目次へ戻る

和歌山県中部の道の駅一覧

和歌山県中部の道の駅一覧

和歌山県紀伊半島を南下して黒潮の流れに乗りながら南をご紹介します。今回紹介する中部エリアは、和歌山の空の玄関口である南紀白浜空港を擁し、関西空港や伊丹空港、神戸空港を陰ながら補う存在のエアポートだけでなく、阪和自動車道や紀勢本線といった交通機関がメインとなっていくことでしょう。


台風からの復活~道の駅 白崎海洋公園~

白崎海岸は和歌山県で西側にある岬で、紀伊水道を挟んで対岸は四国徳島の阿南であり、天気が良い日には四国が一望できる岬は展望台を兼ねています。

しかし、第二次世界大戦時には人間魚雷の発進基地としてこの白崎が使われたという悲しき過去を忘れてはいけません。このような悲劇が再び起こることがない、平和な世の中をいつまでも大事にしておきたいものです。

さて、この駅は不幸にも平成30(2018)年9月の台風21号で被災し、ほとんどの施設では損傷が激しかったため一時閉鎖を余儀なくされましたが、復旧作業の末、オートキャンプ場とプール以外は営業を再開しております。一部施設については現在工事中の為、現地の案内に従ってください。

◎住所:〒649-1123 和歌山県日高郡由良町大引960番地1号
◎お問合せ先:0738-65-0125
◎営業時間:9:00~18:00(冬季は17:00まで)
◎休業日:年末年始
◎交通アクセス:阪和自動車道広川インターから28分
◎各種設備
・駐車場→有(EV無)
・特産販売所、情報コーナー、お手洗い、公園、オートキャンプ場、プール、展望台
※一部施設は台風の影響により現在閉鎖中
・食事→有(レストラン→営業時間に準ずる)

アクセス情報

日高川の自然の恩恵~道の駅 San Pin中津~

日高川は龍神村の龍神山地から複雑なカーブを流れながら南下し、御坊市へと流れつきやがては太平洋側へと流れていく川です。中流から上流までの間は林業が盛んで、この紀伊地区の林業を支えています。

この駅の由来であるSanPinは日高川町の特産品をメインに取り扱っていることを意味しています。それ以外に、日高川町の名所などの案内所も併設しているほか、龍神温泉や熊野大社等へと向かう人たちにとって休憩スポットとして活用されています。

◎住所:〒644-1111 和歌山県日高郡日高川町船津820番地
◎お問合せ先:0738-54-0541
◎営業時間:8:00~18:30(季節変動あり)
◎休業日:年末年始
◎交通アクセス:阪和自動車道川辺インターから14分
◎各種設備
・駐車場→有(EV無)
・特産販売所、情報コーナー、お手洗い
・食事→有(レストラン→営業時間に準ずる)

アクセス情報

白馬の滝~道の駅 しらまの里~

有田川と前述した日高川の間を流れている川は修理川で、途中で経谷川と合流し、最終的には有田川と合流し太平洋岸へと流れつく川で、和歌山県内を流れる大きな川として紀の川や日高川、そして三重との県境を流れる熊野川に匹敵する大きさと長さを誇る川となっています。

この駅の由来は白馬と書いて「しらま」と呼ばれています。また、和歌山県内で大きな滝と呼ばれている那智の滝の次に大きい滝である白馬の滝が近くにあることから、修理川の自然の恩恵を受けながら、林業を中心として栄えてきたわけです。

◎住所:〒643-0164 和歌山県有田郡有田川町宇井苔213番地1号
◎お問合せ先:0737-32-4970
◎営業時間:8:00~17:30
◎休業日:正月のみ
◎交通アクセス:阪和自動車道有田インターから25分
◎各種設備
・駐車場→有(EV無)
・特産販売所、情報コーナー、お手洗い
・食事→無

アクセス情報

ごまさんスカイタワー~道の駅 田辺市龍神ごまさんスカイタワー~

和歌山県と奈良県の県境にある山が護摩壇山で、吉野と紀伊の林業を支え続けてきた山となっています。和歌山側は龍神村と呼ばれていましたが、現在は市町村の統合問題に巻き込まれる形で田辺市に編入されています。

この駅の由来となったごまさんスカイタワーは、龍神地区の展望台の一つであり、遠く眺める紀伊半島や高野山、そして麓となる田辺の景色を眺めることができる展望台です。駅舎に関してはちょっとした一軒家をイメージしています。

◎住所:〒645-0525 和歌山県田辺市龍神村龍神1020番地6号
◎お問合せ先:0739-79-0622
◎営業時間:9:30~17:00(土日祝日は9:00から)
◎休業日:冬季
◎交通アクセス:阪和自動車道みなべインターから86分
◎各種設備
・駐車場→有(EV有)
・特産販売所、情報コーナー、お手洗い、展望台
・食事→有(レストラン→9:45~16:50)

アクセス情報

龍神村~道の駅 龍神~

和歌山県龍神村(現・田辺市)は、林業を中心として栄え続けてきた村であり、この村は農業よりも林業で成り立ってきたわけです。

それ以外にも龍神温泉があることから、週末は関西地区を中心に湯治目的で訪問される観光客を中心に賑わっています。また、平成初期には龍神村を舞台とした映画までも上映され、その名前は全国に知れ渡るほどでした。

この駅は龍神村地域にある道の駅のうちの一つで、駅の近くに温泉宿や皆瀬神社がすぐそこにあり、夏になると日高川で川遊びや釣りをする方々で賑わうことから、龍神の自然に恵まれながら都会の疲れを癒すことができるほか、前述の護摩壇山方面への休憩スポットとして活用されています。

◎住所:〒645-0525 和歌山県田辺市龍神村龍神170番地3号
◎お問合せ先:0739-79-0567
◎営業時間:9:00~16:00(夏季は営業時間変動あり)
◎休業日:年末年始、毎週水曜日(冬季のみ)
◎交通アクセス:阪和自動車道みなべインターから58分
◎各種設備
・駐車場→有(EV無)
・特産販売所、情報コーナー、お手洗い、温泉
・食事→有(レストラン→10:00~15:00)

アクセス情報

奥熊野~道の駅 奥熊野古道ほんぐう~

奥熊野地区は紀伊山地の霊場とそれに伴う参拝道として、ユネスコから世界遺産として指定されました。奥熊野から熊野本宮へと向かうときにとって重宝される山道が熊野本堂であり、関西を中心に熊野本宮大社へ参拝される方々にとって重要な役割を果たしています。

この駅はそんな奥熊野地区にあることから、熊野本宮へ参拝される方だけでなく、隣の奈良南部へお出かけする方たちにとっては休憩スポットとして活用しています。奈良の大和八木と和歌山の新宮を結ぶ長距離路線バスが運行されていますが、本数が少ないのは玉に瑕でしょう。

◎住所:〒647-1743 和歌山県田辺市本宮町伏拝904番地4号
◎お問合せ先:0735-43-0911
◎営業時間:9:00~17:00
◎交通アクセス:阪和自動車道南紀田辺インターから75分
◎各種設備
・駐車場→有(EV無)
・特産販売所、情報コーナー、お手洗い、公園
・食事→有(レストラン→営業時間に準ずる)

アクセス情報

熊野本宮まで道半ば~道の駅 熊野古道中辺路~

田辺や朝来など、和歌山や大阪方面から車を走らせ続けると紀伊山地の山道を走ることになるでしょう。この紀伊山地は前述したとおり林業が盛んな地であり、奈良南部共々、町の経済を象徴しているといってもいいほど、農業と肩を並べるくらい発展し続けてきたことでしょう。

この駅がある中辺路も、奈良方面へと向かうドライバーさんたちのほか、熊野本堂へと向かっていく人たち、または古道を散策する人たちにとってありがたい休憩スポットとして活用しており、この駅から少し東へ進むと奥熊野温泉と温泉宿が点在しています。

◎住所:〒646-1402 和歌山県田辺市中辺路町近霧2474番地1号
◎お問合せ先:0739-65-0671
◎営業時間:8:00~18:30(正月→10:00~17:00)
◎交通アクセス:阪和自動車道南紀田辺インターから43分
◎各種設備
・駐車場→有(EV無)
・特産販売所、情報コーナー、お手洗い
・食事→有(レストラン→8:00~17:00)

アクセス情報

紀州備長炭~道の駅 紀州備長炭記念公園~

備長炭といえば、その名前の通り岡山が発祥地だとお思いの方がいると思いますが、実際は和歌山がその発祥地であり、備中屋という商人が江戸へと出荷したことからその歴史の始まりでした。この功績が認められたのか、備長炭は和歌山の産業のたまものであり、林業あってなせる業であることを物語っています。

この駅は紀伊田辺から北北東へ車を走らせたところにあり、秋津川エリアは古くから炭焼きの里として知られており、紀州地区の備長炭の産地として有名です。この駅のテーマが備長炭ゆえ、木炭の歴史などを学ぶことができる資料室が常設しています。

◎住所:〒646-0102 和歌山県田辺市秋津川1491番地1号
◎お問合せ先:0739-36-0226
◎営業時間:9:00~17:00(冬季は16:00まで)
◎休業日:毎週水曜日、年末年始
◎交通アクセス:阪和自動車道南紀田辺インターから16分
◎各種設備
・駐車場→有(EV無)
・特産販売所、情報コーナー、お手洗い、公園
・食事→有(喫茶→9:00~16:00)

アクセス情報

日高川中流~道の駅 水の里日高川龍遊~

龍神村を日高川沿いに下り、スタート地点に相当する護摩壇山は展望台を中心に、そこから南へ下る龍神は関西有数の温泉地であることから温泉目的で訪問される方で賑わいますが、そこからさらに南下してみるとしましょう。

日高川中流にある道の駅がこの駅で、その自然の恩恵を受けながら龍神温泉や熊野本山へ向かう人たちの休憩スポットとして活用されているほか、夏になると地元の子供たちを中心に日高川で川遊びや釣りなどをする人たちで、川辺を中心に賑わっています。

◎住所:〒645-0301 和歌山県田辺市龍神村福井511番地
◎お問合せ先:0739-77-0380
◎営業時間:9:00~17:00
◎休業日:年末年始、毎週金曜日(1・2・6・12月のみ)
◎交通アクセス:阪和自動車道みなべインターから29分
◎各種設備
・駐車場→有(EV有)
・特産販売所、情報コーナー、お手洗い
・食事→有(レストラン→9:00~16:00)

アクセス情報

みなべと梅~道の駅 みなべうめ振興館~

和歌山県の名産といえば、備長炭や林業、ミカンが代表的な特産品であることで有名ですが、実は梅もその産地の一つです。和歌山の梅も高品質で、江戸時代では大坂を経由して全国へと出荷していき、今ではお弁当などで活用されていることは、私たちの生活と縁があることを物語っています。

この道の駅のテーマも梅で、南部地区における梅を使った特産品などを販売しているほか、梅にまつわる資料館も常設していることから、夏休みの宿題のネタとして梅のことを勉強できる琴もこの駅ならではのことです。

◎住所:〒645-0026 和歌山県日高郡みなべ町谷口538番地1号
◎お問合せ先:0739-74-3444
◎営業時間:9:00~17:00
◎休業日:毎週火曜日(二月除く)、年末年始
◎交通アクセス:阪和自動車道みなべインターから1分
◎各種設備
・駐車場→有(EV無)
・特産販売所、情報コーナー、お手洗い
・食事→無

アクセス情報

大塔の道の駅~道の駅 ふるさとセンター大塔~

富田川と熊野古道は紀伊と熊野の関係を結びつく街道の一つであり、その上流は奈良県の十津川村の南部からほど近い場所とされています。十津川村も龍神村共々温泉地として栄えており、吉野と紀伊の意外な接点が結ばれていることを邪推したくなります。

この駅がある大塔は、富田川の中流にあることから自然の恩恵を受けながら林業が盛んだった地域です。特産品の販売のほか、休憩施設も常備していますのでドライバーの休憩スポットとして活用しています。

◎住所:〒646-1101 和歌山県田辺市鮎川1000番地
◎お問合せ先:0739-49-0143
◎営業時間:9:00~17:45
◎休業日:年末、毎週火曜日
◎交通アクセス:阪和自動車道南紀田辺インターから23分
◎各種設備
・駐車場→有(EV無)
・特産販売所、情報コーナー、お手洗い
・食事→有(レストラン→9:00~17:30)

アクセス情報

まとめ

以上、紀伊半島中部にある道の駅を紹介してまいりましたが、紀伊山地の自然に囲まれながら走ると、なら南部共々林業で成り立ってきた和歌山の山間部の自然を感じることができるでしょう。目的地までは道半ばでしょうが、安全に対して常に意識しながら運転していきましょう。

関連するキーワード


道の駅

関連する投稿


兵庫県内の道の駅一覧~南東部・阪神編~

兵庫県内の道の駅一覧~南東部・阪神編~

今回は兵庫県内の道の駅をご紹介します。阪神地区のほか淡路島へと渡りながら、南東部と阪神編としてまとめています。


滋賀県内の道の駅一覧~滋賀県南部編~

滋賀県内の道の駅一覧~滋賀県南部編~

今回紹介するのは、京都寄りに相当する琵琶湖南部にある道の駅についてご紹介します。琵琶湖観光を兼ねて、道の駅を散策してみましょう。


山口県東部の道の駅一覧!

山口県東部の道の駅一覧!

海沿いのドライブデートもできるのが、瀬戸内海を持つ県の特権でもあります。今回は瀬戸内海側の山口県東部にある道の駅について紹介していきましょう。


香川県南部(琴平地区)の道の駅一覧

香川県南部(琴平地区)の道の駅一覧

こんぴらさんとして親しまれている金刀比羅宮は観光名所としても有名です。今回は、そんな香川県南部の金刀比羅宮を擁する琴平地区を中心にご紹介いたします。


岩手県の道の駅おすすめ10選特集!日帰り温泉に塩ソフト?

岩手県の道の駅おすすめ10選特集!日帰り温泉に塩ソフト?

岩手県は総面積が日本で2番目の広さを誇ります。その為基本的には車移動となることが多いので、特色豊かな道の駅がたくさんあります。 海と山があるので、山の幸も海の幸もよりどりみどりです。帰りには併設されている温泉施設で体を休めてはいかがでしょうか? そんな豊かな岩手県の道の駅特集です。


最新の投稿


東京モーターショー2017総振返り!メーカー別 注目車種と来場者数は?

東京モーターショー2017総振返り!メーカー別 注目車種と来場者数は?

【11/17情報更新】2017年10月28日~11月5日の10日間で開催された東京モーターショー2017。本記事では東京モーターショーのトレンド、見どころ(出展社、出展車両)、来場者数等の振返りをまとめて掲載しています。東京ビッグサイトに足を運んだ方も、残念ながら行けなかった方も是非ご覧下さい。


フォルクスワーゲン ゴルフⅦ総まとめ!マイチェン後の7.5も┃スペック、燃費・中古価格

フォルクスワーゲン ゴルフⅦ総まとめ!マイチェン後の7.5も┃スペック、燃費・中古価格

「フォルクスワーゲン・ゴルフVII」とは、ゴルフの7代目にあたります。ゴルフの歴史からマイチェンのゴルフ7.5の特徴、性能や燃費、中古車価格などをまとめてみました。ゴルフⅦに乗ってみたい方は参考にしてみてはいかがでしょうか。


200万円以下で購入できる!中古のジャガー5選

200万円以下で購入できる!中古のジャガー5選

ジャガーは錦織圭がアンバサダーを務めている輸入車です。ジャガーはイギリスの高級車メーカーであり、現在はランドローバーと同様にインドのタタ・モーターズ傘下となっています。自動車メーカーの中で、歴史が古いメーカーの1つでもあります。今回は、ジャガーの歴史や中古車についてまとめています。


200万円以下で購入できる!MINIの中古車 4選

200万円以下で購入できる!MINIの中古車 4選

今も変わらず「ミニ」は大人気の車です。これからミニの購入を考えて気になっている方も多くいる事でしょう。今回は、車の購入がはじめてという方でも分かりやすくミニ選びができるよう、ミニとはどのような車なのか解説し、200万円以下で買えるミニの中古車を4選紹介します。


【北米専用】マツダCX-9ってどんな車?日本で発売されるの?

【北米専用】マツダCX-9ってどんな車?日本で発売されるの?

日本国内で発売されていない国産メーカーの車種の中には、非常に魅力的なモデルは多数存在します。その中でもマツダの北米専用車種である「CX-9」は大変興味深い車種といえます。このネーミングだけでも、3列シートSUVとして話題を集めた「CX-8」より大型のクロスオーバーSUVであることが想像できます。では、なぜ北米専用車種なのか?そして日本国内に導入される可能性はあるのか?そもそもどんな車種なのかを解説します。