目次へ戻る

アウディの人気車種 A4アバント┃中古価格やスペック等 一覧

アウディの人気車種 A4アバント┃中古価格やスペック等 一覧

国内で根強い人気がある外車と言えば、輸入車メーカーのアウディです。アウディのステーションワゴンモデル A4アバントは、売れ筋の一台です。世界で人気のアウディ A4アバントの、歴史や燃費や実際の評価に魅力をご紹介していきます。


世界で人気のステーションワゴンのアウディ A4アバント

アウディは、ボディ形状での決められた呼び名が存在します。ステーションワゴンは「アバント」と呼ばれます。
フランス語で意味は、「前に」です。機能性を損なうことがない、シンプルなデザインなのに一目で分かる存在感があり世界で絶大な 人気があり幅広い年代層から人気が集まる車です。

アウディ A4アバントの登場は、1995年に発売されたステーションワゴンです。セダンとステーションワゴンの2種類のボディタイプが国内でも販売されどちらも人気がありました。2001年に2代目モデル「B6系」が登場し「安全性・快適性・スポーツ性」が高いのが特徴になっています。

2004年には3代目モデル「B7系」が発売し、2008年に4代目モデルが発売されヘッドライトにはLEDが採用されフロントフェイスの 印象が一層引き立てられ人気が更に出ました。2016年4月にフルモデルチェンジし、デザインはシャープに変更され、ワゴンとしての機能が 更に高められ自動運転を見据えた、先進安全機能などが搭載されました。

初代モデルは1996年10月に発売

1996年10月 初代モデル

型式      E-8DADR/E-8DABC
乗車定員    5人
ボディタイプ  ステーションワゴン
排気量     1780/2597cc
エンジン型式  ADR/ABC
エンジン    直列4気筒DOHC/V型6気筒SOHC
燃料      ハイオク/63L
寸法      全長4,496mm×全幅1,735mm×全高1,435mm
車両重量    1,330kg-1,430kg
10-15モード燃費 8.7km/L~10.0km/L  
新車購入    398.5万~460.6万円

アウディ A4アバントが初めて正式に発売がされたとき、BMW3シリーズやメルセデスベンツCクラスに負けないくらいの大ヒット車種になりました。

シンプルなデザインに、室内空間の広さや走行性能などが高い評価につながっています。

高級車なのに、価格帯も安くなっておりコンパクトなボディにもかかわらず満足できる加速力があります。

2001年にフルモデルチェンジし2代目モデル登場

2001年 2代目モデル
乗車定員    5人
ボディタイプ  ステーションワゴン
排気量     1780/2597/2393/2976
エンジン型式  BDV/BFB/ASN
エンジン    直列4気筒DOHC/V型6気筒DOHC
燃料      ハイオク/66L-70L
寸法     全長4,555-4,586mm×全幅1,766-1,781mm×全高1,430-1,453mm
車両重量   1,295kg-1,895kg
10-15モード燃費  8.2km/L~11.4km/L  
新車購入    408.3万~628.6万円

2代目モデルからは、サイズアップされ居住空間の拡大になりました。

サスペンションには、アルミ製の新設計が採用され3.0LのV6エンジンで、アウディ独自のメカニズムを継承した4WDシステムが搭載され縦置きにエンジンが配置されています。

日本に導入された種類は、AT/CVTのみになっています。

クワトロバージョンでは、FFのみの設定になっています。

2008年の4代目モデルはヘッドライトがLEDに変更

2008年 4代目モデル
乗車定員    5人
ボディタイプ  ステーションワゴン
排気量     1798/3196
エンジン型式  BDV/BFB/ASN
エンジン    6速MT/7速DCT
燃料      ハイオク
寸法     全長4,703mm×全幅1,826mm×全高1,427-1,436mm
車両重量   1,427kg-1,75kg
10-15モード燃費  9.2km/L~13.8km/L  
新車購入    437.0万~708.0万円

2008年2月に、ジュネーブモーターショーで発表されました。翌年の2009年には、クロスオーバータイプの「アウディA4オールロード・クワトロ」も登場しました。

高速時の安定性を両立することができる、可変ギアレシオ式になることによって、よりスムーズに操作することができます。

エクステリアのデザインは、スポーティなスタイルになり走行性能が追及されたミドルクラスワゴンです。

現行モデルは、国内でも根強い人気車種

2016年 現行モデル
乗車定員    5人
ボディタイプ  ステーションワゴン
排気量     1394/1984
エンジン    6速MT/7速DCT
燃料      ハイオク
寸法     全長4,740-4,755mm×全幅1,840mm×全高1,435-1,455mm
車両重量   1.630-1,765kg
燃費     15.5km/L~16.6km/L  
新車購入    476.0万~740.0万円

2016年4月に、新型アウディ A4アバントは発売が開始されました。先にセダンタイプが出て、遅れてワゴンタイプが発売されましたが、高い性能が備わった車種になっています。

室内空間の水平貴重のインストルメントパネルになり、広々しドライバーからの視界も十分に確保されています。

走行性能や安全装備に加速力など、今までのどのモデルより遥かに進化し、8年ぶりにフルモデルチェンジして登場しました。

アウディ A4アバント のエクステリアとインテリア

エクステリアは、大型ラジエーターグリルに切れ長のヘッドライトでシャープな顔つきになっています。
リアのテールランプもフロントと同様にスマートでスポーティな個性を持ち、どの角度から車体を見てもメリハリのあるボディデザインになっています。

内装のインテリアでは、上質感」があふれる落ちつた雰囲気の室内になっています。

デザインのみを重視せず、心地よい上質な空間を確保するために足元のスペースに収納などありとあらゆる細かな工夫がされています。

ハンドル周りのインテリアは、どこか寂しさを感じてしまう程スッキリとしていますが、バーチャルコックピットの12.3インチの高解像度液晶画面をが付けば全く違った空間へと変貌します。

アウディ A4アバントの燃費と走行性能

アウディ A4アバントのカタログ燃費は、JC08モードで18.4km/Lになっています

アウディ A4アバントの中古車価格

2018年以降
A4 Avant
新車価格 4,760,000円
中古車価格 366.3万~656万円

A4 allroad quattro
新車価格 6,580,000円
中古車価格 無し

アウディ A4アバントの中古車の数は、年式が新しくなればなるほど非常に少ないです。中古車でも新古車となんら変わらない状態で売られている車も多いです。

特に都心になると、1月に数回のみ使用といったユーザーも多く、車の状態がとても綺麗で使用感が感じられないです。

まとめ

アウディの A4アバントは、静寂性に走行安定性にエクステリアから内装のインテリアなどトータルバランスが非常に良く満足できる車になっています。

収納スペースも十分に確保され、乗り心地にハンドル操作も細かなドライバーへの工夫が施されています。

新車で購入すれば、一定の期間の修理は保証で賄うことができるので、長い間乗る予定なら新車購入がお勧めです。

今はステーションワゴンの車種も少なくなってきていますが、アウディ A4アバント一度調べてみてはいかがでしょうか。

関連するキーワード


アウディ 車種情報

関連する投稿


アウディのスポーツクーペ R8の歴史や中古価格など

アウディのスポーツクーペ R8の歴史や中古価格など

カッコイイ「アウディのR8」はレーシング用のスポーツカーでもありました。その素晴らしい「R8」の歴史や概要、そして気になる中古価格をご紹介いたします。乗り換えをお考えの方は参考にしてください。(※情報は2019年4月現在のものです)


クーペでハッチバックなスタイルが美しい アウディのA7スポーツバック

クーペでハッチバックなスタイルが美しい アウディのA7スポーツバック

デトロイト・オートショーで2009年に発表されたアウディのA7。5ドアハッチバックのスポーツタイプです。アウディはA7スポーツバックを4ドアスポーツクーペと呼び、エクステリアはクーペ、使い方はハッチバックという「見事な融合」に成功しました。本気記事ではアウディA7について見ていきたいと思います。


アウディQ3の派生形最新クーペSUV 名称はQ4になる?

アウディQ3の派生形最新クーペSUV 名称はQ4になる?

アウディのコンパクトSUV『Q3』の派生モデルとして設定が予定されているクーペSUVの開発車両が、ニュルブルクリンクで初の高速テストを開始しました。名称はQ4になる確率が高い?最新情報をまとめています。


アウディ A3の高性能バージョン!S3┃新車中古車価格や試乗評価など

アウディ A3の高性能バージョン!S3┃新車中古車価格や試乗評価など

アウディS3とは、まさに正しくぶれない車の進化の過程をたどりつつ成長している車です。ベースとなるアウディA3という一つの完成された車をもう一歩先の車に成長させることに成功した、素敵な車であると言えるでしょう。本記事ではアウディ S3についてご紹介します。


アウディ S1とはどんな車?┃維持費や中古の購入方法を解説

アウディ S1とはどんな車?┃維持費や中古の購入方法を解説

「せっかく車を買うならアウディ S1に乗ってみたい」 「アウディって高いイメージがあるけど実際にその費用に見合うだけの満足感を得られるの?」このようにアウディ S1を購入しようかどうか迷っているけど詳細が良く分からずお悩みではないですか?この記事では、アウディ S1がそもそもどんな車なのか、維持費や購入方法なども含めて詳しく解説しています。是非、記事の内容をご覧いただきアウディ S1を購入する前に参考にしてください!


最新の投稿


都道府県別道の駅まとめ┃埼玉県

都道府県別道の駅まとめ┃埼玉県

埼玉県は北関東への中継地点としての役割を担っています。最近は住みたい街ランキングで上位に入ったり、映画などでも一躍人気を博していますが、観光地への移動時の休憩地点として利用者も多く、その分道の駅も数多くあります。今回は、そんな埼玉県のおすすめスポットをご紹介します。


【解説】千葉銀行のマイカーローン┃金利や審査、申し込み方法等まとめ

【解説】千葉銀行のマイカーローン┃金利や審査、申し込み方法等まとめ

千葉、東京、埼玉、茨城のみならず、神奈川県(一部地域を除く)までのエリアをカバーする千葉銀行では、新車・中古車・下取り車のローン残債、借換えもご相談にのります。エリア内の方で、車の購入をお考えの方は、千葉銀行のマイカーローンがどのようなものなのか気になるところでしょう。この記事では金利や審査、申込み方法等を解説します。


トヨタ エスティマの燃費、口コミ・評価から中古車情報一覧|新型の噂も

トヨタ エスティマの燃費、口コミ・評価から中古車情報一覧|新型の噂も

1990年から発売されているトヨタのミニバン「エスティマ」の歴代モデルの燃費や中古価格などをまとめてみました。「エスティマ」に乗り換えをお考えの方は、是非参考にしてください。(※情報は2019年4月現在のもの)


全てがスーパーサイズ! トヨタのピックアップ タンドラの魅力とは

全てがスーパーサイズ! トヨタのピックアップ タンドラの魅力とは

USトヨタが北米市場で販売しているフルサイズピックアップトラック『トヨタ タンドラ』(以降、タンドラ)の魅力に迫ります。(※情報は2019年4月現在のもの)


トヨタのミニバン ノアの歴史!維持費やカスタム法を徹底解説

トヨタのミニバン ノアの歴史!維持費やカスタム法を徹底解説

トヨタのノアは、ヴォクシーやエスクァイアと並んでトヨタの主力ミニバンです。しかしながら、その細かな違いが分からずに、選択肢に悩んでいる人も多いと思います。そもそも同クラスの車種を選ぶ基準は難しいところですよね。ノアの魅力は、「家族が楽しめる車」に仕上がっている点だと言えます。よりファミリーカーとしての資質が強いのが特徴です。今回は、ノアの魅力とともに、ヴォクシーやエスクァイアとの違いについても細かく解説していきます。(※情報は2019年4月現在のもの)