目次へ戻る

トヨタの「ブレイド」の中古車価格、走行性能や燃費まとめ

トヨタの「ブレイド」の中古車価格、走行性能や燃費まとめ

3ナンバーの大きなボディサイズのトヨタの「ブレイド」は、上級ハッチバックタイプとして登場しました。大人向けの上質な作りに、子育てが終わった世帯やミニバンなどが不必要になったユーザー向けの「ブレイド」は、新しいジャンルにも挑戦しましたがヒットすることなく販売が終了してしまいました。今回の記事では、トヨタ「ブレイド」の性能に燃費や中古車価格などを解説していきます。


小さな高級車として、新しいジャンルに挑戦した車

2006年12月21日に発売されたトヨタの「ブレイド」は、高級セダン「クラウン」などの大型サルーンからの、ダウンサイジング需要に対応できるように開発されました。プログレやブレビスに、トヨタ高級ブランドのレクサスCTなどに代表される「小さな高級車」と同じ車種です。

ブレイドのコンセプトは「大人しくない大人に、ショート・プレミアム」で、大人の為のハッチバック車として発売が開始されました。

トヨタ店とトヨペット店のみでの取り扱われ、目標月間販売台数は3,000台でした。団魂の世代と言われた60代前後のユーザー層をターゲットに、スタイリングに室内空間や走行性能などを融合させた新しい上級車として新規提案されました。

関東自動車工業の岩手工場が担当し、新しいジャンルに挑戦しています。

3.5L「ブレイドマスターG」のパワーウェイトレシオは、FRスポーツで世界的に人気のあるJAZ80系「スープラRZ」のグレードと同等の加速力を求めることができます。

2012年4月にブレイドの発売は終了され、トヨタ店ではモデル廃止に伴いマイナーチェンジされたアクア「crossover」新たなグレードが追加されるまで3ナンバーハッチバックのポジションが消滅しました。

異例の初代モデルで発売終了したトヨタ「ブレイド」

フルモデルチェンジすることなく、初代モデルで発売が終了してしまったプレミアムコンパクトハッチバックの「ブレイド」。有名になることがなかったため、車種名を知らない人も多くいるかもしれません。

ブレイドのエンジンは、2.4L/直列4気筒と3.5L/V6エンジンのラインナップになっています。近年高級車で人気のアルファードにヴェルファイア などに採用されたリアサスペンションの「ダブルウィッシュボーン」は既にブレイドには採用されていました。

走行時の安定性は優れ、インテリアは上質な素材が使用され大人向けの上品ある空間です。
しかし、ブレイドが正式に公表され話題になったのは一時的なものでした。コンパクト車の「ヴィッツ」「フィット」「パッソ」やミニバン が2006年は人気の車種になっています。排気量が少ないか、燃費が良いかなどを重視する人が多い中新しく開発され登場した「ブレイド」は コンパクトボディに対して、大きなエンジンが搭載されているため、新車価格が安くなく維持費なども他と比べかかります。
機能性や走行性能など、従来のコンパクトボディより上になっていますが、登場が早すぎたのかもしれません。

E15H型 2006年~2012年モデル

型式        DBA-AZE156H
エンジン   2AZ-FE/直列4気筒DOCH/2.4L3.5L
駆動方式   FF
乗車定員   5人
寸法     全長4,260mm×全幅1,760mm×全高1,515-1,530mm
室内     全長1,990mm×全幅1,480mm×全高1,250mm
車両重量   1,400-1,480kg
燃費    10.2km/L~13.4km/L

「小さな高級車」として登場した、トヨタのブレイドは小さなボディに対して大きな排気量が特徴です。
2.4Lと3.5Lからの選択になり、どちらを選んでも満足できる走りが可能になっています。
見た目はコンパクトになりますが、外観から内装のデザインは「大人向け」の仕上がりになっています。

ブレイドのエクステリア

2009年のマイナーチェンジ以降のエクステリアでは、メッキ加飾にシルバー塗装のパーツでスタイリッシュな見た目になりました。

2.4Lの「ブレイドSパッケージ」は、専用フロントスポイラーに専用サスペンションがされエクステリアから内部にかけてスポーティ仕様になっています。3.5Lの「ブレイドマスターG」のみダークグリーンマイカが追加されています。

フロントフェイスは、独自のエンブレムが採用されディスチャージヘッドランプにLED搭載のリヤコンビランプは、点灯時2本のラインが特徴的です。2種類のホイールのデザインが16インチと17インチの設定があります。

ブレイドは、オーリスの上級派生版になっているのでエクステリアのデザインは少しヴィッツを連想してしまいますが細かな装備など充実しています。

ブレイドの内装やインテリア

ブレイドのインテリアは、シート/ドアアームレスト/コンソールボックスの内装色をグレードごとに自分好みにアレンジすることができます。インテリアは2色あり、「ダークブルー」「アイボリー」で素材や手触りを向上させ深みのある上質感あり先進性が強調されたインストルメントパネルにクラスターパネルや大型センターコンソールは、一体感ある造形になっています。
収納スペースは、マイナーチェンジ前と比べると拡大されてます。

ブレイドの燃費や走行性能

車の大きさに比べて大きなエンジン。高速道路でも安心できる安定感。それでいてアグレッシブに走ろうと思うと結構ついてきてくれるのがいい。走って面白い車は他にも沢山あるけど、風格というか高級感も醸しながら走れる車な点が気に入っています。

トヨタの新型ハッチバック『ブレイド』のボディは、先日発売された『オーリス』と共用しているが、エンジンは排気量が大幅に拡大された、2.4リットルの直4エンジンが搭載されている。

ブレイドのチーフエンジニアを務めた商品企画本部金森善彦さんは「ブレイドは、ゆとりある走りを提供するために、この車両サイズとしては贅沢な2.4リットルを搭載しました。これはエスティマなどに搭載されている、エンジン&CVTと同じものです」

ブレイドの排気量は、2.4Lと3.5Lの2種類の設定があります。ボディのサイズに比べて排気量が大きいので、燃費の向上は難しくなっています。

走行性能は、ストレスを感じさせないスムーズな加速を求めることができます。

ブレイドの中古車価格

2006年 初代モデル
新車価格  224.7万~323.4万円
中古車価格 18.0万~87.0万円

2009年 マイナーチェンジ
新車価格   230万~330万円
中古車価格  47.0万~148万円

ブレイドの中古車価格は高くても150万円以下になっています。ドライブ性能は勿論、パワーにトルク共に十分に満足することができますが燃費はあまりよくありません。

国内での他のハチバックの車種では味わうことができないものがブレイドにはあります。中古車台数は、121台と少ないので年式によって車体価格に差が出てきます。

カローラランクスやアレックスの後継車種と間違った捉え方をしてしまっている人は多く、実際にはプレミアムコンパクトの高級車に位置づけされているので新車時は人気が出ませんでしたが、隠れた名車と言えます。

まとめ

ブレイドのコンパクトボディを見れば、一見燃費が良さそうに感じてしまいます。しかし、実際はハイパワーエンジンが搭載されチューニングの仕方でスポーツカーのような走行が可能になっています。不人気だった故、当時の新車価格より圧倒的に安く中古車で購入することができます。近年発売される車は、燃費重視になっています。エコカーでは味わうことができないものが備わっているブレイドは、沢山の魅力があります。

関連するキーワード


トヨタ 車種情報 ブレイド

関連する投稿


クラウンアスリートハイブリッドの魅力とは┃歴史やスペック、燃費等まとめ

クラウンアスリートハイブリッドの魅力とは┃歴史やスペック、燃費等まとめ

クラウンアスリートのハイブリッドモデル「クラウンアスリートハイブリッド」 の燃費をガソリン車とハイブリッド車の比較でお伝えします。高級車の代表格である同車のステータス性や乗り心地、採用されている装備を考えると比較的お手頃とも言える価格や、スペック、魅力も併せて紹介していきます。


トヨタのRAV4もいいけどハリアーの方が良いと思う3つの理由

トヨタのRAV4もいいけどハリアーの方が良いと思う3つの理由

トヨタの新型RAV4は、2019年4月に発売されて以来大ヒットといえる販売で、トヨタのC-HRやホンダのヴェゼルを押さえて一躍国産SUVトップに躍り出ました。そんな中、健闘しているのが2013年に発売された現行ハリアーです。いまだに国産SUVの販売台数では上位につけ、多くのユーザーを引き付けています。では、新型RAV4ではなくハリアーを選ぶ理由は何なのでしょうか?それには3つの理由があるのです。


【2019年最新版】人気!おすすめ現行SUV 12選

【2019年最新版】人気!おすすめ現行SUV 12選

日本でも世界でも人気のSUV!今回は今人気・オススメしたいSUVを12種類紹介します。新車の購入を検討している方や、現行車のSUVを中古で購入したいと考えている方にオススメの内容です。燃費、価格、特徴をまとめたほか、合わせてSUVを選ぶ時のポイントもいくつか紹介します。


トヨタの人気SUV ハリアー!価格 燃費 内装 グレード 完全網羅!!

トヨタの人気SUV ハリアー!価格 燃費 内装 グレード 完全網羅!!

トヨタから発売されているSUV、ハリアーは、絶大な人気を誇ります。 ハリアーが気になっている人のために、価格、燃費、他のSUVと比較した結果、グレード、内装、中古車情報についてまとめました。ハリアーが気になる方、必見です!!


【スクープ】トヨタのヤリス(ヴィッツ)新型 東京モーターショー2019で披露?

【スクープ】トヨタのヤリス(ヴィッツ)新型 東京モーターショー2019で披露?

トヨタのハッチバック、ヤリス(日本名:ヴィッツ)の新型プロトタイプがドイツのニュルベルリンクに登場しました。


最新の投稿


【2019年8月9日発売】ホンダのN-WGN新型!価格・スペック・改良点は?

【2019年8月9日発売】ホンダのN-WGN新型!価格・スペック・改良点は?

ホンダの大人気軽ハイトワゴン、N-WGN(エヌワゴン)N-WGNカスタム、がフルモデルチェンジして発売されます。発売日8月9日。価格はN-WGNが127万4400円から163万1880円、N-WGNカスタムが151万2000円から179万3880円。本記事ではN-WGN新型の最新情報をまとめています。


日産のスカイライン新型 最新情報まとめ 価格・スペック・変更点ほか

日産のスカイライン新型 最新情報まとめ 価格・スペック・変更点ほか

7月16日に新型スカイラインが発表されました。今回はこのビッグマイナーチェンジがなされた新型スカイラインについて、エンジンスペックやその他の各種スペック、グレードラインアップならびに価格、そして話題を担っている先進安全技術について紹介します。


マツダ デミオ改めマツダ2改良新型 発売は9月 価格は約154万円

マツダ デミオ改めマツダ2改良新型 発売は9月 価格は約154万円

マツダのデミオ改良新型が9月に登場します。デミオは名前を世界統一名に変更し、デミオ改め「マツダ2」となります。新車価格は154万4400円から。気になる最新情報をまとめています。


スズキ イグニス|中古車価格から燃費、口コミ・評価を一覧で紹介

スズキ イグニス|中古車価格から燃費、口コミ・評価を一覧で紹介

スズキの「イグニス」はクロスオーバーSUV型のコンパクトカーです。本記事では性能スペックや中古価格や評判、燃費についてまとめていきます。SUV車の購入を検討している方は是非参考にしてください。


デ・トマソ パンテーラ 概要や歴史・各モデル|燃費・中古価格・評価

デ・トマソ パンテーラ 概要や歴史・各モデル|燃費・中古価格・評価

スポーツカーで有名な「デ・トマソ パンテーラ」の歴史や各モデルの特徴や紹介、そして燃費や中古価格、評価などをまとめてみました。憧れのクルマに関心のある方は是非ご覧ください。