目次へ戻る

カリーナEDの人気は衰えない!カスタムしてさらにかっこよく!

カリーナEDの人気は衰えない!カスタムしてさらにかっこよく!

車ファンの中でも人気が高いのがカリーナEDです。3代目まで発売されており今でもマニアの間では人気が落ちない人気車種です。カリーナEDのナンバーは車種で数字が違ったりと疑問が出ている車です。カスタムするほど愛着がわく車なので色々と触りたいですね。


カリーナEDとは

カリーナEDとはトヨタ自動車が1985年に発売した4ドアクーペです。

4ドアクーペというのは4ドアセダンと酷似していますが、特に定義はなく、その違いといえば車高が若干、セダンよりもクーペの方が低めというくらいです。

メーカー視点ではセダンは実用的な車種なのに対して、クーペはデザイン性に優れているといわれているらしくカリーナEDの名前にもメーカー側の思いが組み込まれています。

カリーナは初代モデルが1970年ごろに発売開始されたのですが、その後何度かのモデルチェンジを経て、カリーナEDとなりました。

ちなみにカリーナとは英語では竜骨座という意味があり、この竜骨とは船底に描かれたものをイメージしています。

EDはExciting Dressy(エキサイティング・ドレッシィ)の略称で直訳すると刺激的でしゃれているという意味になります。

こうした意味合いからそのスタイルの良さを顧客からもメーカーからも愛されている一台なのです。

カリーナED 初代

初代カリーナED

初代カリーナEDは初代カリーナから15年の時を経て1985年に発売されました。

元々はセリカをプラットフォームにしているために同時期に発売されたセリカやコロナとは姉妹車という関係にあります。

実は初代カリーナEDはトヨタ社初の4ドアピラーレスハードトップで当時流行していたことから空前の大ヒットを生みました。

ちなみに4ドアピラーレスハードトップというのは2019年現在はあまり聞きなれませんが、簡単にいってしまえば後部座席との間に窓の敷居がないものということになります。

初代のオートマ車は4速まで速さを変更でき、マニュアル車に関しては5速まで変えられました。

この辺りは発売当時のキャッチフレーズである「足のいいやつ」というところに表れていますね。

カリーナED 2代目

2代目のカリーナEDは1989年にセリカやコロナと共にフルモデルチェンジを果たします。

初代から4ドアピラーレスハードトップや背の低い天井を受け継ぎ、上級グレードには世界初の四輪操舵システムが設定されることになりました。

デザインに関しては初代のイメージを崩さぬようにと似てはいますが、若干丸みを帯びた形にモデルチェンジ。

バブル景気真っただ中に作られたこともあり、豪華な装備を充実させるべく作られ、パワートレインには1.8Lと2.0Lの直列4気筒エンジンを2種類があり、駆動方式はFF、トランスミッションには初代と同じく4速ATと5速MTが組み合わされたのでした。

カリーナED 3代目

3代目のカリーナEDは2代目から4年の時を経て発売されました。

2代目との大きな違いはボディが大きくなったことがあげられます。

この際には5ナンバーから3ナンバーへと変更になったようですが、実際には車体の大きさはほんの少し変化した程度でした。

この5ナンバーから3ナンバーに変わるということをわかりやすく説明すると小型自動車から普通自動車へと扱いが変わったという感じです。

またこの頃、エアバッグなどの安全装置が義務付けられ、2代目では上級グレードにしかなかった四輪操舵システムが搭載されました。

エンジンなどのスペックに関しては2代目からたいして変更はないので、これがカリーナEDの最終形態だといっても過言ではありません。

カリーナEDの影響は大きい

カリーナEDはなんといっても当時はトヨタ車を代表する逸脱したデザインであったため、その後の自動車市場に与えた影響は大きいといえます。

例えば、日産のプレセアやマツダのペルソナ、三菱のエメロードがカリーナEDと同コンセプトで登場しています。

トヨタ自動車内でも与えた影響は大きく、カローラセレスやスプリンターマリノなどの下級グレードやトヨタマークⅡなどの高級セダンにも影響を与えたといっても過言ではないです。

また、2000年以降にメルセデスベンツなどの欧州メーカーが次々と4ドアクーペの車種を発表したことからそれ以前に出たカリーナEDが影響しているのではないかと囁かれることもありますが、価格設定や時代背景、顧客層が異なるために同列でみるのは難しいかもしれません。

いずれにしてもカリーナEDがその後の自動車市場にデザイン面で与えた影響は大きいといえますね。

カリーナEDでも5ナンバーと3ナンバーがあるの?

カリーナEDには5ナンバーと3ナンバーがあります。

これは、1989年の2代目から1993年の3代目に変わる際に2代目が5ナンバー、3代目は3ナンバーとなりました。

では、なぜ二つのナンバーがあるのでしょうか?

ここでは、カリーナEDに5ナンバーと3ナンバーがある理由をご紹介します。

3ナンバーと5ナンバーの違いは?

先ず、前述でも触れているのですが、5ナンバーと3ナンバーの違いについてです。

日本国内のナンバープレートには本拠地と分類番号、平仮名一文字と一連指定番号があります。

この本拠地の隣にある分類番号の頭が5なのか3なのかでその車が5ナンバーであるのか3ナンバーであるのかを見分けることが可能です。

良く自動車を見分けるときに排気量が2000㏄以上なのか2000㏄以下なのかと区別する人がいますが、5ナンバーならば2000㏄以下であり、3ナンバーならば2000㏄以上と大きな差があります。

その他にも全長が4700mm以上なのか以下なのか全幅が1700mm以上なのか以下なのか全高が2000mm以上なのか以下なのかなどといった基準はあるのですが、一般的には排気量でみるのが主流になっています。

また、5ナンバーと3ナンバーでは自動車税や重量税に若干の差があり、3ナンバー車のほうが少しだけ割高になる傾向にあります。

これは5ナンバー車が小型自動車に分類されるのに対して3ナンバー車が普通自動車ですので仕方がない部分がありますが、前述であげている3つの見分け方のどれかひとつでもオーバーしていれば普通自動車扱いとなるのであまり気にする必要もないといえるでしょう。

ナンバープレートが違う?

ナンバープレートには大きな違いはありません。

例えば軽自動車などは黄色のナンバーを使用していますが、こうした色の違いというものも全くといっていいほどありません。

見分け方は前述にもあるとおり、本拠地の横の登録番号の頭の数字をみるというくらいしかないのです。

気になる燃費は?

日本では3ナンバー車は高級車というイメージが強く、5ナンバー車に比べてその燃費も高くなると一般的にはいわれています。

ただ、一概にはそうともいえないというのが現状です。

というのも同じ3ナンバー車でも車体だけ大きく排気量は多くないものもありますので結局は排気量が重要で燃費が良いかどうかというのはその車種次第だといえるのです。

なので例に出すならばトヨタのプリウスなどは3ナンバー車に分類されますが、一般的なイメージとしては燃費が安いといわれています。

ですので、燃費を気にするという方はこのあたりを意識して自動車を購入する際に考えてみてはいかがでしょうか。

カスタムは可能なの?

トヨタカリーナEDのオーナーともなればカスタムををしたいという方もいるはずです。

カーライフを充実させるためにはカスタムは必要なのですが、カスタムは可能なのでしょうか?

結論からいえばカスタムは可能です。

この項目ではカリーナEDのカスタムについてまとめていこうと思います。

リアウイング

代表的なカスタマイズといえばリアウィングのカスタマイズが浮かびますね。

カスタマイズする理由としてはリアウィングをつけることで走行の感覚をよくするという意味合いと、デザイン面でスポーティーな印象を持たせるというところにつきます。

リアウィングをつける際はトヨタから公式のパーツがカリーナED向けに出ているわけではないのでサイズの合うものをメーカー問わずつけるほかありません。

ただ、その格好良さは車好きにはたまらないので、リアウィングのカスタマイズはしたいところですね。

ホイールカスタム

ホイールカスタムは好みのホイールデザインを選択することでカリーナEDの持つ印象を変えることが可能です。

最近ではLEDなどを使った光るホイールなどもありますし、カスタマイズしたいという方は結構多いです。

ホイールカスタムはカスタマイズの王道ですのでインチアップやカラーの変更などを行って自分好みにカスタマイズしましょう。

フロントリップ

フロントリップはカリーナEDをドレスアップしたいと考えているものの、そこまでガッツリやりたくないという人にはおすすめのカスタマイズです。

純正バンパーはそのまま使用し、少しだけ付け足すことでオリジナリティ感を引き立てます。

パーツに関してはネットショッピングなどを利用して購入することが可能なのでフロントリップのカスタマイズに興味があるという方は探してみてはいかがでしょうか?

まとめ

今回はトヨタ車で傑作といわれた4ドアクーペのカリーナEDについてご紹介させていただきましたがいかがでしたでしょうか?

皆さんもカリーナEDを購入する際は今回の記事を参考にしてみてくださいね。
最後まで読んでくださってありがとうございました。

関連するキーワード


トヨタ 車種情報 カリーナED

関連する投稿


クラウンアスリートハイブリッドの魅力とは┃歴史やスペック、燃費等まとめ

クラウンアスリートハイブリッドの魅力とは┃歴史やスペック、燃費等まとめ

クラウンアスリートのハイブリッドモデル「クラウンアスリートハイブリッド」 の燃費をガソリン車とハイブリッド車の比較でお伝えします。高級車の代表格である同車のステータス性や乗り心地、採用されている装備を考えると比較的お手頃とも言える価格や、スペック、魅力も併せて紹介していきます。


トヨタのRAV4もいいけどハリアーの方が良いと思う3つの理由

トヨタのRAV4もいいけどハリアーの方が良いと思う3つの理由

トヨタの新型RAV4は、2019年4月に発売されて以来大ヒットといえる販売で、トヨタのC-HRやホンダのヴェゼルを押さえて一躍国産SUVトップに躍り出ました。そんな中、健闘しているのが2013年に発売された現行ハリアーです。いまだに国産SUVの販売台数では上位につけ、多くのユーザーを引き付けています。では、新型RAV4ではなくハリアーを選ぶ理由は何なのでしょうか?それには3つの理由があるのです。


【2019年最新版】人気!おすすめ現行SUV 12選

【2019年最新版】人気!おすすめ現行SUV 12選

日本でも世界でも人気のSUV!今回は今人気・オススメしたいSUVを12種類紹介します。新車の購入を検討している方や、現行車のSUVを中古で購入したいと考えている方にオススメの内容です。燃費、価格、特徴をまとめたほか、合わせてSUVを選ぶ時のポイントもいくつか紹介します。


トヨタの人気SUV ハリアー!価格 燃費 内装 グレード 完全網羅!!

トヨタの人気SUV ハリアー!価格 燃費 内装 グレード 完全網羅!!

トヨタから発売されているSUV、ハリアーは、絶大な人気を誇ります。 ハリアーが気になっている人のために、価格、燃費、他のSUVと比較した結果、グレード、内装、中古車情報についてまとめました。ハリアーが気になる方、必見です!!


【スクープ】トヨタのヤリス(ヴィッツ)新型 東京モーターショー2019で披露?

【スクープ】トヨタのヤリス(ヴィッツ)新型 東京モーターショー2019で披露?

トヨタのハッチバック、ヤリス(日本名:ヴィッツ)の新型プロトタイプがドイツのニュルベルリンクに登場しました。


最新の投稿


【2019年8月9日発売】ホンダのN-WGN新型!価格・スペック・改良点は?

【2019年8月9日発売】ホンダのN-WGN新型!価格・スペック・改良点は?

ホンダの大人気軽ハイトワゴン、N-WGN(エヌワゴン)N-WGNカスタム、がフルモデルチェンジして発売されます。発売日8月9日。価格はN-WGNが127万4400円から163万1880円、N-WGNカスタムが151万2000円から179万3880円。本記事ではN-WGN新型の最新情報をまとめています。


日産のスカイライン新型 最新情報まとめ 価格・スペック・変更点ほか

日産のスカイライン新型 最新情報まとめ 価格・スペック・変更点ほか

7月16日に新型スカイラインが発表されました。今回はこのビッグマイナーチェンジがなされた新型スカイラインについて、エンジンスペックやその他の各種スペック、グレードラインアップならびに価格、そして話題を担っている先進安全技術について紹介します。


マツダ デミオ改めマツダ2改良新型 発売は9月 価格は約154万円

マツダ デミオ改めマツダ2改良新型 発売は9月 価格は約154万円

マツダのデミオ改良新型が9月に登場します。デミオは名前を世界統一名に変更し、デミオ改め「マツダ2」となります。新車価格は154万4400円から。気になる最新情報をまとめています。


スズキ イグニス|中古車価格から燃費、口コミ・評価を一覧で紹介

スズキ イグニス|中古車価格から燃費、口コミ・評価を一覧で紹介

スズキの「イグニス」はクロスオーバーSUV型のコンパクトカーです。本記事では性能スペックや中古価格や評判、燃費についてまとめていきます。SUV車の購入を検討している方は是非参考にしてください。


デ・トマソ パンテーラ 概要や歴史・各モデル|燃費・中古価格・評価

デ・トマソ パンテーラ 概要や歴史・各モデル|燃費・中古価格・評価

スポーツカーで有名な「デ・トマソ パンテーラ」の歴史や各モデルの特徴や紹介、そして燃費や中古価格、評価などをまとめてみました。憧れのクルマに関心のある方は是非ご覧ください。