目次へ戻る

100万円以下で購入できる!ホンダ中古車5選

100万円以下で購入できる!ホンダ中古車5選

自動二輪車の製造でも有名な本田技研工業株式会社(以降、ホンダ)は、軽自動車、乗用車も多数製造しています。今回は100万円以下で購入できるオススメの中古車を5車ご紹介します。


ホンダってどんな車メーカー?

ホンダは、自動二輪車の売り上げ世界一の企業です。モータースポーツの世界へも積極的に参加し、自動車レースの最高峰であるF1グランプリにもエンジンサプライヤーとして参加しています。近年は、2足歩行ロボットやメガソーラー発電施設、小型ジェット機などの分野へも進出しています。

ホンダの歴史

ホンダの創業者である本田宗一郎は、自動車修理工場「アート商会」から独立して、1946年に本田技術研究所を開設しました。1948年に、ホンダ初の2輪車「ドリームD型」が作られました。

ホンダが初めて4輪車を製造したのは、1963年8月に発売されたT360です。スポーツカーホンダ S360と同じエンジンが搭載された軽トラックとしては、異例の高出力エンジンで名を上げて、「スポーツトラック」の異名を得るほどの評価を受けました。

モーターとエンジンで走るハイブリッドカーや、「究極のエコカー」燃料電池車など1990年代から取り組んでいました。ホンダ初のハイブリッドカー「インサイト」を1999年に発売しています。

100万円以下で買える!中古のホンダ5選

ホンダオデッセイ

2008年に登場した4代目オデッセイは、低重心な造りによる安定した走行性のはそのままに、手所運を支えるピラーのスリム化などで広さを更に感じられる造りになっています。

燃費は、JC08モード燃費:10.6~12.4km/l です。
中古車平均価格は65.5万円。中古車価格帯は15.8万円~235万円となっています。

 
オデッセイの中古車情報(2008年10月~2013年10月)
平均価格約68.5万円
価格帯約15.8万円~235 万円
※Response中古車情報より(2019年7月現在)

新車価格は239〜435.2万円でしたので、低年式の個体ですとなんと200万円以上もお買い得になっています。しかし、あまり走行距離がかさんでいるには、注意する様にしましょう。

ホンダステップワゴン

「みんなの楽」をキーワードに開発された4代目のステップワゴンです。低床・低重心パッケージと拡大された全長・全高にクラス最大のキャビンスペースが室内長3095mm、室内高1395mmになっています。跳ね上げ式だった3列目シートが折り畳み式に変更されるなど、性能の向上にも努めています。エンジンは2L i-VTEC、1種類。FF車にはトルコン付きCVT、4WD車には5ATが組み合わされています。

燃費は、JC08モード燃費:11.6~15km/lです。
中古車平均価格は119.7万円。中古車価格帯は15.5万円から230万円となっています。

 
ホンダ ステップワゴンの中古車情報(2009年10月~2015年3月)
平均価格約119.7万円
価格帯約15.5万円~230万円
※Response中古車情報より(2019年7月現在)

新車時価格208.8〜385.1万円でしたので、低年式の個体は180万円程お得に買えます。年式は2009年~ですので比較的浅いのですが、購入する際は走行距離や定期点検整備簿などを確認する様にしましょう。

ホンダCR-Z

毎日使える、ハイブリッドスポーツとして、フィットなどに搭載される1.5LエンジンとインサイトのIMAシステムを組み合わせた車です。ミッションは6速MTもしくは、パドルシフト付きCVTとなります。スポーツ、ノーマル、エコの3モードの走行を選択できるミッションです。エクステリアは、「低・短・ワイド」フォルム、躍動感のあるワンモーションフォルムなど前面に打ち出しスポーティになっています。

燃費は、JC08モード燃費:19.4~23km/l です。
中古車平均価格は78.3万円。中古車価格帯は14万円~238万円となっています。

 
ホンダCR-Zの中古車情報(2010年2月~2017年1月 )
平均価格約78.3万円
価格帯約14万円~238万円
※Response中古車情報より(2019年7月現在)

2014年式の個体が60万円代から流通している様です。新車販売価格は226.8〜449.4万円でしたので5年落ちの個体が160万円以上お得に購入することが出来る事になります。

ホンダフィット

フィットは、高い人気を誇るホンダのコンパクトハッチバックです。3代目のエクステリアは、歴代モデルの特長であるワンモーションフォルムを受け継ぎながらも、ハイテク感、美しさ、質感を追求したデザインが魅力的です。内装では、ナビやエアコンなどに静電式タッチパネルを採用しました。シートアレンジや収納スペースは多彩で、利便性が高められている車です。

エンジンは従来型同様の1.3Lと1.5Lになっており、熱効率に優れるアトキンソンサイクルとなり、DOHCやVTEC、VTCを採用した1.3Lと、1.5Lは、それらに加え、直噴技術も用いられています。

2013年式~の1.5ハイブリッドがねらい目です。

燃費は、JC08モード燃費:19~37.2km/lです。
中古車平均価格は122.2万円。中古車価格帯は34.9万円~239万円となっています。

 
ホンダフィットの中古車情報(2013年9月~ )
平均価格約122.2万円
価格帯約34.9万円~239 万円
※Response中古車情報より(2019年7月現在)

2018年式の個体が99万円程度で流通している様です。新車時価格126.5〜241.9万円ですので、
20万円以上お買い得になっています。

ホンダN-BOX

次世代軽自動車用プラットフォームを採用したスーパーハイトワゴンがN-BOXです。空間のゆとりが第一に据えられているのが特徴で、軽自動車最大級の広い室内空間を確保しています。パワートレインは新世代の軽専用エンジン&CVTで高い環境性能になっています。2017年に登場した2代目N-BOXでは、燃費性能がさらに向上しています。

燃費は、JC08モード燃費:23~27km/lです。
中古車平均価格は155.9万円。中古車価格帯は75.9~248万円となっています。

 
ホンダN-BOXの中古車情報(2017年~ )
平均価格約155.9万円
価格帯約75.9~248万円
※Response中古車情報より(2019年7月現在)

2018年式の中古車が、70万円代から流通している様です。新車販売価格は131.5〜227.4万円ですので、60万円以上もお買い得になっています。年式は浅いクルマでも、修復歴の有無は確認する様にしましょう。

まとめ

ホンダの車は、スポーツカーの世界から進出してきましたが、家庭向けのユーザーに対しても満足のできる車づくりを行っており、環境に対しても、いち早く配慮されています。選ぶならホンダで、中古車もホンダで間違いないです。是非、ご検討ください。

関連する投稿


東京モーターショー2017総振返り!メーカー別 注目車種と来場者数は?

東京モーターショー2017総振返り!メーカー別 注目車種と来場者数は?

【11/17情報更新】2017年10月28日~11月5日の10日間で開催された東京モーターショー2017。本記事では東京モーターショーのトレンド、見どころ(出展社、出展車両)、来場者数等の振返りをまとめて掲載しています。東京ビッグサイトに足を運んだ方も、残念ながら行けなかった方も是非ご覧下さい。


30万円以下で購入できる!中古のホンダ軽自動車5選

30万円以下で購入できる!中古のホンダ軽自動車5選

ホンダ車の軽自動車は、小回りが利き使い勝手が良く、燃費性能が高い軽自動車でありながら、デザイン性が良いのが人気の理由といえますね。今回は、ホンダの軽自動車の中でも30万円以下で購入できる車を5選紹介します。


ホンダの軽スポーツ!S660 スペック・グレード別価格・評価・口コミは?

ホンダの軽スポーツ!S660 スペック・グレード別価格・評価・口コミは?

今回の記事ではホンダの軽スポーツカーであるS660(エスロクロクマル)を取り上げます。車種の概要から各種スペック、グレード・価格、ユーザーからの評価など、ホンダのS660に詳しくなるための情報が満載です。軽自動車でスポーティーな運転を楽しみたい方の心を満足させてくれる車、ホンダのS660についてまとめています。


【東京モーターショー2019】10月24日開幕!開催・出展車情報など最新情報まとめ

【東京モーターショー2019】10月24日開幕!開催・出展車情報など最新情報まとめ

10月24日より開催される東京モーターショー2019。10月24日から11月4日までの12日間、東京ビッグサイトにて開催されます。本記事ではどこよりも早く、どこよりもわかりやすいをモットーに東京モーターショー2019の最新情報をまとめています。新型車・出展車・ワールドプレミア情報・アクセス情報・駐車場情報・開催日程情報・チケット情報、前回の東京モーターショー2017の振り返りも。毎日更新中です。【8月21日更新】


【最新版】新車で買える!MT車(マニュアル車)まとめ

【最新版】新車で買える!MT車(マニュアル車)まとめ

MT車に乗りたい、今現在どのようなMT(マニュアル)車が販売されているのかを知りたい、という方のために今回は2019年8月現在購入できる国産MT(Hパターン)車をまとめました。MT車が欲しいあなたにおすすめです。※ほとんどの車種を網羅していますが、一部商用車などは省いています。


最新の投稿


東京モーターショー2017総振返り!メーカー別 注目車種と来場者数は?

東京モーターショー2017総振返り!メーカー別 注目車種と来場者数は?

【11/17情報更新】2017年10月28日~11月5日の10日間で開催された東京モーターショー2017。本記事では東京モーターショーのトレンド、見どころ(出展社、出展車両)、来場者数等の振返りをまとめて掲載しています。東京ビッグサイトに足を運んだ方も、残念ながら行けなかった方も是非ご覧下さい。


フォルクスワーゲン ゴルフⅦ総まとめ!マイチェン後の7.5も┃スペック、燃費・中古価格

フォルクスワーゲン ゴルフⅦ総まとめ!マイチェン後の7.5も┃スペック、燃費・中古価格

「フォルクスワーゲン・ゴルフVII」とは、ゴルフの7代目にあたります。ゴルフの歴史からマイチェンのゴルフ7.5の特徴、性能や燃費、中古車価格などをまとめてみました。ゴルフⅦに乗ってみたい方は参考にしてみてはいかがでしょうか。


200万円以下で購入できる!中古のジャガー5選

200万円以下で購入できる!中古のジャガー5選

ジャガーは錦織圭がアンバサダーを務めている輸入車です。ジャガーはイギリスの高級車メーカーであり、現在はランドローバーと同様にインドのタタ・モーターズ傘下となっています。自動車メーカーの中で、歴史が古いメーカーの1つでもあります。今回は、ジャガーの歴史や中古車についてまとめています。


200万円以下で購入できる!MINIの中古車 4選

200万円以下で購入できる!MINIの中古車 4選

今も変わらず「ミニ」は大人気の車です。これからミニの購入を考えて気になっている方も多くいる事でしょう。今回は、車の購入がはじめてという方でも分かりやすくミニ選びができるよう、ミニとはどのような車なのか解説し、200万円以下で買えるミニの中古車を4選紹介します。


【北米専用】マツダCX-9ってどんな車?日本で発売されるの?

【北米専用】マツダCX-9ってどんな車?日本で発売されるの?

日本国内で発売されていない国産メーカーの車種の中には、非常に魅力的なモデルは多数存在します。その中でもマツダの北米専用車種である「CX-9」は大変興味深い車種といえます。このネーミングだけでも、3列シートSUVとして話題を集めた「CX-8」より大型のクロスオーバーSUVであることが想像できます。では、なぜ北米専用車種なのか?そして日本国内に導入される可能性はあるのか?そもそもどんな車種なのかを解説します。