目次へ戻る

軽自動車販売、首位はなんと?

軽自動車販売、首位はなんと?

全国軽自動車協会連合会が発表した3月の軽自動車ブランド別新車販売台数によると…。


軽自動車販売、スズキが11か月ぶりに首位浮上 3月ブランド別

全国軽自動車協会連合会が発表した3月の軽自動車ブランド別新車販売台数によると、スズキが前年同月比9.4%増の7万1215台を販売し、11か月ぶりにトップとなりました。

10か月連続で首位を守ってきたダイハツは、同2.7%減の7万0857台と伸び悩み、首位スズキにわずか358台届きませんでした。

1位:スズキ 7万1215台(9.4%増)
2位:ダイハツ 7万0857台(2.7%減)
3位:ホンダ 4万2896台(5.4%減)
4位:日産 2万3549台(7.1%減)
5位:三菱 9050台(6.8%減)
6位:マツダ 5208台(1.3%増)
7位:スバル 4777台(9.2%増)
8位:トヨタ 3165台(2.8%減)

王座奪還のスズキが誇る軽自動車、ワゴンRに迫る

ワゴンR、スティングレーのスタイルは?

さて、スタイルの話からしよう。サイドビューが日本で一番人気のミニバンを彷彿させる話は、ハイブリッド車の試乗でもした通り。スズキのクルマはよく、売れてるクルマのいいとこどりをデザインに反映させる傾向にある。人気車『ハスラー』のHマークとその文字は、今は無きハマーのエンブレムにそっくりだし、今回のワゴンRの場合、サイドビューもそうだがスティングレーのデザインでは、ヘッドライトはどことなく、キャデラック風だし、グリルは今や旧世代となった上下分割グリルのシボレーを彷彿させる。

ワゴンR、スティングレーインテリアは

水平基調を強調したインテリアデザインは、今回からセンターメーターが採用されて、確認すべき計器類は、ナビなども含め、ボディ中央に集約されている。おまけにオプションだが、ヘッドアップディスプレイも装備されるので、目線の横移動が嫌な人は、最低限の情報はヘッドアップディスプレイからも得られる。スティングレーの場合、黒ベースのダッシュボードにその水平基調をさらに強調する赤いピンストライプが入れられている。ターボ車の場合、パドルシフトも装備されて、7速のマニュアル操作も可能だ。車高や地上高はNAハイブリットモデルと同一だが、タイヤサイズはNAの155/65R14から、165/55R15と大型化していて、乗り味はNAモデルと比較して一段と引き締まった印象を受けるが、決してゴツゴツと硬いという印象ではなかった。

総じて、新しいワゴンRスティングレーはその性能、乗り味、装備、コストパフォーマンスなどの点で、現行軽自動車の頂点にあるモデルと言って過言ではない。褒めすぎか?

水平基調を強調したインテリアデザインは、今回からセンターメーターが採用されて、確認すべき計器類は、ナビなども含め、ボディ中央に集約されている。おまけにオプションだが、ヘッドアップディスプレイも装備されるので、目線の横移動が嫌な人は、最低限の情報はヘッドアップディスプレイからも得られる。スティングレーの場合、黒ベースのダッシュボードにその水平基調をさらに強調する赤いピンストライプが入れられている。ターボ車の場合、パドルシフトも装備されて、7速のマニュアル操作も可能だ。車高や地上高はNAハイブリットモデルと同一だが、タイヤサイズはNAの155/65R14から、165/55R15と大型化していて、乗り味はNAモデルと比較して一段と引き締まった印象を受けるが、決してゴツゴツと硬いという印象ではなかった。

総じて、新しいワゴンRスティングレーはその性能、乗り味、装備、コストパフォーマンスなどの点で、現行軽自動車の頂点にあるモデルと言って過言ではない。褒めすぎか?

水平基調を強調したインテリアデザインは、今回からセンターメーターが採用されて、確認すべき計器類は、ナビなども含め、ボディ中央に集約されている。おまけにオプションだが、ヘッドアップディスプレイも装備されるので、目線の横移動が嫌な人は、最低限の情報はヘッドアップディスプレイからも得られる。スティングレーの場合、黒ベースのダッシュボードにその水平基調をさらに強調する赤いピンストライプが入れられている。ターボ車の場合、パドルシフトも装備されて、7速のマニュアル操作も可能だ。車高や地上高はNAハイブリットモデルと同一だが、タイヤサイズはNAの155/65R14から、165/55R15と大型化していて、乗り味はNAモデルと比較して一段と引き締まった印象を受けるが、決してゴツゴツと硬いという印象ではなかった。

総じて、新しいワゴンRスティングレーはその性能、乗り味、装備、コストパフォーマンスなどの点で、現行軽自動車の頂点にあるモデルと言って過言ではない。褒めすぎか?

水平基調を強調したインテリアデザインは、今回からセンターメーターが採用されて、確認すべき計器類は、ナビなども含め、ボディ中央に集約されている。おまけにオプションだが、ヘッドアップディスプレイも装備されるので、目線の横移動が嫌な人は、最低限の情報はヘッドアップディスプレイからも得られる。スティングレーの場合、黒ベースのダッシュボードにその水平基調をさらに強調する赤いピンストライプが入れられている。ターボ車の場合、パドルシフトも装備されて、7速のマニュアル操作も可能だ。車高や地上高はNAハイブリットモデルと同一だが、タイヤサイズはNAの155/65R14から、165/55R15と大型化していて、乗り味はNAモデルと比較して一段と引き締まった印象を受けるが、決してゴツゴツと硬いという印象ではなかった。

総じて、新しいワゴンRスティングレーはその性能、乗り味、装備、コストパフォーマンスなどの点で、現行軽自動車の頂点にあるモデルと言って過言ではない。褒めすぎか?

おすすめの軽自動車10選!人気・燃費・広さで選ぶ2017年最新情報!

https://matome.response.jp/articles/555

【2017年5月16日更新】国内の自動車販売台数の内、およそ3割の販売台数を占める軽自動車。こちらの記事では「燃費(JC08モード&実燃費)」、「広さ・使い勝手」、「人気車種」と、各それぞれの項目でおすすめの軽自動車の概要や、特徴、新車価格、中古車価格(中古車平均価格)、ユーザー評価などの情報をまとめて掲載しています。

関連する投稿


子育て世代におすすめ!スライドドア搭載のコンパクトカー6種

子育て世代におすすめ!スライドドア搭載のコンパクトカー6種

スライドドアはミニバンだけ…。なんて思っている人いませんか?今では軽自動車~コンパクトカーに至るまで、スライドドアが搭載されている車種は幅広いです。値段も大抵は200万以下、スライドドアでユーティリティが高くて…。今回はそんなオススメのコンパクトカーのスペック&価格を一挙ご紹介いたします。


日本カーオブザイヤーの大本命!?新型N-BOXの試乗評価・価格・性能

日本カーオブザイヤーの大本命!?新型N-BOXの試乗評価・価格・性能

日本カー・オブ・ザ・イヤー2017-2018にもノミネート・10ベストカーにも選出されているホンダの新型N-BOX(エヌボックス)…。各所で賞を受賞しているその理由とは…。今回は改めてN-BOXの魅力に迫ります。フルモデルチェンジしたN-BOXの性能・試乗評価・燃費・評判・評価など。気になる情報満載です。


10ベストカーにも選出!新型N-BOXカスタム最新情報!価格・試乗感想

10ベストカーにも選出!新型N-BOXカスタム最新情報!価格・試乗感想

9月にフルモデルチェンジを行い、売れ行きも好調・今波に乗っている軽トールワゴン。それがホンダの新型N-BOX/N-BOXカスタムです。N-BOXのドレスアップモデルであるN-BOXカスタム。試乗感想やスペック、燃費性能、また人気カラーTOP3の記載。本記事では改めて新型N-BOXカスタムについてまとめています。


燃費が超優秀なマツダの軽 キャロル 価格、評価、完全網羅!

燃費が超優秀なマツダの軽 キャロル 価格、評価、完全網羅!

マツダの人気軽自動車、「キャロル」の情報をお届けします。キャロルが気になる、そんな方々向けにスペック、燃費、ユーザー評価等をまとめました。


ホンダ 軽トールワゴン N-ONEが12月マイナーチェンジ!エヌワンを振り返る

ホンダ 軽トールワゴン N-ONEが12月マイナーチェンジ!エヌワンを振り返る

ホンダの軽トールワゴン・N-ONEが12月にマイナーチェンジすると発表されています。自分らしい生活をかなえてくれるプレミアムスモール。今回は改めてN-ONE(エヌワン)の魅力に迫ります。


最新の投稿


【アンケート】観覧車。1人で乗るのはアリ?ナシ?

【アンケート】観覧車。1人で乗るのはアリ?ナシ?

読者の皆様が「遊園地 × 車」から連想される乗り物は何ですか?ゴーカート?それともジェットコースターでしょうか?こちらの記事はニュースカフェで過去に行われた、観覧車に1人で乗るのはアリかナシか?というアンケート結果と、1人観覧車にオススメの情報を掲載しています。


ホンダ シビック最新情報!受注は1万2000台!納車は年明け??試乗評価他

ホンダ シビック最新情報!受注は1万2000台!納車は年明け??試乗評価他

ホンダの最強カー、シビック。新型シビックが2017年の9月に発売して話題になりましたね。シビックの売れ行きが好調すぎて、納車は2018年の夏ごろになるなど大人気のシビック。今回は今わかっている新型シビックにまつわる最新トピックスをまとめてお届けいたします。


子育て世代におすすめ!スライドドア搭載のコンパクトカー6種

子育て世代におすすめ!スライドドア搭載のコンパクトカー6種

スライドドアはミニバンだけ…。なんて思っている人いませんか?今では軽自動車~コンパクトカーに至るまで、スライドドアが搭載されている車種は幅広いです。値段も大抵は200万以下、スライドドアでユーティリティが高くて…。今回はそんなオススメのコンパクトカーのスペック&価格を一挙ご紹介いたします。


レクサスLS新型発売! LS500 LS500h 最新情報完全網羅

レクサスLS新型発売! LS500 LS500h 最新情報完全網羅

新型レクサスLSが10月19日より発売されました。まさにレクサスの中のレクサスともいえるレクサスLSがフルモデルチェンジして登場です。最高級フラッグシップセダンであるレクサスLS新型の、基本情報・スペック・価格・ハイブリッド・燃費ほかレクサスLS新型の気になる情報について見ていきます。【11月20日更新】


日本カーオブザイヤーの大本命!?新型N-BOXの試乗評価・価格・性能

日本カーオブザイヤーの大本命!?新型N-BOXの試乗評価・価格・性能

日本カー・オブ・ザ・イヤー2017-2018にもノミネート・10ベストカーにも選出されているホンダの新型N-BOX(エヌボックス)…。各所で賞を受賞しているその理由とは…。今回は改めてN-BOXの魅力に迫ります。フルモデルチェンジしたN-BOXの性能・試乗評価・燃費・評判・評価など。気になる情報満載です。