目次へ戻る

スバル レヴォーグ 改良新型を発売!価格は約286万円から

スバル レヴォーグ 改良新型を発売!価格は約286万円から

SUBARU(スバル)は、『レヴォーグ』改良モデルを5月7日に発表、6月27日より発売するとしています。


スバル レヴォーグ 改良新型を発売!価格は約286万円から

SUBARU(スバル)は、『レヴォーグ』改良モデルを5月7日に発表、6月27日より発売するとしています。

スバルのレヴォーグとは?

レヴォーグは、「革新スポーツツアラー」をコンセプトに、2014年6月に発売されたスポーツワゴンです。

スバルのレヴォーグ 改良されてどうなる?


今回の改良内容は、RECAROフロントシートを採用した特別仕様車「1.6/2.0 STI Sport Black Selection」の追加、ボディカラーに専用色クールグレーカーキを採用した特別仕様車「1.6GT-S EyeSight Advantage Line」の追加、ハイビームアシストが作動し始める車速を40km/hから30km/hに変更したことなどです。

1.6/2.0 STI Sport Black Selectionは、1.6/2.0 STI Sportをベースに、18インチブラック塗装&切削光輝ホイールやブラック塗装のドアミラーカバーを装備し、インテリアではブラックトリムとレッドステッチを組み合わせ、さらにメーカーオプションでレヴォーグ初のRECAROフロントシートを設定したモデル。

1.6GT-S EyeSight Advantage Lineは、1.6GT-S EyeSightをベースに、18インチブラック塗装ホイールやブラック塗装のドアミラーカバー、ドアハンドルを装備して精悍さを演出したほか、ボディカラーに専用色としてクールグレーカーキを設定したモデル。

インテリアでは落ち着いた色合いのブルーをアクセントとしたウルトラスエードと本革のコンビシートで上質感と機能性を高めました。

そのほか、今回からハイビームアシストが作動し始める車速を従来の40km/hから30km/hに変更。より低車速から作動することで作動領域を拡大し、夜間走行時の安全性をさらに向上させた。また、ボディカラーには新色マグネタイトグレー・メタリックを採用した。

気になる価格は

販売計画は月販1200台。

全車AWDで、価格は通常モデルが286万2000円から405万円。

特別仕様車1.6/2.0 STI Sport EyeSight Black Selectionが356万4000円/405万円、特別仕様車1.6GT-S EyeSight Advantage Lineが334万8000円というラインアップです。

関連する投稿


【7月25日発売】スバル 新型軽トールワゴン シフォンを発売

【7月25日発売】スバル 新型軽トールワゴン シフォンを発売

スバルは、新型軽トールワゴン『シフォン』を7月25日に発売すると発表しました。 新型シフォンは、日常での使い勝手の良さと安全性能を追求した軽乗用車です。開放感のある広い室内と、「ミラクルオープンドア」をはじめとする便利な機能・装備を採用しています。


【2019年】人気!おすすめしたい現行SUV12選

【2019年】人気!おすすめしたい現行SUV12選

日本でも世界でも人気のSUV!今回は今人気・オススメしたいSUVを12種類紹介します。新車の購入を検討している方や、現行車のSUVを中古で購入したいと考えている方にオススメの内容です。燃費、価格、特徴をまとめたほか、合わせてSUVを選ぶ時のポイントもいくつか紹介します。


スバル・シフォンの概要や歴史・歴代モデル|燃費や中古価格ほか

スバル・シフォンの概要や歴史・歴代モデル|燃費や中古価格ほか

2019年5月31日に生産終了した軽四「スバル・シフォン」。このシフォンに関する歴史や燃費・中古価格などをまとめていきます。購入を検討されている方はぜひ参考にしてください。


スバル サンバーの燃費、基本スペック、評価一覧|中古価格の相場

スバル サンバーの燃費、基本スペック、評価一覧|中古価格の相場

今日も日本中でたくさんの軽商用車が仕事で活躍しているわけですが、その中でもスバルのサンバーは「農道のポルシェ」との呼び声も高い名車として知られています。今回は生産終了後も人気の高いサンバーの燃費や性能を紹介していきます。これからサンバーの購入を検討している方はぜひ参考にしてください。


スバルのSUV アセント2020年型米国市場に登場!

スバルのSUV アセント2020年型米国市場に登場!

SUBARU(スバル)の米国部門は、スバル『アセント』(SUBARU ASCENT)の2020年モデルを今夏、米国市場で発売することを発表しました。アセント2020年モデルはいったいどのような進化を遂げているのでしょうか。


最新の投稿


アストンマーティン ヴァルキリー最新プロトタイプ発表

アストンマーティン ヴァルキリー最新プロトタイプ発表

アストンマーティンは、開発中の新型ハイパーカー『ヴァルキリー』(Aston Martin Valkyrie)の最新プロトタイプ車を、英国で発表しました。


解放感はピカイチ! オープンタイプのメルセデス・ベンツSLKって?

解放感はピカイチ! オープンタイプのメルセデス・ベンツSLKって?

メルセデス・ベンツSLKは、1996年の初代より2016年の三代目まで生産がなされました。メルセデス・ベンツの2シーターのライトウェイトスポーツカーの位置づけで生産され、発売初年度は生産が追い付かないという人気を誇りました。R170・R171・R172の変遷も見てみましょう。


スカイライン ハイブリッドで優雅に走ろう┃概要やグレード別スペック燃費など一覧

スカイライン ハイブリッドで優雅に走ろう┃概要やグレード別スペック燃費など一覧

スカイライン ハイブリッドは静かなモーター走行とダイナミックに走るV6エンジンが特徴のハイブリッドカーです。その優れた走行性能は走り出した時から感じることができるでしょう。それではスカイライン ハイブリッドについて見ていきます。


クラウンアスリートハイブリッドの魅力とは┃歴史やスペック、燃費等まとめ

クラウンアスリートハイブリッドの魅力とは┃歴史やスペック、燃費等まとめ

クラウンアスリートのハイブリッドモデル「クラウンアスリートハイブリッド」 の燃費をガソリン車とハイブリッド車の比較でお伝えします。高級車の代表格である同車のステータス性や乗り心地、採用されている装備を考えると比較的お手頃とも言える価格や、スペック、魅力も併せて紹介していきます。


三菱の人気車種 デリカ D:5 を再考!現行モデルのスペックや特別仕様車の紹介も

三菱の人気車種 デリカ D:5 を再考!現行モデルのスペックや特別仕様車の紹介も

恐竜の骨格を思わせるリブボーンフレームの採用による最高の衝突安全性能を誇り、高い居住性とSUV的走破性も併せ持つ、三菱が誇るオールラウンダーミニバンがデリカD:5です。発売から10年以上を経てなお三菱をけん引し続ける人気車種の実像に迫ります。