トップへ戻る

アウディの人気車種 A4アバント┃中古価格やスペック等 一覧

アウディの人気車種 A4アバント┃中古価格やスペック等 一覧

アウディのステーションワゴンモデル A4アバントは、売れ筋の一台です。世界で人気のアウディ A4アバントの、歴史や燃費や実際の評価に魅力をご紹介していきます。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


ステーションワゴンのアウディ A4アバント

アウディA4 アバント

アウディA4 アバント

アウディ A4の登場は、1995年です。セダンとステーションワゴン(アバント)の2種類のボディタイプが国内でも販売されどちらも人気がありました。2001年に2代目モデル「B6系」が登場し「安全性・快適性・スポーツ性」が高いのが特徴になっています。

アウディは、ボディ形状での決められた呼び名が存在します。ステーションワゴンは「アバント」と呼ばれます。
フランス語で意味は、「前に」です。機能性を損なうことがない、シンプルなデザインなのに一目で分かる存在感があり世界で絶大な 人気があり幅広い年代層から人気が集まる車です。

2005年には3代目モデル「B7系」が発売し、2008年に4代目モデルが発売されヘッドライトにはLEDが採用されフロントフェイスの 印象が一層引き立てられ人気が更に出ました。

2016年4月にフルモデルチェンジし、デザインはシャープに変更され、ワゴンとしての機能が 更に高められ自動運転を見据えた、先進安全機能などが搭載されました。

アウディA4 アバント 初代モデルは1996年10月に発売

1996年10月 初代モデル

型式      E-8DADR/E-8DABC
乗車定員    5人
ボディタイプ  ステーションワゴン
排気量     1780/2597cc
エンジン型式  ADR/ABC
エンジン    直列4気筒DOHC/V型6気筒SOHC
燃料      ハイオク/63L
寸法      全長4,496mm×全幅1,735mm×全高1,435mm
車両重量    1,330kg-1,430kg
10-15モード燃費 8.7km/L~10.0km/L  
新車購入    398.5万~460.6万円

アウディ A4アバントが初めて正式に発売がされたとき、BMW3シリーズやメルセデスベンツCクラスに負けないくらいの大ヒット車種になりました。

シンプルなデザインに、室内空間の広さや走行性能などが高い評価につながっています。

高級車なのに、価格帯も安くなっておりコンパクトなボディにもかかわらず満足できる加速力があります。

アウディA4アバント 2代目モデル登場

2001年 2代目モデル
乗車定員    5人
ボディタイプ  ステーションワゴン
排気量     1780/2597/2393/2976
エンジン型式  BDV/BFB/ASN
エンジン    直列4気筒DOHC/V型6気筒DOHC
燃料      ハイオク/66L-70L
寸法     全長4,555-4,586mm×全幅1,766-1,781mm×全高1,430-1,453mm
車両重量   1,295kg-1,895kg
10-15モード燃費  8.2km/L~11.4km/L  
新車購入    408.3万~628.6万円

2代目モデルからは、サイズアップされ居住空間の拡大になりました。

サスペンションには、アルミ製の新設計が採用され3.0LのV6エンジンで、アウディ独自のメカニズムを継承した4WDシステムが搭載され縦置きにエンジンが配置されています。

日本に導入された種類は、AT/CVTのみになっています。

クワトロバージョンでは、FFのみの設定になっています。

アウディ A4アバント 4代目モデルはヘッドライトがLEDに変更

2008年 4代目モデル
乗車定員    5人
ボディタイプ  ステーションワゴン
排気量     1798/3196
エンジン型式  BDV/BFB/ASN
エンジン    6速MT/7速DCT
燃料      ハイオク
寸法     全長4,703mm×全幅1,826mm×全高1,427-1,436mm
車両重量   1,427kg-1,75kg
10-15モード燃費  9.2km/L~13.8km/L  
新車購入    437.0万~708.0万円

2008年2月に、ジュネーブモーターショーで発表されました。翌年の2009年には、クロスオーバータイプの「アウディA4オールロード・クワトロ」も登場しました。

高速時の安定性を両立することができる、可変ギアレシオ式になることによって、よりスムーズに操作することができます。

エクステリアのデザインは、スポーティなスタイルになり走行性能が追及されたミドルクラスワゴンです。

現行モデルは、国内でも根強い人気車種

2016年 現行モデル
乗車定員    5人
ボディタイプ  ステーションワゴン
排気量     1394/1984
エンジン    6速MT/7速DCT
燃料      ハイオク
寸法     全長4,740-4,755mm×全幅1,840mm×全高1,435-1,455mm
車両重量   1.630-1,765kg
燃費     15.5km/L~16.6km/L  
新車購入    476.0万~740.0万円
※情報は2019年5月現在のものです

2016年4月に、新型アウディ A4アバントは発売が開始されました。先にセダンタイプが出て、遅れてワゴンタイプが発売されましたが、高い性能が備わった車種になっています。

室内空間の水平貴重のインストルメントパネルになり、広々しドライバーからの視界も十分に確保されています。

走行性能や安全装備に加速力など、今までのどのモデルより遥かに進化し、8年ぶりにフルモデルチェンジして登場しました。

アウディ A4アバント のエクステリアとインテリア

アウディA4アバント

アウディA4アバント

エクステリアは、大型ラジエーターグリルに切れ長のヘッドライトでシャープな顔つきになっています。
リアのテールランプもフロントと同様にスマートでスポーティな個性を持ち、どの角度から車体を見てもメリハリのあるボディデザインになっています。

アウディA4アバント

アウディA4アバント

内装のインテリアでは、上質感」があふれる落ちつた雰囲気の室内になっています。

デザインのみを重視せず、心地よい上質な空間を確保するために足元のスペースに収納などありとあらゆる細かな工夫がされています。

ハンドル周りのインテリアは、どこか寂しさを感じてしまう程スッキリとしていますが、バーチャルコックピットの12.3インチの高解像度液晶画面をが付けば全く違った空間へと変貌します。

アウディ A4アバントの燃費と走行性能

アウディ A4アバントのカタログ燃費は、JC08モードで18.4km/Lになっています。

※2019年5月現在

アウディ A4アバントの中古車価格

アウディA4アバント

アウディA4アバント

2018年以降
A4 Avant
新車価格 4,760,000円
中古車価格 366.3万~656万円

A4 allroad quattro
新車価格 6,580,000円
中古車価格 無し
※2019年5月現在の情報です

アウディ A4アバントの中古車の数は、年式が新しくなればなるほど非常に少ないです。中古車でも新古車となんら変わらない状態で売られている車も多いです。

特に都心になると、1月に数回のみ使用といったユーザーも多く、車の状態がとても綺麗で使用感が感じられないです。

まとめ

アウディの A4アバントは、静寂性に走行安定性にエクステリアから内装のインテリアなどトータルバランスが非常に良く満足できる車になっています。

収納スペースも十分に確保され、乗り心地にハンドル操作も細かなドライバーへの工夫が施されています。

新車で購入すれば、一定の期間の修理は保証で賄うことができるので、長い間乗る予定なら新車購入がお勧めです。

今はステーションワゴンの車種も少なくなってきていますが、アウディ A4アバント一度調べてみてはいかがでしょうか。

関連するキーワード


アウディ 車種情報

関連する投稿


アウディってどんなメーカー?メーカーの始まりから最新情報まで!

アウディってどんなメーカー?メーカーの始まりから最新情報まで!

ドイツの自動車メーカーの1つになるアウディ。エレガントでスタイリッシュな見た目でありながらも、頑丈なボディを持っている車です。高級自動車として知られていますが、実はお手軽な価格帯のモデルもあります。しかしアウディとはどのような自動車メーカーでしょうか?今回の記事では、アウディの概要から最新情報、人気モデルまで詳しくご紹介します。


SUV流行の真相に迫る!魅力はどこ?デメリットも含めて徹底解説

SUV流行の真相に迫る!魅力はどこ?デメリットも含めて徹底解説

全世界的なSUV流行の勢いはとどまることを知らず、もちろん国内市場でもSUVタイプの車がこれまでないほどの人気を誇っています。需要を反映してか、各自動車メーカーもラインナップをSUV重視にどんどん転換しているほど。そこまで人気のSUVですが、一体どんな魅力がユーザーの支持を得ているのでしょうか? メリットとデメリットも含めて、最新おすすめ車とともにご紹介していきます。


【この存在感で300万円!?】高見えするSUV 厳選4台まとめ

【この存在感で300万円!?】高見えするSUV 厳選4台まとめ

SUV人気がとどまるところを知らず、自動車の販売台数ランキングでもSUVが上位で存在感を増している昨今。アクティブ感のあるSUVの雰囲気は好きだけど、新車価格が結構お高めな車種も多く、躊躇している方もいらっしゃるのでは。そこで、新車価格で300万円台前後スタートなのに「高見え」するSUVを4台まとめてみました。SUVの存在感をお得に手に入れたい方は、ぜひチェックしてみてください。


アウディ R8のラテンなDNAとは!? 特徴、歴史、中古車情報

アウディ R8のラテンなDNAとは!? 特徴、歴史、中古車情報

言わずと知れたドイツの高級車メーカー、アウディ。精緻でハンサムな印象の乗用車が印象に強いかと思いますが、ブランドのフラッグシップたるミッドシップスーパーカー「R8」も、高い人気を得ていますよね。ハリウッド映画にも登場するような未来的ルックスと、パワフルなV10エンジンを持つR8、実はイタリアンな兄弟を持っているということはご存知でしたか? 詳しくご紹介していきます。


アウディ A1、シティ派高級コンパクトの魅力と最新情報!

アウディ A1、シティ派高級コンパクトの魅力と最新情報!

洗練のデザインと先進の技術で人気のドイツ高級車ブランド、アウディ。そのアウディで最小クラスとなるのが、ハッチバックボディのA1です。ボディサイズが小さいだけのなんちゃってアウディかと思いきや、その実力の高さはアウディファミリーとして引け目を感じることのない上級なもの。むしろ積極的に選びたくなってしまうほど魅力的なA1の最新情報をまとめてみました。


最新の投稿


蘇った名車 アルピーヌA110、新旧A110に迫る!

蘇った名車 アルピーヌA110、新旧A110に迫る!

フランスのアルピーヌ・A110が蘇り再生産されていますが、やはりA110と言えば1963年から製造のアルピーヌA110を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか?今回は新旧アルピーヌA110について見ていきます。


人気のトヨタ ルーミー、結局どのグレードが正解?!コスパで分析だ!

人気のトヨタ ルーミー、結局どのグレードが正解?!コスパで分析だ!

街中で見かけない日はなさそうなほど売れに売れているコンパクトカー、トヨタ ルーミー。見るからに実用性の高そうなスクエアなボディスタイルとコンパクトなサイズは、どんな場面でもバッチリ活躍してくれそうな予感がしますよね。そんなルーミー、いざ買うぞ!と思うと、意外とバリエーションが多くて目移りしてしまうかも。コスパを評価軸に、グレード間の装備内容や見た目の違いを徹底分析していきます。


トヨタ 86の燃費はどうなの?他スポーツカーより上?GR 86は?!

トヨタ 86の燃費はどうなの?他スポーツカーより上?GR 86は?!

誰しも憧れるスポーツクーペのある生活。しかし、先行き不安定な現代だからこそ、趣味性の塊のようなスポーツクーペであっても、実用性やコスパの良さはしっかり追求していきたいところですよね。そんな新しい評価軸に対して、トヨタ 86はどのような結果を残せるのでしょうか? 本格FRスポーツながら4人乗れる86ですが、普段はあまり紹介されない、燃費性能など使い勝手に迫っていきます。


何人乗れて何が載る?トヨタ ルーミーの室内が「ルーミー」すぎる?!

何人乗れて何が載る?トヨタ ルーミーの室内が「ルーミー」すぎる?!

一般的なコンパクトカーよりもグイッと上げられたルーフ高で、トヨタ ルーミーには見るからに広々室内のイメージがありますよね。実際、インテリアは余裕綽々の大空間ですが、写真だけ見ても意外とスケール感が掴みにくいもの。そこで今回は、ルーミーの室内にどんなものが載せられるのか、詳しくまとめてみました。日々の生活でルーミーが役立つこと間違いなしなことが、きっと実感できるはずです。


トヨタ ルーミーの評価が気になる?大人気トールワゴンの口コミを調査

トヨタ ルーミーの評価が気になる?大人気トールワゴンの口コミを調査

狭い道もまだまだ多い日本の道で、日々その存在感がどんどん増しているのが全高を高めに取ったコンパクトトールワゴン、トヨタ ルーミーです。発売から5年が経とうとしているのに、2021年に入っても1月から3月までコンスタントに1万台以上を販売し続ける息の長い人気が印象的です。そこまで売れるからには理由があるはずですよね。ルーミーに対する、さまざまな視点からの評価をまとめてみました。