目次へ戻る

日産180SXの変わらない人気。ドリフトマシンのスペックや歴史とは?

日産180SXの変わらない人気。ドリフトマシンのスペックや歴史とは?

180SXは一世を風靡した、人気のスポーツカーです。当時のドリフト人気と共に、販売台数を伸ばしたモデルです。FRのスポーツカーとして、シルビアと共に若者の人気モデルとなりました。その180SXとは一体どのようなスペックなのでしょうか?180SXの歴史や、販売時期によるスタイルの違いなども紹介していきます。


180SXの概要は?

180sxというのは、日産のクーペタイプの車です。S13シルビアと共に、901活動を成果に盛り込んで開発された車になります。

901活動というのは、1980年代に日産自動車が1990年代までに技術の世界一を目指す車作りを目標とした活動です。日産の販売シェアが落ち始めて、シャシー、エンジン、サスペンション、ハンドリングなど品質を向上させるための運動です。

S13シルビアの国外輸出型である北米向けの240sxがベースとなっており、クーペラインナップの中核モデルとなります。これを日本向けに調整しなおしたものが、180sxとなっていました。ヘッドランプにリトラクダブルヘッドライトを採用しているのには、北米の法規でS13のヘッドライトでは、認証が取れなかったということも関係しています。

S13と共通になっている部分も多く、車の基本構造は全く同じです。細かな部分では、インテリアやドアパネル、フロントウィンドシールドが共通です。スタイリッシュなデザインでFRという駆動方式も人気の理由で、日本だけでなく北米でも人気を集めることになりました。

180sxが発売されていた約10年間の間で、マイナーチェンジはあったものの、大きなフルモデルチェンジをすることなく、1世代のみ販売されたモデルです。生産が終了してから年月が過ぎているのですが、スポーツ走行にも適した設計ということもあり、改造パーツが充実しているので一定の人気を集めています。

180sxの歴史

・初期型
初期型は、1989年から販売がスタートします。米国では、240SXとして先に発売されていました。また欧米では、200SXとして日本仕様と同じエンジンを搭載して発売されます。初期型は、日産の翼のグリルをイメージしたダミーが、フロンドバンパーにあるということです。

グレードは「TYPE1」と「TYPE2」に分かれていましたが、「TYPE1」はスピーカーやパワーウィンドウもつかない競技用のベース用途になっています。1990年には、500台限定の特別仕様車の、「TYPE2 レザーセレクション」を発売します。シートが革張りで、ステアリングやシフトノブ、エアロパーツ、フッ素コーティングのスーパーレッド塗装などが採用されているモデル。

初期型には、HICASという四輪操舵システムがメーカーオプションで設定されていました。先進システムとして登場しましたが、スポーツ走行をする時には車が不安定になるという理由で、人気がないシステムでした。それで中古車市場では、安いHICAS搭載車を選ぶ人が多かったのですが、HICASキャンセラーが登場したからは市場価格も変わらなくなります。

・中期型
1991年から1996年までが中期型となります。エンジンが1.8リッターから2.0リッターに変更され、同時にシルビアも同エンジンに変更されました。フロントバンパーの形状が大きく変更されており、外見の違いも大きくなったのが中期型です。

1992年に標準装備が充実した「TYPE3」が追加されます。1995年には運転席のエアバッグが標準装備されます。1996年には「TYPE R」がベースとなっている「TYPE Rスポーツ」が販売。専用ボディカラー、ストラットタワーバー、サイドシルプロテクター、ニスモスポーツマフラー、オーディオレスなどが装備されています。

・後期型
1996年から1998年までのモデルは後期型になります。スカイラインのような丸型リアコンビネーションランプ、大型スポイラー、リアブレーキの容量アップなどが変更された点。ABSが標準で装備されたり、アルミホイールのデザインが変更されてもいます。

生産が移管されてからは受注生産となっていたので、ほとんどハンドメイドでしたが、1998年に生産終了しました。

車名の由来


180SXというのは、登場した時のエンジンの大きさである1.8リッターに由来しています。SXというのは、日産の輸出用のミドルサイズ・スポーティングクーペに対する名前です。排気量が2リッターに変更されてからも、名前は180SXのまま販売されました。

ベースモデルである北米仕様車の240SXも同様に、排気量の2.4リッターからきており、180SXも同様の理由でつけられた名前です。欧州仕様車には、1.8リッターエンジンの時から200SXという名前で発売されており、その後2リッターエンジンに変更されたので、名実ともに200SXとなります。

180SXのエクステリアとインテリア

シルビア

内装は非常にシンプルなデザインとなっています。当時は、エアバッグなどもない時代でしたので、ハンドルもシンプルです。イタリア製のハンドルに交換する人も多かったので、エアバッグがないこともメリットとなりました。

シルビアに対して、ハッチバッグタイプの形状として販売されていたので、ガラス面が大きいのも特徴となります。スポーツ走行をする際には、重量が重いのはデメリットになりましたが、美しいスタイリングのモデルとして、人気がありました。

中期型になると、バンパーのデザインが変更され、スポイラーやサイドアンダーカバーなども装着され、スポーティさが増しています。

後期では、テールランプが4灯になっているのが特徴です。誰もがかっこよいと思う、GT-Rに近いデザインです。

エクステリアは、販売時期によって少し変更されているのが180SXの特徴でもあります。

シルエイティとワンビアについて

180SXとシルビアが同じ構造であることを活かして、合体カスタムされたのがシルエイティとワンビアです。しかし事故車を使って合体するのではなく、フロントを交換することによって改造します。

シルビアのフロントを180SXに装着すると、「ワンビア」、180SXのフロントをシルビアに装着すると「シルエイティ」へとなります。互いにフロントのバルクヘッドが異なるだけで、骨格などが全く同じ構造だからこそできる改造です。

多くの車好きが、好みのフロントフェイスに改造したほか、メジャーになったシルエイティは日産が商標登録をし、日産純正「シルエイティ」として1998年に500台限定で販売されます。

180SXのライバル車は?

マツダのFC3S RX-7

180sxが人気を博した時代は、若者がスポーツカーを乗り、改造を楽しんでいる時代でした。それで他のメーカーからも、スポーツカーが多数販売されていました。当時人気だったスポーツカーを見てみましょう。

・FC3S RX-7

リトラクタブルヘッドライトの3ドアクーペという共通点が多いRX-7。搭載されるエンジンはマツダ独自のロータリーエンジンです。軽量でパワーがあるエンジンということで、人気を集めていたモデルです。

・プレリュード

ホンダが販売していた初代デートカーです。リトラクタブルライトや4輪操舵などは似ていますが、大きな類似点はありません。VITECではないエンジンでしたが、そのスタイルから人気を集めたモデルです。

・セリカ

トヨタの5代目のセリカは、180sxと同世代のモデルになります。こちらもリトラクタブルライトを搭載している点が共通点となります。法規上の問題をクリアするためにデザインになることが多かった北米とは異なり、日本ではかっこよいという理由でリトラクタブルライトが採用された車種が多くありました。

・チェイサー

トヨタのセダンのチェイサーもドリフトマシンとして人気があります。少しジャンルが異なりますが、どちらもドリフト好きには人気があるモデルです。

180sxのパワーユニット

180sxのエンジンは、スポーツ指向が強いモデルだったので、途中までターボエンジンのみの設定となりました。販売時期によって搭載されたエンジンが少し異なります。

初期型は、CA18 DETエンジンが搭載されており、名前の通りの1.8リッターエンジンです。180sxの名前の由来にもなっているエンジンの排気量で、スポーティに走行することができました。エンジンが北米仕様の240sxをダウンサイジングしたものとなります。

中期型になると、SR20DETというエンジン形式に変更されます。初期型のエンジンは175馬力なのに対して、中期型のエンジンになると205馬力まで出力が向上しました。またヘッド部が赤いことから赤ヘッドとも呼ばれるエンジンでした。

後期になると、NAエンジンもラインナップに加えられます。140馬力とターボモデルと比較をするとパワー不足が否めない出力ですが、環境問題などが叫ばれた時期ですので、ラインアップを広げる必要があったのでしょう。ターボモデルに関しては、中期型と変わらないスペックです。

販売時期による違いは?

180SXはモデルチェンジをしなかったのですが、販売時期によってパワーユニットやスタイルが変更されたモデルです。基本的には、初期型のモデルは出力も高くなく、それほどパワーがないのですが、中期から後期にかけると、必要なパワーがあるエンジンになります。

スタイルの面では、後期型になると日産のGT-Rを彷彿とさせる4灯のブレーキランプが魅力です。市場に出回っている台数としては、販売時期の長さから中期型が一般的です。しかしスタイルを考えると、後期型のデザインも非常に魅力があります。

エンジンやスタイル以外にも、初期型と中期型には装備に違いがあります。リアブレーキが容量アップされていますし、デフの仕様変更が行われていたり、タイヤ幅の変更がされていたりするのです。どれも走りに影響を与える部分ですので、スポーツ走行をするのであれば、やはり中期型以降がおすすめということになります。

シルビアや180SXが人気を集めていた時は、バブル景気にあったということが大きいです。販売期間が10年ほどということも、バブルが崩壊して株価が予想以上に下がったということにあります。スポーツカーの販売が下落し、S14に変化したシルビアに対して、売り上げが下がることが予想される180SXは進化が見送られることとなりました。

中古でも人気のドリフトマシン

S13シルビアの北米仕様として開発がされ、日本ではシルビア派生車種として、ニーズを満たす存在となった180SXはドリフトマシンとしても非常に人気でした。

販売が終了してから年数が経過していますが、それでも未だに中古車市場で流通していることから一定のニーズがある車であることが分かります。希少価値が高くなっていく車ですが、機会があれば運転をしてみると魅力を体感することができるでしょう。

関連する投稿


日産のミッドサイズSUV デュアリスの中古車価格、スペック、燃費、評価一覧

日産のミッドサイズSUV デュアリスの中古車価格、スペック、燃費、評価一覧

デュアリスとは、日産のミドルサイズのSUVです。日本では販売終了してしまいましたが、各国では名前を変えて発売されています。「キャシュカイ(QASHQAI)」もしくは「ローグ スポーツ(ROGUE SPORT)」など、一度は車名を聞いたことがあるのではないでしょうか。これが元デュアリスなんです。本記事では改めて日産のSUV、デュアリスについてまとめています。


日産の高級車ブランド インフィニティ|現行モデルを一覧で紹介!日本でも買える?

日産の高級車ブランド インフィニティ|現行モデルを一覧で紹介!日本でも買える?

日産が海外に展開している高級車ブランドがインフィニティです。今回は、現行で発売されているインフィニティの車両モデルを一覧で紹介します。合わせて、日本国内で購入する場合や、購入にあたって発生する費用の種類も見ていきましょう。


【新車で買える】マニュアル車(MT車)一覧!

【新車で買える】マニュアル車(MT車)一覧!

オートマ車(AT車)が増えた中でも、やはりマニュアル車(MT車)に乗りたい!という人が車好きの中には多いのではないでしょうか。本記事では、2018年3月現在、新車で買えるマニュアル車(MT車)をまとめています。【8月7日更新】


【最新版】2019年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

【最新版】2019年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

毎年多くの車種が発表される自動車業界。2019年はどのような新型車・フルモデルチェンジ車に出会えるでしょうか。トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、光岡。名だたる国産車メーカーの新型車・新車最新情報、予測を網羅!2019年はどんな新型車が出る?そんな時は本記事を!【3月27日更新】


日産 ADバンってどんな車?現在のNV150 ADの画像も紹介┃維持費や購入法を徹底解説

日産 ADバンってどんな車?現在のNV150 ADの画像も紹介┃維持費や購入法を徹底解説

ADバンを購入しようかどうか迷っているけど詳細が良く分からずお悩みではないですか? 実は、ADバンは非常に使い勝手がよく今もなお愛されている車なんです! この記事では、ADバンがそもそもどんな車なのか、維持費や購入方法なども含めて詳しく解説しています。


最新の投稿


スズキのハッチバック バレーノってどんな車?中古車価格、スペック、燃費、評価ほか

スズキのハッチバック バレーノってどんな車?中古車価格、スペック、燃費、評価ほか

スズキから発売されているバレーノは、ハッチバック型の乗用車です。インドで生産され、世界に発売されています。2019年春ごろよりインド市場のトヨタへOEM供給される予定です。そんなスズキのバレーノについてご紹介していきましょう。


日産のミッドサイズSUV デュアリスの中古車価格、スペック、燃費、評価一覧

日産のミッドサイズSUV デュアリスの中古車価格、スペック、燃費、評価一覧

デュアリスとは、日産のミドルサイズのSUVです。日本では販売終了してしまいましたが、各国では名前を変えて発売されています。「キャシュカイ(QASHQAI)」もしくは「ローグ スポーツ(ROGUE SPORT)」など、一度は車名を聞いたことがあるのではないでしょうか。これが元デュアリスなんです。本記事では改めて日産のSUV、デュアリスについてまとめています。


【カーメイト調べ】半数以上が今後360度録画可能ドラレコが欲しいと回答!

【カーメイト調べ】半数以上が今後360度録画可能ドラレコが欲しいと回答!

カーメイトは、同社製品ユーザーを対象とした交通トラブル実態調査を実施。その結果、ドライブレコーダーの映像が最も活用されたのは「側面衝突」だったことが明らかになりました。また、今後購入するなら360度録画可能のドラレコという意見も上がっています。


【7月ワールドプレミア】フェラーリのワンオフモデル登場!P80/C

【7月ワールドプレミア】フェラーリのワンオフモデル登場!P80/C

フェラーリは6月17日、ワンオフモデルの『P80/C』(Ferrari P80/C)を、7月に英国で開催される「グッドウッドフェスティバルオブスピード2019」において、ワールドプレミアすると発表しています。


【わが子と一緒に読みたい】おすすめのクルマの絵本&図鑑 7選

【わが子と一緒に読みたい】おすすめのクルマの絵本&図鑑 7選

車の本、と一言で言っても車の本は世界にたくさんありますよね。そんな中でどの本を選べばいいのか?わからない!そんな悩みを持つお父さん、お母さん、おじいちゃん、おばあちゃん…といった方々のために、本記事ではおすすめの車の本をまとめています。対象年齢と価格も載せています。