目次へ戻る

最近のBMWの取り組み3選!貴方は全部知ってる?

最近のBMWの取り組み3選!貴方は全部知ってる?

ドイツの高級車メーカー、BMWグループがすべてのラインナップに、マイルドハイブリッド技術を採用する計画を掲げていることが分かりました。他、BMWの行っている取組みについてまとめてみました。


BMW、「全車」にマイルドハイブリッド設定!2025年頃を予定

ドイツの高級車メーカー、BMWグループがすべてのラインナップに、マイルドハイブリッド技術を採用する計画を掲げていることが分かりました。

これは3月21日、BMWグループがドイツで開催した年次プレスカンファレンスで明らかにしたもの。同社の取締役会のハラルド・クルーガー会長は、「2025年までに、BMWグループの全内燃機関車が、12Vおよび48Vのマイルドハイブリッドシステムを搭載する」と発表していました。

12/48Vのマイルドハイブリッドシステムは、欧州の自動車メーカーが力を入れている技術。フルハイブリッドに対して、低コストで燃費向上の効果を引き出せるメリットに、欧州勢は着目しています。

環境対応車の本命といわれるEVやFCVは、インフラ整備などの面から、本格的な普及は、まだ先となる見通し。BMWグループは当面は主流であり続ける内燃機関車については、マイルドハイブリッドを重視していく方針です。

BMW×トヨタ、スープラはもうすぐ!?

トヨタとBMWが共同開発を進める、「スープラ」次期型と「Z5」新型プロトタイプを知っていますか?

この2台が豪雪のスカンジナビアで初めて合同テストを開始しました。

これまで、各々のテストシーンは目撃されていたが、ツーショットは初めて。さらにZ5がルーフをオープン、これにより衝撃の事実が発覚しました。

Z5のサイドビューを見て何かお気付きでしょうか?

ドライバーズシートとロールバーの間に不自然な空間があります。また、ロールバーがヘッドレストにも見えるところも怪しい。これが何を物語っているのか...

「Z4」は、これまで2シーターオープンモデルだったが、「Z5」ではボディ拡大に伴い、2+2シートレイアウトとなる可能性があることが分かりました。

Z5のパワートレインは2リットル直列4気筒ターボ、直列6気筒ターボの他、ハイブリッドモデルもラインナップされる予定です。

ワールドプレミアは2017年後半が予想されています。

BMW、新デジタルプラットフォームを立ち上げ

ドイツのBMWは2月中旬、同社の米国の電動車両の顧客のために、充電ステーションのインストールオプションを提供する、新しいBMWインストールサービスデジタルプラットフォームを立ち上げた、と発表しました。

BMWは、QMeritと協力して、このデジタルプラットフォームを構築。

QMeritは、クラウドベースのプラットフォームや、それに関連したサービスを提供している企業。

実際、何ができるの?

BMW「i」とBMW「iPerformance」の顧客は、専用サイトにアクセスするだけで、簡単にBMWインストールサービスプロセスを開始できます。

顧客は専用サイトのプログラムのオンラインプラットフォームにアクセス。その地域にある有償の家庭用充電スタンドインストーラを選択する。QMeritを使用すれば、オンラインアカウントが素早く作成できます。

今回の取り組みは、便利で信頼性の高い車両充電を可能にするホーム充電ソリューションのカスタマイズインストールを提供するのが狙い。

BMWのEVインフラ担当、Robert Healey氏は、「新しいBMWインストールサービスプログラムの立ち上げと、QMeritとの提携により、BMWの顧客がプレミアムで便利な電子モビリティサービスにアクセスできるようにし続ける」と語っていました。

関連するキーワード


BMW

関連する投稿


【最新版】2018年発売が予測される新型車(外車)&新車情報まとめ

【最新版】2018年発売が予測される新型車(外車)&新車情報まとめ

毎年多くの車種が発表される自動車業界。2018年はどのような新型車・フルモデルチェンジ車に出会えるのでしょうか。名だたる外車メーカーの新型車・新車最新情報をまとめています!これを読めば2018年発売が予測される海外の輸入車・外車の新型車・新車情報を一気に先取りです!


【スクープ】BMW 1シリーズ新型コックピット激写!1シリーズに迫る

【スクープ】BMW 1シリーズ新型コックピット激写!1シリーズに迫る

近々フルモデルチェンジが噂されている、BMWのエントリーハッチバック『1シリーズ』ですが、この次期型のコックピットを、レスポンスの兄弟サイトであるSpyder7のカメラが初めてとらえました。今回は新型BMW1シリーズに迫りながら、改めて1シリーズについてまとめてみました。


東京モーターショー2017総振返り!メーカー別 注目車種と来場者数は?

東京モーターショー2017総振返り!メーカー別 注目車種と来場者数は?

【11/17情報更新】2017年10月28日~11月5日の10日間で開催された東京モーターショー2017。本記事では東京モーターショーのトレンド、見どころ(出展社、出展車両)、来場者数等の振返りをまとめて掲載しています。東京ビッグサイトに足を運んだ方も、残念ながら行けなかった方も是非ご覧下さい。


【東京モーターショー2017】BMW 主要出展車両まとめ

【東京モーターショー2017】BMW 主要出展車両まとめ

東京モーターショー2017が始まりました。この記事ではBMWが東京モーターショー2017に出展している、主な出展車両の画像をまとめています。【10月30日更新】


BMW、3代目新型『X3』を発表!東京モーターショー2017でお披露目予定

BMW、3代目新型『X3』を発表!東京モーターショー2017でお披露目予定

BMWジャパンは、3代目となる新型『X3』を発表しました。X3 xDrive20d M Sportは年内にデリバリー開始です。今回は新しくなったX3新型についてご紹介します。


最新の投稿


還暦を迎えた日産スカイラインの歴代モデルと、歴史を振り返る。

還暦を迎えた日産スカイラインの歴代モデルと、歴史を振り返る。

2017年4月24日、日産のスカイラインが誕生から60周年となり人間で言う「 還暦」を迎えました。過去の初代から13代目スカイラインまでのモデルの振り返りと共に、歴史やその年の出来事、流行したファッションについてと、60周年を記念して開催されていたイベントを一部紹介しています。


後部座席は36.4%…。シートベルトの着用率を都道府県別に見る

後部座席は36.4%…。シートベルトの着用率を都道府県別に見る

皆様は車の運転の際、シートベルトをきちんと着用していますか?運転席や助手席だけでなく安全な運転のために、後部座席もシートベルト着用の義務があります。今回はシートベルトの着用率を都道府県別に見ていきましょう。果たしてシートベルト着用率の高い1番安全な都道府県はどこなのでしょうか?


うっかり車が立ち往生!?そんな時に必要な準備とは!?

うっかり車が立ち往生!?そんな時に必要な準備とは!?

雪が降り始めると車の事故やトラブルも増えますね。特に、暴風雪による多重衝突事故や道路での立ち往生…などの被害は大きいです。降雪が多い時は車での外出は避けた方が無難ですが、そうも言ってられませんよね。もし立ち往生してしまった時備えておけば心強い。そんなグッズをご紹介します。備えあれば憂いなしですよ!!


【2017年冬】雪道だって大丈夫!!雪道に強いオススメ車 厳選5選

【2017年冬】雪道だって大丈夫!!雪道に強いオススメ車 厳選5選

2017年の冬も厳しい寒さ&降雪が予想されています。つまりそれはウィンタースポーツ、スキーやスノボーが楽しめるということでもですね!ここで心配なのが雪道での車のスリップ!貴方の車は大丈夫ですか?貴方と貴方の大切な人を守ってくれる、雪道に強いオススメの車最新情報をお届けいたします!この車たちで冬を熱く楽しみましょう!


【痛車オーナー必見】100台以上集結の「交通安全祈願2018」開催!

【痛車オーナー必見】100台以上集結の「交通安全祈願2018」開催!

痛車・痛バイクオーナーの皆さんに朗報です。2018年2月25日(日)、中古車買取のカープライスが川崎大師にて、痛車・痛バイク100台規模の交通安全祈願イベント『川崎大師 痛車・痛バイク 交通安全祈願2018』を開催します。先着100台は参加費が無料、イベントの内容を紹介します。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング