目次へ戻る

ダイハツ・アトレーの概要や歴史・歴代モデル|燃費や中古価格から評価まで

ダイハツ・アトレーの概要や歴史・歴代モデル|燃費や中古価格から評価まで

馴染みのある「ダイハツ・アトレー」の歴代モデルや中古価格などをご紹介していきます。もう1台増やしたいとお考えの方は、ぜひご覧になってください。


初代は1981年に「ハイゼット アトレー」として登場!

初代アトレーが登場したのは1981年4月、ダイハツの商用トラック/1BOXバンの「ハイゼット」が6代目にモデルチェンジしたのと同時期でした。

初代アトレーは「ハイゼットアトレー」と呼ばれた乗用ユース仕様ですが、この時期には商用1BOXバンをリリースしていた各メーカーからも、同種のモデルがリリースされています。

初代アトレーは低床ロールーフの廉価グレードを除けば全てハイルーフで、1983年10月のマイナーチェンジにより全車ハイルーフ化されるとともに、車名もハイゼットアトレーから「アトレー」へと改名されました。

そして1982年3月に、当時の軽自動車用としては大径ホイールの12インチタイヤを履く4WDが追加されました。また荷室重視で後席の快適性は限られた4ナンバー車ながら、シート地やフロアカーペット、サンルーフなど快適装備は乗用車並で、乗り心地を確保するためにリヤサスペンションのルーフスプリングは枚数を減らしてマイルドにしています。

そして初代アトレーの段階で多彩なシートアレンジが可能になっており、リアシートにもヘッドレストがついた1983年10月のマイナーチェンジ以降は、オプションのクッションも使えばフルフラットも可能な「5ウェイマルチシート」も大きなセールスポイントとなっていました。

グレードが豊富な2代目モデルは1986年に発売開始

基本グレードは先代モデルの(LXターボ、LX、G)を継承し、GX、EXターボが新グレードとして登場しました。名称につきましては「 X」を付けるようにしていたようで、後にSXターボ、ターボFX、ターボXXというグレードも追加されています。

ターボ付のメーターはタコメーターを標準装備し、ATモデルはシフトインジケーターを標準装備していました。メーターの文字板はブルーを基本としているのが特徴です。660cc化でブラックとなるがターボはブルーのバックを復活しています。ターボ車はターボインジケーターを装備していた為に省エネ運転が楽に出来たようです。

また550ccターボの初期モデルはチョークボタンがあり、過渡期という印象が感じられます。メカニズムについては足回りはS65系を継承し、フロントマクファーソンストラット、リアリーフリジットとなっています。

ホイールベースが1810mmから1800mmと短縮化され10インチホイール車は3.5m、12インチホイール車は3.6mの最小回転半径が自慢でした。ミッションは5MTを基本としていて、Gのみ4MTを採用していました。ブレーキは12インチモデルはフロントにディスクブレーキを採用し、ブレーキブースターは6インチを採用しています。

また10インチタイヤ車はフロント2リーディングドラムで5インチブレーキブースターを採用しました。当時の日産マーチが6インチブレーキブースターであることから、リッターカー並の性能を出すためであると思われます。SXターボ、ターボXXの足回りにはフロントスタビライザーを装備し、コーナリング性能をアップさせています。

実用的な3代目モデルも人気!

1994年1月にフルモデルチェンジされた3代目モデルは、貨物ナンバーながらリアスライドシート、リアシートベルトなど乗用にふさわしい内装になっています。またAT選択可能モデルが拡大され、ライバル車では1999年まで装備不可能だったABSやリアシートベルトなど安全装備が装備可能でした。そしてリバーノシリーズでは、ガラスルーフのコスミックルーフ装備グレードが用意され4ドアでフルトリムの内装、リアシートベルト装備など乗用をメインに考えられています。さらにMXシリーズでは、商用&レジャーを基本とし5ドアで格納タイプのリアシートを装備していたのが特徴です。

デザインにもこだわった4代目モデルのアトレー

アトレーは1999年1月に5年ぶり3度目のフルモデルチェンジが実施され、4代目モデルに移行しました。軽1BOXながら流麗なスタイルを持つ4代目モデルは、ボディタイプの片側スライドドア仕様の4ドアが廃止され、再び5ドアに一本化された一方で、ルーフの仕様はハイルーフの他、初代モデル以来となるロールーフが復活しました。

また上級グレードには、助手席SRSエアバッグシステムやABSが標準装備されるなど、先代に比べると大幅な強化が図られました。グレード体系は、当初「CL」「カスタム」「カスタムターボ」がラインナップされました。そして同年6月、ロングスライド機構付リアシート&リアシートベルト採用の5ナンバーモデル「アトレーワゴン」が追加されました。 「アトレーワゴン」の180mmのスライド量を生かした広さはライバルを圧倒し、実用的な車として大人気でした。

現行アトレーは5代目にあたり、福祉車両としても活躍中!

2005年5月より現行モデルになった「アトレー」は、エアロパーツ装着のターボ車のみのラインアップとなり、軽1BOX車で初のディスチャージヘッドランプを「カスタムターボRS」に標準装備されました。そしてハイルーフのみで「カスタムターボR」と「カスタムターボRS」の2グレード体制とシンプルな構成に変更し、荷室はユースフルホールやナットなどアレンジ可能になっています。2017年11月のマイナーチェンジでは、福祉車両の「スローパー」と「リアシートリフト」において、ベース車同様のマイナーチェンジ内容を適応するとともに、「スローパー」は車いす乗車用の3点式シートベルトが採用され、スロープのアシスト機構が一新されました。

ダイハツ アトレー 現行モデルのスペック

スペックにつきましては
ボディタイプ:5ドアセミワンボックス、
エンジン;EF-VE型 0.66L 直3 DOHC DVVT(2005年5月登場型福祉車のみ)、EF-DET型 0.66L 直3 DOHC ター(2005年5月登場型)、KF-DET型 0.66L 直3 DOHC ターボ(2017年11月改良型)、
駆動方式:FR/フルタイム4WD、
変速機:3AT(2005年5月登場型福祉車のみ)/4AT、サスペンション:前:マクファーソンストラット、後:3リンクコイル、
全長3,395mm全幅1,475mm全高1,875mm、
車両重量:970~1,090kg
となっています。

ダイハツ・アトレーの燃費と実燃費

燃費に関しましては、初代モデルと2代目モデルは不明になっています。
3代目モデルは10・15燃費が13,8km/Lから15,0km/L、実燃費が8,55km/Lです。
4代目モデルが10・15燃費13,8km/Lから16,4km/L、実燃費が9,81km/Lから14,28km/Lとなります。
現行モデルが10・15燃費13,4km/Lから15,2km/Lで、実燃費が7,32km/Lから11,63km/Lとなっています。

購入の判断基準になる性能や評価

私の場合、荷物を積むのにとても最適ですが、通勤での運用で、燃費がとても悪く周一で満タンにしてます。エコ運転を心がけてますが、なかなかできません。

この意見から考えると、少し燃費が悪いのが難点になっているようです。

先代アトレーでもリヤシートのスライド&リクライニング機構は採用されていたが、ラゲッジスペースを広く取ってしまうと、リヤシートの足元は狭くなってしまっていた。だが、新型は前後シート間のスペースが拡大されているので、広いラゲッジスペースを確保しても、リヤシートは足元に余裕があり、優れた居住性を実現している。

このフルモデルチェンジで居住性が随分良くなり、快適にドライブが楽しめるようになりました。

ダイハツ アトレーの中古車価格

2代目モデルは10万円から50万円で、3代目モデルは10万円から39,8万円。

4代目モデルは1,000円から29,8万円で、現行モデルが5,5万円から75,9万円となっています。全体的に見て比較的お手頃価格がついているようです。

ダイハツ・アトレーのまとめ

アトレーは燃費はやや悪いものの、実用的なクルマで初代から人気があります。近年では福祉車両としても使われていて、その需要はますます高まっていくことでしょう。アトレーの中古車を購入して、セカンドカーにすれば荷台を有効活用できて便利です。一度実物を見て検討してみてください。

関連する投稿


カワイイ!楽しい!ダイハツ3姉妹 ブーン、ブーンシルク、ブーンスタイル

カワイイ!楽しい!ダイハツ3姉妹 ブーン、ブーンシルク、ブーンスタイル

街中をスイスイ走る愛らしい姿をしたダイハツの小型車BOON。BOONとCILQ、STYLEは似ているけれど、少し違う。ちょうど姉妹の様な関係です。可愛らしい外観でも、パッソにはないホットハッチ仕様の『×4(クロスフォー)』をラインナップしている所にダイハツの意地も見えます。今回はそんなブーンの魅力に迫ります。


ダイハツ キャスト|3タイプそれぞれの特徴や燃費・中古価格を網羅

ダイハツ キャスト|3タイプそれぞれの特徴や燃費・中古価格を網羅

ダイハツから発売されている「ダイハツ キャスト」。 キャストはユーザーの好みに合わせて3種類のタイプが用意されています。 当記事では、キャストの「STYLE(スタイル)」・「ACTIVA(アクティバ)」・「SPORT(スポーツ)」、この個性の異なる3種類のラインナップに関して特徴や評判、価格などをご紹介しております。


ダイハツ アトレーワゴンの中古車情報|燃費から口コミ・評価も

ダイハツ アトレーワゴンの中古車情報|燃費から口コミ・評価も

1999年にダイハツから発売された軽ワンボックス「アトレー ワゴン」。 同社の「アトレー」をベースとして誕生しました。 イタリアのデザイナーによる内外装デザインと大人4人と荷物を余裕を持って収容できる車内空間はモデルチェンジ後の現在でも健在です。 当記事では、アトレーワゴンの燃費や評判、中古価格などを掲載しています。


ダイハツの軽 エッセ|スペック・燃費から中古価格までご紹介

ダイハツの軽 エッセ|スペック・燃費から中古価格までご紹介

発売が終了している、ダイハツのエッセは街乗りに丁度いい仕様で作られています。エッセの中古車には、燃費性のに走行性能など様々な点で期待することができます。今回の記事では、ダイハツの軽自動車「エッセ」」の性能や燃費に、中古車価格などをまとめてご紹介していきます。


ダイハツのミラシリーズとは?中古価格から性能まで徹底解説

ダイハツのミラシリーズとは?中古価格から性能まで徹底解説

ダイハツの人気軽自動車シリーズ「ミラ」は発売開始時から今日に至るまで大きな人気を持って迎えられてきた車です。今回はミラのバリエーション車両であるミライース、ミラジーノ、ミラトコットの性能や燃費を紹介していきます。ミラシリーズの魅力を伝える内容となっているので、ダイハツの自動車が気になる方はぜひご一読ください。


最新の投稿


日産 オッティ(OTTI)とはどんな車?┃維持費や購入法を徹底解説

日産 オッティ(OTTI)とはどんな車?┃維持費や購入法を徹底解説

オッティを購入しようかどうか迷っているけど詳細が良く分からず悩んでいるという人はいませんか?実は、日産のイメージが強いオッティですが、三菱自動車工業からのOEMで出来ていた車なんです。この記事では、オッティがそもそもどんな車なのか、維持費や購入方法なども含めて詳しく解説しています。是非、記事の内容をご覧いただきオッティを購入する前に参考にしてください!


【違反走行をしないために】知っておくべき道路の路肩に関する規制

【違反走行をしないために】知っておくべき道路の路肩に関する規制

車を運転する人も自転車に乗る人も。みなさんの身近にある道路のすぐ傍にある路肩。実は知らないと警察に捕まってしまうかもしれない規制があることをご存知でしょうか。本記事では改めて、知らないと損するかもしれない、路肩に関連した規制と豆知識についてご紹介しています。


根強い人気があるトヨタの高級セダン クラウン┃中古価格やスペック等 一覧

根強い人気があるトヨタの高級セダン クラウン┃中古価格やスペック等 一覧

クラウンの歴史は古く、60年以上の歴史を持つトヨタの人気車種です。トヨタのクラウンは時を超えて常に、時代とともに挑戦し続けています。初めて発売が開始された1955年から現行のモデル全ての特徴や車のスペックに中古車価格などを分かりやすくまとめました。これからトヨタの「クラウン」を検討している方は、是非参考にしてみてください。


北海道の新千歳空港周辺の駐車場情報21選!料金は?予約はできるの?

北海道の新千歳空港周辺の駐車場情報21選!料金は?予約はできるの?

北海道の新千歳空港。観光客が多く訪れるイメージですが、北海道から外に出る人にとっても大事な場所です。特に車移動が多い北海道では駐車場に車を置いて飛行機を利用する人も多いはず。いざというときのために料金が安い、予約ができる、新千歳空港の近隣の駐車場を把握しておきましょう。


アウディ S1とはどんな車?┃維持費や中古の購入方法を解説

アウディ S1とはどんな車?┃維持費や中古の購入方法を解説

「せっかく車を買うならアウディ S1に乗ってみたい」 「アウディって高いイメージがあるけど実際にその費用に見合うだけの満足感を得られるの?」このようにアウディ S1を購入しようかどうか迷っているけど詳細が良く分からずお悩みではないですか?この記事では、アウディ S1がそもそもどんな車なのか、維持費や購入方法なども含めて詳しく解説しています。是非、記事の内容をご覧いただきアウディ S1を購入する前に参考にしてください!