トップへ戻る

新車登録ランキング、プリウス 5年ぶりの首位奪還

新車登録ランキング、プリウス 5年ぶりの首位奪還

日本自動車販売協会連合会は2017年3月および2016年度(2016年4月~2017年3月)の乗用車系車名別販売台数ランキングを発表しました。 気になる結果はどうだったのでしょうか…。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


プリウスが返り咲き!!新車登録ランキング

日本自動車販売協会連合会は2017年3月および2016年度(2016年4月~2017年3月)の乗用車系車名別販売台数ランキングを発表しました。

やっぱりトヨタは強かった!?

3月の乗用車系車名別販売台数ランキングでは、2万4383台(78.2%増)を販売した日産『ノート』が2か月ぶりのトップとなりました。

1月に日産30年ぶりとなる首位を獲得したノートは、トヨタ『プリウス』に1935台の差を付け、再びトップに立った。3位にはワンランクアップでトヨタ『アクア』が入りました。

そのほかでは、4位『C-HR』、7位『シエンタ』、8位『ヴィッツ』、10位『ヴォクシー』と、前月同様、トップ10中6台をトヨタ車が占めています。

3月の乗用車系車名別販売台数ランキング上位10車は以下の通り(カッコ内は前年同月比)。

1位:ノート(日産)2万4383台(78.2%増)
2位:プリウス(トヨタ)2万2447台(28.6%減)
3位:アクア(トヨタ)1万7798台(23.7%減)
4位:C-HR(トヨタ)1万6816台
5位:フリード(ホンダ)1万4799台(219.5%増)
6位:セレナ(日産)1万4577台(92.7%増)
7位:シエンタ(トヨタ)1万3336台(3.5%増)
8位:ヴィッツ(トヨタ)1万2654台(28.9%増)
9位:フィット(ホンダ)1万1629台(25.2%減)
10位:ヴォクシー(トヨタ)1万0831台(0.6%増)

プリウス、5年ぶりの首位返り咲き 2016年度

2016年度の新車乗用車の車名別販売台数ランキング(軽自動車を除く)では、トヨタ『プリウス』が22万5066台で5年ぶりのトップとなっています。

4年連続トップだった『アクア』は15万5566台(19.1%減)で2位、首位プリウスとは6万9500台差と大きく引き離された。3位は新型の販売が好調だった『シエンタ』が12万7392台(40.8%増)。トヨタがトップ3を独占しました。

トップ10の内訳はトヨタが昨年と同じく6モデル、ホンダと日産が各2モデル。

2016年度の新車乗用車販売台数ランキング上位10車は以下の通りです(カッコ内は前年度比)。

1位:プリウス(トヨタ)22万5066台(44.3%増)
2位:アクア(トヨタ)15万5566台(19.1%減)
3位:シエンタ(トヨタ)12万7392台(40.8%増)
4位:ノート(日産)12万3938台(29.9%増)
5位:フィット(ホンダ)9万8923台(11.7%減)
6位:ヴォクシー(トヨタ)9万2421台(0.1%減)
7位:セレナ(日産)9万0369台(50.5%増)
8位:カローラ(トヨタ)8万1391台(24.9%減)
9位:ヴィッツ(トヨタ)7万8634台(5.5%増)
10位:フリード(ホンダ)7万5384台(101.1%増)

ちなみに、プリウスはe燃費アワードも受賞したぞ

イードが運営する燃費管理サービス「e燃費」は4月3日、1年間に集計した実用燃費データを集計し、ランキング形式にまとめた「e燃費アワード2016-2017」を発表。総合部門トップは実燃費24.3km/リットルのトヨタ『プリウス』となりました。

今回で11回目を迎える「e燃費アワード」は、イードが運営する燃費管理サービス「e燃費」のユーザーが投稿した実燃費データを元に、「実燃費ランキング」および「カタログ燃費達成率ランキング」を作成し、優れた数値を出した車種を表彰するもの。「新型車部門」「ガソリン車部門」「ハイブリッド車部門」「軽自動車部門」「輸入車部門」「カタログ燃費達成率部門」「ディーゼル車部門」「総合部門」の計8部門の優秀車を発表しました。

ハイブリッド車部門は、トヨタ『プリウス』(25.1km/リットル)がフルモデルチェンジで1位に返り咲き、総合部門トップとのW受賞。エンジンの熱効率を40%以上に高め、トランスアクスル、モーター、電池といった各ユニットをよりコンパクト、軽量化したことで、ライバルを圧倒する結果に。以下、2位はトヨタ『アクア』(22.7km/リットル)、3位はホンダ『フィット(ハイブリッド)』(21.9km/リットル)がランクインしました。

■e燃費アワード2016-2017(各部門トップ)
・新型車:日産ノート(e-POWER)…21.2km/リットル
・ガソリン車:スズキ・スイフト…17.7km/リットル
・ハイブリッド車:トヨタ・プリウス…25.1km/リットル
・軽自動車:スズキ・アルト…23.5km/リットル
・輸入車:フォルクスワーゲンup!…16.8km/リットル
・燃費達成率:トヨタ・ランドクルーザープラド(ディーゼル)…92.4%(10.9km/リットル)
・ディーゼル車:マツダ・デミオ…19.4km/リットル
・総合:トヨタ・プリウス…25.1km/リットル

【e燃費アワード2016-2017】新型 プリウス、実燃費日本一に返り咲き…24.3km/リットル | レスポンス(Response.jp)

http://response.jp/article/2017/04/03/293022.html

イードが運営する燃費管理サービス「e燃費」は4月3日、1年間に集計した実用燃費データを集計し、ランキング形式にまとめた「e燃費アワード2016-2017」を発表。総合部門トップは実燃費24.3km/リットルのトヨタ『プリウス』となった。

関連する投稿


トヨタ カローラツーリングの内装を徹底チェック!注目の荷室はどう?

トヨタ カローラツーリングの内装を徹底チェック!注目の荷室はどう?

3ナンバーサイズとはいえ、国内市場専用のボディを持つ「トヨタ カローラツーリング」は、国内で選択肢がどんどん減少している貴重なステーションワゴンの中でも人気のモデルです。シャープな外観に注目が集まりがちですが、ステーションワゴンなら室内や荷室の使い勝手が気になるところですよね。この記事では、カローラツーリングの内装における魅力や注目ポイントを詳しくご紹介していきます。


トヨタ シエンタの内装を徹底チェック!魅力やグレード間の違いを解説

トヨタ シエンタの内装を徹底チェック!魅力やグレード間の違いを解説

コンパクトなサイズながら3列シートを備えて人気のミニバンが「トヨタ シエンタ」。都市部や駐車場でも扱いやすいボディサイズやポップなデザインに注目が集まりがちなシエンタですが、豊富な収納やスマートに格納できる3列目シートなど、ミニバンだからこそ重視したい内装の使い勝手の良さにも注目しておきたいところです。グレード間の違いなども含めて、シエンタの内装の魅力をご紹介していきます。


【2021年最新】最も低燃費な軽はコレ!軽自動車燃費ランキングTOP10

【2021年最新】最も低燃費な軽はコレ!軽自動車燃費ランキングTOP10

価格の安さや維持費の安さでお財布に優しい軽自動車ですが、近年の軽自動車は燃費性能も大幅に向上しており、上手に選べばガソリン代もしっかり節約することができます。いったいどの軽自動車が低燃費なのか、気になってきますよね。この記事では、最新のカタログ燃費をもとに、最も低燃費な軽自動車10車種をご紹介していきます。最新軽自動車の驚きの燃費性能を、ぜひチェックしてみてくださいね。


トヨタ ヤリスの燃費 金メダル級の高効率?!世界頂点級のハイブリッドとガソリン、実燃費は

トヨタ ヤリスの燃費 金メダル級の高効率?!世界頂点級のハイブリッドとガソリン、実燃費は

シャープなデザインと優れた走行性能をひっさげて、ヴィッツに代わる新たな名前で登場した「トヨタ ヤリス」は、2020年のデビューから国内市場だけでなく世界的な人気を獲得しています。そんなヤリス、ハイブリッド車では世界トップレベルの低燃費を実現しているなど、その高効率性がハンパないことはご存知でしたか? 話題のハイブリッド車だけでなく、力強さのガソリン車まで含めて、ヤリスの燃費を分析していきます。


【販売台数 過去最高!】トヨタ アルファード これを読めば人気の理由がわかる!

【販売台数 過去最高!】トヨタ アルファード これを読めば人気の理由がわかる!

今、トヨタのアルファードが人気沸騰中です。何と、発売から6年を経過したにもかかわらず、過去最高の販売実績を記録しているのです。そんなアルファードの人気の理由はどこにあるのでしょうか?そこで、今回はアルファードの魅力を徹底的に検証し、その人気の理由をご紹介します。


最新の投稿


ハスラーとタフトはどちらがおすすめ?価格や燃費や使い勝手で徹底比較

ハスラーとタフトはどちらがおすすめ?価格や燃費や使い勝手で徹底比較

軽クロスオーバーSUVの人気が高まっています。SUVらしい機能や性能でワクワクのカーライフを送りつつ、価格や維持費でグンと節約ができる軽の魅力も兼ね備えていることを思えば、その人気も納得です。中でも人気なのは「スズキ ハスラー」と「ダイハツ タフト」で、どちらを選ぶか悩んでいるという方も少なくないはず。項目別にこの2台を徹底比較していきますので、車選びの参考にしてみてくださいね。


トヨタ カローラツーリングの内装を徹底チェック!注目の荷室はどう?

トヨタ カローラツーリングの内装を徹底チェック!注目の荷室はどう?

3ナンバーサイズとはいえ、国内市場専用のボディを持つ「トヨタ カローラツーリング」は、国内で選択肢がどんどん減少している貴重なステーションワゴンの中でも人気のモデルです。シャープな外観に注目が集まりがちですが、ステーションワゴンなら室内や荷室の使い勝手が気になるところですよね。この記事では、カローラツーリングの内装における魅力や注目ポイントを詳しくご紹介していきます。


トヨタ シエンタの内装を徹底チェック!魅力やグレード間の違いを解説

トヨタ シエンタの内装を徹底チェック!魅力やグレード間の違いを解説

コンパクトなサイズながら3列シートを備えて人気のミニバンが「トヨタ シエンタ」。都市部や駐車場でも扱いやすいボディサイズやポップなデザインに注目が集まりがちなシエンタですが、豊富な収納やスマートに格納できる3列目シートなど、ミニバンだからこそ重視したい内装の使い勝手の良さにも注目しておきたいところです。グレード間の違いなども含めて、シエンタの内装の魅力をご紹介していきます。


トヨタ ハリアーの内装を徹底チェック!注目のインテリア装備はコレ

トヨタ ハリアーの内装を徹底チェック!注目のインテリア装備はコレ

流麗なデザインで他のSUVとは一線を画す高級感のあるSUVといえば、「トヨタ ハリアー」ですよね。高級セダンのような押し出しと乗り心地の良さがありつつ、SUVのような使い勝手の良さも兼ね備えたハリアーは、人気のSUVの中でも定番モデルのひとつです。そんなハリアーの内装は、こちらも上質かつ妖艶な世界が広がっています。ハリアーの内装の注目ポイントを詳しくご紹介していきます。


マツダ ロードスターの内装を徹底チェック!ワクワクする非日常空間

マツダ ロードスターの内装を徹底チェック!ワクワクする非日常空間

世界で最も売れている2シーターオープンスポーツカーが「マツダ ロードスター」です。歴代併せて生産累計台数が100万台を超えるなど、世界中で愛されるロードスターは、ドライブの楽しみやオープン時の開放感もさることながら、乗り込んだ瞬間から非日常を感じさせるような上質なインテリアも見どころです。この記事では、ロードスターの内装デザインや使い勝手などを詳しくご紹介していきます。