目次へ戻る

ダイハツムーヴの派生モデル ムーヴコンテ┃歴史やムーヴとの比較も解説!

ダイハツムーヴの派生モデル ムーヴコンテ┃歴史やムーヴとの比較も解説!

「軽自動車が欲しいんだけどムーヴコンテって実際どうなの?」 「コンパクトでかわいいけど機能性も重視した車が良いけどムーヴコンテの機能性が気になる」 このようにムーヴコンテを購入しようかどうか迷っているけど詳細が良く分からずお悩みではないですか? ムーヴコンテ、実は、「カクカク・シカジカ」でお馴染みダイハツムーヴの派生モデルとして誕生した車なんです!この記事では、ムーヴコンテがそもそもどんな車なのか、維持費や購入方法なども含めて詳しく解説しています。 是非、記事の内容をご覧いただきムーヴコンテを購入する前に参考にしてください!


1 ダイハツのムーヴコンテとは

それでは早速ムーヴコンテについて詳しく紹介をしていきます。

そもそもムーヴコンテって何?という方もいるかと思いますので、より概要的な部分から紹介をしていきます。

ムーヴコンテは2016年に生産終了

実はムーヴコンテは2016年に生産がすでに終了しています。若い女性を中心に乗り心地の面などでも評価が高く人気の車でしたが、在庫も含め2017年には完全に販売も終了をし、新車販売市場からはおよそ9年間で姿を消す事になりました。

実はこの9年間において一度もモデルチェンジがされることなく初代のモデルのみで最後まで貫き通すという非常に珍しい車でもあります。

ムーヴコンテに今後新型は出る?

上記で述べたように既に製造・販売が新車市場においては終了しておりますので、今後新型が出る事はありません。強いて言うのであればムーヴコンテの型を受け継いだ車が改良を施して生まれるくらいでしょうか。しかし、2017年の販売終了以降特に目立った動きはないため、実質それは考えにくいでしょう。

ムーヴコンテ、車名の由来は?

ムーヴコンテの写真を見て頂くと分かりますが、角ばった四角い外見が特徴です。その外見からも連想される英語のcontainer(コンテナ)からの造語として名付けられました。

また、conteというのはイタリア語で「あなたと」という意味もあります。可愛らしい見た目でコンパクトながら乗り心地の良い車ですので、ちょっと一緒にドライブというようなシチュエーションで重宝すること間違いなしの車です。

2 ムーヴとの違い

実は、このムーヴコンテはダイハツの主力車4代目ムーヴの派生モデルとして作られました。では一体どこが異なるのか、次はムーヴとの違いについて紹介をしてきます。

ムーヴと異なる中性的なデザイン

写真を見て頂ければ一目瞭然ですが、ムーヴは比較的可愛らしいデザインが全面的に出ており、いかにも女性受けしそうなデザインに仕上がっています。実はムーヴ自体はスズキのワゴンRに対抗する車として作られたという経緯もあります。ハッキリと違いを出すためか、最新版のモデルは特に女性受けしそうなデザインとなっています。

一方のムーヴコンテですが、男性が乗っても全然違和感がないような比較的中立的なデザインが特徴的です。ある意味では誰が乗っても様になる乗る人を際立たせてくれる車と言えるでしょう。直線的・平面的な外観が特徴です。

前の席の快適性を追求

後席はシートスライドなどの機能をなくし、その代わりに前席に対する快適性や質感のこだわりを見せています。同タイプの他の車に比べるとかなり前席に対する注力度合いが見受けられる車です。

その代償としては後ろの席は標準のムーヴに比べれば高さ以外の全ての寸法においてムーヴコンテの方が小さくなっています。そのため、4人まで乗る事は可能ですが、どちらかと言えば2人で乗る事に特化したようなモデルと言えるでしょう。

シフトレバーの位置に違いあり

運転を左右するシフトレバーの一にも違いがあります。ムーヴコンテはステアリング根元にレバーを設置しコラムシフトとして、ムーヴはセンタークラスター上部に設置しパネルシフトとして存在します。このあたりは完全に好みの問題になってきます。

繰り返されるマイナーチェンジ

一度もモデルチェンジする事が無かったムーヴコンテですが、マイナーチェンジに関しては繰り返されてより良質な車内空間を目指して改良が続きました。

車体も小さい車ではあるため余分なものがあったり、欲しいものが欲しい位置にないと通常よりも気になるものです。そこでそういった部分に関してお客様のお声を頂きながらマイナーチェンジをしていきました。

3 ムーヴコンテの維持費

さて、ここまではムーヴコンテの概要について詳しく紹介をしていきました。

ここまでくると次に気になってくるのが実際に所有をするとなるといくらくらいの維持費がかかるのかという点だと思いますので、それぞれ詳しく見ていきましょう。

ムーヴコンテの中古価格相場

先ずは最も気になる価格帯ですが、中古車ですと状態によって大きく価格が異なるので一概には言えませんが、平均としては約50万円になります。ただし、非常に振れ幅が大きいので何とも言えません。

最大でも150万円弱を見込んでおけば間違いはありませんが、そこまで値が張るものはそれほど出回っていないので大方100万円を用意していれば十分に状態の良いものは購入いただけるかと思います。

ムーヴコンテは新品で購入することは可能?

残念ながらムーヴコンテ自体は2016年の製造終了および2017年の在庫完売に伴う新車市場から撤退しています。そのため、今から新車を購入することはできません。

ムーヴコンテの燃費

ムーヴコンテは恐るべき燃費を見せています。およそ21~27km/Lとされています。普通に考えてあり得ないですよね。これは利用するユーザーにとっては非常に経済的に優しいですね。車によっては一桁km/L分しか走らないという燃費の車もある中で堂々の走行可能距離を誇ります。

ムーヴコンテの車検代の目安は

さて、維持費として忘れてはいけない存在の1つに車検代があります。

ムーヴコンテに関しては約50,000円ですので多少は値段が抑えられていると分かります。車によっては車検でもの凄い金額を持っていかれる車もあるので、ここはチェックしておきたい部分ですね。

ムーヴコンテの値引き相場も知りたい

ムーヴコンテは既に製造・販売がされておらず中古車市場でのみやり取りがされている車です。新車と違って販売価格から仕入れ値を差し引いて利益を生み出していく中古車市場においては大幅に値引きをする事は難しくなってきます。

そこでムーヴコンテも例外に漏れず、あまり値引き相場というものは期待しないほうが良いでしょう。

5 ムーヴコンテの人気色

ムーヴコンテについてかなり詳しくなってきたかと思いますが、最後に人気のカラーバリエーションについてご紹介します。

ブラウンが一番人気?

一番人気はブラウンのようです。

ブラウンは、男性にも女性にも受けるカラーで、誰が運転しても凄く目立つわけではないけど目に留まるという個性のある色です。

バリエーション豊かなカラー

ムーヴコンテの特徴の1つですが、非常にカラーバリエーションが豊富である事があげられます。自分の好みの色にする事が出来るため、オーダーメイド感覚で使用可能です。

6 まとめ

いかがでしたでしょうか。ここまでムーヴコンテの概要から派生モデルとしての元になったムーヴとの違い、所有時にかかる維持費の内訳や、実際に購入が可能な場所、選べるカラーバリエーションについてといった流れでご説明をしてきました。

非常に使い勝手がよく人気の中で姿を消したムーヴコンテですが、中古車であっても十分な使い勝手は演出してくれると思います!

関連する投稿


7月発売!ダイハツ新型タント 人気の軽トールワゴンタント新型の最新情報まとめ 

7月発売!ダイハツ新型タント 人気の軽トールワゴンタント新型の最新情報まとめ 

「タント」はダイハツの大人気軽トールワゴンです。そんなタントがフルモデルチェンジしてこの夏登場します。発売は?価格は?新旧で何が変わるの?他タント新型の最新情報をまとめています。また、新型タントの画像も多数掲載!購入検討している方、予約検討している方はぜひ本記事をどうぞ!


【最新版】軽自動車おすすめ10選!人気・燃費・広さで選ぶなら?

【最新版】軽自動車おすすめ10選!人気・燃費・広さで選ぶなら?

国内の自動車販売台数の内、3割以上の販売台数を占める軽自動車。こちらの記事では「燃費(JC08モード&実燃費)」、ファミリーに勧めたい「広さ・使い勝手」、「人気車種」と、各それぞれの項目でおすすめの軽自動車の概要や、特徴、新車・中古車平均価格、ユーザー評価等の情報を随時更新し掲載しています。


【最新版】2019年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

【最新版】2019年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

毎年多くの車種が発表される自動車業界。2019年はどのような新型車・フルモデルチェンジ車に出会えるでしょうか。トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、光岡。名だたる国産車メーカーの新型車・新車最新情報、予測を網羅!2019年はどんな新型車が出る?そんな時は本記事を!【3月27日更新】


ダイハツ・アトレーの概要や歴史・歴代モデル|燃費や中古価格から評価まで

ダイハツ・アトレーの概要や歴史・歴代モデル|燃費や中古価格から評価まで

馴染みのある「ダイハツ・アトレー」の歴代モデルや中古価格などをご紹介していきます。もう1台増やしたいとお考えの方は、ぜひご覧になってください。


カワイイ!楽しい!ダイハツ3姉妹 ブーン、ブーンシルク、ブーンスタイル

カワイイ!楽しい!ダイハツ3姉妹 ブーン、ブーンシルク、ブーンスタイル

街中をスイスイ走る愛らしい姿をしたダイハツの小型車BOON。BOONとCILQ、STYLEは似ているけれど、少し違う。ちょうど姉妹の様な関係です。可愛らしい外観でも、パッソにはないホットハッチ仕様の『×4(クロスフォー)』をラインナップしている所にダイハツの意地も見えます。今回はそんなブーンの魅力に迫ります。


最新の投稿


ジムニーシエラ 新型!燃費・走行性能・価格・評価・中古価格は?

ジムニーシエラ 新型!燃費・走行性能・価格・評価・中古価格は?

スズキのジムニーフルモデルチェンジの期待が高まる中、ジムニーシエラも同じタイミングで発売が発表され話題となっています。新型のスペックも気になりますが、改めてジムニーのワイド版・ジムニーシエラについての基本情報・スペック・燃費・評価・新車価格を見ていきたいと思います。


そり遊び、 BBQ、デイキャンプまでできる 道の駅 パティオにいがた

そり遊び、 BBQ、デイキャンプまでできる 道の駅 パティオにいがた

道の駅 パティオにいがたは地元の味が楽しめ、特産品が買えるコーナーはもちろん、デイキャンプ場や地域に親しめるスポットが揃っています。 ドライブのついでや、家族のレジャースポットとして訪れたい道の駅です。


スバルのレオーネとはどういう車だったのか?現在の中古車価格相場も紹介!

スバルのレオーネとはどういう車だったのか?現在の中古車価格相場も紹介!

平成生まれの人だったとしてもレオーネという車の名前を聞いたことがあるかもしれません。今でもそのいぶし銀のような存在感を見せるスバルのレオーネとは、どういう車だったのかについて誕生の経緯やモデルを取り上げて紹介します。また、レオーネの中古車の価格相場もチェックしてみましょう。


【コスモスポーツからRX-8まで】ロータリーエンジンを搭載していた車10選

【コスモスポーツからRX-8まで】ロータリーエンジンを搭載していた車10選

みなさんはロータリーエンジンを知っていますか?ロータリーエンジンが搭載されていた車とは?本記事ではロータリーエンジンの仕組みとそのメリットデメリット、またロータリーエンジンを搭載していた車をご紹介します。車選びの参考にしてみてくださいね。


ポルシェのオープンカー ボクスター┃歴代モデルやスペック、燃費等

ポルシェのオープンカー ボクスター┃歴代モデルやスペック、燃費等

高級スポーツカーの代名詞とも言えるポルシェの造る2シーターオープンカー、それが『ボクスター』です。ポルシェのラインナップの中ではエントリーモデルとも言われていますが、ミッドシップレイアウトのエンジンと軽量の車体で本格的なスポーツ走行が出来ます。今回はそんなポルシェ ボクスターの魅力をご紹介していきます。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング