目次へ戻る

三菱のギャランフォルティス、その魅力とは?

三菱のギャランフォルティス、その魅力とは?

三菱自動車のギャランといえば、何といってもレースという強いイメージがあるのではないでしょうか。90年代にはギャランVR-4や、GTOにてN1耐久レースなどで活躍させ一時期にはフォミラーカーでも活躍をした時代もありました。今回は、大人向けセダンとして2007年に登場したギャランフォルティスを見ていきましょう。


三菱のギャランフォルティス ~性格が変わった車へと進化~

三菱ギャランと聞けば車好きの皆様には、真っ先にGTO・FTOという名前をご想像なさるのではないかと思います。正解です、ギャランの名前を一躍世に広めたのは間違いなくGTOでしょう。

しかし多くのコアな三菱ファンにとってはギャランフォルティスもまた、三菱の車を語るうえで外せない車の1台です。

ギャランフォルティスは三菱の中では4ドアスポーティセダンの中では上級セダンに分類されていました。ギャランフォルティスとは国内での販売名称で、海外にいけばランサーEX・ランサーフォルティスなどの名称で呼ばれていました。

主なターゲットは40代後半から60代の購買層がメインであったため、従来のギャランとは一線を引く意味合いにおいて、フォルティスのサブネームが加えられたのです。

ちなみにギャランもフォルティスも「勇敢な」「果敢な」という意味があります。こうしてギャランの名前は引き継がれていきましたが、以前のGTO・FTOとは性格ががらりと変わった車へと進化していきました。

この流れは次世代の三菱が車を作るという根本的な流れを作ったのではないでしょうか。

ギャランフォルティスのバリエーション

ギャランフォルティスにはエクシード・スーパーエクシード・スポーツ・ラリアートがラインナップされています。フォルティスのエンジンは1.8リッター直列4気筒DOHCか、2リッター直列4気筒DOHCインタークーラーターボ内臓の2種類です。

ここからFF駆動と電子制御式4WD駆動のモデルに分かれます。ここで一言付け加えるならギャランフォルティスと、ギャランスポーツ・ギャランラリアートは、全くといって良いほど違う味わいの車に分かれていったことです。

何度もいいますが、ギャランフォルティスは、三菱の上級セダンという位置づけでラリアートは全く違う、スポーツライクな位置づけの車に分かれていったということです。

同じ名を持ちながらこれ程違う車に仕上げられたのは、三菱のギャランという名前のこだわりであったのではないでしょうか。

その証拠にこのギャランという名前は、国内で販売する車両にのみ与えられたということから垣間見えるような気がします。

ギャランフォルティス・スポーツバックについて

フォルティスには市街地を走るうえで、必要な要素を2つも取り入れたモデルがあります。一つはセダンの顔と、もう一つはワゴンの顔の両方を兼ね備えたモデルです。

それがギャランフォルティス・スポーツバックなのではないでしょうか、ギャランフォルティス・スポーツバックはしっかりとヨーロッパを意識した車に仕上がっています。

合理主義に基づいた考えの方の多いヨーロッパではこのハッチバックを意識しない訳にはいかないのでしょう。セダンの乗り心地をしっかり維持しつつロングツアラーの要素もしっかり持っている車がヨーロッパでは需要が高いのです。

三菱の海外をしっかり意識して造られた車がこのフォルティス・スポーツバックという答えだったのだと思います。走りはスポーツセダン、積載能力はワゴン両方の良い部分を集めた車です。

ギャランフォルティス・ラリーアートについて

ギャランフォルティス・ラリーアートはいつでもランサーエボリューションXと比べられてきましたが、何が違うのでしょうか。

確かにフォルティス・ラリーアートにはランサーエボリューションのメカニックの一部が採用されています。

逆にランサーエボリューションXにはフォルティスの基本的な構造などが取り入れられています。そこで、まず決定的な差はギャランフォルティス・ラリーアートはギャランフォルティスの最上位機種にあたるということです。

これには大変大きな意味がありました。ランエボ程の暴れ馬っぽさはなく乗り心地はランエボよりかなりマイルドに、それとは逆にギャランフォルティスがもう少しスポーティだったらという方に向けにという感じです。

しかしながら、単にランエボを大人しくさせた印象は受けません。より上品に仕上げられた車です。

ラリーアートと名付けられてはいますが、走り出すと乗り心地はランエボと比べると独特のごつごつ感もなく非常にスムーズです。上質なスポーツカーの走りといってもいいかと思います。

しかしながら、峠のワインディングでアクセルを踏み込むと2000rpm辺りからエンジントルクの力強さを実感できますし、それは5000rpmまで続きます。

勿論そんな場面でも走りは上品さを失いません。ランエボとは比べられない安定感を与えてくれますし、スポーティ走行も出来るのだとでもいいたげな力強さを感じられます。

全てにおいて好バランスでマイルドではあるものの、スポーティさも併せ持つギャラン・フォルティス ラリーアートか、どんな時にも限界を追求していくランサーエボリューションなのか、どちらが良いとはいえませんが、ランエボとは明らかに違う世界観です。

ギャランフォルティス・カスタムのこと

ギャランフォルティスをカスタムするには、やはりカスタムパーツの市場ではランエボを意識せざるを得ないラインナップになっています。

「羊の皮を被った狼」それを文字通り狼に変身させるためのパーツは数多く揃っています。エアロパーツから始まって足回り・エンジン関連まで、その気になれば立派なラリーカーに変身することも出来ます。

特に、ギャランフォルティス・ラリーアートはエンジンも基本設計がランサーエボリューションXと共通なパーツ多くあり、グレードアップするには最高のベース車両になります。

エアロパーツを装備した場合

エアロを組む、フォルティスの場合は多くの方はその特徴的なフロントバンパーから交換なさる方が多いように感じます。一番目立つ箇所なので当然といえば当然です。そしてこれは効果抜群です。

フォルティスの最大の特徴はスタイリングにおいては、三菱の伝統ともいえる「逆スラントノーズ」と「短い全長とワイドな全幅」により、エアロをまとうことにより一層戦闘力をに磨きをかける効果が絶大です。

しかしやはりその全体的なフォルムは上品です。

対応可能なホイールパーツ

純正でフォルティスは16~18インチのホイールに対応しています。215/45Rサイズのホイールであれば問題なくどのメーカーのホイールも装着可能です。お好みと用途により安心してご購入して下さい。

車高調パーツは装備可能?

車高調に関していえば、少々問題が出ることも御座います。三菱から販売されている「スポーツサスペンションキット」ならば問題なく装着できます。

こちらのキットはおなじみのビルシュタインとの共同開発されたフォルティス専用設計となっており、前輪にはランエボでも採用されている倒立式を採用し、後輪にはシリンダー径をより太くすることにより「高い剛性」とダートな路面においても「力強い路面追従性」を発揮します。

しかしながら、その他のメーカーより販売されている車高調などは、車検対応でない物も多く販売されておりますので、購入には充分なご検討が必要かと思います。

対応可能のバンパー

現在ギャランフォルティスに対応した社外バンパーはあまり生産されていないのが現状です。

しかしながら、フォルティスのボディの構成は設計段階からしっかりとしていますので、本格的なラリーに参戦したいなど特殊な走行をお考えでない限り、取り換える必要のないパーツであるといえます。

もともとフォルティスはフロントの形状が特殊な形状なので、バンパーらしからないバンパーが装着されています。空力などもしっかり計算された物といえますので、あまり交換が必要な部分ではないと思います。

エアロキット制作メーカーにお問い合わせ頂いてご購入する方法が一番確実です。オークションサイトなどでもたまに目にすることは御座いますが、その殆どは中古品ということになります。

ランエボとの違い

もともとギャランフォルティスをベースに開発が進められたのが、ランサーエボリューションXですので、フォルティスとランエボXは、外観上似通っている箇所が多くあり一見しただけでは見間違えることがあります。


しかし開発目的も販売目的も全く違う車ですので、外観は似通っているが全く性質も用途も違う車と認識することが必要です。

ギャランフォルティスは、三菱の上級セダンという位置づけです。ファミリーカーでありながらも、走る楽しさも満足できるレベルに設定され設計されています。

それに引き換えランサーエボリューションは、まず走るということに特化された車です。フォルティスはしっかり走れて乗り心地も一切妥協がない作りで、静寂性も保たれています。

少々の道路の継ぎ目などはしっかりショックアブソーバーが吸収してくれますし、全てにおいてマイルドな車といえるかも知れません。

しかしながら、フォルティスのモデルによっては、限りなくランエボを意識した造りになっているモデルも存在します。ランエボに一番フィールが近いのはギャランフォルティス・ラリーアートではないでしょうか。

この車こそ三菱の実力を限りなく発揮する車に仕上げられています。市街地走行からダートまで何の改造もなくスムーズに走ってくれます。

勿論本格的なラリー走行を目指すのであれば、何ヶ所かのパーツの交換と補強は必要ですがレースを意識できるベース車としては最高でないでしょうか。これに反してランサーエボリューションXは完璧なほどに、走るということに特化されています。

走る場面も選びませんし、ダートな路面でもしっかり舗装されたサーキットでも、持てる力を、いえ与えられたパワーを全開で駆動軸を通じてタイヤに、タイヤはどの様な路面状況でも路面に伝えるために作られているのです。

そのため、乗り心地は最高という訳にはいかないのが宿命です。全てはいかに早く直線を駆け抜けるか、コーナーでのロスをいかに減らすかのみを徹底して追及された物の結晶が、ランサーエボリューションという名前を与えられるのです。

その進化はシリーズが変わるたびに、進み続けこのランエボXで一つの形の完成を見たのです。今後もし再度ランサーエボリューションの名前が冠された車が登場するとしたら、それは三菱の新たな挑戦が再開されたことを世の中に宣言することに等しいでしょう。

そうなることを、ひそかに待ち続けたいと思っています。

まとめ

以上の様に限りなくランサーエボリューションに近い車ですが、ギャランフォルティスはあくまで、ギャランという名前を継承すべく新たな試みでアプローチされた、実は全く違う車なのです。

上級セダンの顔と走りを意識したスポーツセダンの顔、これが三菱ギャランフォルティスという車です。ただ残念なことに決して国内での評価はあまり良くはなかったようです。

誠に残念ですが、少々時代に取り残されたか、先に走りすぎたためか時に埋もれた名車と呼ぶことになってしまいました。このことは販売台数において如実に表れています。

ランサーエボリューションXは国内での販売台数は1万台強といわれ、ギャランフォルティスはランサーエボリューションの半分以下ではないかといわれている所に両車の希少さが出ていると思います。

しかし販売台数の少なさを考慮してもこの車が隠れた名車であった事実は、失われることはないでしょう。

関連する投稿


三菱の人気車種 デリカ D:5 を再考!現行モデルのスペックや特別仕様車の紹介も

三菱の人気車種 デリカ D:5 を再考!現行モデルのスペックや特別仕様車の紹介も

恐竜の骨格を思わせるリブボーンフレームの採用による最高の衝突安全性能を誇り、高い居住性とSUV的走破性も併せ持つ、三菱が誇るオールラウンダーミニバンがデリカD:5です。発売から10年以上を経てなお三菱をけん引し続ける人気車種の実像に迫ります。


【2019年最新版】人気!おすすめ現行SUV 12選

【2019年最新版】人気!おすすめ現行SUV 12選

日本でも世界でも人気のSUV!今回は今人気・オススメしたいSUVを12種類紹介します。新車の購入を検討している方や、現行車のSUVを中古で購入したいと考えている方にオススメの内容です。燃費、価格、特徴をまとめたほか、合わせてSUVを選ぶ時のポイントもいくつか紹介します。


【ランエボ】三菱 ランサーエボリューションは復活する?最新情報

【ランエボ】三菱 ランサーエボリューションは復活する?最新情報

復活が待たれる三菱のランサーエボリューション。三菱の人気スポーツセダンです。このランエボが復活する可能性があると言われていますが、今回アップデートされた情報を入手しました。最新CGとともにお知らせいたします


【初公開】三菱のSUV アウトランダースポーツ(RVR)2020年モデル!

【初公開】三菱のSUV アウトランダースポーツ(RVR)2020年モデル!

三菱自動車(Mitsubishi Motors)の米国部門は6月20日、『アウトランダースポーツ』(日本名:『RVR』に相当)の2020年モデルを初公開しました。それによれば、フロントマスクが一新、より力強さを増しています。


三菱デリカのDシリーズ、それぞれのモデルを紹介!Dとは何なのか

三菱デリカのDシリーズ、それぞれのモデルを紹介!Dとは何なのか

三菱自動車のカーラインナップにあるデリカ、そのデリカにはDという文字がつけられています。筆者はこれをDシリーズとよんでいます、今回はこれらの車種についての紹介です。Dとは何を示しているのか、どのようなグレードなのかを見ていきましょう。


最新の投稿


【2019年保存版】現行レクサス車種一覧 価格・特徴【早わかり】

【2019年保存版】現行レクサス車種一覧 価格・特徴【早わかり】

レクサス、と聞くと高級車だし自分には関係のない車。と決めつけている人はいませんか。それはもったいない!レクサスはもちろん高級車ですが、価格からボディタイプまで様々です!一口にレクサス、と言ってもいろんなモデルがあるんです。本記事では、現行レクサスを一覧にし、特徴や価格、中古車価格などをまとめてみました。【7月更新】


【レクサス30周年】レクサス新型の電動モデルが開発中!?最新情報

【レクサス30周年】レクサス新型の電動モデルが開発中!?最新情報

気になる情報が入ってきました。レクサスが2020年をめどに自律走行技術を搭載した新型スポーツ、もしくはラグジュアリーモデルを開発している可能性があるとのこと。最新情報をまとめています。


【2019年8月9日発売】ホンダのN-WGN新型!価格・スペック・改良点は?

【2019年8月9日発売】ホンダのN-WGN新型!価格・スペック・改良点は?

ホンダの大人気軽ハイトワゴン、N-WGN(エヌワゴン)N-WGNカスタム、がフルモデルチェンジして発売されます。発売日8月9日。価格はN-WGNが127万4400円から163万1880円、N-WGNカスタムが151万2000円から179万3880円。本記事ではN-WGN新型の最新情報をまとめています。


日産のスカイライン新型 最新情報まとめ 価格・スペック・変更点ほか

日産のスカイライン新型 最新情報まとめ 価格・スペック・変更点ほか

7月16日に新型スカイラインが発表されました。今回はこのビッグマイナーチェンジがなされた新型スカイラインについて、エンジンスペックやその他の各種スペック、グレードラインアップならびに価格、そして話題を担っている先進安全技術について紹介します。


マツダ デミオ改めマツダ2改良新型 発売は9月 価格は約154万円

マツダ デミオ改めマツダ2改良新型 発売は9月 価格は約154万円

マツダのデミオ改良新型が9月に登場します。デミオは名前を世界統一名に変更し、デミオ改め「マツダ2」となります。新車価格は154万4400円から。気になる最新情報をまとめています。