紹介

トヨタ アリオン|中古車価格、燃費や口コミ・評価を紹介

トヨタのセダン「アリオン」の歴代モデルを性能や燃費、中古価格ごとにまとめてみました。 今後、購入を検討されている方は是非参考にしてください。


トヨタのアリオン

トヨタ「アリオン」の系譜を辿ると「カリーナ」へたどり着きます。
「カリーナ」はカローラとコロナの中間モデル、またセリカの兄弟車という位置付けで、1970年にデビューしたスポーツモデルの4ドアセダンです。
デビューから2001年まで6回のモデルチェンジの後、その血脈を「アリオン」が受け継ぎました。

「アリオン」は同時期に産まれた姉妹車の「プレミオ」と共に5ナンバーの小型セダンとして様々なシーンで重宝されています。
全幅1695mmというコンパクトさながら最大2リッターのエンジンを搭載した独立トランク付きの4ドアセダンです。

このような造りは国産車としては「アリオン」「プレミオ」が最後なのではないかという話もあり、非常に貴重な存在となっています。
内外装ともにクラシカルで上質なデザインはビジネスシーンにも相応しい高級感を備えており法人からの需要が高い事も特徴的です。しかしながら、最近はSUVの人気に押され、セダンの人気は下火な傾向にあり、「アリオン」「プレミオ」もモデル廃止が噂されています。

アリオンはプレミオと姉妹車

アリオンと姉妹車であるプレミオ。
「アリオン」は「カリーナ」の後継者として、「プレミオ」は「コロナ」の後継者として同時期に誕生しました。
両車ともに5ナンバーセダン、ともに1.5Lもしくは1.8Lのエンジン、さらにはビッグマイナーチェンジの後は外観もとても近しい存在となりました。

しかしながら、両車のコンセプトには明確な違いがあります。
プレミオは高級感を重視した、50代以上の高年齢層ユーザーの嗜好に合わせた落ち着いたデザイン。

一方、アリオンはスポーティな方向性でデザインされています。エアロパーツやTRD Sportivoローダウンスプリングなども用意され、プレミオよりも若い層をメインターゲットに据えています。

アリオン初代モデル 2001年12月~

2001〜2007年に亘って販売されていた初代(T240)。
5ナンバーサイズの小型ボディでありながら、上質で広く快適な室内空間、多目的に活用できる使い勝手の良さから、新世代の4ドアセダンとして高い人気を誇りました。
1ヶ月の販売目標3500台に対して、実販売台数約9000台という数字からも、当時の人気を見て取れるでしょう。

エクステリアは世代を超えて愛される上質でスタイリッシュ、かつ洗練されたモダンなデザイン。
エアロ形状のフロントバンパーを備え、フロントグリルと大型のヘッドランプがスポーティな佇まいを演出しています。

インテリアでは木目調センタークラスター、漆黒調加飾が施されたインストルメントパネルなどスポーティなコックピットデザインを採用しています。
質感の高い快適なシートや、余裕のある居住スペース、シートバックをやや傾斜させたリヤシートなど、どの座席でも快適に過ごせるデザインが特徴的です。

パワートレインは、走行性能と省燃費性能を両立する2.0L直列4気筒直噴エンジン+Super CVT、扱いやすさが特徴的なVVT-i付1.8L直列4気筒エンジン+4速AT、快適な走行感と低燃費性能を実現するVVT-i付1.5L直列4気筒エンジン+4速ATが用意されました。

2004年にマイナーチェンジが施され、15インチアルミホイールの変更や、フロントグリル、ヘッドランプ、リヤコンビネーションランプ、フロントバンパーのデザインが変更され、よりスポーティなデザインへと更新されます。
パワートレインでは、2.0L直列4気筒直噴エンジンが追加され、よりパワフルで低燃費な走行が選択肢に増えました。

アリオン二代目モデル 2007年6月~

2007年のモデルチェンジにて2代目(T260)へ。
5ナンバーのコンパクトボディを継承しつつ、パッケージングを変更することで室内スペースを拡張。居住性が向上しました。

エクステリアにおいては、より上質なものを取り入れスポーティかつラグジュアリーな佇まいが洗練されました。
インテリア面においても、シルバー加飾や木目調加飾を取り入れ、質感の高いセンターコンソールやセンタークラスラー、開放感のあるインストルメントパネルなど、質感の向上だけでなくドライビングにおける機能面も大きく向上されたデザインとなっております。
パワートレインでは、VVT-i付1.5L直列4気筒エンジン、Dual VVT-i付1.8L直列4気筒エンジン、2.0 L直列4気筒エンジンの3モデルが設定され、ドライバーのニーズに合わせた走行を支援します。

この2代目(T260系)は、現行のモデルに至るまでマイナーチェンジを実施しております。
マイナーチェンジにおいては、フロントグリルをメッシュタイプに、インストルメンタルパネルとリヤコンビネーションランプのデザイン変更、より多くの情報を表示するTFTモニターの採用などが行われ、内外装デザイン共により洗練され、機能性も大きく向上しています。

トヨタ アリオンの燃費

「アリオン」の初代、二代目の排気量と燃費は、それぞれ下記のようになっております。

【初代(T240)】
排気量 : 1,998cc
燃費 : 15.2km/L

【二代目(T260)】
排気量 : 1,986cc
燃費 : 15.6km/L

トヨタ アリオンの口コミや評価

e燃費より「アリオン」の口コミを一部ご紹介します。

内装はウッド調で高級感が有りステアリングSW等は使いやすく重宝している。また、高速時クルーズコントロールが有る為、アクセルヘダルから解放され疲れません
加速感もスポーツカーとは行かないが軽ターボより早い。中々の優れ者です。

トヨタ アリオンの現在の中古価格

「アリオン」の新車価格は、最もハイスペックなモデルの「A20“G-Plus パッケージ”モデル」が265万円。
最もお手頃価格の「A15モデル」が190万円となっております。
中古で購入する場合は、やはり幅が広く30万〜220万円の相場にて出回っております。

まとめ

「ALL in ONE(すべてをひとつに)」という言葉から命名された「アリオン」。
「すべてのジャンルのクルマの良さをこのクルマ1台に集約する」という思いが込められています。
SUVやミニバンブームが長く続く中、小型セダンの需要は下火になりつつあるのが現状です。
「アリオン」においても生産終了が囁かれ、国産の小型セダンはいずれ姿を消してしまう日が来るかもしれません。
だからこそ、大切に乗り継ぎ、伝え続けたい1台です。

関連する投稿


プリウスのバッテリーは2つある?電気自動車もバッテリーは上がる?

プリウスのバッテリーは2つある?電気自動車もバッテリーは上がる?

プリウスに搭載されているバッテリー、実は2つあることをご存知でしたでしょうか?この記事では他の車とは一味違うプリウスのバッテリーについて、バッテリーが2つ搭載されているその理由や寿命、従来のガソリンバッテリーとの違いについてもご紹介します。


カリーナEDの人気は衰えない!カスタムしてさらにかっこよく!

カリーナEDの人気は衰えない!カスタムしてさらにかっこよく!

車ファンの中でも人気が高いのがカリーナEDです。3代目まで発売されており今でもマニアの間では人気が落ちない人気車種です。カリーナEDのナンバーは車種で数字が違ったりと疑問が出ている車です。カスタムするほど愛着がわく車なので色々と触りたいですね。


トヨタのディーラーは4種類ある!? ~ディーラーのあれこれ~

トヨタのディーラーは4種類ある!? ~ディーラーのあれこれ~

ディーラーという言葉を聞いたことがありますか? ディーラーとは、自動車を販売している業者のことです。日本が誇るトヨタは、ディーラーが4種類もあります。今回は、トヨタのディーラーについて見ていきましょう。


トヨタのSUV・ランドクルーザープラドを中古で買おう!

トヨタのSUV・ランドクルーザープラドを中古で買おう!

トヨタを代表するSUVであり、日本の高級SUVの代名詞でもあるランドクルーザーの『プラド』を中古で買いましょう。何故中古で買うのか?中古のどこが良いのか?疑問にお答えしながら進めて参ります。


トヨタのライトエースバン・トラックの新車・中古車価格、スペック、燃費、ユーザー評価一覧

トヨタのライトエースバン・トラックの新車・中古車価格、スペック、燃費、ユーザー評価一覧

トヨタライトエースは、街中でも商用車として走行されることが多いワンボックスタイプのキャブオーバー型のバン・トラックです。本記事ではそんなライトエースバン・トラックに焦点を当てて見ていきたいと思います。


最新の投稿


新潟県北部の道の駅一覧 Part1

新潟県北部の道の駅一覧 Part1

新潟県は甲信越地区における日本海側の自治体で、佐渡島を有しています。天然記念物の朱鷺(とき)や瓢湖の白鳥、冬になると越後湯沢などを中心にスキーのメッカとして有名です。新潟県内の道の駅は39か所と北陸エリアでは比較的多いほうですので、今回は新潟県北部エリアの道の駅を中心に紹介します。


電子ドアミラー?サイドミラーの進化?修理方法も詳しく紹介

電子ドアミラー?サイドミラーの進化?修理方法も詳しく紹介

車に乗るときサイドミラーは調整しますか?実は調整方法をご存知な方は意外と少ないかもしれません。 サイドミラーも年々進化をしており最近ではカメラを搭載することが可能になりました。サイドミラーの修理方法や自分で行う場合のやり方を徹底的に紹介していきます。


あなたに必要かも?!初心者や女性ドライバーに優しいコーナーセンサー

あなたに必要かも?!初心者や女性ドライバーに優しいコーナーセンサー

コーナーセンサーは狭い路地のすれ違いや駐車場での切り返しなどで障害物との距離を教えてくれる便利装備!車の運転に自信のない方には特におすすめのアイテムです。新車で購入するときにつける方が多いですが、後付けも可能です。今回はコーナーセンサーの必要性について紹介していきたいと思います。


日産のSUV エクストレイルで車中泊するやり方とおすすめ車中泊グッズまとめ

日産のSUV エクストレイルで車中泊するやり方とおすすめ車中泊グッズまとめ

好きな時に好きな場所でプライベートな時間を過ごすことができる車中泊が最近ブームです。日産エクストレイルは車中泊するのにぴったりの大人気SUV。ここでは、車中泊が大好きな方からこれからやってみたい初心者まで、エクストレイルで車中泊をやるのに役立つ情報やおすすめグッズなどをご紹介しています。


エンジンマウントは強化すべき?劣化具合もいち早くチェック

エンジンマウントは強化すべき?劣化具合もいち早くチェック

エンジンマウントは車のアキレス腱と言われています。これは強化するにもメリットと、デメリットがあります。エンジンマウントが劣化したときにかかる、工賃や交換時期が気になるとこではないでしょうか。今回は、エンジンマウントとは何かから、劣化に対しての対象方について紹介していきます。