目次へ戻る

BMWのクーペ/カブリオレ M4とはどんな車?┃歴史や特徴、維持費や購入法を徹底解説

BMWのクーペ/カブリオレ M4とはどんな車?┃歴史や特徴、維持費や購入法を徹底解説

BMW M4を購入しようかどうか迷っているけど詳細が良く分からずお悩みではないですか?実は、BMW M4は2014年に発売が開始されたばかりの凄く新しい車なんです!この記事では、BMW M4がそもそもどんな車なのか、維持費や購入方法なども含めて詳しく解説しています。是非、記事の内容をご覧いただきBMW M4を購入する前に参考にしてください!


1 BMW M4とは

BMWは当然聞いた事があるけど中には「実はあまり詳しくは知らない」という方もいるかと思います。

そこで先ずはBMW、そして今回紹介する「BMW M4」とは何なのかについて紹介をしていきたいと思います。

BMW M4クーペ

先ずは「クーペ」について紹介をしていきます。

この名前を何となく聞いた事がある方も多いのではないでしょうか。言葉で説明をするよりは写真をご覧になった方がイメージが湧くかとは思いますが、まさに生粋のスポーツカーと言うにふさわしい堂々たるフォルムです。

もちろん普段の生活で乗る事も出来ますが、サーキット用として使用されるなどその存在感を遺憾なく発揮しています。シートも非常に高級感が溢れるもので、乗った者の心を躍らせるような作りになっています。

BMW M4カブリオレ

カブリオレはいわゆるオープンカータイプの車になります。

クーペと同様スポーツカーとしての遺伝子を十分に注がれたそのフォルムは見るものを圧倒する最上級の車と言えます。ルーフを閉める事も当然可能で、その姿もまた堂々たるものです。最先端のエンジンを搭載し快適な走り心地を届けてくれます。

オープンカーとして晴れた日に壮大な道を駆け巡るのは何にも例え難い至極のひと時です。

車名の由来は?

1980年代後半から1990年代前半においてドイツ190Eとレースで激闘を繰り広げていたM3クーペに由来をしてこのM4というモデルの名前は付けられました。

2014年に日本におけるモデルチェンジが行われ、クーペ系の車種を「M4シリーズ」として独立させたことが事の発端です。

先述の通り、2018年にはクーペだけでなくカブリオレもシリーズに追加されました。

2 BMW M4の特徴

圧倒的なエンジンパフォーマンス

スポーツカーとしての需要もあるだけに搭載しているエンジンも半端ではありません。最高出力がなんと驚異の331km(450ps)という他を圧倒するパワーを誇っており、普通に車に乗る感覚とは違ったエンジン音や感触を味わうことが出来ます。

そしてそれを支えるのが「Mツインタワー・ターボ・エンジン」です。6気筒のこのエンジンが心臓部として機能する事で圧倒的なパワーを生み出す事が出来ます。なんと0-100km/hまでわずか4.3秒のうちに加速をさせるというとんでもないパフォーマンスが可能です。

内装外装問わずデザインが格好良い

デザイン性に優れている事も大きな特徴の1つです。スポーツカーとして機能をする以上余分な空気の抵抗があってはいけませんから余分を減らしたスタイリッシュな外観に加えて、前席のシートをはじめとする非常に高級感の溢れるシートそして、搭載されているパーツの数々は無駄がなくかつ1つ1つが際立ちながらも全体的なまとまりをもったものばかりです。

走行モードが豊富

BMW M4は走行モードを自在に切り替える事が出来ます。

特に運転の質感にこだわりという方であれば是非ご利用いただきたいものです。エンジン、ダンパー、ステアリング特性の3つに関して、それぞれ「コンフォート」「スポーツ」「スポーツプラス」というモードへ切り替える事が出来ます。特性をスポーツにするとより重くいわゆるレース用途に使うような感じになっていきます。

変速が素早く行える

この車のもう1つの特徴が変速がスムーズであるというものがあります。

変速に時間がかかるとせっかくの楽しいドライブでもリズムが掴めませんが、BMW M4に関してそのような心配はありません。ただでさえ普通に運転する分には快適な車である上に切り替えも自由となったらユーザーとしては極めて満足度が高い形になるでしょう。

3 BMW M4の維持費

では次に恐らく購入にあたって一番の注目ポイントになってくる維持費についてご説明を出来ればと思います。

BMW M4の中古価格相場

平均でおよそ700万円ほどかかり、最も低くても500万円弱、高ければ2,000万円近くするものもあるといった状況です。

やはり乗る方もそうなってくるとだいぶ絞られては来るでしょう。

BMW M4は新品で購入することは可能?

2014年の販売開始依頼、今も最高級車としてブランドを保ちながら販売を続けています。もちろん新車として購入をする事は可能です。

ただし、そうなってくるとさすがにBMWというだけのお値段はします。BMW M4クーペで11,850,000円(税込)、BMW M4カブリオレで13,830,000円の値段がかかります。

やはり高級車というだけあって誰にでも手が出せるような代物ではありませんが、ステータスうとして欲しがる方は後を絶ちません。特にこのような高級車に乗るような方は中古というよりは新車を求めます。

BMW M4の燃費

燃費に関しては10km/L前後とみておくのが妥当でしょう。このタイプの車にしてはまずまずと言えるのではないでしょうか。ただし、レギュラーは使えずハイオクのみになりますので、微差ではありますが通常のガソリンを考えているとそれよりも少し値段は上がってきます。

ただ、一般的にこのような高級車を長距離運転するという方はそれほどいないため、それほど補給回数が無くても済むのであればガソリン代は思っているよりも安くすむかもしれません。

BMW M4の車検代の目安は

さて、気になる方も多いであろう車検代ですがおおよそ70,000円前後となります。ホッとした方も多いかと思いますが、ここに関しては他の車とそんなに遜色はありません。

値引き相場も知りたい

特に新車を購入しようという方に死活問題の値引き交渉ですが、BMW M4に関しては約20~40万円ほどが妥当でしょう。しかし、その分オプションをたくさんつけられていて結局はトータルで考えたらあまり変わらないという状態にはしたくないですね。

とは言え、BMWを買おうというくらいの方ですからもしかしたらそこは微々たるものかもしれません。むしろこれから乗り回す高級車ですから悔いのないようにオプションもつけたいものはつけるという方もいるでしょう。

5 BMW M4の試乗方法

いきなり購入するのはまだ早いという方や、乗り心地を確かめたいという方は試乗体験が出来ます。BMWの公式サイトで申込む事が出来ますので思ったよりハードルはなく乗る事が出来ます。

一度試乗体験をしてから実際の購入に至るというユーザーがやはりほとんどではありますので、先ずは一度乗ってみるというスタンスでも良いかもしれません。

6 まとめ

いかがでしたでしょうか。ここまでBMW M4の概要からその特徴、そして所有にあたってかかる維持費、実際に購入する場合の方法、試乗体験をどうすれば出来るかについて紹介をしてきました。

やはりBMWを乗りこなすのは非常にカッコイイです。ぜひ、あなたのカーライフにおいてBMWという挑戦を試みてください。この記事があなたのBMWに対する気持ちを少しでも前向きかつ前進させられるものであれば幸いです。

関連する投稿


【2019年】人気!おすすめしたい現行SUV12選

【2019年】人気!おすすめしたい現行SUV12選

日本でも世界でも人気のSUV!今回は今人気・オススメしたいSUVを12種類紹介します。新車の購入を検討している方や、現行車のSUVを中古で購入したいと考えている方にオススメの内容です。燃費、価格、特徴をまとめたほか、合わせてSUVを選ぶ時のポイントもいくつか紹介します。


次世代のBMW「M」は600馬力の電動スポーツカーに!?最高速は300km/h

次世代のBMW「M」は600馬力の電動スポーツカーに!?最高速は300km/h

BMWグループは6月25日、ドイツ・ミュンヘンで開幕した「#NEXT GEN」で、コンセプトカーのBMW『ヴィジョンMネクスト』(BMW Vision M NEXT)を初公開しました。ヴィジョンMネクストとはいったいどのような車になるのでしょうか。


BMWのM8新型日本上陸!価格は2230万円から 最新情報まとめ

BMWのM8新型日本上陸!価格は2230万円から 最新情報まとめ

ビー・エム・ダブリュー(BMWジャパン)は、高性能モデル「Mシリーズ」のフラッグシップ新型『M8』の受注を6月25日より開始しました。 12月以降に順次納車を行うとのことです。いったいどんなスペック・仕上がりになっているのでしょうか。


BMW 7シリーズ改良新型 価格は約1090万円から

BMW 7シリーズ改良新型 価格は約1090万円から

BMWは6月24日、一部改良した『7シリーズ』の販売開始しました。外観デザインを変更した他にも、V型12気筒エンジン搭載モデルの設定、高速渋滞時ハンズフリー機能を採用したのが特徴です。最新情報をまとめています。


BMWのSUV X7新型 価格・スペック・パワートレインほか

BMWのSUV X7新型 価格・スペック・パワートレインほか

BMWは6月24日、新型SUV『X7』の販売を開始しました。本記事では価格やスペックなど、最新情報をまとめています。


最新の投稿


アストンマーティン ヴァルキリー最新プロトタイプ発表

アストンマーティン ヴァルキリー最新プロトタイプ発表

アストンマーティンは、開発中の新型ハイパーカー『ヴァルキリー』(Aston Martin Valkyrie)の最新プロトタイプ車を、英国で発表しました。


解放感はピカイチ! オープンタイプのメルセデス・ベンツSLKって?

解放感はピカイチ! オープンタイプのメルセデス・ベンツSLKって?

メルセデス・ベンツSLKは、1996年の初代より2016年の三代目まで生産がなされました。メルセデス・ベンツの2シーターのライトウェイトスポーツカーの位置づけで生産され、発売初年度は生産が追い付かないという人気を誇りました。R170・R171・R172の変遷も見てみましょう。


スカイライン ハイブリッドで優雅に走ろう┃概要やグレード別スペック燃費など一覧

スカイライン ハイブリッドで優雅に走ろう┃概要やグレード別スペック燃費など一覧

スカイライン ハイブリッドは静かなモーター走行とダイナミックに走るV6エンジンが特徴のハイブリッドカーです。その優れた走行性能は走り出した時から感じることができるでしょう。それではスカイライン ハイブリッドについて見ていきます。


クラウンアスリートハイブリッドの魅力とは┃歴史やスペック、燃費等まとめ

クラウンアスリートハイブリッドの魅力とは┃歴史やスペック、燃費等まとめ

クラウンアスリートのハイブリッドモデル「クラウンアスリートハイブリッド」 の燃費をガソリン車とハイブリッド車の比較でお伝えします。高級車の代表格である同車のステータス性や乗り心地、採用されている装備を考えると比較的お手頃とも言える価格や、スペック、魅力も併せて紹介していきます。


三菱の人気車種 デリカ D:5 を再考!現行モデルのスペックや特別仕様車の紹介も

三菱の人気車種 デリカ D:5 を再考!現行モデルのスペックや特別仕様車の紹介も

恐竜の骨格を思わせるリブボーンフレームの採用による最高の衝突安全性能を誇り、高い居住性とSUV的走破性も併せ持つ、三菱が誇るオールラウンダーミニバンがデリカD:5です。発売から10年以上を経てなお三菱をけん引し続ける人気車種の実像に迫ります。