目次へ戻る

30万円以下で購入できる!スバルの軽自動車の中古車5選

30万円以下で購入できる!スバルの軽自動車の中古車5選

かつて、スバルも軽自動車をつくっていました。今回は、スバルの軽自動車の歴史と、新車・中古車の価格や燃費情報を含んだ中古車情報についてみていきます。


スバルってどんな車メーカー?

日本の軽自動車ブームを牽引したスバルの歴史を紹介しましょう。スバルのイメージとは、水平対向エンジンや4WDモデルを前面に打ち出した自動車メーカーです。かつては、軽自動車ブームを牽引したメーカーだったのです。

軽自動車の第1号「スバル360」を発売したのは、1958年3月です。自家用車は夢の対象であり、一般庶民では購入する事ができる車は、なかったのです。こうした時代を背景に、スバル360は、小型で高性能、かつ低価格である為に、爆発的人気を起こして一般家庭に普及したのです。スバル360で成功後も、「レックス」や乗用車の「ヴィヴィオ」などのほか、「農道のポルシェ」と呼ばれた軽トラック「サンバー」を開発しました。独自性のあるモデルを続々と登場させたのです。

やがて、軽自動車開発からの撤退となる時期がやってきます。スバルが軽自動車開発からの撤退を表明したのは、2008年4月です。54年間の軽自動車生産を終了させたのです。変化する市場に対応するには、開発から撤退する事で、資金力や技術力を補って生き残る為の決断でした。
スズキとダイハツの2強と渡り合う事は、中堅メーカーであるスバルには困難だったのです。スバルは軽自動車の自社開発を断念して、普通自動車の開発に専念する事になったのです。

現在のスバルは、業務提携しているダイハツから供給されるOEMモデルなのです。OEMモデルとは、他社ブランドの製品を製造する事を意味しています。他社によって製造された「車」を、自社ブランドで販売する事です。OEM車を販売する最大のメリットは、自社で扱わないタイプの車を、開発コストをかけないで、販売できる事です。コスト削減を、ユーザーに還元する事が可能になるのです。

30万円以下で買える!中古のスバル軽自動車5選

スバル ステラ

広い室内空間と高い燃費性能を実現したスバルのハイト系軽自動車の2代目です。兄弟車同様にノーマルモデルとカスタムの2種類が用意されました。ダイハツムーヴのOEM車(部品などの供給)の為、内容はほぼムーヴに準じてはいますが、差別化の為に、フロントバンパーのデザインなどが変更されています。

エンジンは可変バルブタイミングが組み込まれた直列3気筒DOHCです。電子制御スロットルシステムや伝達効率を図った新CVTなどを採用しました。

燃費は、10・15モード燃費:21.5~30km/lです。

中古車との比較では、93万円以上の差額になります。中古車平均価格は56.4万円。中古車価格帯は15.8万円~109.8万円でした。

 
スバル ステラの中古車情報(2011年5月~2014年11月)
平均価格約56.4万円
価格帯約15.8万円~109.8万円
※Response中古車情報より(2019年7月現在)

スバル サンバー

サンバーは、サンバーバンおよびトラックがあります。スバル独自開発から、ダイハツからのOEM供給車に変更されました。荷室スペースに加え、荷室フロア地上高を低くするなど空間効率と使い勝手を重視しています。実際の使い勝手を考慮した多彩な収納スペースが車内中に配置されています。エンジンは660ccの直3DOHCと同ターボがあります。

燃費は、10・15モード燃費:15~17km/lです。
中古車平均価格は66.1万円。中古車価格帯は19.5万円~194.4万円となっています。
※極端に高額な個体は、キャンピングカー仕様であると思われます。

 
スバル サンバーの中古車情報(2012年4月~ )
平均価格約66.1万円
価格帯約19.5万円~194.4 万円
※Response中古車情報より(2019年7月現在)

新車時価格は108.1〜166.7万円ですので、個体によっては約80万円程お得に購入することが出来ます。年式が新しくとも、過走行の個体には注意しましょう。

スバル プレオ

ハイト系ワゴンから一転して、コンパクトハッチバックに変身したダイハツ ミラのOEM車です。親しみやすいデザインのプレーンなプレオと、クロームメッキのフロントグリルは、ベースのミラと同様で、シャープなデザインの4灯ヘッドランプなど、クールなプレオ カスタムと、4ナンバーの商用仕様がラインナップしています。

燃費は0・15モード燃費:19~24.5km/l です。
中古車平均価格は34.6万円。中古車価格帯は11万円~74.8万円となっています。

 
スバル プレオの中古車情報(2010年4月~ )
平均価格約34.6万円
価格帯約11万円~74.8万円
※Response中古車情報より(2019年7月現在)

新車時価格67〜154.7万円です。
手頃な新車価格ですが、中古車の比較では、50万円以上の差額です。

スバル R2

名車スバル360の後継車を現代に復活させたのは、セダンでもなくミニバンタイプでもない、新ジャンルの軽自動車です。特徴的なフロントマスクは、スバルを象徴した飛行機をモチーフにしています。トランスミッションは全車に7速スポーツシフト付きCVTを搭載して、自然吸気モデルには5MTの設定があります。

燃費は、10・15モード燃費:18~24.5km/lです。
中古車平均価格は17.4万円。中古車価格帯は0.1万円~78万円となっています。

 
スバル R2の中古車情報(2003年12月~2010年3月 )
平均価格約17.4万円
価格帯約1000円~78万円
※Response中古車情報より(2019年7月現在)

新車時価格76.7〜153.2万円ですので、中古車との比較では、安い個体では70万円以上の差額になります。あまりにも安い個体については、車両状態をよく確認した上で購入しましょう。

スバル R1

R2をベースにした2ドアパーソナルカーです。ホイールベースを165mm切り詰めて2ドアにしました。前席優先の2+2モデルになりました。全長が軽自動車枠よりも110mm短い為、機動性は高くなっています。

燃費は、10・15モード燃費:18~24.5km/lです。
中古車平均価格は、33.7万円。中古車価格帯は15万円~110万円となっています。

 
スバル R1の中古車情報(2004年12月~2010年3月)
平均価格約33.7万円
価格帯約15万円~110万円
※Response中古車情報より(2019年7月現在)

新車価格は113.4〜164.2万円です。安い個体では、新車と比べて100万円以上お得に購入することが出来ます。購入を検討する際は、走行距離、年式だけでなく、定期点検整備簿などで車両状態をよく確認する様にしましょう。

まとめ

スバルの軽自動車は、ほとんどが、OEM車となっています。しかし、安全性能や利便性においては、ユーザーの事を考えられた車の販売となっています。

関連する投稿


東京モーターショー2017総振返り!メーカー別 注目車種と来場者数は?

東京モーターショー2017総振返り!メーカー別 注目車種と来場者数は?

【11/17情報更新】2017年10月28日~11月5日の10日間で開催された東京モーターショー2017。本記事では東京モーターショーのトレンド、見どころ(出展社、出展車両)、来場者数等の振返りをまとめて掲載しています。東京ビッグサイトに足を運んだ方も、残念ながら行けなかった方も是非ご覧下さい。


30万円以下で購入できる!中古のホンダ軽自動車5選

30万円以下で購入できる!中古のホンダ軽自動車5選

ホンダ車の軽自動車は、小回りが利き使い勝手が良く、燃費性能が高い軽自動車でありながら、デザイン性が良いのが人気の理由といえますね。今回は、ホンダの軽自動車の中でも30万円以下で購入できる車を5選紹介します。


【東京モーターショー2019】10月24日開幕!開催・出展車情報など最新情報まとめ

【東京モーターショー2019】10月24日開幕!開催・出展車情報など最新情報まとめ

10月24日より開催される東京モーターショー2019。10月24日から11月4日までの12日間、東京ビッグサイトにて開催されます。本記事ではどこよりも早く、どこよりもわかりやすいをモットーに東京モーターショー2019の最新情報をまとめています。新型車・出展車・ワールドプレミア情報・アクセス情報・駐車場情報・開催日程情報・チケット情報、前回の東京モーターショー2017の振り返りも。毎日更新中です。【8月21日更新】


【最新版】新車で買える!MT車(マニュアル車)まとめ

【最新版】新車で買える!MT車(マニュアル車)まとめ

MT車に乗りたい、今現在どのようなMT(マニュアル)車が販売されているのかを知りたい、という方のために今回は2019年8月現在購入できる国産MT(Hパターン)車をまとめました。MT車が欲しいあなたにおすすめです。※ほとんどの車種を網羅していますが、一部商用車などは省いています。


30万円以下で購入できる!トヨタ軽自動車の中古車 5選

30万円以下で購入できる!トヨタ軽自動車の中古車 5選

トヨタは80年以上もの長い歴史を持つ自動車メーカーです。今回はそのトヨタの歴史について中古車情報と一緒に見ていきましょう。


最新の投稿


東京モーターショー2017総振返り!メーカー別 注目車種と来場者数は?

東京モーターショー2017総振返り!メーカー別 注目車種と来場者数は?

【11/17情報更新】2017年10月28日~11月5日の10日間で開催された東京モーターショー2017。本記事では東京モーターショーのトレンド、見どころ(出展社、出展車両)、来場者数等の振返りをまとめて掲載しています。東京ビッグサイトに足を運んだ方も、残念ながら行けなかった方も是非ご覧下さい。


フォルクスワーゲン ゴルフⅦ総まとめ!マイチェン後の7.5も┃スペック、燃費・中古価格

フォルクスワーゲン ゴルフⅦ総まとめ!マイチェン後の7.5も┃スペック、燃費・中古価格

「フォルクスワーゲン・ゴルフVII」とは、ゴルフの7代目にあたります。ゴルフの歴史からマイチェンのゴルフ7.5の特徴、性能や燃費、中古車価格などをまとめてみました。ゴルフⅦに乗ってみたい方は参考にしてみてはいかがでしょうか。


200万円以下で購入できる!中古のジャガー5選

200万円以下で購入できる!中古のジャガー5選

ジャガーは錦織圭がアンバサダーを務めている輸入車です。ジャガーはイギリスの高級車メーカーであり、現在はランドローバーと同様にインドのタタ・モーターズ傘下となっています。自動車メーカーの中で、歴史が古いメーカーの1つでもあります。今回は、ジャガーの歴史や中古車についてまとめています。


200万円以下で購入できる!MINIの中古車 4選

200万円以下で購入できる!MINIの中古車 4選

今も変わらず「ミニ」は大人気の車です。これからミニの購入を考えて気になっている方も多くいる事でしょう。今回は、車の購入がはじめてという方でも分かりやすくミニ選びができるよう、ミニとはどのような車なのか解説し、200万円以下で買えるミニの中古車を4選紹介します。


【北米専用】マツダCX-9ってどんな車?日本で発売されるの?

【北米専用】マツダCX-9ってどんな車?日本で発売されるの?

日本国内で発売されていない国産メーカーの車種の中には、非常に魅力的なモデルは多数存在します。その中でもマツダの北米専用車種である「CX-9」は大変興味深い車種といえます。このネーミングだけでも、3列シートSUVとして話題を集めた「CX-8」より大型のクロスオーバーSUVであることが想像できます。では、なぜ北米専用車種なのか?そして日本国内に導入される可能性はあるのか?そもそもどんな車種なのかを解説します。