トップへ戻る

燃費が光る!トヨタ ピクシスエポック 中古車価格まとめ

燃費が光る!トヨタ ピクシスエポック 中古車価格まとめ

トヨタ ピクシスエポックはダイハツミライースがベースの軽自動車です。本記事ではピクシスエポックに関連する中古車情報をまとめています。(※情報は2019年11月現在のもの)

⏳この記事は約3~4分で読めます。


トヨタ ピクシスエポック とは

初代トヨタ ピクシスエポック

トヨタの軽自動車はピクシス・シリーズとなり、全てダイハツからのOEM供給されています。そして、クシスエポックは、ダイハツのミライースのOEMとなり、メーカーエンブレム以外はミライースと共通の内容となります。

2代目トヨタ ピクシスエポックのインテリア

トヨタ ピクシスエポックの中古車 モデル別中古車相場・中古車価格

初代 トヨタ ピクシスエポック(2012年5月~2017年4月)

初代トヨタ ピクシスエポック

初代トヨタ ピクシスエポック

トヨタ ピクシスエポックは、「日常の足」を追求した車です。ダイハツからのOEM車なので、ダイハツ ミライースと同様の性能となっています。

燃費はガソリン車トップレベルのJC08モード燃費30.0km/lを実現しました。駆動方式はFFと4WDが用意されています。

燃費は、JC08モード燃費:27~35.2km/l、10・15モード燃費:30~32km/lです。

 
初代 トヨタ ピクシスエポック(2012年5月~2017年4月)の中古車情報
平均価格約50万円
中古価格帯約10万円~約90万円
※車情報サイトResponse 中古車情報調べ(2019年11月現在)

2代目 トヨタ ピクシスエポック(2017年5月~)

2代目トヨタ ピクシスエポック

2代目トヨタ ピクシスエポック

新骨格の採用で最大80kgの軽量化が図られたことなどにより燃費がさらに向上しており、最も燃費の良いグレードでJC08モード35.2km/Lを実現しています。

衝突回避支援ブレーキや、オートハイビームなどが含まれる安全支援システム「スマートアシストIII」が採用されています。

軽自動車では初となるスイッチ式のトランクオープナーが装備されるなど、利便性も高められています。

燃費は、JC08モード燃費:32.2~35.2km/l です。

 
2代目トヨタ ピクシスエポック(2017年5月~)の中古車情報
平均価格約85万円
中古価格帯約48万円~112 万円
※車情報サイトResponse 中古車情報調べ(2019年11月現在)

【参考】2代目トヨタ ピクシスエポック(2017年5月~)新車価格

※公式サイト調べ(2019年11月現在)

G“SA Ⅲ”(2WD)
1,232,000円~
G“SA Ⅲ”(4WD)
1,364,000円~
X“SA Ⅲ”(2WD)
1,100,000円~
X“SA Ⅲ”(4WD)
1,232,000円~
L(2WD)891,000円~
L(4WD)1,023,000円~
L“SA Ⅲ”(2WD)
957,000円~
L“SA Ⅲ”(4WD)
1,089,000円~
B(2WD)858,000円~
B(4WD)990,000円~
B“SA Ⅲ”(2WD)
924,000円~
B“SA Ⅲ”(4WD)
1,056,000円~


まとめ

初代トヨタ ピクシスエポック

2代目モデルの中古車はまだ走行距離の多いものが少ないため、価格の下がった個体はまだあまり多くはありません。

対して初代モデルは10万円代のものが出てきています。中古車をお探しの方はチェックしてみてはいかがでしょうか。

2020年新型車まとめ 外車・輸入車版ができました

おすすめ記事リンクはこちら

関連する投稿


トヨタ カローラツーリングの内装を徹底チェック!注目の荷室はどう?

トヨタ カローラツーリングの内装を徹底チェック!注目の荷室はどう?

3ナンバーサイズとはいえ、国内市場専用のボディを持つ「トヨタ カローラツーリング」は、国内で選択肢がどんどん減少している貴重なステーションワゴンの中でも人気のモデルです。シャープな外観に注目が集まりがちですが、ステーションワゴンなら室内や荷室の使い勝手が気になるところですよね。この記事では、カローラツーリングの内装における魅力や注目ポイントを詳しくご紹介していきます。


トヨタ シエンタの内装を徹底チェック!魅力やグレード間の違いを解説

トヨタ シエンタの内装を徹底チェック!魅力やグレード間の違いを解説

コンパクトなサイズながら3列シートを備えて人気のミニバンが「トヨタ シエンタ」。都市部や駐車場でも扱いやすいボディサイズやポップなデザインに注目が集まりがちなシエンタですが、豊富な収納やスマートに格納できる3列目シートなど、ミニバンだからこそ重視したい内装の使い勝手の良さにも注目しておきたいところです。グレード間の違いなども含めて、シエンタの内装の魅力をご紹介していきます。


【2022年最新】スライドドア軽自動車の現行モデルまとめ!人気車続々

【2022年最新】スライドドア軽自動車の現行モデルまとめ!人気車続々

軽自動車人気が止まりません。ボディのサイズや排気量に制限がある軽自動車は日本にしか存在しない規格ですが、近年では普通車並みにゆとりのある室内を持つスライドドアモデルが特に人気で、軽自動車の販売において主力となっています。この記事では、そんな最新のスライドドア軽自動車を現行全車種まとめてご紹介します。その使い勝手の良さや経済性の良さに、あなたも驚いてしまうこと間違いなしです。


室内が広い軽自動車のおすすめ厳選5台!荷物満載でも問題なしの軽とは

室内が広い軽自動車のおすすめ厳選5台!荷物満載でも問題なしの軽とは

ボディサイズに制限があり、全長と全幅が横並びとなっている軽自動車。しかし、軽なら室内が狭くても仕方ない、と諦めるのは早い! 数多ラインナップされている軽自動車の中には驚きの室内空間のゆとりを持つものも存在しており、かしこく選べば普通車顔負けの実用性をリーズナブルな価格で手に入れることも可能です。この記事では、室内が広くておすすめの軽自動車を5台ご紹介していきます。


乗り心地抜群の軽自動車はどれ?おすすめ厳選4台をタイプ別にご紹介

乗り心地抜群の軽自動車はどれ?おすすめ厳選4台をタイプ別にご紹介

サイズが小さく車重も軽い軽自動車には、経済性が第一で乗り心地は二の次というイメージをお持ちの方も多いかもしれません。しかし最新の軽なら優れた乗り心地を実現しているモデルも多数揃っており、毎日使うことも多い軽自動車だけに、快適な乗り心地をしっかり重視した車選びをしたいところです。この記事では、乗り心地のいいおすすめ軽自動車を、タイプ別に4台ご紹介していきます。


最新の投稿


ハスラーとタフトはどちらがおすすめ?価格や燃費や使い勝手で徹底比較

ハスラーとタフトはどちらがおすすめ?価格や燃費や使い勝手で徹底比較

軽クロスオーバーSUVの人気が高まっています。SUVらしい機能や性能でワクワクのカーライフを送りつつ、価格や維持費でグンと節約ができる軽の魅力も兼ね備えていることを思えば、その人気も納得です。中でも人気なのは「スズキ ハスラー」と「ダイハツ タフト」で、どちらを選ぶか悩んでいるという方も少なくないはず。項目別にこの2台を徹底比較していきますので、車選びの参考にしてみてくださいね。


トヨタ カローラツーリングの内装を徹底チェック!注目の荷室はどう?

トヨタ カローラツーリングの内装を徹底チェック!注目の荷室はどう?

3ナンバーサイズとはいえ、国内市場専用のボディを持つ「トヨタ カローラツーリング」は、国内で選択肢がどんどん減少している貴重なステーションワゴンの中でも人気のモデルです。シャープな外観に注目が集まりがちですが、ステーションワゴンなら室内や荷室の使い勝手が気になるところですよね。この記事では、カローラツーリングの内装における魅力や注目ポイントを詳しくご紹介していきます。


トヨタ シエンタの内装を徹底チェック!魅力やグレード間の違いを解説

トヨタ シエンタの内装を徹底チェック!魅力やグレード間の違いを解説

コンパクトなサイズながら3列シートを備えて人気のミニバンが「トヨタ シエンタ」。都市部や駐車場でも扱いやすいボディサイズやポップなデザインに注目が集まりがちなシエンタですが、豊富な収納やスマートに格納できる3列目シートなど、ミニバンだからこそ重視したい内装の使い勝手の良さにも注目しておきたいところです。グレード間の違いなども含めて、シエンタの内装の魅力をご紹介していきます。


トヨタ ハリアーの内装を徹底チェック!注目のインテリア装備はコレ

トヨタ ハリアーの内装を徹底チェック!注目のインテリア装備はコレ

流麗なデザインで他のSUVとは一線を画す高級感のあるSUVといえば、「トヨタ ハリアー」ですよね。高級セダンのような押し出しと乗り心地の良さがありつつ、SUVのような使い勝手の良さも兼ね備えたハリアーは、人気のSUVの中でも定番モデルのひとつです。そんなハリアーの内装は、こちらも上質かつ妖艶な世界が広がっています。ハリアーの内装の注目ポイントを詳しくご紹介していきます。


マツダ ロードスターの内装を徹底チェック!ワクワクする非日常空間

マツダ ロードスターの内装を徹底チェック!ワクワクする非日常空間

世界で最も売れている2シーターオープンスポーツカーが「マツダ ロードスター」です。歴代併せて生産累計台数が100万台を超えるなど、世界中で愛されるロードスターは、ドライブの楽しみやオープン時の開放感もさることながら、乗り込んだ瞬間から非日常を感じさせるような上質なインテリアも見どころです。この記事では、ロードスターの内装デザインや使い勝手などを詳しくご紹介していきます。