トップへ戻る

【最新情報】軽自動車人気ランキングTOP10!おすすめの軽自動車は?

【最新情報】軽自動車人気ランキングTOP10!おすすめの軽自動車は?

軽自動車人気ランキングトップ10をご紹介します。幅広い世代から高い人気を誇る軽自動車。新車価格・中古車価格・燃費性能・特徴、画像も多数!購入検討をしている方から、どんな軽自動車が売れているのかな?という方まで。タント、N-BOX、ハスラー、ワゴンR…。軽自動車が気になる方はぜひ、本記事を!(全軽自協調べ)

⏳この記事は約3~4分で読めます。


日産 デイズ 新型

日産 デイズ 新型

第4位には日産の軽トールワゴン デイズがランクインしています。1〜6月の累計販売台数は55,239台です。

2013年に初代モデルが発売され、昨年2019年3月に初となるフルモデルチェンジ。5代目セレナ、2代目リーフ、3代目エクストレイルなどの日産車に搭載されている、「プロパイロット」や先進事故自動通報システムSOSコール(ヘルプネット)を軽自動車として初めて採用したのが特長です。

デイズの「ハイウェイスター」にはセレナにも採用されている「スマートシンプルハイブリッド」が搭載されているほか、NA・2WD車は燃費性能が向上し、「2020年度燃費基準+20%」を達成しています。

ボレロと呼ばれるグレードは通常モデルにはないファンシーなデザインが採用されています。より愛嬌のあるボレロを求める方にはこちらがおすすめです。

日産 デイズ 燃費・価格・中古車価格ほか

日産 デイズ 新型

日産 デイズ 新型

日産 デイズ 新型

日産 デイズ 新型

 
デイズ 基本情報・スペック表
ボディタイプ(全長×全幅×全高(mm))3,395x1,475x1,640〜1,660
ホイールベース(mm)2,495
燃費 【ガソリン車】
JC08モード:22.8〜29.8km/L
WLTCモード:16.8〜21.2km/L
新車価格 S:1,296,900〜1,431,100円
X:1,349,700〜1,483,900円
ボレロ:1,437,700〜1,571,900円
ハイウェイスターX:1,497,100〜1,631,300
ハイウェイスターGターボ:1,578,500〜1,712,700円
ハイウェイスターX プロパイロットエディション:1,596,100〜1,730,300円
ハイウェイスターGターボ プロパイロットエディション:1,677,500〜1,811,700円
中古車価格50.0万円〜190.0万円
※新車情報は公式サイト調べ(2020年7月現在)
※中古車相場はレスポンス中古車検索より(2020年7月現在)

日産 デイズ 新型

日産 デイズ 新型

日産 デイズ 新型

日産 デイズ 新型

軽自動車人気ランキング 第5位 ダイハツ ムーヴ

ダイハツ ムーヴカスタム

ダイハツ ムーヴカスタム

第5位は、ダイハツの軽トールワゴン、ムーヴでした。1〜6月の累計販売台数は48,283台。

1995年に登場して以来、人気の車種であり、2014年には現行モデルの6代目が発売されました。バリエーションはノーマルモデルの「ムーヴ」と、1997年5月の一部改良で追加されたスポーティモデルの「ムーヴ カスタム」(MOVE CUSTOM )の2通りです。

2014年にフルモデルチェンジしたムーヴは、燃費性能も向上し、JC08モード燃費でNA・2WD車は31.0km/L、ターボ・2WD車は27.4km/Lになったほか、エクステリアは厚みのある造形を採用しました。

また、フロントデザインはヘッドランプが大型化され、グリルを新デザインに変更しました。2019年には特別仕様車「X"リミテッドII SA III"」が発売されました。

ダイハツ ムーヴ 燃費・価格・中古車価格ほか

ダイハツ ムーヴカスタム

ダイハツ ムーヴカスタム

ダイハツ ムーヴカスタム

ダイハツ ムーヴカスタム

 
ムーブ 基本情報・スペック表
ボディタイプ(全長×全幅×全高(mm))3,395x1,475x1,630
ホイールベース(mm)2,455
燃費 【ガソリン車】
JC08モード:25.6〜31.0km/L
WLTCモード:データ無し
新車価格 L:1,133,000〜1,259,500円
L“SA Ⅲ”:1,199,000〜1,325,500円
X:1,232,000〜1,358,500円
特別仕様車 X“リミテッドⅡ SA Ⅲ”1,276,000〜1,402,500円
X“SA Ⅲ”:1,298,000〜1,424,500円
Xターボ“SA Ⅲ”:1,375,000〜1,501,500円
中古車価格23.0万円〜191.0万円
※新車情報は公式サイト調べ(2020年7月現在)
※中古車相場はレスポンス中古車検索より(2020年7月現在)

ダイハツ ムーヴカスタム

ダイハツ ムーヴカスタム

ダイハツ ムーヴカスタム

ダイハツ ムーヴカスタム

軽自動車人気ランキング 第6位 ダイハツ ミラ

ダイハツ ミライース

ダイハツ ミライース

第6位はダイハツのミラ。1〜6月の累計販売台数は37,894台です。

ミラシリーズ(2018年3月から6月までの3か月間を除く)としてダイハツの軽乗用車ラインナップのエントリークラスを担うのがミライース。

ミラシリーズは、イースを除く、ミラ、ミラバン、ココアが2018年に販売終了、そのためダイハツの公式サイトのシリーズ名が「ミラ」から「ミライース」に一時的に変更されました。

2018年の6月に、ミライースの派生形である、ミラトコットが発売されたため、「ミライースシリーズ」から「ミラシリーズ」にシリーズ名が元通りになっています。

ミライースは、2011年9月より販売開始されており、初代のミライースは、低燃費、低価格、省資源をすべて兼ね備えた“第3のエコカー”として軽自動車の意義を再定義したモデルでした。

現行モデルは2代目で、2017年より発売されています。2018年には、特別仕様車「X"リミテッド SA III"」、「G"リミテッド SA III"」が発売されました。

ダイハツ ミラ 燃費・価格・中古車価格ほか

ダイハツ ミライース

ダイハツ ミライース

 
ミライース 基本情報・スペック表
ボディタイプ(全長×全幅×全高(mm))3,395x1,475x1,500〜1,510
ホイールベース(mm)2,455
燃費 【ガソリン車】
JC08モード:32.2〜35.2km/L
WLTCモード:23.2〜25.0km/L
新車価格 B:858,000〜990,000円
B “SA Ⅲ”:924,000〜1,056,000円 L:891,000〜1,023,000円 L “SA Ⅲ”:957,000〜1,089,000円
X “SA Ⅲ”:1,100,000〜1,232,000円
特別仕様車 X“リミテッド SA Ⅲ”:1,116,500〜1,240,800円
G “SA Ⅲ”:1,232,000〜1,364,000円
特別仕様車 G“リミテッド SA Ⅲ”:1,248,500〜1,372,800円
中古車価格34.8万円〜135.0万円
※新車情報は公式サイト調べ(2020年7月現在)
※中古車相場はレスポンス中古車検索より(2020年7月現在)

ダイハツ ミライース

ダイハツ ミライース

ダイハツ ミライース

ダイハツ ミライース

ダイハツ ミライース

ダイハツ ミライース

軽自動車人気ランキング 第7位 スズキ ハスラー

スズキ・ハスラー

スズキ・ハスラー

第9位は、スズキの軽SUV ハスラーです。1〜6月の累計販売台数は37,413台。

軽トールワゴンとSUVの双方の要素を融合させた新ジャンルの軽自動車として2014年に発売開始。アウトドアやスポーツなどを好むユーザーをターゲットとして展開されています。

2018年には一部仕様変更・および特別仕様車「ワンダラー」も発売。現在モデルは2020年1月に発売された新型ハスラーです。

現行ハスラーでは全グレードにマイルドハイブリッドシステムを。先代より優れた燃費性能を発揮しつつ、雪道やアイスバーンで空転を抑えてグリップ力を生み出すスノーモードが4WDモデルに搭載されるなど雪道での安定性も上がっています。

スズキ・ハスラー

スズキ・ハスラー

スズキ ハスラー 燃費・価格・中古車価格ほか

スズキ・ハスラー

スズキ・ハスラー

 
ハスラー 基本情報・スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高(mm))3,395x1,475x1,680
ホイールベース(mm) 2,460
燃費 【ガソリン車】
JC08モード:27.8〜30.4km/L
WLTCモード:20.8〜25.0km/L
新車価格 HYBRID G:1,280,400〜1,543,300円

HYBRID Gターボ:1,459,700〜1,637,900円

 HYBRID X:1,518,000〜1,696,200円

 HYBRID Xターボ:1,612,600〜1,790,800円
中古車価格89.8万円〜230.0万円
※新車情報は公式サイト調べ(2020年7月現在)
※中古車相場はレスポンス中古車検索より(2020年7月現在)

スズキ・ハスラー

スズキ・ハスラー

スズキ・ハスラー

スズキ・ハスラー

8位:N-WGN

N-WGN

8位にランクインしたのはホンダ N-WGN。1〜6月の累計販売台数は34,083台となっています。

N-BOXという圧倒的な販売台数を誇るホンダの軽自動車ラインアップにおいて、同じ軽ワゴンでありながら差別化の為されているところがN-WGNの魅力となっています。

上質な座り心地を提供するシート、アクセルペダルやブレーキペダルを右寄りに変更したりフロアの高さを上げるなど、自然な姿勢で誰でも運転しやすいクルマづくりがポイントです。ステアリングのポジションを前後に移動できるテレスコピック機構もあったりと、作り込みがうかがえます。

荷室には2段ラックモードが採用されています。荷室を上下2つに分けて使用できる構造となっているので、日常使いと趣味使いができそうなところがグッドです。後部座席の肩部分にあるレバーを操作するだけで簡単に倒せる構造で大きな荷物の積み込みも楽々。

ホンダ N-WGN 燃費・価格・中古車価格ほか

 
N-WGN 基本情報・スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高(mm))3,395x1,475x1,675〜1,725
ホイールベース(mm)2,520
燃費 【ガソリン車】
JC08モード:23.8〜29.0km/L
WLTCモード:20.0〜23.2km/L
新車価格 G・Honda SENSING:1,298,000〜1,431,100円
L・Honda SENSING:1,364,000〜1,497,100円

 L・ターボ Honda SENSING:1,529,000〜1,662,100円
Custom G・Honda SENSING:1,540,000〜1,673,100円

 Custom L・Honda SENSING:1,617,000〜1,750,100円
Custom L・ターボ Honda SENSING:1,694,000〜1,827,100円
中古車価格50.0万円〜198.0万円
※新車情報は公式サイト調べ(2020年7月現在)
※中古車相場はレスポンス中古車検索より(2020年7月現在)

N-WGN 運転席

N-WGN 荷室(2段で使用中)

軽自動車人気ランキング 第9位 スズキ ワゴンR

スズキ ワゴンR ハイブリッドFZ

スズキ ワゴンR ハイブリッドFZ

第7位は、スズキの軽トールワゴン、ワゴンRでした。1〜6月の累計販売台数は32,079台です。

ワゴンRは1993年に登場し、現行モデルは6代目で、2017年より発売されています。
ワゴンRの誕生当時、軽自動車の弱点であった室内の狭さを、背を高く取ることで克服した、ある意味軽の革命的な存在と言えるモデルです。

スズキの軽自動車としては初となる、単眼カメラ+赤外線レーザーレーダーを組み合わせた衝突被害軽減システム「デュアルセンサーブレーキサポート」やヘッドランプのロービーム/ハイビームを自動で切り替えるハイビームアシスト機能を採用したクルマでもあります。

デザインは縦長のヘッドライトが特徴的な「FX」系、2段に分かれたヘッドライトの「FZ」系、いかつい押し出し感が魅力な「ワゴンRスティングレー」の3種類です。

スズキ ワゴンR 燃費・価格・中古車価格ほか

スズキ ワゴンR ハイブリッドFZ

スズキ ワゴンR ハイブリッドFZ

 
ワゴンR 基本情報・スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高(mm))3,395x 1,475x1,650
ホイールベース(mm)2,460
燃費 【ガソリン車】
JC08モード:25.8〜26.8km/L
WLTCモード:23.2〜24.8km/L
【ハイブリッド車】
JC08モード:29.4〜31.0km/L
WLTCモード:
24.2〜25.2km/L
新車価格 FA:1,098,900〜1,289,200円
HYBRID FX:1,186,900〜1,403,600円
HYBRID FZ:1,421,200〜1,544,400円
中古車価格39.5万円〜179.8万円
※新車情報は公式サイト調べ(2020年7月現在)
※中古車相場はレスポンス中古車検索より(2020年7月現在)

スズキ ワゴンR ハイブリッドFZ

スズキ ワゴンR ハイブリッドFZ

スズキ ワゴンR ハイブリッドFZ

スズキ ワゴンR ハイブリッドFZ

スズキ ワゴンR ハイブリッドFZ

スズキ ワゴンR ハイブリッドFZ

スズキ ワゴンR スティングレー

スズキ ワゴンR スティングレー

軽自動車人気ランキング 第10位 スズキ アルト

スズキ・アルト改良新型

スズキ・アルト改良新型

10位にランクインしたのはスズキを代表するハッチバックタイプの軽自動車 アルト。1〜6月における累計販売台数は30,570台となっています。

現行モデルは8代目で、2014年より発売されました。また、15年ぶりにアルトワークスが復活しました。

アルトは、伝統的に女性のオーナーが多かったものの、競合車との差を埋めるべく、8代目アルトは男女に向いたデザインに進化しています。

スズキ・アルト改良新型

スズキ・アルト改良新型

スズキ アルト 燃費・価格・中古車価格ほか

スズキ・アルト改良新型

スズキ・アルト改良新型

関連する投稿


2021年最新新車情報!どんな車が登場するのかをチェックしよう!

2021年最新新車情報!どんな車が登場するのかをチェックしよう!

毎年のようにさまざまな自動車メーカーからニューモデルが発売されています。2020年にもたくさんの車が発売されて話題を呼びました。車の購入を考える際には、現在販売されているモデルだけでなくこれから発売される予定の車が気になるという方も多いでしょう。そこで、ここでは2021年に発売されることが予想される車についてご紹介します。2020年から2021年にかけて新車の購入を検討している方はぜひ参考にしてみてください。


軽自動車にかかる税金は?納税額や必要な費用を解説

軽自動車にかかる税金は?納税額や必要な費用を解説

コンパクトで街中でも運転しやすい軽自動車は、税金も安いことから維持もしやすいです。安いとはいっても軽自動車の税金がどのくらいだったのか、覚えていない方もおられます。この記事では、軽自動車にかかる税金や納税時期などをご紹介します。


セダンはもう時代遅れ?今こそ注目すべきセダンの魅力

セダンはもう時代遅れ?今こそ注目すべきセダンの魅力

時代と共に車も進化や変化を続けています。一昔前まで自動車といえば、多くの方がセダンタイプのものをイメージしていたのではないでしょうか。しかし、今日ではセダン以外にも多くの車の選択肢があります。中でも、SUVなどのハッチバック系のモデルの人気が高まっていることもあって、セダンの存在感がやや小さくなったという印象を抱いている方も多いかもしれません。しかし、セダンならではの魅力もあり、現在でも根強い人気があります。そこで、今回はセダンとはどういった車なのかや、メリット・デメリットなどについてご紹介します。


軽自動車の維持費は?必要な費用と普通車との維持費の違いを解説

軽自動車の維持費は?必要な費用と普通車との維持費の違いを解説

車を所有しているなら、維持費が必要となります。保険や税金、燃料代や駐車場など必要な費用は多岐に渡ります。車の維持費は車種によって、また大きさによって変わってきますが、軽自動車の維持費はどうでしょうか?必要な費用や普通自動車との維持費の違いまで解説します。


軽自動車の車検はどうする?費用の目安や車検を受ける場所

軽自動車の車検はどうする?費用の目安や車検を受ける場所

軽自動車はコンパクトで維持費も安いというイメージを持っている方が多いです。確かに重量区分の面で恩恵があります。しかし車検の費用はどれほどでしょうか?この記事では、軽自動車の車検の概要や費用の相場についてご紹介します。


最新の投稿


ペーパードライバーが運転しても大丈夫?久々の運転はココをチェック!

ペーパードライバーが運転しても大丈夫?久々の運転はココをチェック!

ペーパードライバーならば、免許を持っているけれど日ごろは運転しないことが多いでしょう。しかし仕事の都合上、もしくは転勤などによって急に運転しなければいけないこともあります。今の状況からすぐに運転しても問題ないでしょうか?今回はペーパードライバーが気を付けたいポイントや講習を受けるべきか判断の参考になる情報をご紹介します。


ペーパードライバー講習は行く価値があるの?講習の内容や料金は?

ペーパードライバー講習は行く価値があるの?講習の内容や料金は?

ペーパードライバー講習は、運転免許証を所持していてもあまり運転しない人のためのもの。日ごろから運転しない人や久しぶりに運転する人が活用できるサービスです。今回はペーパードライバー講習について、また講習を受けるべきか確認するのに必要な情報をご紹介します。


縦列駐車のコツと上手なやり方|誰でもスムーズにするためのポイント

縦列駐車のコツと上手なやり方|誰でもスムーズにするためのポイント

運転初心者だけでなく、慣れている人でも縦列駐車は気を付けて運転する必要があります。前の車との距離や後ろのスペース、さらに縁石との距離も確認しなければいけません。切り返しをすると時間もかかるので、焦ってしまいがちです。しかし縦列駐車もコツをつかんでしまえばスムーズにできます。今回は縦列駐車のコツをご紹介します。


【知ってる?】車のバッテリーの正しい充電方法!対処法も紹介!

【知ってる?】車のバッテリーの正しい充電方法!対処法も紹介!

何気なく乗っている車ですが、車はバッテリーなしでは動きません。そんなバッテリー、みなさんは正しい充電方法をご存知ですか?今回はこのバッテリーの仕組みについて説明していきます。


シトロエン新型C4最新情報!国内での販売は?

シトロエン新型C4最新情報!国内での販売は?

シトロエン新型「C4」はCセグメントのSUVクーペとして登場しました。Cセグメントハッチバックの中でも、大胆かつユニークなデザインが採用されたシトロエンの最新デザインの車となります。今回はシトロエン新型C4の紹介をします。