目次へ戻る

【気になっている人必見】トヨタのRAV4新型 試乗記まとめ

【気になっている人必見】トヨタのRAV4新型 試乗記まとめ

熱い視線が注がれているトヨタの新型RAV4。買うかどうか迷っている…。家族になんと説明しようか…。いや、でもなあ…。なんて頭を抱えてお困りの方もいらっしゃるのではないでしょうか。そんな悩めるあなたに、本記事ではRAV4新型の試乗記をまとめました。生のRAV4新型の試乗記を読んで、検討の材料にしてみてくださいね!


【売れ売れ】トヨタのRAV4新型 発売後1か月で2万4000台を受注…月販目標の8倍

トヨタ自動車は、『RAV4』新型の受注状況について、4月10日の発売から約1か月にあたる5月15日時点で、月販目標(8000台)の8倍にあたる約2万4000台と好調な立ち上がりとなっていると発表しました。

購入者のうち20代・30代が約4割。SUVらしい力強さと洗練さを融合したデザインや、クラストップレベルのラゲージスペースと便利な気配り空間、3種類の4WDシステムの優れた走行性能などが好評点として挙げられている。

また、約9割が4WD車を選択。新4WDシステム「ダイナミックトルクベクタリングAWD」搭載車は全体の約3割(ガソリン車のうち約6割)を占める。メーカーオプションは、インテリジェントクリアランスソナーの選択率が約8割、ハンズフリーパワーバックドアが約6割、快適温熱シート+シートベンチレーションが約6割。ボディカラーは、ホワイトパールクリスタルシャインが約4割、アティチュードブラックマイカが約3割となっている。

【気になっている人必見】トヨタのRAV4新型 試乗記まとめ

それでは!お待たせしました。

RAV4新型の試乗記を見ていきましょう。

一目で気に入るデザイン

デザインコンセプトは八角形(オクタゴン)がテーマ。先進性とオフローダーの力強さをイメージさせ、ヨーロッパ車にも負けないセンスの良さ。一目で気に入った!

4WDの加速がキモチいい

動力性能で気持ちの良いのが4WD、E-Fourが自慢のハイブリッドだ。停止から急発進させるとリヤタイヤにトルクを集めロケットスタート。スピードが上がるに従い今度はフロントにトルクが出始め、エンジンが助っ人し見事なエンジンとモーターのコラボで、0-400の発進加速は15秒台! の俊足の雰囲気。軽快だ! 2.5リットル131kw/178psエンジンと88kw/120ps、40kw/54psの前後モーターの威力はさすが! 低回転が弱いエンジントルクを低回転が得意なモーターが補い、高速ではエンジンが頑張る。

オン、オフどちらも楽しめる!!ミッドサイズSUV

乗り心地や静粛性も快適でルックスの良いRAV4はモデルによりオン、オフどちらも楽しめるミッドサイズSUV。レーダークルーズをはじめ、ぺダル踏み間違えでも衝突被害軽減する「サポカーS」仕様は全モデル装備。シニアにも嬉しいクルマだ。

どのモデルでも走破性はさすが。

特設のオフロードコースでは、ハイブリッドの2モーター式4WD、ダイナミックトルクコントロール、ダイナミックトルクベクタリング、3種類の4WDシステムをテスト。どのモデルもけっこう走破性は高く、用意されたハザードセクションはすべてクリアできた。ハイブリッドは制御スピードが速いこともあり、テールスライドからの切り返しではダイナミックトルクベクタリングをしのぐほどの扱いやすさを示す。しかし、切り返し後の加速はダイナミックトルクベクタリングがよく、おそらくタイムを計ればダイナミックトルクベクタリングが速いだろう。

モーグルなどはダートレベルでの差は少なく感じた。ダイナミックトルクベクタリングの悪路走破性を試すのは、雪が降ってからになりそうだ。

ラゲッジスペースの容量はまさにトップクラス

とにかく使い勝手が良く、ラゲッジスペースの容量はクラストップクラス。カップホルダーをはじめとした収納スペースも十分。シートは快適で、リアシートもリクライニングする等々。上級モデルだとバンパー下の足を入れるだけでテールゲートが開くシステムだって用意されている。

オールラウンダーなSUV、それが新型RAV4

スタイリングは結構クセが強いから、賛否はわかれるものとなるだろうが、台形のホイールオープニングといい、ごつさを前面に押し出したあくの強さといい、どうもジープを意識しているのでは?と思わせる節があるが、ここまで出来が良いとデザイン以前に走りや総合力の高さでこのクルマを選ぶ人は多いだろう。とにかくSUVでありながら、オールラウンダー的要素の強いクルマだ。

さあ、RAV4新型を見に行こう

SUV好きな人も、そうでない人も。やっぱりどこかちょっとは気になってしまう?そんな注目のRAV4新型の試乗記についてご紹介いたしました。

エクステリアデザインが気に入れば、間違いなくあなたのお気に入りの一台になってくれそうなSUV、新型RAV4。気になる方はぜひ、その走りをご自分で確かめてみてくださいね!

もっともっと!新型RAV4について知りたい方はこちらの記事もご覧ください!

関連するキーワード


トヨタ 車種情報 RAV4 SUV

関連する投稿


クラウンアスリートハイブリッドの魅力とは┃歴史やスペック、燃費等まとめ

クラウンアスリートハイブリッドの魅力とは┃歴史やスペック、燃費等まとめ

クラウンアスリートのハイブリッドモデル「クラウンアスリートハイブリッド」 の燃費をガソリン車とハイブリッド車の比較でお伝えします。高級車の代表格である同車のステータス性や乗り心地、採用されている装備を考えると比較的お手頃とも言える価格や、スペック、魅力も併せて紹介していきます。


トヨタのRAV4もいいけどハリアーの方が良いと思う3つの理由

トヨタのRAV4もいいけどハリアーの方が良いと思う3つの理由

トヨタの新型RAV4は、2019年4月に発売されて以来大ヒットといえる販売で、トヨタのC-HRやホンダのヴェゼルを押さえて一躍国産SUVトップに躍り出ました。そんな中、健闘しているのが2013年に発売された現行ハリアーです。いまだに国産SUVの販売台数では上位につけ、多くのユーザーを引き付けています。では、新型RAV4ではなくハリアーを選ぶ理由は何なのでしょうか?それには3つの理由があるのです。


日産のクロスオーバーSUVジューク新型 発売は9月3日

日産のクロスオーバーSUVジューク新型 発売は9月3日

日産のクロスオーバーSUV、ジューク新型が9月3日にデビューすることが決まりました。まだ全容は公開されてはいませんが、ジューク新型のヘッドライト画像が2枚公開されています。本記事ではジューク新型の最新情報についてご紹介いたします。


シトロエン C3の燃費、基本スペック、評価一覧|中古価格の相場も

シトロエン C3の燃費、基本スペック、評価一覧|中古価格の相場も

国内でもじわじわと人気を博していきているシトロエンC3をご紹介していきます。全世界で350万台以上も販売されているベストセラーの魅力を解説しますので、これから車の購入を検討している方は是非参考にしてください。


【最新版】今人気のおすすめSUV!選ぶならどれ?

【最新版】今人気のおすすめSUV!選ぶならどれ?

大人気のSUV。しかしSUVと一言で言っても、クロスオーバーSUVを始めとしたコンパクトSUVから、サイズの大きい3列シート・7人乗りのSUVまで様々です。当記事では国産・外車の7人乗りSUV・コンパクトSUV、また燃費の観点でオススメのSUV等人気車種を紹介、比較しています。


最新の投稿


アストンマーティン ヴァルキリー最新プロトタイプ発表

アストンマーティン ヴァルキリー最新プロトタイプ発表

アストンマーティンは、開発中の新型ハイパーカー『ヴァルキリー』(Aston Martin Valkyrie)の最新プロトタイプ車を、英国で発表しました。


解放感はピカイチ! オープンタイプのメルセデス・ベンツSLKって?

解放感はピカイチ! オープンタイプのメルセデス・ベンツSLKって?

メルセデス・ベンツSLKは、1996年の初代より2016年の三代目まで生産がなされました。メルセデス・ベンツの2シーターのライトウェイトスポーツカーの位置づけで生産され、発売初年度は生産が追い付かないという人気を誇りました。R170・R171・R172の変遷も見てみましょう。


スカイライン ハイブリッドで優雅に走ろう┃概要やグレード別スペック燃費など一覧

スカイライン ハイブリッドで優雅に走ろう┃概要やグレード別スペック燃費など一覧

スカイライン ハイブリッドは静かなモーター走行とダイナミックに走るV6エンジンが特徴のハイブリッドカーです。その優れた走行性能は走り出した時から感じることができるでしょう。それではスカイライン ハイブリッドについて見ていきます。


クラウンアスリートハイブリッドの魅力とは┃歴史やスペック、燃費等まとめ

クラウンアスリートハイブリッドの魅力とは┃歴史やスペック、燃費等まとめ

クラウンアスリートのハイブリッドモデル「クラウンアスリートハイブリッド」 の燃費をガソリン車とハイブリッド車の比較でお伝えします。高級車の代表格である同車のステータス性や乗り心地、採用されている装備を考えると比較的お手頃とも言える価格や、スペック、魅力も併せて紹介していきます。


三菱の人気車種 デリカ D:5 を再考!現行モデルのスペックや特別仕様車の紹介も

三菱の人気車種 デリカ D:5 を再考!現行モデルのスペックや特別仕様車の紹介も

恐竜の骨格を思わせるリブボーンフレームの採用による最高の衝突安全性能を誇り、高い居住性とSUV的走破性も併せ持つ、三菱が誇るオールラウンダーミニバンがデリカD:5です。発売から10年以上を経てなお三菱をけん引し続ける人気車種の実像に迫ります。