目次へ戻る

ついに撮影成功!「リーフ」は次世代でこう変わる

ついに撮影成功!「リーフ」は次世代でこう変わる

現行(初代)リーフは2010年末、日本と米国で発売後、バッテリー容量を増やした改良モデルで、航続距離を延ばすなど実用性を高めてきた。 リーフの世界累計販売台数は、25万台を突破。2017年10月の東京モーターショーではモデルチェンジした新しいリーフが発表されるとみられている。


日産の電気自動車リーフがモデルチェンジ

日産リーフ新型激写?!初公開は東京モーターショー2017か!?

http://matome.response.jp/articles/677

2010年発売以来、電気自動車として第一線を走り続ける日産のリーフ。 満を持して新型が発売されると話題になっています。今回は新型リーフの公開されている情報をまとめてみました。

日産自動車は1月5日、米国ラスベガスで開催中のCES 2017において、次期『リーフ』に関する発表を行いました。

現行(初代)リーフは2010年末、日本と米国で発売。欧州など世界市場に、販売エリアを拡大した。その後、バッテリー容量を増やした改良モデルを投入し、航続距離を延ばすなど、実用性を高めてきています。

リーフの世界累計販売台数は、2017年1月時点で25万台を突破し、EV(電気自動車)カテゴリーにおける日産のリーダーシップを、確固たるものとしたと言えます。

そのリーフが2017年に大規模なモデルチェンジで、どのような変更が行われるのか。これまでの発表やスクープ写真を見てみましょう。

経済的且つ次世代!電気で走る夢のような車《日産リーフ》

http://matome.response.jp/articles/247

近年、EV(電気自動車)が発売され話題となっている。日本では日産や三菱などから発売され、各地に充電スポットも徐々に整備されている。そんな中、今回は現代社会で経済的な車種として話題になった日産リーフについて詳しくレビューする。

次世代リーフはバッテリー容量が大幅増加?

日産リーフは2010年のデビュー以来、これまでも電池容量の強化や車体の軽量化など走行距離を伸ばすためのモデルチェンジを繰り返してきました。

2017年に公開される次世代リーフでもバッテリー周りでの大幅な強化をすると見られています。

日産リーフ2015年 改良型

現行モデルの30kWhバッテリーによる実質航続距離は、180km~250kmとされていますが、次期型リーフは、なんと現行車種の2倍となる60kWhバッテリーを搭載し、実質航続距離が500km~570km程度に大幅に伸びるという予測もされています。

新型リーフのデザインは?

日産のコンパクトEV「リーフ」の気になるデザインについて、スクープ情報サイトSpyder7が捕らえた、次期型プロトタイプを見てみましょう。

エクステリアは2015年の東京モーターショーで公開された自動運転コンセプト車両「IDSコンセプト」からインスピレーションを得た噂されています。

シャープに吊りあがったヘッドライト、Vモーショングリルやフロントバンパー形状など、現行モデルの可愛らしい印象から、アグレッシブなデザインへとイメージチェンジが図られるとみられています。

日産「IDSコンセプト」

自動運転技術「プロパイロット」への対応

米国ラスベガスで開催されたCES2017において、EVの『リーフ』に近い将来「プロパイロット」を搭載すると発表されました。

プロパイロットは、高速道路の同一車線で使える自動運転技術。まずは、2016年8月に発売されたミニバン、新型『セレナ』に導入された技術です。今度はEVのリーフにも、プロパイロットを拡大展開されます。

日産「リーフ」ベースの自動運転試験車両(CES 2017)

プロパイロットは、革新的かつ安心して使用できる高速道路の単一車線での自動運転技術。渋滞走行と、長時間の巡航走行の2つのシーンで、アクセル、ブレーキ、ステアリングのすべてを自動的に制御し、ドライバーの負担を軽減します。

高速道路で自動運転!日産「プロパイロット」は想像以上にすごかった

http://matome.response.jp/articles/243

2016年発売のセレナに搭載された日産「プロパイロット」は、自動車専用道路の単一車線での自動運転を実現しました。 これまでのクルーズコントロールや車線キープなどど何が違うのか、今後の展開、実際の使用感などについてまとめました。

高度な画像処理技術によって、道路と交通状況を把握し、ステアリングを正確に制御。人間が運転している感覚に近い自然な走行を実現しています。

発表時期は?

さて、次世代EVのリーフですが、2017年10月に開催される東京モーターショーでワールドプレミアを迎えるとみられています。

これまで電気自動車市場を盛り上げてきた日産が新型リーフでどのような驚きを見せてくれるのか、また、他社がどのような商品やサービスを投入してくるのか、いまから楽しみにしたいですね。

東京モーターショーニュースまとめ | レスポンス(Response.jp)

http://response.jp/special/recent/345/%E6%9D%B1%E4%BA%AC%E3%83%A2%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%BC

東京モーターショーに関するニュースまとめ一覧。自動車業界に張り巡らされたニュースネットワーク。新型車やモーターショーの速報や試乗記。電気自動車(EV)やプラグインハイブリッドなどエコカーの最新情報や分析コラムなど。毎日約120回更新。“いま”のク…

関連する投稿


日産 GT-R 2020年モデル発表!価格は約1063万円から

日産 GT-R 2020年モデル発表!価格は約1063万円から

日産は4月17日、6月発売予定の『NISSAN GT-R』2020年モデルを発表しました。あわせて、『NISSAN GT-R NISMO』2020年モデルと限定モデル『NISSAN GT-R 50thアニバーサリー』、『フェアレディZ 50thアニバーサリー』を公開しています。


電気自動車が欲しい方におすすめ!「ノート C-Gear」

電気自動車が欲しい方におすすめ!「ノート C-Gear」

日産から発売された電気自動車「ノートC-Gear」。この記事ではまず電気自動車について説明し、NOTEの車をいくつか説明し、C-Gearについて触れます。またどんな方にC-Gearをおすすめなのか触れ、日産について説明します。さらに普通車と違いどんなメリットがあるのかを説明します。


日産 エクストレイル| ハイブリッドの燃費や口コミ・評価、中古価格は?

日産 エクストレイル| ハイブリッドの燃費や口コミ・評価、中古価格は?

人気の高い日産「エクストレイル ハイブリッド」ですが、ガソリン仕様に比べ車体の価格が少々割高になっています。街乗りやアウトドアなど、色々なシチュエーションで使うことができるので根強い人気があるエクストレイルハイブリッド。今回の記事では、エクストレイル ハイブリッドの性能や燃費だけではなく、評価や口コミ等もまとめていきます。購入を検討されている方は、是非参考にしてください。


日産 ティーダの新車・中古車価格、スペック、燃費、ユーザー評価一覧

日産 ティーダの新車・中古車価格、スペック、燃費、ユーザー評価一覧

日産が過去に発売していたティーダ。このティーダはハッチバックスタイルの車で、実質的にはサニーの後継車だ、ともいわれています。2004年に発売され、日本では2012年に発売を終了しましたが、海外では今もなお発売されています。そんなティーダについて本記事では改めてまとめています。


日産のノートe-POWER!実際の乗り心地はどう?買い?試乗評価まとめ

日産のノートe-POWER!実際の乗り心地はどう?買い?試乗評価まとめ

日産のノートe-POWERの試乗評価・感想をまとめています。 ノートe-POWERが気になる人はぜひ、本記事を読んでみてください。


最新の投稿


1ナンバーに関係するお金の話:任意保険は?維持費は?

1ナンバーに関係するお金の話:任意保険は?維持費は?

1ナンバーとは、何なのか?1ナンバーで気になる税金の事について、どの費用がいくら位かかるのかを4ナンバーの比較を交えて、任意保険や維持費などを紹介します。車にかかる費用は他にも色々あります。細かい部分まで掘り下げて疑問をスッキリさせてみましょう。


【タイミングチェーンとは】交換時期や費用、ベルトとの違いや異音の説明も

【タイミングチェーンとは】交換時期や費用、ベルトとの違いや異音の説明も

車検を受ける際はさまざまなパーツを換える必要がありますが、タイミングチェーンというパーツもよく換える場合があります。 タイミングチェーンを換える場合は車検費用が高くなるでしょう。 ここでは、タイミングチェーンについて、その交換時期や費用、タイミングベルトとの違いや異音の原因と対処法まで一挙ご紹介します。


【スクールゾーンの規制】標識や時間帯、違反時の罰則と許可証の申請について

【スクールゾーンの規制】標識や時間帯、違反時の罰則と許可証の申請について

スクールゾーンの法的根拠や、具体的にどのような規制があるか、その表示方法などと、車の通行ができない場合の許可についてわかりやすく解説しています。違反した場合には罰則もあるので、標識などで確認することが大事です。


ローダウンはかっこいい?やり方は?車検は通る?

ローダウンはかっこいい?やり方は?車検は通る?

ローダウンは車好きが乗るイメージが強いです。合法化されてからは、街中でも見かけるようになりましたね。ローダウンの仕組みやジャッキの使いかたは気になりますね。ローダウンの乗り心地や、車検に通るのかまで一気に詳しく紹介していきます。


マットブラックは大変?塗装は自分でできる?コーディング方法も紹介

マットブラックは大変?塗装は自分でできる?コーディング方法も紹介

あなたはマットブラックに塗装された車を見たことはありますか?独特の存在感がありますよね。深みのある色合いが車ファンを魅了しています。今回はマットブラックに塗装することのメリット・デメリット、コーティングなどによるお手入れの方法も紹介していきます。