目次へ戻る

アイサイトだけじゃない!スバルが誇るLEGACY、LEVORGをご紹介!

アイサイトだけじゃない!スバルが誇るLEGACY、LEVORGをご紹介!

スバル、と聞くとスバルはどんなイメージを持ちますか?えっ、アイサイトだけ?それはとってももったいないです。日本の誇る富士重工業のスバル、イチオシ車種についてご紹介します!


LEGACYB4

LEGACYB4はスバルのフラッグシップカーです。1980年代末期に経営危機に見舞われていたスバルが局面打開のために開発した、完全新設計の車です。

それまでのスバル車のイメージを覆す上質感に、スバル特有のユニークなメカニズムを搭載し、セダンとツーリングワゴンをラインナップしています。

B4の名称は3代目のセダンに与えられたもので、その後スポーツセダンマーケットの代表車種となり現行車である6代目まで引き継がれています。スポーツセダンとして快適な乗り心地と走行性能を高次元で両立しています。

LEGACYB4、特徴は?

LEGACYB4は、スポーツセダンとして確固たる地位を築き、北米でもその優れた安定性で人気の車種です。その分モデルチェンジごとにボディサイズが大きくなりました。4代目で採用されたアイサイトは、2008年に市販車としては世界で初めて実用化された衝突被害軽減ブレーキシステムです。

6代目からは日本仕様スポーツ路線、北米仕様はアッパーミドルサルーンと別れていましたが、北米人気の高まりと国内ではレヴォーグが発売されたことにより、より無難な北米仕様に一本化されました。

【スバル レガシィB4 試乗】上乗せされた上質感…島崎七生人 | レスポンス(Response.jp)

http://response.jp/article/2016/02/26/270516.html

登場後1年でいつもの年次改良が入った最新の『レガシィB4』。短時間の試乗ながら、その違い、効果は実感できるレベルになっていた。

LEGACYB4、北米での人気の秘密は

北米での人気は、B4よりアウトバックが先行する形で始まりました。北米におけるスバルのポジションは、高品質のSUVを提供するメーカーとして認識されています。

今現在もB4よりアウトバックのほうが販売台数が多いですが、B4も順調に販売を伸ばしており、アッパーミドルクラスのセダンとして、広く認知されています。このセグメントは激戦区であり、メーカー規模からして絶対的な生産台数の少ないスバルにしては、大成功と言えるでしょう。

以前のようなスポーティセダンではありませんが、上質なセダンとして確固たる地位を得たのです。

フラッグシップカーとして、これからのLEGACY

現在のLEGACYB4のグレードは、B4とB4LIMITEDの二種しかありません。日本では、レヴォーグにスポーツセダンの地位を譲り、コンサバティブなセダンとして、ブランドのトップに立っています。スポーツセダンではなくなったかもしれませんがその名の通り、スバルとしてのスピリッツとユニークなテクノロジーは連綿と受け継がれています。

ボクサーエンジンと全輪駆動に先進の安全装備、強固なボディによりその評価は世界的に高まっています。LEGACYB4は富士重工業、いやスバルにとってのマイルストーンなのです。

スバル、WRX S4 紹介

WRX S4の最大の特徴は「SUBARU BOXER」という名のエンジンを搭載し、高い馬力とトルクを持ちます。そしてエンジンとトランスミッションは「SI-DRIVE」という機能で制御され、環境に配慮したモードや気持ちのいい加速を楽しめるモードなどに切り替えることができます。

WRXは当初、静粛性がかなり低かったのですが、幾度かのマイナーチェンジを重ねて静粛性を高めてきました。フロントガラスに遮音材を用いたり、ワイパーブレードの形状を変更して風切り音を軽減したりと着実に改良を重ねています。

ハンドリングは?足回りは?

WRXS4はパワーステアリングによって少しの操舵力でコーナーを曲がれるのですが、変速機には加速が遅いCVTを使用しているため、コーナーが多い場所では少し運転のしづらさがあるかもしれません。

スバル独自のAWDシステム「シンメトリカルAWD」は重心を低くして左右の重量バランスを保つため、安定した走行を可能にします。またオプションでWRX STIで使用されたハイパフォーマンスタイヤを取り付けられ、さらにそのタイヤにあわせたサスペンションのグレードアップがされるのでノイズの対策もバッチリです。

WRX S4のパワートレイン

WRXS4のパワートレインは「SUBARU BOXER」と「スポーツリニアトロニック」です。「SUBARU BOXER」は「シンメトリカルAWD」の肝で、180度にピストンが動く水平対向エンジンによってバランスが安定し、軽量・コンパクトであるがゆえに低重心になりました。

さらにシリンダー内に直接ガソリンを噴射する直噴ターボによって馬力・トルク共に高く、スポーティな走りができます。

「スポーツリニアトロニック」とは滑らかな加速ができる無段変速機のことで、従来のリニアトロニックよりよりスムーズな変速ができるように改良されました。

WRXS4の安全装備

WRXS4にはアドバンスドセイフティパッケージが標準装備されています。これにはアイサイトだけでなくハイビームアシスト、リアビークルディテクションなどスバルが世界に誇る安全装備が含まれています。最新の技術を使った機能だけでなく、視界を遮らない設計や疲れにくい運転席、万が一衝突した場合の衝撃吸収など安全へのスバルのこだわりがつぎ込まれています。

WRXS4はスポーティな走りを追求したスポーツセダンで市街地より高速走行に向いています。長距離走行を良くするという人におすすめです。

さらに安全性アップしたスバル レヴォーグ…「アドバンスドセイフティ」を試してみた | レスポンス(Response.jp)

http://response.jp/article/2015/04/16/249133.html

スバルが16日に発表した『レヴォーグ』の年次改良の目玉は「アドバンスドセイフティパッケージ」だろう。JNCAPの予防安全性能アセスメントで満点を獲得した同車に、さらに側面および後方警戒システム、ハイビームアシストなどの機能が追加される。発売は4月21日。

スバルLEVORG

LEVORGはフォルムこそよくあるステーションワゴンですが、艶やかなシートや加飾パネルなどスポーティーなインテリアと、高クオリティの塗装で洗練された外装を持っています。

乗り心地も快適です。ダンパーとタイヤの位置を調整することで、低速・中速走行ならわずかな路面の凹凸でも振動を抑えられるようになりました。

多くの制御材や吸音材が取り付けられたことにより、高速走行時でも騒音を低減することができます。これらの改善によって今までのワゴン車にないくらい快適なドライブを楽しめるでしょう。

LEVORG、1.6リットルと2.0、どちらを選ぶべきか

16L車用のターボチャージャーは、俊敏さを重視して小径のものを採用したそう

LEVORGはリニアトロニックというCVT(無段変速機)を使用しています。このCVTはトルクが大きいエンジンに適しているため、小さいエンジンではアクセルを踏み込んで加速するまでに若干のラグが生まれてしまいます。ですが一回加速して後の変速であれば小さいエンジンでも問題ありません。

ですから信号のたびに加速しなければいけない市街地では2.0リットル、高速道路では1.6リットルだとストレスなく運転できるでしょう。市街地か高速道路かよく走るほうに合わせて選んでください。

ツーリングワゴンとしてのLEVORG

LEVORGは、ボディサイズが日本の道路や駐車スペースに適するなど日本の交通事情に合うように設計されているため、通常のワゴン車のような運転の難しさはありません。そしてそのサイズの中で最大限の空間を確保しており、広々とした座席に大容量のカーゴルームといったツーリングに適した内装となっています。

またカーゴルームには、機能的なサブトランクや開閉しやすいリアゲートなど、スペースを有効に使い荷物を積み降ろししやすくする工夫がたくさん備えられ、ツーリングワゴンとして十分な働きをするでしょう。

「2.0リットルの燃費は13.2 km/リットルで現行『レガシィ』の直噴ターボ(12.4 km/リットル)に対して燃費を改善している。また(ドライブアシストシステムの)SIドライブのS#については3モードでクロスレシオの8速設定ということで、現行レガシィよりもスポーティにダイレクト感のある走りが楽しめる。合わせて並行して開発してきた『WRX』からも走りの要素を取り込んでいるので非常にスポーティな走りを提供できる。ワゴン最高峰のツーリング性能と運転の楽しさということで進めてきた」と述べた。

安心してください、スバルは安心の安全設計ですよ

スバルの車なので当然アイサイトがついています。最新のver.3なので安心のブレーキシステムです。アイサイトだけでなく、車体後部のセンサーで後方の自動車を警戒するスバルリヤビークルディテクションや、死角を低減するサイドビューモニターなど、最先端の技術による安全の確保がスバルの大きな特徴の一つでもあります。それらの安全設計のおかげで、ワゴン車の大きな車体でも事故を起こす可能性を下げられるのです。

特に日本国内でのツーリングに適したステーションワゴンのLEVORGは快適な旅を約束してくれるでしょう。

人気のスバル車種をVR動画で擬似試乗!

VR動画で擬似試乗体験ができます。下記のリンクはスバル車種のみをあつめた記事となっています。

【360°動画】スバリスト必見!スバル人気車種をVR試乗で疑似体験!

http://matome.response.jp/articles/86

スバルの人気車種、インプレッサ、WRX S4 tS、レガシィ、フォレスターの試乗動画をVR動画にてお届けします。臨場感あふれる走行映像をお楽しみ下さい。

関連する投稿


【7月25日発売】スバル 新型軽トールワゴン シフォンを発売

【7月25日発売】スバル 新型軽トールワゴン シフォンを発売

スバルは、新型軽トールワゴン『シフォン』を7月25日に発売すると発表しました。 新型シフォンは、日常での使い勝手の良さと安全性能を追求した軽乗用車です。開放感のある広い室内と、「ミラクルオープンドア」をはじめとする便利な機能・装備を採用しています。


【2019年最新版】人気!おすすめ現行SUV 12選

【2019年最新版】人気!おすすめ現行SUV 12選

日本でも世界でも人気のSUV!今回は今人気・オススメしたいSUVを12種類紹介します。新車の購入を検討している方や、現行車のSUVを中古で購入したいと考えている方にオススメの内容です。燃費、価格、特徴をまとめたほか、合わせてSUVを選ぶ時のポイントもいくつか紹介します。


スバル・シフォンの概要や歴史・歴代モデル|燃費や中古価格ほか

スバル・シフォンの概要や歴史・歴代モデル|燃費や中古価格ほか

2019年5月31日に生産終了した軽四「スバル・シフォン」。このシフォンに関する歴史や燃費・中古価格などをまとめていきます。購入を検討されている方はぜひ参考にしてください。


スバル サンバーの燃費、基本スペック、評価一覧|中古価格の相場

スバル サンバーの燃費、基本スペック、評価一覧|中古価格の相場

今日も日本中でたくさんの軽商用車が仕事で活躍しているわけですが、その中でもスバルのサンバーは「農道のポルシェ」との呼び声も高い名車として知られています。今回は生産終了後も人気の高いサンバーの燃費や性能を紹介していきます。これからサンバーの購入を検討している方はぜひ参考にしてください。


スバルのSUV アセント2020年型米国市場に登場!

スバルのSUV アセント2020年型米国市場に登場!

SUBARU(スバル)の米国部門は、スバル『アセント』(SUBARU ASCENT)の2020年モデルを今夏、米国市場で発売することを発表しました。アセント2020年モデルはいったいどのような進化を遂げているのでしょうか。


最新の投稿


ホンダのミニバン ステップワゴン モデューロX┃スペックや他車比較!

ホンダのミニバン ステップワゴン モデューロX┃スペックや他車比較!

ファミリー向けミニバンとして人気のステップワゴン。中でもモデューロXは2018年のマイナーチェンジでガソリン車に加え新しくハイブリッド車を発表しました。さらに2020年にステップワゴンがマイナーチェンジの噂も。今年秋の増税前、ほぼ完成形に近づいたモデューロXを買うなら今です!


高級SUV レクサス LX ┃歴史や特徴、中古価格、スペック等 一覧

高級SUV レクサス LX ┃歴史や特徴、中古価格、スペック等 一覧

レクサスのSUV高級ブランドの「LX」。レクサスは高級車になるので、ブランド名は知っていても車自体はまだまだ身近なブランドではないかもしれません。国内では発売台数が限られているレクサスブランドの「LX」のエンジンに室内空間や走行性能などがランドクルーザーと大きく違う点や、歴史から車体価格・燃費までを詳しく解説していきます。


トヨタの大ヒット車種プリウスの次期モデル┃スペックや燃費、中古車価格等

トヨタの大ヒット車種プリウスの次期モデル┃スペックや燃費、中古車価格等

トヨタの大ヒット車種「プリウス」の時期モデルについて様々な予測がされています。初代モデルから現行のモデルどれも注目されていますが、以前から問題視されていたギアの何が問題なのかも時期モデルと一緒に考えてみます。燃費は世界トップレベルの「プリウス」は今後フルモデルチェンジして登場するのか、販売終了してしまうのかなど推測しまとめてご紹介します。


マツダ ロードスター NBの楽しみ方 ┃性能・スペックや燃費・カスタム等一覧

マツダ ロードスター NBの楽しみ方 ┃性能・スペックや燃費・カスタム等一覧

ロードスターは1989年に登場し、2019年で30周年を迎えています。その間、NAに始まってNB、NC、そしてNDまで4世代の進化をしています。長い間愛され続けているロードスターの性能やカスタム情報を見ていき、その魅力に迫っていきます。今回は、2代目ロードスターNBの楽しみ方を中心に見ていきましょう。


100万円以下で購入できる!日産の中古車5選

100万円以下で購入できる!日産の中古車5選

日産といえば「技術の日産」といわれるほど、日本だけではなく世界に誇れるメーカーだったということをご存知でしょうか。今回は、日産とはどんな車メーカーなのかということを通し、100万円以下で購入できる現行の中古日産車の車種をまとめましたので、見ていきましょう。