目次へ戻る

MINIの市販EV クーパーSE 2019年7月9日にデビュー!

MINIの市販EV クーパーSE 2019年7月9日にデビュー!

MINIは6月18日に、MINIの市販EVである、MINI『クーパーS E』(MINI Cooper S E)を7月9日に初公開すると発表しました。


MINIの市販EV クーパーSE 7月9日にデビュー!

《photo by MINI》 MINIエレクトリックコンセプト(2017年)

《photo by MINI》 MINIエレクトリックコンセプト(2017年)

MINIは6月18日に、MINIの市販EVである、MINI『クーパーS E』(MINI Cooper S E)を7月9日に初公開すると発表しました。

MINIクーパーSE 2019年11月より生産開始予定

MINIは2017年、市販EVのプレビューモデルとして、MINI『エレクトリックコンセプト』を発表しました。

同車は、MINI『ハッチバック』ベースのEVで、将来の市販EVを示唆したコンセプトカーでした。

その市販モデルとして、7月9日に初公開されるのが、MINIクーパーS E。

MINIシリーズに使われる「クーパーS」に、EVを示す「E」を組み合わせたネーミングとなります。

MINIクーパーS Eは2019年11月から、英国オックスフォード工場で生産を開始する予定。

MINIの歴史の新しい章を開く最初のオールエレクトリックMINIは、MINIの独創的な精神とスペース、象徴的なデザインを融合する、としています。

MINIクーパーSE ティザーイメージ

7月9日に初公開されるのが、MINIクーパーS Eだ。MINIシリーズに使われる「クーパーS」に、EVを示す「E」を組み合わせたネーミングとなる。

MINIクーパーS Eは2019年11月から、英国オックスフォード工場で生産を開始する予定だ。MINIによると、MINIクーパーS Eは革新的モデルとなったオリジナルのMiniに敬意を示しつつ、MINIのデザイン哲学を推進するという。

MINI 記事リンク

関連するキーワード


MINI 車種情報

最新の投稿


アストンマーティン ヴァルキリー最新プロトタイプ発表

アストンマーティン ヴァルキリー最新プロトタイプ発表

アストンマーティンは、開発中の新型ハイパーカー『ヴァルキリー』(Aston Martin Valkyrie)の最新プロトタイプ車を、英国で発表しました。


解放感はピカイチ! オープンタイプのメルセデス・ベンツSLKって?

解放感はピカイチ! オープンタイプのメルセデス・ベンツSLKって?

メルセデス・ベンツSLKは、1996年の初代より2016年の三代目まで生産がなされました。メルセデス・ベンツの2シーターのライトウェイトスポーツカーの位置づけで生産され、発売初年度は生産が追い付かないという人気を誇りました。R170・R171・R172の変遷も見てみましょう。


スカイライン ハイブリッドで優雅に走ろう┃概要やグレード別スペック燃費など一覧

スカイライン ハイブリッドで優雅に走ろう┃概要やグレード別スペック燃費など一覧

スカイライン ハイブリッドは静かなモーター走行とダイナミックに走るV6エンジンが特徴のハイブリッドカーです。その優れた走行性能は走り出した時から感じることができるでしょう。それではスカイライン ハイブリッドについて見ていきます。


クラウンアスリートハイブリッドの魅力とは┃歴史やスペック、燃費等まとめ

クラウンアスリートハイブリッドの魅力とは┃歴史やスペック、燃費等まとめ

クラウンアスリートのハイブリッドモデル「クラウンアスリートハイブリッド」 の燃費をガソリン車とハイブリッド車の比較でお伝えします。高級車の代表格である同車のステータス性や乗り心地、採用されている装備を考えると比較的お手頃とも言える価格や、スペック、魅力も併せて紹介していきます。


三菱の人気車種 デリカ D:5 を再考!現行モデルのスペックや特別仕様車の紹介も

三菱の人気車種 デリカ D:5 を再考!現行モデルのスペックや特別仕様車の紹介も

恐竜の骨格を思わせるリブボーンフレームの採用による最高の衝突安全性能を誇り、高い居住性とSUV的走破性も併せ持つ、三菱が誇るオールラウンダーミニバンがデリカD:5です。発売から10年以上を経てなお三菱をけん引し続ける人気車種の実像に迫ります。