目次へ戻る

ホンダ インテグラの歴史と歴代モデル|中古価格から評価に至るまで一挙掲載

ホンダ インテグラの歴史と歴代モデル|中古価格から評価に至るまで一挙掲載

ホンダの「インテグラ」の実燃費や中古価格などを歴代モデルごとにまとめてみました。「インテグラ」に乗り換えをお考えの方は是非参考にしてください。


20年以上 4代も続いたホンダの人気車「インテグラ」

ホンダの「インテグラ」は5ドアハッチバックスタイルのスポーティモデル「クイント」の後継モデルであり、初代モデルは「クイント インテグラ」として、1985年2月に登場しました。それから数えると26年、そして「インテグラ」となってから21年の長い歴史があります。この人気車種「インテグラ」の各モデルの特徴や歴史などをご紹介します。

1985年 初代インテグラ(クイントインテグラ)誕生

クイント インテグラ (初代インテグラ)

1985年にクイントをモデルチェンジした時に、リトラクタブルヘッドライトを持つ「クイントインテグラ」が登場しました。まず5ドアから始まり続いて3ドアハッチバックを発売、それに加えて4ドアセダンも用意されました。エンジンはすべて当時珍しかったDOHCだったのも特徴の一つです。

また「Si」は、基本的にはシビックおよびCR-Xの「Si」と同じ仕様になっていて、足回りもほぼ同じでしたが、「初代インテグラ」のキャラクターに合わせて少し柔らかめの印象を与えていました。

1989年 2代目インテグラへフルモデルチェンジ

1989年にフルモデルチェンジされた2代目 モデルDA5/6/7/8/DB1/2型が、「インテグラ」というネーミングになってデビューし、ホンダのエンジンの代名詞である、バルブの開閉のタイミングとリフト量をエンジンの回転数に応じて変化させる、「VTEC」を備えたNAエンジンを搭載しているのが大きな特徴となっています。

そして時代を象徴するスポーティクーペとして高い人気を誇りました。またこれらの機能により2代目インテグラはサーキットでチューニングマシンとしても使われるようになりました。この時にはハッチバックは廃止されて、3ドアクーペと4ドアハードトップとなります。

インテグラの名前は引き継ぎましたが、最初のコンセプトとは違った新しいシリーズになったような印象もあります。それはインテグラとしては初代のモデルで北米のアキュラとしてクーペの需要が高かったことが影響しているようです。

天皇陛下の最後の愛車としても知られる

この2代目インテグラは平成天皇の愛車としてもよく知られていて、皇居内を自ら運転して移動する時のためにインテグラを所有されていることがよく知られています。そして2019年1月に運転免許を更新されなかった為、最後の所有車となります。

1993年 3代目インテグラに

アキュラ インテグラ

「夢と感動」をキーワードに開発され、個性的なフロントマスクを備えた、独立した丸型4灯プロジェクターライトが特徴の3代目モデルDC1/2/DB6/7/8/9型が、スポーツマインドを高めたモデルとして1993年5月に誕生しました。

3代目モデルはダイナミックなスタイリングに生まれ変わり、デュアルポンプ式を採用するフルタイム4WDモデルがラインナップされるなど、バリエーションが多い点も特徴となっています。エンジンはZC型・B18C型・B18B型の3種類で、ZC型を搭載した4ドアハードトップには、インテグラの長い歴史の中で唯一のリアルタイム4WDが設定されました。

さらに2代目モデルよりも燃費がぐんと良くなり、「14.2km/L」と優秀な値になっていて、それも人気の要因の一つとなっていたと言えます。

1995年 高性能モデル「インテグラタイプR」が登場

インテグラ タイプR

1995年にインテグラとしては初めて高い動力性能を誇る本格的なスポーツグレード・「タイプR」が3ドアクーペと4ドアハードトップにそれぞれラインナップされました。

「タイプR」に装備されるのは豪華なブランド品ばかりで、フロントシートはレカロ製バケットシート、ステアリングはモモの本革巻3本スポーク、シフトパターンが彫り込まれたチタン調のアルミシフトノブと同じ素材のペダルパッド・フットレストが装着され、外観の印象を決定づける大きくそびえるウイングタイプリアスポイラーを標準で選択できます。

また性能面でもっとも魅力なのはブレンボのフロントブレーキで、300ミリピラータイプベンチレーテッド・ディスクをアルミ対向4ポットキャリパーで制御します。エンジンはK20A型で、普段のドライブで充分感じられる気持ちよさがあるのが特徴です。そして初代タイプRにも前期型と後期型があり、違いは、タイヤ幅・ホイールのインチサイズ・足回りなどとなっています。

2001年 4代目インテグラへ。インテグラタイプRもフルモデルチェンジ

2001年に発売された4代目モデル DC5型は、独立した4灯のヘッドライトの異形な個性を変更して受け入れやすくするとともにボディにはかなり補強が加えられています。そして低速域から高速域までパワフルで爽快な走行性能、環境に配慮した省燃費性能や高い安全性能を備える、新世代のスポーティクーペとして、2001年7月に誕生しました。

4代目モデルは歴代インテグラの中で初めて1700mmを超える3ナンバーサイズのボディを採用し、ワイド&ローを強調する安定感のある、ダイナミックでメリハリのあるスタイリングが特徴の4座3ドアクーペモデルとなっています。

「タイプR」は専用チューニングが施された圧倒的な動力性能を誇るピュアスポーツモデルとして、先代モデルに引き続き4代目モデルにもラインナップされました。また2004年のマイナーチェンジでは、ヘッドライトの変更とサスペンションが改良が行われ、イモビライザーがその頃非常に多かった盗難予防のため標準装備されました。しかし時代はセダン人気に変わってしまい、長年評判の良かったインテグラも残念ながら2006年に生産が終了しました。

インテグラの燃費や性能に関する評価は?

燃費:
10・15燃費・
初代モデル:10,6km/Lから14,6km/L、
2代目モデル:13,6km/Lから15,4km/L、
タイプR初代:12,4km/Lから13,8km/L、
タイプR2代目:12,4km/L。
実燃費:
2代目モデル:8,42km/L、
DC5型:11,34km/L
性能の評価:
もはやこれはFF車ではない。そんな言葉がピッタリなほどの運動性能と、B18Cの官能的なサウンドが楽しめる最高の車です。こんなパッケージングの車はもう二度と味わえないと思うので、オーナーの方々は是非是非大事に乗ってあげてください。
評価:
インテグラといえば、1980〜90年代、若者向けのスポーツクーペ&4ドアハードトップとして一世を風靡。とくに、3代目と4代目に用意された「タイプR」のイメージが強烈だった。新生インテグラは、どのようなモデルとなるのだろうか。同メディアによると、次期RSXは4月のニューヨークモーターショーでデビューを飾った9代目『シビック』とプラットフォームを共用。専用チューンの2.4リットル直列4気筒ガソリン「i-VTEC」エンジン、専用チューンのスポーツサスペンション、ウェッジシェイプが強調されたボディ、現行『シビックタイプR』をモチーフとしたスポーティなインテリアなどが特徴になるという。

つまり今でもスポーツタイプのクルマとして周知されているのが「インテグラ」なのですね。これでは愛着がわくのも納得でしょう。

インテグラの中古価格

インテグラの中古価格ですが、天皇陛下が乗られていた2代目モデルのインテグラは86,4万円から128万円、3代目モデルが16万円から125万円。4代目モデルが16万円から137,8万円となっています。

またインテグラRは、初代モデルが59,9万円から279,8万円で、2代目モデルが59,9万円から279,8万円となっています。

ホンダ インテグラ 中古車車検索 | レスポンス(Response.jp)

http://response.jp/assistance/usedcar/search/HO/S008/0/0/0/0/0/0/0/0/0/0/JPN/0/0/0/0/0/0/0/0/0/7/20/1/

ホンダ インテグラの中古車を買うならレスポンス中古車。レスポンス中古車は、最大20万台以上の豊富な在庫から中古車を検索できます

まとめ

エクステリアや運動性能・燃費・室内空間すべてにおいて評価が高かったインテグラの人気は今も続いていて、中古車を探すファンもたくさんいます。かっこいいクルマに乗りたいと思っている方にはオススメです。高性能の「タイプR」もぜひ探してみてください。

関連する投稿


ホンダのスーパースポーツNSX、中古車はお買い得?市場価格と維持費について検証!!

ホンダのスーパースポーツNSX、中古車はお買い得?市場価格と維持費について検証!!

2017年2月に販売開始した2代目NSX。初代NSXの中古車相場と20年以上経過する車両の歴史や特徴について、ご紹介していきます。


ホンダのバモスの中古車価格、スペック、燃費、評価等の一覧

ホンダのバモスの中古車価格、スペック、燃費、評価等の一覧

みなさんはホンダのバモスをご存知でしょうか。初代バモスはオープンカー型のピックアップトラックとして発売され、モデルチェンジを経て軽ワンボックスとして発売されました。現在は販売終了していますが、中古車で購入することは可能です。本記事ではそんなバモスの価格や燃費、評価についてまとめています。


オデッセイ・ハイブリッド|燃費・実燃費から評価は?中古価格も紹介

オデッセイ・ハイブリッド|燃費・実燃費から評価は?中古価格も紹介

1994年から発売されている、ホンダのオデッセイは発売当初から今もとても人気があるミニバンです。初代モデルから現行モデルまで、デザインが変更されてきましたが、どのモデルも根強い人気があります。こちらの記事では、オデッセイ ハイブリッドモデルの燃費と実燃費に、ユーザーやジャーナリストによる評価の紹介や中古車価格などについて合わせて掲載しています。


ホンダのフリード スパイクの新車・中古車価格、スペック、燃費、評価一覧

ホンダのフリード スパイクの新車・中古車価格、スペック、燃費、評価一覧

ホンダのフリードスパイクは、ホンダが2010年~2016年まで発売していた車です。ミニバンのフリードをベースに、トールワゴンタイプになったモデル。後継車はフリード+です。中古でトールワゴンを探しているという方、フリードスパイクはどうでしょうか。本記事ではフリードスパイクの新車・中古車価格、スペック、燃費、評価を見ていきます。


ホンダ ストリームの新車・中古車価格、スペック、燃費、試乗評価まとめ

ホンダ ストリームの新車・中古車価格、スペック、燃費、試乗評価まとめ

ストリームは、ホンダがかつて製造販売を行っていたミニバンです。5ナンバーサイズ・3列シート7人乗りのロールーフ・ミドルサイズミニバンとして2000年10月に登場しました。2014年に販売終了し、実質的な後継車はジェイドになっています。本記事ではそんなストリームについてご紹介いたします!


最新の投稿


新潟県北部の道の駅一覧 Part1

新潟県北部の道の駅一覧 Part1

新潟県は甲信越地区における日本海側の自治体で、佐渡島を有しています。天然記念物の朱鷺(とき)や瓢湖の白鳥、冬になると越後湯沢などを中心にスキーのメッカとして有名です。新潟県内の道の駅は39か所と北陸エリアでは比較的多いほうですので、今回は新潟県北部エリアの道の駅を中心に紹介します。


電子ドアミラー?サイドミラーの進化?修理方法も詳しく紹介

電子ドアミラー?サイドミラーの進化?修理方法も詳しく紹介

車に乗るときサイドミラーは調整しますか?実は調整方法をご存知な方は意外と少ないかもしれません。 サイドミラーも年々進化をしており最近ではカメラを搭載することが可能になりました。サイドミラーの修理方法や自分で行う場合のやり方を徹底的に紹介していきます。


あなたに必要かも?!初心者や女性ドライバーに優しいコーナーセンサー

あなたに必要かも?!初心者や女性ドライバーに優しいコーナーセンサー

コーナーセンサーは狭い路地のすれ違いや駐車場での切り返しなどで障害物との距離を教えてくれる便利装備!車の運転に自信のない方には特におすすめのアイテムです。新車で購入するときにつける方が多いですが、後付けも可能です。今回はコーナーセンサーの必要性について紹介していきたいと思います。


日産のSUV エクストレイルで車中泊するやり方とおすすめ車中泊グッズまとめ

日産のSUV エクストレイルで車中泊するやり方とおすすめ車中泊グッズまとめ

好きな時に好きな場所でプライベートな時間を過ごすことができる車中泊が最近ブームです。日産エクストレイルは車中泊するのにぴったりの大人気SUV。ここでは、車中泊が大好きな方からこれからやってみたい初心者まで、エクストレイルで車中泊をやるのに役立つ情報やおすすめグッズなどをご紹介しています。


エンジンマウントは強化すべき?劣化具合もいち早くチェック

エンジンマウントは強化すべき?劣化具合もいち早くチェック

エンジンマウントは車のアキレス腱と言われています。これは強化するにもメリットと、デメリットがあります。エンジンマウントが劣化したときにかかる、工賃や交換時期が気になるとこではないでしょうか。今回は、エンジンマウントとは何かから、劣化に対しての対象方について紹介していきます。