トップへ戻る

三菱の人気車種 デリカ D:5 を再考!現行モデルのスペックや特別仕様車の紹介も

三菱の人気車種 デリカ D:5 を再考!現行モデルのスペックや特別仕様車の紹介も

三菱が誇るオールラウンダーミニバンのデリカD:5は、発売から10年以上を経てなお人気車種となっています。今回はこのデリカD:5をご紹介します。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


デリカD:5の基本スペック


ボディタイプ 5ドアSUV型ミニバン

エンジン

2WD車

・4B11 2.0L
直列4気筒DOHC16バルブ(MIVEC)
(2009年12月~2011年12月)

・4J11 2.0L
直列4気筒SOHC16バルブ
(2011年12月~)

4WD車

・4B12 2.4L
直列4気筒DOHC16バルブ
(MIVEC)

・4N14 2.2L
直列4気筒DOHC16バルブ
ICターボコモンレールDI-D

駆動方式
FF/電子制御4WD

最高出力

2WD車

2.0L 150PS/6,000rpm

4WD車

2.4L 170PS/6,000rpm
2.2L 148PS/3,500rpm
2.2L 145PS/3,500rpm

最大トルク

2WD車

2.0L 20.1kg・m/4,200rpm
2.0L 19.4kg・m/4,200rpm


4WD車

2.4L 23.0kg・m/4,100rpm
2.2L 36.7kg・m/1,500~2,750rpm
2.2L 38.7kg・m/2,000rpm

変速機

・INVECS-III CVT(ガソリン車)
・INVECS-II 6AT
(ディーゼル車、2013年1月~2019年2月)
・8速スポーツモードAT
(ディーゼル車、2019年2月~)


サスペンション

F:マクファーソンストラット式

R:トレーリングアーム式マルチリンク


ボディサイズ

全長
・4,730mm
・4,800㎜(2019年2月登場モデル)

全幅
・1,795mm

全高
・1,825-1,870mm
・1,875㎜(2019年2月登場モデル)


ホイールベース
2,850mm

車両重量
1,690-1,910kg

デリカD:5の燃費

実燃費は、次の通りです。

・2007年01月発売のCV5W型
(2400cc、レギュラー、4WD)
8km台

・2011年発売のCV2W型
(2,000CC、レギュラー、FF)
10km台


やはり、他メーカーも同様ですが、JC08燃費、10・15燃費とは乖離があります。なお、WLTC燃費は非公開となっています。

デリカD:5の新車価格

新車価格帯:244~421 万円となっています。

デリカD:5の中古車価格

中古車価格帯:18~498 万円 となっています。中古車価格が、新車より高い理由は、キャンピングカー仕様車が含まれる為です。

カーセンサー調べ(2019年7月現在)

2020年1月現在は設定されていない限定車です
冬季特別仕様車「CHAMONIX(シャモニー)」

寒冷地に適した様々な装備を採用した特別仕様車シャモニーが設定されています。

・専用のエンブレム
・木目調パネル
・運転席と助手席にはシートヒーターを装備
・雪原をイメージさせるダーククローム調塗装の18インチアルミホイール
・明るい日差しを思わせるルーフビームガーニッシュ(天井照明)
・ほかに、バッテリー容量も拡大していて安心

2020年1月現在は設定されていない限定車です
特別仕様車「JASPER(ジャスパー)」

冬に対応した特別仕様車シャモニーに対して、夏の野外をイメージさせる特区別仕様車がジャスパーです。

・フロントバンパープロテクターを採用
・メッキされたフォグランプベゼル
・荷物の落下を防ぐカーゴフェンス
・泥はね、飛び石による傷を防ぐマッドフラップ

などなど、デリカD:5の持つ、道具としてのイメージを強調する装備が満載です。

デリカD:5のカスタムスタイル

ミニバンでありながら、アウトドアのイメージが強いデリカD:5。その特徴を生かしたカスタムが人気の様です。

リフトアップで迫力&乗り心地アップ

中には、6インチものリフトアップを行ったコンプリートカーを発売しているショップもある様です。もともとシートが高い位置にあるデリカD:5ですが、これだけインチアップしていると、見晴らしも違うでしょうね。

足元を引き締めるホイール交換

リフトアップを行っている場合は、より大きなホイールに交換することが可能です。※リフトアップを行うと、横揺れが強くなる事が予想されますので、ノウハウを持ったショップに依頼することをお勧めします。

逆に、純正より小さなホイールに交換するインチダウンをする人もいますが、この場合はリフトアップは不要となります。

本格的に車中泊するなら、キャンピングカー仕様車

ショップでカスタマイズされたコンプリートカーから、DIYでキャンカー仕様にしたクルマまで、多数のデリカD:5が存在します。コンプリートカーはかなりのお値段ですが、中古車でデリカD:5キャンピングカー仕様車を探すのも選択肢の一つかもしれませんね。

デリカD:5で車中泊するのなら

オンリースタイル 車中泊専用マット

Amazon参考価格¥16,133 (2019年5月30日現在)

まとめ

2007年の発売から、12年以上も製造される息の長いモデルとなったデリカD:5。見た目から受ける印象通り、がっしりと乗員を保護してくれる、安全性能もしっかり考えられたクルマとなっています。また、歩行者傷害軽減ボディで相手へのダメージにも配慮しています。

衝突安全強化ボディ(RISE)の採用だけでなく、運転席&助手席SRSエアバッグ、運転席SRSニーエアバッグ、SRSカーテンエアバッグを全車標準装備で万が一の衝突にも備えは万全です。

マイナーチェンジを繰り返す度に熟成されて来たデリカD:5は、今買っても決して後悔しない一台となっています。2021年に発売されると噂の次期デリカもどの様なクルマになるか愉しみですね!

関連する投稿


【2021年最新】日産の現行スライドドア車まとめ!伝統のミニバンから軽まで種類が豊富

【2021年最新】日産の現行スライドドア車まとめ!伝統のミニバンから軽まで種類が豊富

ご家族で利用される車についていて欲しい機能といえばスライドドア。お出かけやお買い物、とっさの雨でのお出迎えまで、スライドドアが付いていれば日々のカーライフがより充実すること間違いなしですよね。先進の運転支援技術で人気の日産のラインナップでも、スライドドアを装備した車が多数用意されています。一覧でご紹介していきますので、一体どの車種があなたにぴったりなのか、検討してみては。


トヨタ ウィッシュ|いまお手頃価格な低床・低重心ミニバン

トヨタ ウィッシュ|いまお手頃価格な低床・低重心ミニバン

背が低く、低床・低重心なミニバンの代表格だったトヨタ ウィッシュ。生産・販売が終了して、まもなく4年が経ちますが、いま中古車市場ではお手頃価格です。そこで、改めてトヨタ ウィッシュの魅力と、どうして「買い」といえるのかをまとめました。


トヨタ ヴェルファイア|クールな情熱を持つミニバンを徹底解説!

トヨタ ヴェルファイア|クールな情熱を持つミニバンを徹底解説!

 アルファードが人気沸騰で過去最高の販売台数を記録する中、急速に販売台数をおとした姉妹車のヴェルファイア。ついには特別仕様車一機種のみの設定となってしまいました。しかし、これまでの人気をけん引してきたヴェルファイアが魅力をなくしたわけではありません。そこで、改めてヴェルファイアの魅力をご紹介したいとおもいます。


ミニバンは何故ミニがつく?燃費性能や乗り心地を解説

ミニバンは何故ミニがつく?燃費性能や乗り心地を解説

国内でもファミリー層に人気なミニバンですが、家族が乗れるほど大きいのに何故ミニが付くのでしょうか。よく聞くバンとの違いはあるのか気になる方も多いと思います。そこで今回はミニバンの大きさに関してから人気車種まで徹底解説します。


7人乗りが8人乗りと比べて人気な理由は?7人乗りのおすすめ車種もご紹介!

7人乗りが8人乗りと比べて人気な理由は?7人乗りのおすすめ車種もご紹介!

大人数が乗車できるクルマは、なにかと重宝します。しかし、購入しようと思う場合に悩むのは「7人乗りにするか」、「8人乗りにするか」ということかもしれません。今回は、そんなときの参考になる記事です。


最新の投稿


軽自動車の名義変更で必要な書類と当日の流れを徹底解説!

軽自動車の名義変更で必要な書類と当日の流れを徹底解説!

名義変更はクルマの売買時にだけ必要なものではありません。引っ越しや結婚といった際にも、その手続きが必要です。そこで今回は、軽自動車の名義変更手続きについてまとめました。


移動式オービスによる取り締まり|運用が広がっている理由とは?

移動式オービスによる取り締まり|運用が広がっている理由とは?

高速道路などを走行中、オービスがピカッと光ってしまい、心配になった経験をお持ちの方は少なくないかもしれません。近年、オービスの新たな形として「移動式オービス」が運用の幅を広げています。これまでのオービスと何が違うのでしょうか?今回は、移動式オービスについてまとめました。


車のコーティングとワックス、どう違う?それぞれ費用や耐久性で比較

車のコーティングとワックス、どう違う?それぞれ費用や耐久性で比較

洗車は面倒だけど、愛車のピカピカな状態はできるだけ長く保ちたいもの。キレイなボディを維持しやすくなる方法といえば、自分で施工ができるワックスと、プロに頼むのが一般的なコーティングがあります。どちらにもメリットとデメリットがあるので、実際にあなたの愛車にはどちらがぴったりなのか、事前にしっかり検討しておきたいところ。かかる費用やかかる手間など、それぞれを詳しく比較していきます。


カーフィルム・ウィンドウフィルム最新10選|暑さや紫外線をカット

カーフィルム・ウィンドウフィルム最新10選|暑さや紫外線をカット

うだるような暑さや照りつける直射日光は、ガラスを通り抜けてくるので車内にいる間も油断大敵です。近年の車ではUVカットガラスが標準装備される例も増えてきてはいますが、紫外線や赤外線の遮断性能だけでなく遮熱性能まで備えた最新のカーフィルムを貼り付けることで、車内の快適性がグンと向上しますし、見た目の高級感やプライバシー性も向上させることができます。おすすめ商品をご紹介していきます。


スマートキーとは?便利な利用シーンや最新機能、防犯対策までご紹介

スマートキーとは?便利な利用シーンや最新機能、防犯対策までご紹介

近年の車で広く装備されるようになった機能のひとつに「スマートキー」が挙げられるでしょう。キーはポケットに入れておくだけで、ドアロックの解錠からエンジン始動まで可能な同機能は、今や現代の車にはなくてはならない機能となっていますよね。そんなスマートキーに関して詳しく解説していくとともに、最新のスマートキーが実現する便利な機能までご紹介していきます。