目次へ戻る

三菱パジェロはデビューから販売が続いている車!その特徴は?

三菱パジェロはデビューから販売が続いている車!その特徴は?

三菱のパジェロは、モデルチェンジをすることなく長期間販売されているモデル。オフロードと聞くとパジェロを思い浮かべる人も多い車ですが、どのような特徴を持っている車なのでしょうか?この記事では、パジェロの歴史や、ラリーカーとしての活躍、さらには燃費性能なども解説します。


三菱の代表車パジェロ 歴史を振返る

三菱パジェロ

三菱のパジェロは、三菱から発売されているSUVです。RVブームが起きた1990年代に大きな人気を集めたモデルです。

パリ・ダカールラリーに数多く参戦し、良い成績を残していることから、日本だけでなく欧州やアフリカ、中東でも知名度が高いモデルです。国内でのフラッグシップモデルになっていた時期もあります。

2006年の登場以来、モデルチェンジをすることなく販売が続けられています。マイナー車種になっていますが、それでも現行モデルとして販売されているモデルです。三菱自動車は、ジープの製造からパジェロに至るまで数多くのRV車を製造しており、オフロードでの走破性は特筆すべき性能です。

無骨なRV車としての始まり

三菱 パジェロ

初代 パジェロ

1980年の後半に、RVブームが日本に到来します。その時に販売されていたのが、1982年から発売されている初代パジェロです。1991年まで販売されていた初代モデルは、フロント車軸よりもエンジン重心を前に置くことで、前後軸重比を50:50のフロントミッドシップになっているのが特徴です。

四輪駆動のシステムは、後輪駆動をベースとして、前輪部にマニュアルで駆動をオンオフするマニュアルフリーハブがついています。

1991年から1999年までは2代目のモデルが発売されます。世界初のスーパーセレクト4WDやマルチモードABSが採用されて、車の基本動作を高次元で安定させることができたモデル。エンジンの種類も豊富で、装備も数多くあったので、最大で30種類ものグレードが用意されました。

トランスファーにビスカスLSD付きセンターデフを搭載しているので、センターデフ式フルタイム4WDと変わらない性能を見せます。パリダカ総合優勝記念車や月間販売台数1位を記念したモデルも登場。

1999年から2006年までは、3代目が発売されます。3代目からシャシーがラダーフレーム・ビルドイン・モノコックボディとなりました。これにより車重を軽量化させることができ、低重心にすることも可能になります。ボディはショートとロングの2タイプが設定されていました。標準で3ナンバーサイズと大型化しています。

2006年からは4代目のモデルへと変化します。先代と同じようにラダーフレーム・ビルトイン・モノコックボディで軽量なのですが、さらに構造用接着剤を使うことでボディ剛性が高くなっているのが特徴です。

エンジンフードにアルミを採用しており、フロント回りが大きく軽量化されて、運動性能も向上しています。滑りやすい路面や緊急回避などで急なハンドル操作で、車両が不安定な動きをする時にアクティブスタビリティコントロールが作動します。また急勾配での登坂や降坂時にスリップすると、アクティブトラクションコントロールで、エンジン出力を制御します。

時代が進むにつれて、走行性能やボディ構造が先進化しているのです。2006年から現在に至るまで販売されているので、息の長いモデルです。

ラリーでも活躍する性能

三菱は1953年から米国のウィルス社と提携してジープを生産していました。この時に悪路走破性の技術を積み重ねているのですが、契約上ジープを東南アジア以外には輸出することができませんでした。

それで三菱は独自に四輪駆動車を開発します。またオフロード性能をアピールするための舞台として、パリダカラリーに目を付けて、翌年から参戦することとなります。1983年には、市販車無改造クラスT1というクラスで、クラス優勝を果たしました。

1985年には、プロトT3クラスで総合優勝をし、市販車無改造クラスやマラソンクラスでも優勝するなどパジェロが完全優勝した年です。ラリーに積極的に参戦することは、パジェロのオフロードでの走行性能を向上させるだけでなく、性能の高さを世界にアピールする機会ともなりました。

三菱 パジェロ 重量級SUVとしての楽しさや性能

パジェロショートSUV

販売後から10年以上が経過していますが、2.3トン級の重量SUVがもたらす走行性は高いと言えるでしょう。回頭性も良い走行性能を見せますので、オンロードでも楽しく走ることができます。

高速道路やバイパスでのクルーズも安定しており、長距離ドライブも快適に行う事ができます。ワインディングでも四輪駆動にすると回頭性が良くなる傾向があり、アジリティが発揮されているのが特徴。

アイポイントが高いので、ドライバーからの眺望が良いのもポイント。登録されている車の中でも、最も高い部類になりますので、オンロードでの楽しさを提供します。窓面積も広くなっているので、眺望の良さをさらに際立てています。

走行性能も良い

基本的に10年以上の前の車ですが、それを考慮すると走行性能は良いと言えるでしょう。後輪駆動の場合には、アンダーステアが強めですが、四輪駆動にすると車体の安定性が増し、快適に走行できます。これには、パジェロのシステムがアクティブトルクスプリットという前後の駆動配分が変わる方式を採用しているからです。

オフロードだけでなく、ワインディングを走行する場合には、四輪駆動にするとパジェロの走行性能の高さを味わうことができます。エンジンも設計は古いですが、ドライバーが思うようにフケ上がるので、基本的に不満になることはないでしょう。

ディーゼルエンジンの特徴である、低回転でトルクが出るというのは、走行性能の良さに出ています。1000rpmという低回転からトルクがしっかりと出ているので、アクセルを少し踏むだけでも加速していきます。

一定速度で巡航する時には、エンジン回転数が抑えられることもあり、燃費も良く振動も少なく快適にドライブできるでしょう。

基本設計の古さが目立つ

良いポイントが多くある一方で、基本設計が古いことが走りに出ているのは避けられません。騒音や振動があるという点が特に顕著に表れています。アイドリングの時の振動は、昔のディーゼルエンジンという感じで、比較的大きな振動となります。

アイドリングストップ機能がついている訳ではないので、低回転で走行することが多い市街地での騒音も大きめです。しかし長距離がメインの場合には、ほとんど気にならない点ですので、普段多い走行シーンによっては問題ありません。

5速ATの設計の古さも、走行時に感じるポイントです。段数が少ないのは良いのですが、ロックアップせずに滑っている感じを持つので、ダイレクトに走行している雰囲気は感じません。変速自体は問題なく、レスポンスも良いのですが、ドライビングフィールはやはり古さを感じさせます。

消音に関しても、少し設計の古さが出ています。パワートレインからの騒音は中速以上であれば基本的に問題がないものの、ホイールハウス周りからの音が室内に侵入することがあります。もちろん雨天の走行では、音が大きくなりがちですが、ホイール周りの消音塗装が少ないのか、音の侵入が気になります。

路面の凹凸の追従性も、悪くはないのですが、がたつきが強くなっているのがデメリット。オンロードでの走行性能の向上が期待されます。

パジェロのエンジンスペック・燃費は?


パジェロにはガソリン車とディーゼル車の設定があります。3リッターガソリンエンジンと3.2リッターディーゼルエンジンの設定があります。

ガソリン車の場合には、出力は178psでトルクは26.6kgf・mとなっています。対してディーゼル車は、190psで45.0kgf・mが最高出力です。比較をするだけだと、ガソリンエンジンのスペックが劣っていますが、ディーゼルエンジンにはターボが搭載されているというのが大きいでしょう。

現行のパジェロに搭載されているのは、クリーンディーゼルエンジンです。元々ディーゼルエンジンは作っていた三菱ですが、マツダに直噴ディーゼル技術を先行されて、苦戦していました。しかし大排気量で直噴化に成功したこともあり、高出力で高トルクのエンジンに仕上がっています。

このディーゼルエンジンのJC08モードの燃費は10.4Km/Lとなっています。実際に乗ったことのある方の評価では、カタログ燃費ほどの数値が出ているという評価が多数あるのが特徴です。街乗りの場合は、5Km/Lほどまで落ち込むこともありますが、非常に悪い燃費という訳ではないようです。

パジェロの新車・中古価格は?

パジェロの新車価格は、339万円からとなっています。最高のグレードでは、495万円となっています。SUV車ですので、安くはありませんが、ミニバンなどの価格と比較をするとお手頃とも言えるでしょう。

パジェロの中古車価格は、高い車で新車と変わらない価格、安い中古車の場合には25万円ほどからも手に入れることができます。古い車の場合には、車体価格は非常に安くなっていますが、メンテナンスや修理をする必要があるでしょう。

安い中古車を購入し、自分でメンテナンスやカスタムをするという方も多くおられます。市販の改造パーツも多数販売されているので、四輪駆動車が好きな方に人気の車種です。安い車であっても、パワーやトルクがあるエンジンですので、メンテナンスを欠かさなければ十分に活用することができる車でしょう。

パジェロのモデルチェンジ・新型に期待!

三菱は自動車販売の面で、苦境に立たされているメーカーです。リコール隠しや燃費の偽装などが問題になりましたが、エクリプス・クロスが発売され、そのスタイリングが評価されています。

問題に面しながらも、期待の新型車が発売されている三菱。ラグジュアリーなSUVが人気を集める中で、パジェロは無骨なSUVですので、本格的なオフロードを楽しみたいユーザーのニーズを満たすことでしょう。新しい新型パジェロの登場を期待しましょう。

関連するキーワード


三菱 車種情報 パジェロ

関連する投稿


三菱の人気車種 デリカ D:5 を再考!現行モデルのスペックや特別仕様車の紹介も

三菱の人気車種 デリカ D:5 を再考!現行モデルのスペックや特別仕様車の紹介も

恐竜の骨格を思わせるリブボーンフレームの採用による最高の衝突安全性能を誇り、高い居住性とSUV的走破性も併せ持つ、三菱が誇るオールラウンダーミニバンがデリカD:5です。発売から10年以上を経てなお三菱をけん引し続ける人気車種の実像に迫ります。


【2019年最新版】人気!おすすめ現行SUV 12選

【2019年最新版】人気!おすすめ現行SUV 12選

日本でも世界でも人気のSUV!今回は今人気・オススメしたいSUVを12種類紹介します。新車の購入を検討している方や、現行車のSUVを中古で購入したいと考えている方にオススメの内容です。燃費、価格、特徴をまとめたほか、合わせてSUVを選ぶ時のポイントもいくつか紹介します。


【ランエボ】三菱 ランサーエボリューションは復活する?最新情報

【ランエボ】三菱 ランサーエボリューションは復活する?最新情報

復活が待たれる三菱のランサーエボリューション。三菱の人気スポーツセダンです。このランエボが復活する可能性があると言われていますが、今回アップデートされた情報を入手しました。最新CGとともにお知らせいたします


【初公開】三菱のSUV アウトランダースポーツ(RVR)2020年モデル!

【初公開】三菱のSUV アウトランダースポーツ(RVR)2020年モデル!

三菱自動車(Mitsubishi Motors)の米国部門は6月20日、『アウトランダースポーツ』(日本名:『RVR』に相当)の2020年モデルを初公開しました。それによれば、フロントマスクが一新、より力強さを増しています。


三菱デリカのDシリーズ、それぞれのモデルを紹介!Dとは何なのか

三菱デリカのDシリーズ、それぞれのモデルを紹介!Dとは何なのか

三菱自動車のカーラインナップにあるデリカ、そのデリカにはDという文字がつけられています。筆者はこれをDシリーズとよんでいます、今回はこれらの車種についての紹介です。Dとは何を示しているのか、どのようなグレードなのかを見ていきましょう。


最新の投稿


【2019年8月9日発売】ホンダのN-WGN新型!価格・スペック・改良点は?

【2019年8月9日発売】ホンダのN-WGN新型!価格・スペック・改良点は?

ホンダの大人気軽ハイトワゴン、N-WGN(エヌワゴン)N-WGNカスタム、がフルモデルチェンジして発売されます。発売日8月9日。価格はN-WGNが127万4400円から163万1880円、N-WGNカスタムが151万2000円から179万3880円。本記事ではN-WGN新型の最新情報をまとめています。


日産のスカイライン新型 最新情報まとめ 価格・スペック・変更点ほか

日産のスカイライン新型 最新情報まとめ 価格・スペック・変更点ほか

7月16日に新型スカイラインが発表されました。今回はこのビッグマイナーチェンジがなされた新型スカイラインについて、エンジンスペックやその他の各種スペック、グレードラインアップならびに価格、そして話題を担っている先進安全技術について紹介します。


マツダ デミオ改めマツダ2改良新型 発売は9月 価格は約154万円

マツダ デミオ改めマツダ2改良新型 発売は9月 価格は約154万円

マツダのデミオ改良新型が9月に登場します。デミオは名前を世界統一名に変更し、デミオ改め「マツダ2」となります。新車価格は154万4400円から。気になる最新情報をまとめています。


スズキ イグニス|中古車価格から燃費、口コミ・評価を一覧で紹介

スズキ イグニス|中古車価格から燃費、口コミ・評価を一覧で紹介

スズキの「イグニス」はクロスオーバーSUV型のコンパクトカーです。本記事では性能スペックや中古価格や評判、燃費についてまとめていきます。SUV車の購入を検討している方は是非参考にしてください。


デ・トマソ パンテーラ 概要や歴史・各モデル|燃費・中古価格・評価

デ・トマソ パンテーラ 概要や歴史・各モデル|燃費・中古価格・評価

スポーツカーで有名な「デ・トマソ パンテーラ」の歴史や各モデルの特徴や紹介、そして燃費や中古価格、評価などをまとめてみました。憧れのクルマに関心のある方は是非ご覧ください。