目次へ戻る

ウインカーポジションの正しい知識をお伝えします。故障と車検の基準は?

ウインカーポジションの正しい知識をお伝えします。故障と車検の基準は?

ウインカーポジションとは車幅灯(ポジションランプ)と方向指示器(ウィンカー)を合わせて一つの灯火として利用する、最近流行のドレスアップです。流行してきてはいるもののウインカーポジションを使用して良いのか、車検には通るのかがわからないまま取り付けられているのが現状です。そこで、ウインカーポジションキットの取り付け方など詳しく紹介していきます。


ウインカーポジションとは

ウィンカーポジションというのは車のカスタムとして人気がでているもので、ウィンカー(方向指示器)の電球とポジションランプ(車幅灯)の電球が一体になった灯火のことです。ポジションランプ時には弱い電力で光量を抑え、ウィンカー作動時には強い電力で点滅させる仕組みとなっています。特徴として費用があまりかからず手軽にできるということと、場合によりますが車検もそのまま通れる可能性がある点が挙げられます。

アメリカで作られた?

ウィンカーポジションの起源は欧米車だといわれています。古いアメリカの車がウィンカーとポジションランプを兼用していたものが、だんだんとドレスアップの手法としても注目されるようになりました。
最近では光色がカラフルであったり、車幅を大きく見せたりなどさらなる進化を遂げています。
しかし、道路運送車両の保安基準に適合させるのが難しく、適合したとしてもカスタムしているので車検に通らない可能性があるといった問題もあります。

ウインカーポジションは違法?合法?

ウィンカーポジションに興味があり、やってみようと思っても、車検はどうなのか?違法ではないのか?という不安があると思います。ウィンカーポジションは正しい条件を満たせば確実ではありませんが車検は通るといわれています。では正しい条件とは何なのか、詳しい条件を紹介していきます。

いつから違法になったのか

そもそもウィンカーポジションが違法になったのはいつかという明確な線引きはありませんし、いまだ違法か違法ではないかはあいまいです。ですが、道路運送車両の保安基準で見てみると、平成18年1月1日以前に販売されていた車では、白色または淡黄色または橙色でそのすべてが同一である、というのがポジションランプの基準だったのでウィンカーポジション化しても道路運送車両の保安基準の条件を満たせば違法ではないといえます。それ以降に販売された車種では、白色か電球色の光を放つポジションランプしか使用してはならないことになったので、橙色の光を放ってしまうウィンカーポジション化は違法ということになりました。

ウインカーポジションの正しい点滅方法は

ポジションランプの光がウィンカーと同じ場合、ウィンカーを出しても周りの車は気づかない可能性があります。であればウィンカーを出したときは反対側の光を消してしまえばいいということになります。なので反対側の光が消えるウィンカーポジションキットは自体は存在します。

ですが、ポジションランプは車が動いている間、常時点灯していなければならないという決まりがあります。ということはウィンカーが点滅しているときもポジションランプは点灯し続けていることになります。そうなるとウィンカーは点滅できなくなるため、保安基準に適さなくなります

つまりウィンカーを出したほうは点滅し、出していないほうはポジションランプとして点灯し続けるというのが車検に通りやすい正しいウィンカーポジションの動作となります。

しかし、車検に通ることを考えなければウィンカーを出したとき反対側の光を消したほうが自然だ、わかりやすいと考える人もいます。なので正しいウィンカーポジションというのは一概には言えないかもしれません。

ノーマルポジションランプは問題?

ウィンカーポジションにしたときにノーマル時のポジションランプはどのようにすればよいのかというのもよくある疑問です。

「車幅灯は同色でなければならない」というものが道路運送車両の保安基準にはあるので、ウィンカーポジションにする場合、ノーマルポジションランプも橙色のバルブを使わなければならないと思われがちですが、現在その必要はありません。

そもそもノーマルポジションランプを外さなければならないのか、とういうのもよくある疑問ですがこれもする必要はありません。ポジションランプの数は4灯まで大丈夫と決まっているからです。

ポジションランプの注意点は

ポジションランプには壊れやすいので走行中にウィンカーが出せなくなるといった点と、ポジションランプをいじる場合、いくつかの基準を満たさなければ車検がまず通らなくなるという点を注意しなければなりません。基準を満たせば必ず車検に通るとは言えませんが、車検に通るであろうというポジションランプに関する保安基準を紹介します。

ウインカーポジション 車検に通る保安基準

フロントをウィンカーポジション化するときの基準

・色  (平成17年12/31以前)白色、淡黄色または橙色でその全てが同一であること
    (平成18年1/1以降)白色【方向指示器と一体のものは橙色でもOK】
・光度  300cd以下
・個数 (平成17年12/31以前)規定なし
    (平成18年1/1以降)2個、または4個
・ポジション時に夜間300mの距離から確認できること
・ハザードランプの場合には両方のウィンカーが点灯すること
・ウィンカーが点灯したときはポジションランプは消灯すること
・ウィンカー点灯と反対側はポジションランプとして点灯していること

その他の灯火の基準

・色  赤色以外(車両前方に備える場合)
・光度 300cd以下
・ウィンカー点灯時に点滅がきちんと確認できること

ウィンカーポジション化した部分をポジションランプとするかその他の灯火とするかは車検の際の検査員の判断次第ではありますが、上記の基準を満たしていれば車検NGになることはほぼないといえます。
リアウインカーはウィンカーポジション化して常時点灯させると車検に必ず通らなくなります。これは道路運送車両の保安基準で車両の後方にウインカー以外でオレンジ色の光を使ってはいけないと規定されているからです。これらは今後、カスタムをしていくのであれば覚えておいても損はないと思います。

ウインカーポジションキットとは

ウィンカーポジションキットとは、ポジションランプを点灯させたときに、ウインカーも同時に点灯させる、車のドレスアップに最適なアイテムです。ウィンカーを出しているときに反対側を点灯させたままにできるものや、消灯させれるものや、どちらも切り替えれるものなど多くの種類があります。カスタム部分はフロントだけではなくサイドマーカーもウィンカーポジションにするものや、保安基準は満たしていませんがリアウィンカーまでもウィンカーポジションにするものなどさまざまなものがあります。

市販のウインカーポジションキット紹介

この商品は、アジアンモータースが販売するウィンカーポジションキットです。値段は1289円と比較的安価なものとなっていて、車検にも対応しています。

ウインカーポジション ベーシックキット/ベーシックキット小型/カスタムキット

この商品はLIGHT COLLECTIONが販売するウィンカーポジションキットです。値段は3877円と少し高いですがライトがとても明るく、人気の商品となっています。こちらも車検にも対応しています。

S25 ウインカーポジションキット ツインカラーLED 60連SMD

ウインカーポジションキットの取り付け方は

ウィンカーポジションキットを取り付けるには、純正配線に組み込む必要があるため、電気配線の知識が必要になります。そのため、専門の業者に取り付けを依頼することになると思います。しかし、専門の業者にウィンカーポジションキットの取り付けを依頼しても断られるということが多くあります。
なぜかというと保安基準を満たしている、違法ではないといわれてはいるもののウィンカーポジションという機能自体のグレーな部分が多少也ともあり、組み込み作業を行うということは実質違法改造をすすめている形になるからです。
フロントのみをウィンカーポジション化する場合にはボンネットの中だけで配線作業が終了するというメリットがあり、意外と簡単です。

工賃は?

業者に取り付けを断られなかった場合は約5000~10000円が工賃の相場となります。ですが上記の通り代行して取り付けを行うことは違法改造を結果的にすすめているという形になるため、取付を行ってくれる業者は少ないです。
現在は自分で取り付けること自体は下調べをきちんとすれば難しいことではないので、自分で取り付けるほうが安心できるかもしれません。

ウインカーポジションは壊れやすい

ウィンカーポジションキットのフロントウィンカーとリアウィンカーには21W球を、サイドマーカーには、5W球を扱う高い電流が左右ひとつずつ流れるうえに、ウィンカーポジション回路は、ウィンカーの点滅によるオンオフが繰り返されるため、製品によっては基板や配線が耐えられずに故障するといったケースが多くみられます。特にフロント・サイドマーカー・リアウィンカーの全ウィンカーをポジション点灯させたいとしたときに、よく見られます。すべてを点灯させ続けるわけですから消費電力も増えるため、ユニットの制限を超えた電気を流し、故障の原因となるわけです。
ウィンカーが走行中に動作しなくなると危険なため、故障がもし走行中に起きた場合はノーマル状態になるといった機能がついているものもあります。

まとめ

ウィンカーポジションは流行でもありますし、試してみたいという方も多いと思いますが、カスタムする場所によってはそもそも保安基準を満たさない場合もあり、保安基準を満たし絵いても最終的な判断は検査官や取り締まりの警察官に委ねられているのが現状です。なので車検に通るか通らないかは実際のところ確実ではない部分があります。まず道路運送車両の保安基準を満たしているか自分で確認することはもちろんとして、規定をちゃんと守っているから大丈夫だろうと過信せずに、ウィンカーポジション化をするという方は「自己責任」で自分の手で取り付けを行ったほうがよいでしょう。

最新の投稿


新潟県北部の道の駅一覧 Part1

新潟県北部の道の駅一覧 Part1

新潟県は甲信越地区における日本海側の自治体で、佐渡島を有しています。天然記念物の朱鷺(とき)や瓢湖の白鳥、冬になると越後湯沢などを中心にスキーのメッカとして有名です。新潟県内の道の駅は39か所と北陸エリアでは比較的多いほうですので、今回は新潟県北部エリアの道の駅を中心に紹介します。


電子ドアミラー?サイドミラーの進化?修理方法も詳しく紹介

電子ドアミラー?サイドミラーの進化?修理方法も詳しく紹介

車に乗るときサイドミラーは調整しますか?実は調整方法をご存知な方は意外と少ないかもしれません。 サイドミラーも年々進化をしており最近ではカメラを搭載することが可能になりました。サイドミラーの修理方法や自分で行う場合のやり方を徹底的に紹介していきます。


あなたに必要かも?!初心者や女性ドライバーに優しいコーナーセンサー

あなたに必要かも?!初心者や女性ドライバーに優しいコーナーセンサー

コーナーセンサーは狭い路地のすれ違いや駐車場での切り返しなどで障害物との距離を教えてくれる便利装備!車の運転に自信のない方には特におすすめのアイテムです。新車で購入するときにつける方が多いですが、後付けも可能です。今回はコーナーセンサーの必要性について紹介していきたいと思います。


日産のSUV エクストレイルで車中泊するやり方とおすすめ車中泊グッズまとめ

日産のSUV エクストレイルで車中泊するやり方とおすすめ車中泊グッズまとめ

好きな時に好きな場所でプライベートな時間を過ごすことができる車中泊が最近ブームです。日産エクストレイルは車中泊するのにぴったりの大人気SUV。ここでは、車中泊が大好きな方からこれからやってみたい初心者まで、エクストレイルで車中泊をやるのに役立つ情報やおすすめグッズなどをご紹介しています。


エンジンマウントは強化すべき?劣化具合もいち早くチェック

エンジンマウントは強化すべき?劣化具合もいち早くチェック

エンジンマウントは車のアキレス腱と言われています。これは強化するにもメリットと、デメリットがあります。エンジンマウントが劣化したときにかかる、工賃や交換時期が気になるとこではないでしょうか。今回は、エンジンマウントとは何かから、劣化に対しての対象方について紹介していきます。