目次へ戻る

100万円以下で購入できる!スバルの中古車 5選

100万円以下で購入できる!スバルの中古車 5選

スバルは国内だけではなく、海外でも人気があります。今回はスバルの歴史とともに100万円以下で購入できるスバルの中古車情報についてみていきましょう。


スバルってどんな車メーカー?

スバルの歴史は、今からおよそ100年前の1917年に設立された「飛行機研究所」が起源です。富士重工の前進として、軍用機メーカーとしてその歴史が始まりました。

その後、富士自動車工業が自動車開発に乗り出し、5社が共同出資して1953年に「富士重工業」が誕生=「スバルブランドの車」が生まれており、ここから水平対向エンジン史がはじまります。

スバルで大きな出来事といえば、1989年にレガシィ、1992年にはインプレッサが発売したことでしょう。「スバル=スポーティ4WD」のイメージを確立ですね。

2016年度にはスバルで初めて世界販売台数100万台に達し、2017年には「富士重工業」から世界の「SUBARU」へと社名を変更しています。

100万円以下で買える!中古のスバル5選

スバル インプレッサ

初代においてスポーツモデルのWRXが注目されましたが、この2代目では、セダン=WRXというキャラクターとして扱われました。エンジンは水平対向4気筒DOHCの2Lのみとなり、自然吸気モデルを新たに追加。

乗り心地はハード・一辺倒の初代に比べて幾分マイルドになった為に、ファミリィユースを対象に使えるセダンを目指しています。燃費は、10・15モード燃費:11.4~16.6km/Lです。

2代目の生産モデルは生産終了しているため、新車で購入できないのですが、当時の新車価格は116万円からです。

 
スバル インプレッサの中古車情報(2000年8月~2007年6月)
平均価格約71.7万円
価格帯約13万円~179.8 万円
※車情報サイトResponse 中古車情報調べ(2019年8月現在)

スバル インプレッサの2007年式であれば、探してみると走行距離が少ないもので49万円程で確認することができました。発売当時の新車価格と比べて67万円ほど安く購入することができますよ。

スバル フォレスター

走行と安全や環境性能を高めたミドルサイズSUVです。世界で高い評価を得ているシリーズ4代目です。シンメトリカルAWDは、水平対向エンジンを核としたパワートレーンを、左右対称にレイアウトした優れた重量バランスを持っています。

NAはレスポンスの良さと優れた燃費性能が特徴として、ターボは直噴技術とツインスクロールターボにより、高い動力性能と燃費性能を両立しており、燃費は、JC08モード燃費:13.2~16km/Lです。

この2012年11月~2018年6月 モデルの4代目フォレスターは生産終了していおり、当時の新車価格では209万円からです。

 
スバル フォレスターの中古車情報(2012年11月~2018年6月)
平均価格約183.2万円
価格帯約81万円~329.9 万円
※車情報サイトResponse 中古車情報調べ(2019年8月現在)

スバル インプレッサの2014年式であれば、走行距離が少ないもので87万円以下で確認することができました。発売当時の新車価格と比べて122万円ほど安く購入することができますよ。

スバル レガシィツーリングワゴン

グランドツーリング イノベーションがコンセプトの5代目です。乗る人すべてが快適に過ごせる居住空間の確保の為にボディを拡大しました。新たにゆりかご状のフレームにパワーユニットを搭載する「クレードル構造マウント」を装備しています。

静粛性や衝突安全性の向上が図られています。エンジンは水平対向4気筒で、排気量は2.5L。実用性重視のSOHCと、ターボを備えたDOHCターボの2種類があり、燃費は、JC08モード燃費:10.2~14.4km/Lです。

2009年5月~2014年10月のモデルは現在生産されていないですが、当時の新車価格は236万円からです。

 
スバル レガシィツーリングワゴンの中古車情報(2009年5月~2014年10月)
平均価格約92.9万円
価格帯約19.8万円~249.8万円
※車情報サイトResponse 中古車情報調べ(2019年8月現在)

スバル レガシィツーリングワゴンの2014年式モデルを探してみると、走行距離が少ないもので99万円以下で確認することができました。発売当時の新車価格と比べて137万円ほど安く購入することができます。

スバル レヴォーグ

「安心で愉しい」車づくりのノウハウと最新技術を注いだ、新型スポーツツアラー「レヴォーグ」です。「1.6L インテリジェントDIT」を搭載する「1.6GT」と、「1.6GTアイサイト」、「1.6GT‐Sアイサイト」は、リニアトロニックと組み合わせます。

「2L ハイパフォーマンスDIT」を搭載する「2.0GTアイサイト」、「2.0GT‐Sアイサイト」は、スポーツリニアトロニックとの組み合わせで、300馬力の高出力2000rpmで、400N・m(40.8kgf・m)に達する高トルクの圧倒的な動力性能を引き出し、スポーティで愉しいドライビングを提供します。

小排気量エンジンにターボ技術を採用することで、動力性能や軽快な走りができ、17.4km/L(JC08モード)の優れた燃費性能を両立しています。

新車価格は266万円からです。

 
スバル レヴォーグの中古車情報(2014年6月~ )
平均価格約211.7万円
価格帯約96.8万円~421.2 万円
※車情報サイトResponse 中古車情報調べ(2019年8月現在)

スバル レヴォーグの2014年式であれば、走行距離は若干高めですが99万円以下で確認することができました。発売当時の新車価格と比べて167万円ほど安く購入することができます。

スバル レガシィB4

ツーリングワゴン同様、ボディサイズはひと回り大きくなっていて、従来モデルのモチーフを受け継ぎ、スポーティなセダンに仕上げられています。SIシャシー・コンセプトによってボディ&シャシーは進化が図られています。優れた操縦安定性としなやかな乗り心地を両立しました。

「クレードル構造マウント」の採用では、静粛性や衝突安全性も向上しています。燃費は、JC08モード燃費:10.8~14.4km/Lとなっています。

2009年5月~2014年9月のモデルは生産終了していますが、当時の新車価格は220.5万円からです。

 
スバル レガシィB4の中古車情報(2009年5月~2014年9月)
平均価格約84.7万円
価格帯約24.9万円~219 万円
※車情報サイトResponse 中古車情報調べ(2019年8月現在)

スバル レガシィB4の2014年式であれば、走行距離は若干高めですが92万円以下で確認することができました。発売当時の新車価格と比べて128.5‬万円ほど安く購入することができますよ。

まとめ

スバルは、車文化を定着させた立役者です。今でこそ、スバルは中堅自動車メーカーのイメージが強いですが、レガシィの四輪駆動方式や、インプレッサの4WDとFF(前輪駆動)両ラインナップは、今も人気を持ち続けています。走りと安全性を追求した車の、スバルの中古車をこの機会に検討して見てはいかがでしょうか。

関連する投稿


【東京モーターショー2019】10月24日開幕!開催概要・出展車など最新情報まとめ

【東京モーターショー2019】10月24日開幕!開催概要・出展車など最新情報まとめ

東京モーターショー2019が、10月24日から11月4日までの12日間、東京ビッグサイトにて開催されます。本記事では、トヨタやホンダといった出展車予想情報に始まり、新型車・ワールドプレミア・アクセス情報・駐車場・開催日程・チケット価格などについてまとめています。【9月10日更新】


【最新版】新車で買える!MT車(マニュアル車)まとめ

【最新版】新車で買える!MT車(マニュアル車)まとめ

MT車に乗りたい、今現在どのようなMT(マニュアル)車が販売されているのかを知りたい、という方のために今回は2019年8月現在購入できる国産MT(Hパターン)車をまとめました。MT車が欲しいあなたにおすすめです。※ほとんどの車種を網羅していますが、一部商用車などは省いています。


東京モーターショー2017総振返り!メーカー別 注目車種と来場者数は?

東京モーターショー2017総振返り!メーカー別 注目車種と来場者数は?

【11/17情報更新】2017年10月28日~11月5日の10日間で開催された東京モーターショー2017。本記事では東京モーターショーのトレンド、見どころ(出展社、出展車両)、来場者数等の振返りをまとめて掲載しています。東京ビッグサイトに足を運んだ方も、残念ながら行けなかった方も是非ご覧下さい。


【最新版】2019年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

【最新版】2019年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

毎年多くの車種が発表される自動車業界。2019年はどのような新型車・フルモデルチェンジ車に出会えるでしょうか。トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、光岡。名だたる国産車メーカーの新型車・新車最新情報、予測を網羅!2019年はどんな新型車が出る?そんな時は本記事を!【8月更新】


スバルの新型クーペSUV登場 ワールドプレミアは2020年か?

スバルの新型クーペSUV登場 ワールドプレミアは2020年か?

スバルのSUVラインナップに新たなSUVが加わるかもしれません。ベースとなるのはスバルのヴィジヴ・アドレナリン・コンセプトです。大注目のスバルの新型クーペSUVについて本記事ではまとめています。


最新の投稿


リアスポイラー|役割・効果やリアウィングとの違い、取付費用などまとめ

リアスポイラー|役割・効果やリアウィングとの違い、取付費用などまとめ

リアスポイラー。自作等で取り付けすると車検が通るのか気になりますし、取付工賃や自分で塗装をする方法も知りたいところ。 そもそもリアスポイラーにはどのようなメリット、デメリットがあるのでしょう。今回はそんなリアスポイラーについて、わかりやすく紹介していきます。


【おすすめ10選】愛車の鍵のために!キーケースまとめ

【おすすめ10選】愛車の鍵のために!キーケースまとめ

鍵はいつも身に付けるものなので、ケースもこだわりたいところ。様々なタイプのキーケースがある中で、オススメのものを10選まとめています。


【おすすめ10選】愛車を綺麗に!洗車スポンジまとめ

【おすすめ10選】愛車を綺麗に!洗車スポンジまとめ

車が汚れてきたなと感じたら、何をしていますか?ガソリンスタンドで洗車サービスがあるので利用する人も多いと思いますが、自分でも自宅で洗車が可能です。今回は、自宅で洗車する際に大活躍のスポンジをご紹介します。


【おすすめ10選】車を綺麗に!カーワックスまとめ

【おすすめ10選】車を綺麗に!カーワックスまとめ

愛車を綺麗にお手入れしたい方にオススメのカーワックスをまとめました。コーティングよりもお手軽にできるワックスで、ピカピカの車を目指しませんか?


トヨタのハッチバック オーリス中古車価格まとめ

トヨタのハッチバック オーリス中古車価格まとめ

2006年にデビューしたトヨタ オーリスといえば、ハッチバックタイプのコンパクトカーであり、日本だけではなく世界的に人気のある車です。ヨーロッパではプリウスよりも売れているというから驚きですね。今回は、トヨタ オーリスの中古価格をまとめましたので一緒に見ていきましょう。