目次へ戻る

スズキのジムニー|燃費から価格・中古車価格 新型の評価を合わせて紹介

スズキのジムニー|燃費から価格・中古車価格 新型の評価を合わせて紹介

スズキの軽自動車「ジムニー」の燃費や性能、価格も含めてご紹介していきます。これから車の購入を検討している方は是非参考にしてください。


スズキの本格派 軽クロスカントリー「ジムニー」

スズキのジムニーは、1970年から発売が開始されていて、今尚人気の長い歴史を持つ軽クロカンです。

現在主戦力として展開されているのは、、2018年7月にフルモデルチェンジが行われた4代目ジムニーで、従来のモデルよりもさらなる快適空間を実現しました。

ちなみに、普通車として展開されているジムニーシエラも同じタイミングでフルモデルチェンジが行われています。

ジムニーの最大の特徴と言えることは、ラダーフレームを採用した本格派SUVだということです。

日常の走行はもちろんですが、悪路においても高い走破性を実現しています。
また軽自動車になるので購入後の維持費が普通車と比較して安く、セカンドカーとしても人気の車種となっています。

新型ジムニーが2018年に発売

ジムニーシエラ

ジムニーシエラ

ジムニー新型が2018年7月に発売されました。

先代は1998年に登場しており、20年ぶりにフルモデルチェンジされました。新型ジムニーは本格的なクロスカントリーモデルともいえる、ラダーフレームを採用しています。

また、スズキの最新の安全運転支援機能である「デュアルセンサーブレーキサポート」を搭載しており安全性能もさらに躍進しています。

さらに、Sエネチャージシステムを採用しているので、燃費性能も従来よりも高水準になっています。

内外装も特徴的で、角がったスクエアなデザインが目を引きます。レトロ感のあるデザインはシンプルかつ機能的で長く乗り続けられる飽きのこない車と言えます。

グレードはXC/XL/XGの3つでカラーバリエーションは13色もありますので、自分にぴったりの車をチョイス出来ます。

また、新型ジムニーの発売と同じタイミングでジムニーシエラも発売が開始されました。軽自動車のジムニーに対して、ジムニーシエラは普通車です。

それぞれの車に内外装の大きな違いはありませんが、ジムニーにスズキの軽自動車向け最新エンジンの「R06A型」が採用されたのに対し、ジムニーシエラには、新開発のK15B型エンジンが搭載されています。

従来のジムニーシエラよりも排気量がアップする形となっています。

スズキのジムニー 基本スペックと燃費

・LJ10型(1970~1972年)
1970年に発売を開始したジムニーの初代モデルです。トランスミッションは4速マニュアルで、トラックに使用されるリーフリジットというサスペンションを装備していることが当時は当時は印象的でした。
【LJ10ジムニー詳細】
全長×全幅×全高:2,995mm×1,295mm×1,670mm
車両重量:600kg
エンジン:空冷直列2気筒
排気量:359cc

・LJ20型(1972~1976年)
マイナーチェンジが施され、1972年に発売されたLJ20型からは、空冷式から水冷式エンジンに変更されました。また、幌トップのグレードだけでなく、バンのモデルも追加されて快適性がアップしました。
【LJ20ジムニー詳細】
全長×全幅×全高:2,995mm×1,295mm×1,670mm
車両重量:625kg
エンジン:空冷直列2気筒
排気量:359cc

・SJ10型(1976~1981年)
軽自動車の規格の改正があり、排気量がアップしたモデルが1976年から販売されてSJ10型です。
エンジンは、LJ50型の水冷直列3気筒エンジンで、排気量が539ccにアップしました。
【SJ10ジムニー詳細】
全長×全幅×全高:3,170mm×1,395mm×1,845mm
車両重量:675kg
エンジン:水冷直列3気筒
排気量:539cc

・SJ30型(1981~1987年)
1981年にフルモデルチェンジされた2代目モデルです。ホイールベースが2,030mmに伸び、全長も少しだけ伸びています。
【SJ30ジムニー詳細】
全長×全幅×全高:3,195mm×1,395mm×1,710m
車両重量:690kg
エンジン:水冷直列3気筒
排気量:539cc

・JA71型(1984~1990年)
4サイクルエンジンが初めて搭載され、ターボも装備されたモデルです。トランスミッションも5速マニュアルへと1速増えて高速走行もより改善されました。
【JA71ジムニー詳細】
全長×全幅×全高:3,195mm×1,395mm×1,670m
車両重量:780kg
エンジン:水冷直列3気筒ターボ
排気量:543cc

・JA11型(1990~1995年)
1990年から販売されたJA11型は、現在の軽自動車規格に合わせたモデルで、エンジン排気量が660ccにアップしたほか、ボディサイズも拡大しました。トランスミッションには初めてオートマチックが採用され、3速ATが搭載されている点が特徴的です。
【JA11ジムニー詳細】
全長×全幅×全高:3,295mm×1,395mm×1,670mm×
車両重量:820kg
エンジン:水冷直列3気筒ターボ
排気量:657cc

・JA12・JA22型(1995~1998年)
1995年に発売されたJA11、JA22型のジムニーは、サスペンションが現在の3リンクコイルリジットになって、乗用車化が進んだモデルです。また、3代目ジムニーに搭載されているK6Aエンジンが初登場しました。
【JA12・JA22ジムニー詳細】
全長×全幅×全高:3,295mm×1,395mm×1,670mm
車両重: 890kg
エンジン:水冷直列3気筒ターボ
排気量:657cc

・JB23型(1998年〜2018年)
1998年に発売したJB23型ジムニーは、2018年のフルモデルチェンジまで20年愛され続けたモデルです。5ナンバーの乗用ワゴンのみのラインナップで、従来あった幌やバンモデルはなくなりました。
標準グレードの「XG」と上級グレードの「XC」のラインナップになっています。
【JB23ジムニー詳細】
全長×全幅×全高:3,395mm×1,475mm×1,680mm
車両重量:970kg
エンジン:水冷直列3気筒ターボ
排気量:658cc

※上記の情報は中古車情報サイト カーセンサーほか複数の中古車情報サイトの情報をお借りしています(2019年4月現在)

今後の進化に期待されるジムニーの魅力

ジムニーは登場から常に愛される車としてこれまで生き続けてきました。

毎回のモデルチェンジが行われるたびに常にドライバーの満足に応えてきましたが、その魅力は高い走破性とシンプルで魅力的なデザインです。

軽自動車でありながら悪路も走れる走行性能

新型ジムニーは走破性という観点で高いプライドを持っています。

舗装路の走行性能の向上だけでなく、悪路走破性が落ちてしまえば車としての価値が落ちてしまうと考えるほどの思いの強さです。

どのような環境でも快適に走行出来るよう毎度改良が加えられています。

2018年モデルでは、基本的なメカニズムは従来と同様であるものの、エンジンやサスペンションなどは、耐久性の高いラダーフレームに装着されています。

機能的で無駄をそぎ落とした硬派なデザイン

ジムニーのデザインは視認性と操作性が高さを重視した、非常にシンプルながら洗練されたものになっています。

ドライバーが快適に運転出来るように配慮された前席はサポート性が高く、運転効率を確実に支えています。

ジムニーの口コミや評価

JA11とJB23から乗り換えました
乗り心地がかなり良くなってビックリしています
釣り、プチキャンプメインの使用のためか燃費が結構いいです(リッター18くらい)

操縦安定性も大幅にアップした。先代は一般路でも常に路面からの影響で直進性が乱され、ステアリングをしっかりと握って修正をしなければならなかった。だが新型は直進安定性が一気に向上し、ステアリングに手を添えるだけで、かなりリラックスして走れるようになった。これはステアリングダンパーを装着した効果でもある。リジッドサスペンションのためよくできた乗用軽モデルほどの直進安定性はないが、許容範囲に収まっている。

乗り心地は軽自動車のSUVとは思えないほどしっかりとしている。これもフレームがしっかりしたことの効果だが、それに加えてボディマウントゴムの変更が効果を発揮。フレーム車はどうしてもマウントによっても乗り心地が左右されてしまう。そのためジムニーは力が掛かる方向によって剛性が変化する設計にした。縦方向の入力のショックをいなして優しい乗り心地を実現。それでいてステアリング操作とボディの動きに大きな時間差がないのがいい。

乗り心地の良さがどれもうかがえる高評価となっています。

ジムニーの新車・中古車価格

ジムニー新型の新車価格は145万円〜184万円ほどとなっています。

また、気になる中古価格ですが、状態やグレードによりますが約170万円~300万円ほどのようです。※中古車情報サイト カーセンサー調べ(2019年4月現在)

中古価格だからといって、ものによっては新車よりも車両価格が高くなっているので、購入の際は気を付けましょう。

まとめ

ジムニーは、軽自動車ではあるものの、街乗りでも悪路でも快適に乗りこなせる定番モデルです。
1998年から今でもモデルチェンジを継続し進化を続けるこの車、買い替えの機会に検討してはいかがでしょうか?

関連する投稿


あのスーパーカーメーカーのブガッティ SUVは発売するの?

あのスーパーカーメーカーのブガッティ SUVは発売するの?

ランボルギーニやフェラーリなど、様々なスーパーカーメーカーがSUVを発売している昨今。そんな中、数年前から、ブガッティがクロスオーバーSUVを開発するという噂があります。今回はそのブガッティのSUVの最新CGを入手しました!本記事では最新情報をまとめています。


【2019年復活】トヨタ 新型RAV4 デザインや価格、仕様はどうなる!?

【2019年復活】トヨタ 新型RAV4 デザインや価格、仕様はどうなる!?

トヨタの世界戦略車の一つ、クロスオーバーSUVのRAV4が2019年4月に日本復活すると公式サイトより発表がありました。新型RAV4の予想されるデザインや、スペック、価格などについて掲載しています。【8月14日更新】


トヨタ RAV4(ラヴフォー)新型 評価・価格・中古車価格・燃費ほか最新情報

トヨタ RAV4(ラヴフォー)新型 評価・価格・中古車価格・燃費ほか最新情報

2019年4月10日より発売されたトヨタのSUV、RAV4(ラヴフォー)。本記事ではトヨタのRAV4新型に関する最新情報をまとめてご紹介します。日本での発売日はいつ?デザインはどうなる?価格はいくらくらい?エンジンは?RAV4新型の情報を渇望している貴方にこの記事を贈ります!【8月14日更新】


悪魔のSUV!? レズバニの新型クロスオーバーSUV タンクXがヤバい!

悪魔のSUV!? レズバニの新型クロスオーバーSUV タンクXがヤバい!

レズバニの最強SUVが登場します。米国カリフォルニア州に本拠を置く新興メーカー、それがレズバニ。このレズバニが予告していたのがタンクXです。本記事ではこのタンクXに関する最新情報をまとめています。


スズキ セルボの魅力┃モデル別概要やスペック等一覧

スズキ セルボの魅力┃モデル別概要やスペック等一覧

スズキのセルボは、威圧感のないデザインでキビキビと走行します。燃費や乗り心地も良くどこまでも走っていけるので、セルボに乗っているだけで運転が楽しくなります。そんなセルボの魅力について見ていきましょう。


最新の投稿


100万円以下で購入できる!スバルの中古車 5選

100万円以下で購入できる!スバルの中古車 5選

スバルは国内だけではなく、海外でも人気があります。今回はスバルの歴史とともに100万円以下で購入できるスバルの中古車情報についてみていきましょう。


30万円以下で購入できる!ダイハツ軽自動車の中古車 5選

30万円以下で購入できる!ダイハツ軽自動車の中古車 5選

ダイハツといえば軽自動車、という想像がつくと思います。そして実はダイハツはトヨタの傘下という状況があります。今回はそのことについてと、中古車情報についてを紹介します。


【最新版】2019年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

【最新版】2019年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

毎年多くの車種が発表される自動車業界。2019年はどのような新型車・フルモデルチェンジ車に出会えるでしょうか。トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、光岡。名だたる国産車メーカーの新型車・新車最新情報、予測を網羅!2019年はどんな新型車が出る?そんな時は本記事を!【8月更新】


【2019年度版】女性に人気!おすすめのカワイイ軽自動車10選!

【2019年度版】女性に人気!おすすめのカワイイ軽自動車10選!

今や女性に大人気の軽自動車。見た目がかわいい車種から、燃費性能が高く使い勝手も良い子育てに頑張るママさんに人気の車種など様々あります。やはりどうせ乗るならウキウキするような車がいいですよね??そんな女性に人気の軽自動車を10台Pick UPしましたので、軽自動車の購入をお考えの方は是非参考にしてみてください!


【2019年最新版】ミニバンの人気・おすすめランキング!売上TOP9

【2019年最新版】ミニバンの人気・おすすめランキング!売上TOP9

自動車業界の中で1、2を争う人気のミニバンですが、今では使い勝手の良いファミリーに人気のタイプから高級志向のミニバンまで幅広いタイプのミニバンが存在します。この記事ではどんなミニバンが人気なのか、一般社団法人日本自動車販売協会連合会(自販連)が発表している月別統計データをもとに、2019年上半期(1月から6月)のミニバン販売台数トップ9を紹介します。どのミニバンが人気で売れたのか、ランキング形式でお送りします。【8月15日更新】