目次へ戻る

走りにこだわったBMW 523の魅力|価格や燃費を解説

走りにこだわったBMW 523の魅力|価格や燃費を解説

BMWのシリーズでも、世界的に人気のある5シリーズ。今回は、BMW 523のスペックや価格、燃費などについて解説していきます。


BMW 523とは?

世界的に見ても人気がある5シリーズですが、日本の道路事情を考慮してみても小さすぎず、大きすぎずといった「丁度いい」サイズ感で人気の高いシリーズです。

運転した感じも車重が軽いので、スポーティーなドライビングができ、室内空間の広さも確保しているので圧迫感がない点などが人気の理由でしょう。

そんな人気の5シリーズの解説をする前に、まずはBMWからリリースされている4ドアセダンの基本的なラインナップの解説をしたいと思います。

知ってる?BMWの名付けの秘密

まずはBMWの車名の構成についてご説明します。BMWの車名は基本的に数字3ケタにより構成されています。今回ご紹介するBMW523で説明5シリーズで説明すると数字の一番最初の部分がそのモデルを指す数字となっています。

つまり「523」の頭文字の「5」は、5シリーズという分類に区分されたモデルという事になります。そして、5の数字の後にある2ケタの数字は排気量を表していました。しかし、ここ最近は稀に全く違うモデルもあるのであくまでも大まかな排気量を知る目安程度で、実際に購入する場合は事前に確認しておいた方がいいかもしれません。

次にBMWからリリースされている4ドアセダンのラインナップについて解説します。ハッチバックタイプのコンパクトカーを除いた場合、一番ボディが小さいモデルが3シリーズとなり、ベンツで言うとCクラス相当、国産車で例えるとマークX相当のボディサイズになります。次に5シリーズで、ベンツで言うとEクラス相当、国産車で例えるとクラウン相当のボディサイズになります。

一番ボディサイズが大きいモデルが7シリーズとなり、ベンツで例えるとSクラス相当、国産車で例えるとレクサスLS相当のボディサイズになります。

つまりセダンのラインナップで中クラスのボディサイズに相当するのが5シリーズという事になります。

そして5シリーズには、523以外にも3.0Lエンジンを搭載した535、4,394LのV8エンジンを搭載した550などがあり523というモデルは比較的排気量やパワーが小さいモデルという事になります。

BMW 523i

BMW523iのスペックをご紹介する前にモデルの名称の由来について補足しておきたいと思います。BMWの車名は基本的に3桁の数字で構成されていますが、数字の後にローマ字表記で「i」や「d」などがついているモデルがあります。これらは、「i」であればインジェクションを指しガソリン車であり、BMW523iは5シリーズの6代目から登場したモデルで現行の7代目にもラインナップされているモデルであります。

BMW523i以外のガソリン車モデルには、3.0L直6エンジンや大排気量のV8エンジンを搭載したモデルもあり、このBMW523iモデルは5シリーズの中でも比較的排気量の小さいモデルという事になります。

BMW 523d

先程のガソリン車であるBMW523iのディーゼルエンジンを搭載したモデルがBMW523dです。ガソリン車の登場した2010年の2年後に販売を開始。気になる排ガス規制は、新長期規制の次に制定された規制にも対応しています。

そして、ディーゼルエンジンと言えば排ガス規制の他にも気になるのがエンジンの騒音・振動などでしょう。このBMW523dに限らず5シリーズ全体でも言える事は、エンジンが優れているという点です。そしてそれはこのディーゼルエンジンも例外ではありません。

欧州車は高級車のディーゼルエンジン搭載モデルが豊富にあり、歴史もあります。しかし、高級車に似つかわしくない騒音・振動は極限まで抑えられており、それだけではなくパワーも十分すぎるという完成度の高いエンジンが搭載されています。

BMW 523のスペック

●BMW523i(6代目2010年~2011年)
【原動機】2.5L(204ps)/直6/DOHC/
【駆動方式】FR
【変速機】8速AT
【全長】4,910mm~5,040mm
【全幅】1,860mm~1,900mm
【全高】1,475mm~1.565mm

●BMW523i(6代目2011年~)
【原動機】2.0Lターボ(184ps)/直4/DOHC/
【駆動方式】FR
【変速機】8速AT
【全長】4,910mm~5,040mm
【全幅】1,860mm~1,900mm
【全高】1,475mm~1.565mm

●BMW523i(7代目2017年~)
【原動機】2.0Lターボ(184ps)/直4/DOHC/
【駆動方式】FR
【変速機】8速AT
【全長】4,945mm~4,965mm
【全幅】1,870mm~1,905mm
【全高】1,480mm~1.500mm

●BMW523d(6代目2012年~)
【原動機】2.0Lディーゼルターボ(184ps)/直4/DOHC/
【駆動方式】FR
【変速機】8速AT
【全長】4,910mm~5,040mm
【全幅】1,860mm~1,900mm
【全高】1,475mm~1.565mm

BMW 523のエクステリア

E60からのモデルチェンジで、フロントバンパーの開口部やメリハリのあるプレスラインなど、とてもスポーティな印象のものへ変更されました。走るヨロコビを忘れていない上質なセダンといった風格で、品もある大人なデザインです。

ワイド感がでるデザインで且つエレガントさもあるので、7シリーズと見間違えてしまう程の貫禄があります。

BMW 523のインテリア

シンプルでモダンなインテリアが特徴的なBMWですが、BMW523のインテリアはどのようなものに仕上がっているのでしょうか。BMW523のインテリアは特徴的な部分は少ないものの、その分操作性などの扱いやすさが特徴と言えるでしょう。

オーディオやナビゲーション操作などを直感的に操作できるiDriveコントローラー。タッチ式の10.2インチワイドディスプレイを採用するなどオーディオやナビ操作に関しての扱いやすさはライバル車種と比較してもBMW523に軍配があがります。またフロントシートに着座した時の解放感もあり、後部座席も広々として窮屈感を感じさせない居住性を確保しています。

BMW 523の価格

【BMW523i】
(新車価格)649万円~797万円
(中古車価格相場)約360万円~640万円

【BMW523d】
(新車価格)750万円
(中古車価格相場)約430万円~500万円

まとめ

BMW523i、BMW523dの特徴を解説してきましたが、いかがでしたでしょうか。トラクションコントロールの設定も可能なので、走りの面でも楽しめる車としてガソリン車を選択してスポーツ走行を楽しむのもいいでしょう。

また、燃費を優先してディーゼル車を選択しても環境先進国の本場のクリーンディーゼルは静寂性、パワー、燃費と高次元で満足できる仕上がりとなっています。
BMW523は外装・内装のデザイン性も素晴らしく、ガソリン車、ディーゼル車ともに、エンジン屋と称されるBMWらしい素晴らしいエンジンを搭載しているので、搭載されているエンジンで車を選択するのも楽しいものです。

関連するキーワード


BMW 車種情報 523

関連する投稿


BMWのクーペ/カブリオレ M4とはどんな車?┃歴史や特徴、維持費や購入法を徹底解説

BMWのクーペ/カブリオレ M4とはどんな車?┃歴史や特徴、維持費や購入法を徹底解説

BMW M4を購入しようかどうか迷っているけど詳細が良く分からずお悩みではないですか?実は、BMW M4は2014年に発売が開始されたばかりの凄く新しい車なんです!この記事では、BMW M4がそもそもどんな車なのか、維持費や購入方法なども含めて詳しく解説しています。是非、記事の内容をご覧いただきBMW M4を購入する前に参考にしてください!


【歴代1シリーズ初FF駆動】5月27日発表!BMWの1シリーズ新型!

【歴代1シリーズ初FF駆動】5月27日発表!BMWの1シリーズ新型!

BMWは5月27日、新型『1シリーズ』(BMW 1 Series)を欧州で発表しました。新型は3世代目モデルで、8年ぶりにモデルチェンジ。ボディは5ドアハッチバックのみを設定しています。


進化し続ける BMW 5シリーズ(2014年式)  をご紹介

進化し続ける BMW 5シリーズ(2014年式) をご紹介

世界で最も売れているセダンと聞かれて名前の挙がる車の一つが、このBMW 5シリーズではないでしょうか。マイナーチェンジ・メジャーアップデートを重ねるたびに進化し続けている車です。72年に初代が登場してから十数年の時を経てもまだ進化をやめないのがこの5シリーズです。今回は、このBMW 5シリーズ(2014年式)についてご紹介いたします。


BMW 5シリーズ 2014年モデル|中古価格から評価に至るまで一挙掲載

BMW 5シリーズ 2014年モデル|中古価格から評価に至るまで一挙掲載

BMW 5seriesの2014年モデルについて、特徴や評価などの気になる情報をはじめ、中古車相場まで購入に向けての知りたい情報が満載です。


走りの楽しさを追求したBMW X3の中古価格、評価、燃費を徹底解説!

走りの楽しさを追求したBMW X3の中古価格、評価、燃費を徹底解説!

走りの楽しさを追求した「BMW X3(クロススリー)」シリーズ。 2004年に発売されてから、2011年に2代目へ。そして、2017年に3代目が発売されました。この記事では、最新の3代目を中心に「BMW X3」について機能や燃費、評価、価格などをご紹介しております。


最新の投稿


アストンマーティンのHVハイパーカー、車名は『ヴァルハラ』に決定!

アストンマーティンのHVハイパーカー、車名は『ヴァルハラ』に決定!

アストンマーティンが手掛ける2021年に発売予定の新型ミッドシップハイブリッドハイパーカー。このスーパーカーの車名を、『ヴァルハラ』(Aston Martin VALHALLA)に決定した、と発表しました。ヴァルハラとはいったいどんなモンスターカーなのか?気になる最新情報をまとめました。


マツダの名車!初代~9代目全ファミリアを紹介!中古車市場はどうなっている?

マツダの名車!初代~9代目全ファミリアを紹介!中古車市場はどうなっている?

日本の自動車史の中でも存在感を放っている車の1つがマツダのファミリアです。ファミリアは今回はファミリーカーの代名詞として人気を博してきました。そんなファミリアについて、初代から9代目までの概要を説明します。そもそもファミリアとはどういう車であったのか、そして現在の中古車市場についても見ていきましょう。


【栃木県民おすすめ】栃木県で人気の道の駅 人気TOP10|温泉のある道の駅も!

【栃木県民おすすめ】栃木県で人気の道の駅 人気TOP10|温泉のある道の駅も!

栃木県には、餃子・いちご・日光東照宮など様々な名物がありますが、そうした栃木ならではの魅力とならんで道の駅も見所の一つです。それぞれの特色豊かな道の駅を訪れれば栃木県をもっと楽しめます。そこで、今回はそんな栃木県の人気がある道の駅TOP10を紹介します。思わず栃木に出かけたくなるランキング内容となりました。


【関西人厳選】関西ドライブおすすめスポット兵庫編┃デートや日帰り旅行にも

【関西人厳選】関西ドライブおすすめスポット兵庫編┃デートや日帰り旅行にも

関西でドライブに行くとなったらどこに行きますか?今回は、関西人の筆者が厳選した関西のドライブスポットを公開!定番スポットからちょっと穴場な場所までを一気に解説します。今回は兵庫編です。


【関西人厳選】関西ドライブおすすめスポット京都編┃デートや日帰り旅行にも

【関西人厳選】関西ドライブおすすめスポット京都編┃デートや日帰り旅行にも

関西でドライブに行くとなったらどこに行きますか?今回は、関西人の筆者が厳選した関西のドライブスポットを公開!定番スポットからちょっと穴場な場所までを一気に解説します。今回は京都編です。