目次へ戻る

【トヨタ ヴェルファイア】大空間高級サルーン【詳細情報一覧】

【トヨタ ヴェルファイア】大空間高級サルーン【詳細情報一覧】

ヴェルファイアはトヨタが誇るLクラスミニバンで、アルファードの兄弟車種としても有名です。「大空間高級サルーン」をキーワードに開発され、乗っているだけでラグジュアリーな空間を演出してくれます。もちろん車内だけでなく、操作についても色々なサポート機能が豊富な為、大きな車体を初めて運転する方にも安心して乗車いただけます。


概要・特徴

デザイン

デザインは、アルファードが豪華さや上品さを特徴にするのであれば、ヴェルファイアは見た目の力強さ、走った時の躍動感が表現され、テーマ「大胆・不敵」というコンセプトに開発されたとおり、走っても止まってもインパクトのある仕上がりになっています。

カラーに関してはホワイトやブラック、メタリックなど計7色用意されており、いずれも落ち着きがありつつも大胆さを忘れない色合いになっています。さらに、小さなすり傷を自己修復してくれる「セルフリストアリングコート」を採用しているので、これによって新車時の光沢を長期にわたり味わえるよう工夫されており、長くその色合いを楽しむことが出来ます。

エンジンシステム

ヴェルファイアにはガソリンエンジンとハイブリッドがあります。ハイブリッドは燃費だけでなく、深夜などエンジン音が気になる際にモーターのみで静かに走行出来る「EVドライブモード」や、エアコンの効き具合や駆動力を穏やかにし、環境・燃費に配慮する「エコドライブモード」の2つのモードが選べるのが特徴です。

しかし、ガソリンエンジンも走行性能は充分優れており、いつものように走るだけでエコ運転が可能で、乗り心地はハイブリッド車に引けを取らないのではないでしょうか。

燃費(JC08モード)

燃費(JC08モード)に関してです。ガソリンエンジン燃費 9.5~12.8km/Lハイブリッド燃費 18.4~19.4km/Lやはりハイブリッドの方が燃費は良いですが、ガソリンエンジンも他の車と比較しても決して悪くないでしょう。

ただ、ハイブリッドはガソリンエンジンよりも車体価格が高くなる為、将来的に長く乗る方には最適ですが反対に3年などで乗り換えを考えている方にはガソリンエンジンの方がお得に乗れると思われます。いずれにしろ、環境性能・エコカー減税など踏まえ、ヴェルファイアという車はコストも非常に優れています。

搭乗人数・室内空間

ヴェルファイアには7人乗りと8人乗りがあります。室内空間はまさにエグゼクティブ。乗った瞬間にVIP待遇を受けているかのような上質で豊かな気持ちになれるでしょう。車内はゆったり広々しており、搭乗人数に応じてシートの配置を変えフラットにしてベッドにする事も出来ます。

また、運転中の静寂性がかなり高くお部屋で移動しているような感覚に。寝てしまったお子様などもエンジン音などを気にする事なくゆったりお休みいただけます。

シート

シート材質には本革を採用し、高級感を出すだけではなく座り心地も抜群。運転手の負担を減らすだけでなく、同乗者の方も上質で快適な時間を過ごせます。また、助手席にはロングスライドレールを搭載し最大1,160mmのスライドが可能となりました。

これにより座る方の体格や荷物の量などによってシートをずらしたりするなど様々なシートアレンジが出来るようになり、助手席に座る方にも今まで経験したことのない時間を体験していただけるでしょう。こういった配慮は運転手の方も同乗者の方も気持ち良く来るまでの移動ができ、肉体的にも精神的にも、より充実したカーライフが楽しめます。

ドア・乗降性

後部座席の乗降をしやすくするため、低床フロアを設置し、さらにスライドドアの開口幅も780mmと拡大しているので小さなお子様やお年寄りなどの乗り降りの負担を軽減してくれています。そしてパワースライドドアにワンタッチで開閉できるスイッチを搭載しているのでスマートキーで簡単に解錠・ドアオープンが出来ます。

バックドアも同様にワンタッチで自動開閉となっており、挟みこみ防止機能もついているので荷物の出し入れにもストレスを感じることがないでしょう。バックドアも同様にワンタッチで自動開閉となっており、挟みこみ防止機能もついているので荷物の出し入れにもストレスを感じることがないでしょう。

ラゲッジスペース

先程記載したとおり、シートアレンジが可能なので人を乗せるだけでなく荷物を運ぶ際のスペースアップが図れます。お出かけ先での大きなお土産物や、急なお買い物にも臨機応変にしっかり対応出来るのも特徴のひとつです。

また、高さも充分にあるので観葉植物やゴルフバッグなど高さや長さのあるものも収納可能です。さらに床下収納もしっかりついているので、外したヘッドレストなどを収納しておくのも良いでしょう。ヴェルファイアは収納に関しても利便性がかなり高い車となっています。

運転支援・運転のしやすさ

大きな車体の運転に不安を覚える人には嬉しい機能がたくさん付いています。ここでは特徴的な3つの機能をご紹介。「パノラミックビュー」見通しの悪い交差点など運転席からの目視だけでは見にくい状況でもサポートしてくれます。「インテリジェントパーキングアシスト2」超音波センサーとカメラを使って駐車スペースを検知。

ステアリング操作のみですが自動でアシストまでしてくれます。縦列駐車などにも対応し安全な駐車や出庫をサポートしてくれます。「レーダークルーズコントロール」高速道路で0~100km/hまでの広い範囲で先行車との車間距離を適切に保ちながら追従走行が可能な機能です。先行車が停止した際には車間距離を保ってスムーズに停止します。

安全装備

事故の多い昨今、安全装備には一層力を入れています。予防安全としては、特に夜間や悪天候の際など視界が悪い時に、ハイビームやロービームを周囲の明るさによって検知したり、後続の車から見やすいLEDリヤランプを搭載し未然に事故を防げるような対策が練られています。

また、万が一を想定して衝突安全性能にも配慮してあります。衝突安全ボディを搭載し外からの衝撃を抑えつつ車内にはではエアバッグや3点式シートベルトなど外からも中からも安全対策に余念がない作りとなっています。

バリエーション・価格

価格に関してはガソリンエンジンモデルで300万円前半~400万円前半。ハイブリッドで400万円前半~700万円台と各パッケージとグレードによって金額はそれぞれ変わってきます。

これは装飾品の違いや搭載している機能などによる違いとなりますので、その人に合わせた車選びが可能となっており、カラーバリエーションと合わせて様々な組み合わせが楽しめるような車となっています。

試乗記

さて、実際の乗り心地はどうだったのか試乗した方の感想をまとめました。「乗り心地、静粛性もまた、ミニバン最上レベル」(青山氏)「このクラスならではの快適な着座感」(島崎氏)このように静寂性もあり座った感触も快適でかなり評価が高いようです。

また、ハイブリッド車にのみ搭載されている機能としては、「ガソリン車にないAC100V/1500Wコンセントは走行中、停車中を問わず使える(青山氏)」と、乗り心地だけでなくお仕事や生活していくうえで必要なものが細部にまで搭載されておりヴェルファイアはまさに、"痒い所に手が届く"といった車となっています。

関連する投稿


【最新版】2019年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

【最新版】2019年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

毎年多くの車種が発表される自動車業界。2019年はどのような新型車・フルモデルチェンジ車に出会えるでしょうか。トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、光岡。名だたる国産車メーカーの新型車・新車最新情報、予測を網羅!2019年はどんな新型車が出る?そんな時は本記事を!【12月11日更新】


トヨタのカローラスポーツ新型 価格・試乗記・スペックほか

トヨタのカローラスポーツ新型 価格・試乗記・スペックほか

6月26日より発売されている、12年ぶりにハッチバックスタイルを復活させた、トヨタの新型車『カローラスポーツ』。本記事ではカローラスポーツの詳細情報をまとめています。価格・試乗記・スペックほか


【骨格大事】TNGAが搭載されているトヨタの車まとめ

【骨格大事】TNGAが搭載されているトヨタの車まとめ

貴方はTNGAという言葉を聞いたことがありますか。TNGAとは、トヨタの新しい車つくりの思想で、この思想の元に開発されているのが、TNGAという新しいプラットフォームです。いわば、車の屋台骨というわけですね。このTNGAが採用されているトヨタの車種をまとめてみました。車選びの参考にしてみてくださいね。


開催中【ロサンゼルスモーターショー2018】最新情報

開催中【ロサンゼルスモーターショー2018】最新情報

米国のロサンゼルスにて、ロサンゼルスモータ-ショー2018が開催されます。一般デーの開催日程は11月30日~12月9日(現地時間)。トヨタ・ホンダなど自動車メーカー30社が出展予定のこのショー。本記事では主要メーカーの最新情報・ワールドプレミア情報をまとめています。【12月4日更新】


【ロサンゼルスモーターショー2018】トヨタ カローラ セダン新型にハイブリッド!

【ロサンゼルスモーターショー2018】トヨタ カローラ セダン新型にハイブリッド!

トヨタ自動車の米国部門は、米国で開幕したロサンゼルスモーターショー2018にて、新型『カローラ・セダン・ハイブリッド』の米国仕様車を初公開しました。いったいどのような仕様になっているのでしょう。


最新の投稿


【最新版】2019年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

【最新版】2019年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

毎年多くの車種が発表される自動車業界。2019年はどのような新型車・フルモデルチェンジ車に出会えるでしょうか。トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、光岡。名だたる国産車メーカーの新型車・新車最新情報、予測を網羅!2019年はどんな新型車が出る?そんな時は本記事を!【12月11日更新】


【まさか復活!?それとも】マツダがMX-6を商標登録 MX-6とは

【まさか復活!?それとも】マツダがMX-6を商標登録 MX-6とは

マツダが『MX-6』の名前を商標登録していたことが判明しました。これは、日本の特許庁の公式サイトから明らかになったものです。このMX-6とは、過去にマツダが発売していたクーぺ。これはいったい…?


大雪時のタイヤチェーン装着義務 13区間(高速7・国道6)で実施|場所はどこ?

大雪時のタイヤチェーン装着義務 13区間(高速7・国道6)で実施|場所はどこ?

2018年11月15日に国土交通省より発表された 「タイヤチェーンを取り付けていない車両通行止め」規制。11月15日~11月28日までの間、パブリックコメントの募集を行い、12月10日に同交通規制が実施される道路を発表しました。実施される道路情報と、規制についての概要、違反時の罰則や実施時期について掲載しています。


トヨタのカローラスポーツ新型 価格・試乗記・スペックほか

トヨタのカローラスポーツ新型 価格・試乗記・スペックほか

6月26日より発売されている、12年ぶりにハッチバックスタイルを復活させた、トヨタの新型車『カローラスポーツ』。本記事ではカローラスポーツの詳細情報をまとめています。価格・試乗記・スペックほか


【ロサンゼルスモーターショー2018】最後のビートルが登場!

【ロサンゼルスモーターショー2018】最後のビートルが登場!

ロサンゼルスモーターショー2018にて、最後のビートルとなる、ザ・ビートル ファイナルエディションが公開されました。長年にわたり、多くの人に愛されてきたビートル。最新情報をまとめています。